お魚三昧生活

鹿児島の定置網で獲れる魚や市場の魚、鹿児島大学総合研究博物館魚類ボランティア(魚ボラ)の事などを紹介します!

沢山のマツカサウオ幼魚

2019年11月23日 | 採集
 今日の夜間採集では干上がった港の上でオオシロアナゴを2個体も発見する。その後、岸壁に上がり、いつものように水中も散策する。するとマツカサウオの幼魚を発見。その後、別の場所ではまたマツカサウオの幼魚を今度は一度に2個体も発見し採集。結局最終的に5個体ものマツカサウオの幼魚を見つけることができた。一度にこれほどのマツカサウオの幼魚を見つけたのは初めてのことである。記録として標本に残したいが、最近は定置網でも同じサイズのマツカサウオの幼魚がよく混獲されているので、今回は確保せず全て逃がす。今日の夜間採集は干潟の上のオオシロアナゴに沢山のマツカサウオの幼魚と初めて尽くしであった。これだから夜間採集はやめられない。



コメント

干潟でオオシロアナゴ採集

2019年11月23日 | 採集
 先週、某テレビ番組を見ていると、潮が引いた干潟でマテ貝を採るように穴に塩を投入すると、その穴からホタテウミヘビが飛び出してくるところを目撃。貝類だけではなく、魚にも適用するのかと驚いた。毎週行なっている港での夜間採集も、大潮の干潮時は港内が干上がり、干潟のような状態となり、降りて歩くことができる。これは試してみる価値あるなと思っていたが、丁度今日の夜間採集は運良く大潮でしかも干潮である。ということで、今日の夜間採集に塩を持参する。港に着くといい感じで潮が下げ、港の中は干上がっている。早速干潟に降り、穴を探す。到る所に穴はあるがどれも小さな穴ばかりで魚が開けそうな大きな穴がなかなか見つからない。時間もないのでそれらしき穴を見繕い試してみる。だが、結果は惨敗である。諦めて岸壁に戻ろうとした帰り道にアナゴの仲間が這っているのを見つける。だが、塩を投入した穴からはほど遠く無関係と思われる。その後も別の場所でもう1個体見つけ、2個体確保する。家に帰り図鑑で調べるオオシロアナゴのようである。今まではこのような経験はなかったが、今日しかも2個体も見つかるとは。これからは水中だけでなく、干潟の上もチェックせねば。

干潟の穴に塩を投入



水のない干潟の上でアナゴの仲間を発見



アナゴの仲間を見つけた近くにあった穴



オオシロアナゴを2個体確保
コメント

ウスバハギ幼魚

2019年11月21日 | 定置網
 今日の定置網漁で網を絞るとウスバハギの幼魚が水面に浮いたのを見つけ、タモ網で丁寧に掬い上げる。この手のカワハギ科魚類は第一背鰭棘が非常に細くて脆く、直ぐに折れてしまう場合が多い。特にウスバハギでは成魚でも棘が細くて折れ易く、市場に並ぶ時にはほとんどの個体が折れてしまっている。幼魚は稀にしか網には入らず、今までも確保した個体の写真を見ても背鰭棘が皆折れていた。今回は他の魚に揉まれる前に見つけることが出来、背鰭棘に注意しながら慎重に掬い取り、確保することが出来た。これで第一背鰭棘が当たり前の状態での写真を撮ることが出来た。だが、撮った写真を見ると背鰭・臀鰭の鰭立てがうまく出来ておらず、また失敗した感じである。あとは魚ボラの標本用に気を使いながら冷凍し、大学でも背鰭棘が折れることなく標本撮影、登録をしてもらいたい。


コメント

夜間採集でテンジクダイ科稚魚

2019年11月16日 | 採集
 今日もいつもの港へ夜間採集に行く。魚を見つけては採集するがいつものメンバーである。そんな中、稚魚を発見し採集。現場ではよくわからない。持ち帰り写真を撮り、拡大した写真を見ると鰭の位置など外見からテンジクダイ科の稚魚のようである。だが、種までは自分の力では調べる術もなく、判断できない。この港によくいるクロホシイシモチの稚魚だろうか。だが、クロホシイシモチだとしたら、もっとあちこちにたくさんいるはずである。結局はわからぬままである。


