ショップ ダンケ

ドイツ雑貨「ショップ ダンケ」のオフィシャル・ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「写真を撮って何がしたいか」

2018-07-26 06:39:59 | ショップ ダンケ
頭で考えてみました。

写真教室に通うようになってわかったことは、「そのもの」がキレイに映っている記録写真は、つまらない(私でーす)

つまり「作品」ではないということ。写真は、伝えるためにあるもので、撮った本人の被写体に対する興味、好奇心、感動が、写真に映っていないと「写真表現」ではない。

私がこれから撮ろうとするのは、自分が販売する商品写真だ。
商品を正確に伝えるために、カタログ写真的なカットは、必須だ。しかし、今は、それだけでは足りない。うまく写すだけでは訴求力が弱いのだ。

インテリア雑貨を、部屋の中に置いて、なじませた情景を撮りたい。こういう風に飾ったら素敵ですよ という提案や、ドイツのエルツの木工芸品の持つ世界観を示したい。それは、おもちゃ職人たちが作り上げてきた小さなドイツだからだ。

大切なコンセプトは、見た人にとって、なにかイイことがありますか?という問いに答えられることだ。

はい、イイことあります。幸せな気分になります。

私が専門学校の講師をしていた時、ホームルームを担当していたクラスの学生に、「どんなとき、どこで、幸せだと感じる?」というアンケートをしたとき、「自分の部屋にいて好きなことをしているとき、一番リラックスできる」という回答が、一番多かった。

「自然」は、人間が変えるれることはできない。でも、自分のスペース 部屋は、かなり自分好みに、工夫できる。自分が好きな場所に、自分の好きなものを、置ければ、幸せな気分になるではないか。インテリア好きの私は、よくわかる。気に入っている小物の位置を変えたり、模様替えをするのが大好きで、気分転換になる。

ドイツの木工芸品が、あなたの部屋に来ることによって、温かみや、ナチュラル感がプラスされ、その空間のなかで、あなたは、満たされ、幸せになりますよ と伝えたい

うまく写すより、どんな風に見せれば、幸せな気分になるかということを、頭において、商品のイメージ写真を撮りたいと思う。
コメント

ふくろうファミリー

2018-05-27 00:49:21 | ショップ ダンケ


幸福を呼ぶふくろう。緑に覆われた目が印象的。おなかのところも、丁寧に、描かれています。真ん中のふくろう3.5cm
両端のフクロウ2.5cmとミニチュア。
http://www.office-danke.com/shop/animals/159_031.html
コメント

「日大 悪質タックル問題」

2018-05-27 00:27:13 | カッチイ’s ジャーナル
私は、柔道家の篠原信一氏の記事に、共感した。

加害選手の会見は、具体的で、謝罪にも説得力があった。「なぜ、勇気を出して監督・コーチの指示を拒否しなかったのかと」と篠原氏も残念がるが、それが出来なかったからこそ、20代そこそこの若者が、自ら矢面に立ち、その反省を伝えたかったのだろう。

上に言われるままに 悪質タックルをしたのは、自分の弱さだと。

それに比べてもう、日大の内田監督は、無責任な言動を繰り返すばかりで、保身しかないのが、透けて見える。ことごとく、加害学生の会見を否定する内容になった。井上コーチもしどろもどろ。

恥の上塗りを重ねるだけで、見苦しかった。

日大に、危機管理学部があるのが、ブラックジョークにしか聞こえない。
コメント

シルバーのレーシングカーに乗るうさぎ

2018-05-27 00:22:35 | ショップ ダンケ


かっこ可愛いレーシングカーに乗るうさぎ!

車好きの方へのプレゼントにいかが?耳が横についているところで、猛スピードを出しているのを表現しています。
http://www.office-danke.com/shop/rabbit/224_140_1.html
コメント

私も、岡寺に来たの byテディベア

2018-05-27 00:12:35 | ショップ ダンケ


岡寺の境内で、お札を入れる丸い珠が並んでいるところで、撮ってもらった。奈良のお寺で、深呼吸したよ!
コメント