コトヒキ幼魚



ハタタテダイ幼魚



シマスズメダイ幼魚





テンジクダイ科稚魚

コメント

今度はヒシカイワリ

2019年11月13日 | 定置網
 昨日の定置網漁でヨロイアジが入網し、今後の南方系のアジ類の出現に期待しているところ、今日もうちの定置網漁で今度はヒシカイワリが入網。今後益々南方系のアジ類に期待できそうな感じになって来た。例年では数の少ないカスミアジの幼魚が今年は多かったりと、今年は若干変化があり、今後変わった南方系のアジ類の出現に期待できそうで、今後益々目が離せなくなってきた。今後に期待したい。


ヒシカイワリ



テンジクアジ



ナンヨウカイワリ



リュウキュウヨロイアジ



ロウニンアジ



ギンガメアジ



マルヒラアジ



カスミアジ



オニアジ
コメント

2年振りのヨロイアジ

2019年11月12日 | 定置網
 今日は定置網漁で久し振りにヨロイアジが1個体獲れる。ヨロイアジは3年前に初めて獲れ(ブログ2016年11月26日)、数的には少ないが2年続けて確認されたので、このまま定着するだろうと思っていた。ところが昨年は1個体も定置網では獲れず、市場でも見る事が出来なかったので消えてしまった感があり、今度はいつ出会えるのかと待ち望んでいた。今日2年振りに出会うことが出来、とても嬉しい限りである。今後もまだまだ続いて欲しいと願うばかりである。

写真左:マルヒラアジ  写真右:ヨロイアジ





写真上:リュウキュウヨロイアジ  写真下:ヨロイアジ
コメント

珍しいアオブダイ

2019年11月04日 | 定置網
 今日は定置網で珍しく大きなアオブダイが獲れる。うちの定置網ではブダイと言えば殆どが普通のブダイばかりで、それ以外は小さなアオブダイとヒブダイ位である。だが、この辺で素潜りすると幼魚ではあるが様々なブダイの仲間がいるので、深い所にはいるのかもしれない。元々ブダイ科に近いベラ科の魚も多くの魚種がこの辺にいるのだが、定置網には入らない。なのでブダイの仲間もいるけど定置網には入り難い魚種なのかもしれない。今回のアオブダイは見た目も綺麗で魚ボラの標本用に欲しいところだが、やはり、このサイズでは冷凍できないので諦める。
コメント

今年2回目のタカエビ漁乗船

2019年11月03日 | 採集
 今日は今年2回目のタカエビ漁に乗船し、深海魚採集をする。今回は魚ボラの学生と鹿大にフィールド調査・標本調査に来ていた東大の学生と一緒に乗船。という事で今回は学生の引率がメインで標本収集は学生に任せる。今回もいつもと同じく4回操業しエビにと混獲している魚類を標本用に頂く。今回も普段の定置網では見る事の出来ない魚ばかりで、学生達も興奮気味。特に初採集だったのは大きなヨロイイタチウオにキントキダイの仲間など。キントキダイの仲間は定置網で見られるものとは違い、とても鮮やかで気になり、家に帰り調べてみると採集水深や最大体高が頭部後方にあることからウスベニキントキではないだろうか。ヨロイイタチウオは水揚げすれば高値で売れるとおっしゃっていたが、学生に譲ってくれとても有難かった。今回も船の方々に大変にお世話になりました。誠にありがとうございました。



ウスベニキントキ?



ヨロイイタチウオ



ヨリトフグ



ホウネンエソ属



サンゴイワシ



リュウグウハダカ



ハダカイワシ



ソコマトウダイ



カゴマトウダイ



フウリュウウオ属



フウリュウウオ属



フウリュウウオ属



ギンザメ



ヒレタカフジクジラ



ナヌカザメ?




ボウズカジカ



ハナグロフサアンコウ



ミドリフサアンコウ



トモメヒカリ



オオメハタ属



アカカサゴ


コメント (2)

騙されたチョウハン

2019年10月26日 | 採集
 今日は土曜日なのでいつものように夜間採集へと港へ向かう。丁度干潮時で潮が下げており、港が干上がり歩ける状態。歩いてみるとコチの仲間を発見し、難なく採集。見るとトカゲゴチのようである。普段は見ないのだが、あちこちで発見し、数個体だけ採集する。その後、港に上がって岸壁を探すとチョウチョウウオの幼魚を発見し採集。珍しくもないチョウチョウウオであるが、一応採集し確保する。家に帰り採集した魚を見ると、チョウチョウウオの幼魚と思っていた個体の尾柄部に黒斑が現れている。という事はチョウハンの幼魚である。港で撮った写真を見ると、体が夜仕様の体色となり、部分部分が白濁したような状態となっており、この尾柄部の黒斑が隠れてしまっている感じである。おまけに現場では暗いのでチョウハンであるとは気付かなかった。夜間採集ではチョウハンは初採集である。普通のチョウチョウウオの幼魚はよく見つかるので普段は見つけてもあまり採集しないのだが、今回は他にめぼしい魚があまり居らず、採集して良い結果となった。チョウチョウウオの幼魚はよく見かけるので、今までもこの体色に騙されてた恐れもあり、今後注意せねばという教訓になった。



トカゲゴチ



チョウハン幼魚(夜仕様)



チョウハン幼魚
コメント

今朝の地元紙から ホデリイソハゼ

2019年10月17日 | 魚ボラ
 今朝、新聞を見ると新種のハゼ2種(アマミコイソハゼ、ホデリイソハゼ)の記事が載っている。新種ではあるが以前から見つかっており、記載されていなかったハゼの仲間である。魚ボラの学生が論文を書き、日本魚類学雑誌に掲載された。このホデリイソハゼの方は、この前地元で行われた魚類調査時にも標本を得ており、タイプ標本はその時の個体であるので地元産である。更にこの標準和名の由来は、地元に伝わる日本神話に登場する海幸彦(ホデリノミコト)から命名されており、私の息子の名も同じ由来で命名したのでとても親近感の湧く魚である。今度は自分でも採集したいという思いも湧いてくる。
コメント

ユカタヒメジ学名変更

2019年10月10日 | 日記
 うちの定置網で獲れた謎なヒメジの仲間(ブログ2008年06月24日)が昨年の3月に10年越しでUpeneus spottocaudalis Uiblein and Gledhill in Uiblein et al., 2017と同定され、標準和名ユカタヒメジと提唱された(ブログ2018年03月23日)。今回、国際動物学術誌ズータクサ(Zootaxa)でU.spottocaudalisを新種記載した著者により新たにインド太平洋域のヒメジ科の報告があり、そこでUpeneus heterospinus Uiblein and Pavlov in Uiblein et al., 2019が新種記載された。そこでユカタヒメジはこの種であることが判明し、ユカタヒメジの学名がUpeneus heterospinus Uiblein and Pavlov in Uiblein et al., 2019に変更となる。U.spottocaudalisは南半球で確認されているだけでユカタヒメジとして報告した時は北半球初記録として報告され疑問もあった。今回変更となったU.heterospinusはシンガポール、タイ、フィリピン、台湾などに生息し、日本に流れて来ても不思議ではなく、これで疑問も解消された感じである。北半球初記録ではなくなったが、それでも北限記録は維持している。この分布域なら今後も見つかる可能性も出て来て、今後また出会えることに期待したい。


コメント

オオモンカエルアンコウ

2019年10月07日 | 日記
 今日は水揚げ終了後、本船をいつもの場所に係留し船外機で帰ろうとしていると、漁師さんが声を掛けてくる。行ってみると面白い魚が獲れたと真っ黒い魚を渡される。見るとカエルアンコウである。カエルアンコウは体色に様々なバリエーションがあり、黒くても珍しくはないが、これだけ真っ黒いカエルアンコウは見た事が無い。もしかしてと思いよく観察するとエスカの形状が普通のカエルアンコウとは違う。ひょっとしてオオモンカエルアンコウではないだろうか。オオモンカエルアンコウは今までに標本は確保しているが、これだけ小さな個体は初めて見る。家に帰り調べるとやはりオオモンカエルアンコウとなる。今日は昨日の深海エビ漁で確保した標本を魚ボラに持ち込む予定なので、鮮度の良い状態で持ち込むことが出来そうである。ただ、今日の魚ボラはオーストラリア連邦科学産業研究機構の魚類コレクションの管理者が来ており、歓迎会が行われるので標本が無くても伺う予定であった。歓迎会という事で逆に標本処理できる状態ではないような気もする。



コメント

深海魚採集

2019年10月06日 | 採集
 今日は日曜日で仕事は休み。自分の仕事の定置網漁は休みであるが、深海エビ漁は日曜日でも出漁出来れば操業する。という事で以前からお願いしていた深海エビ漁に同行し、深海魚の標本収集を行う。昨年も魚ボラでの地元の魚類調査時に学生と乗船予定であったが、生憎時化となり行くことが出来ず、2年振りの深海エビ船の乗船となる。出港から2時間余りで漁場に到着し、辺りが明るくなってきたのを見計り網を入れ操業が始まる。網を揚げると深海エビの中に魚も混ざっている。エビ以外は逃がしてしまうので、魚は標本用に頂く。船のスペース的にクーラーは一つしか持ち込めなかったので、全てを確保することはできないので選別しながら必要な魚種だけを確保する。4回の操業でクーラー一杯に標本を確保し終了。深海性の魚種なので普段の定置網とは魚種が殆ど被らず本当に有意義で面白い標本収集となる。船の方々、お忙しいところお邪魔しましたが、ありがとうございました。



ホウネンエソ属



高級魚アカムツ



結構沢山獲れるヒレタカフジクジラ



ソコマトウダイ



ハダカイワシ



今回初確保マルカワカジカ



ギンメダイ科



ザラガレイ



ユメカサゴ



ミドリフサアンコウ



リュウグウハダカ



ロウソクチビキ



フウセンキンメ



ギンザメ
コメント

テンジクアカグツ

2019年09月30日 | 魚ボラ
 仕事も終わり、今日標本用に確保した黄色いコバンザメを大学へ持って行くかどうかを悩んでいると、以前に乗船したことのある深海エビ漁の漁師さんから電話が来る。今までに獲れた事のない魚が獲れたそうで、生きた状態で持って来てくれたとの事。急いで港へと置け取りに行く。魚を見せてもらうとアカグツのようだが体背面の色がちょっと黒っぽい感じがする。更にフウリュウウオ属と思われる魚もいる。アカグツの仲間も数種いたと思うので、ここでは種までは判明せず。折角活かして持ち帰ってくれたので、今直ぐにでも大学へ行き、綺麗な状態で標本写真を撮りたい思いである。これで黄色いコバンザメを大学へ持って行くかどうかの迷いも吹き飛び、大学へと走る。家を出るときは既に夕方となり、大学に着いた時には既に辺りは真っ暗である。アカグツの腹面の棘は大きく、ちょっとは珍しいテンジクアカグツと同定される。ひょっとして記録だろうかとデータベースを調べると、県内では既に隣の大隅半島で驚くことに定置網から得られた標本が登録されていた。これでネタ的にも面白さが無くなってしまう。それでも忙しい漁労中にこのような魚を活かしてて来て頂き、本当に有難く感謝申し上げます。












フウリュウウオ属



テンジクアカグツ
コメント

これこそコバンザメ

2019年09月30日 | 市場
 今日は市場で水揚げ作業をしていると、お隣の定置網の人から「これ珍しいんじゃないの」と魚が投げ込まれる。見ると魚としては普通のコバンザメであるが、体色が黄色というか黄金色である。コバンザメの色彩異常・色彩変異個体と思われる。遠慮なく魚ボラの標本用に頂く。よく見ると小判とされる吸盤の部分は黄金色で、これこそ正に小判ザメである。今までに黄色いコバンザメは見た事がないので珍しいのかもしれないが、普通の魚として考えれば、黄色化した個体は様々な魚種で見る事があるのでそこまで珍しいという感じではない。論文になるようなネタであれば直ぐに大学へ持ち込み標本登録するのだが、そこまででもないような気がする。サイズ的にも家で冷凍保存できそうであり、今から大学へ走るか家の冷凍庫で冷凍保存するか悩むところである。



コメント