お魚三昧生活

鹿児島の定置網で獲れる魚や市場の魚、鹿児島大学総合研究博物館魚類ボランティア(魚ボラ)の事などを紹介します!

えっ! 初採集 ツムギハゼ

2018年11月03日 | 採集
 今日はいつものように夜間採集へ港に行く。風が無く海の中もよく見えるのだが、潮が下げていて期待薄の状態。浅い場所では底まで見えている。そんな中、壁際にハゼがいるのが確認できる。クモハゼだろうと思い、タモ網で掬ってみる。するとクモハゼではなく今までに採集したことのないハゼだと直ぐにわかり、更に見覚えのあるハゼでもある。フグ毒を持つことで有名なツムギハゼのように見えるが、ハゼは種が多いうえ、ここはツムギハゼの生息域ではないので別種だろうと思う。その後、また同じような形で同じハゼを採集。2個体も採れれば更に別種を疑う。家に帰り調べると驚くことに、やはりツムギハゼである。ツムギハゼはフグ毒を持つことで有名で昔から知っていたが、沖縄や南の島に生息しているイメージで、出会う事はないと思っていた。しかも今回、2個体も採れ、更に驚いてしまう。まだ生きているので標本写真は撮らずに一応、活かした状態で大学へ持ち込むか検討する。






ツムギハゼ



ニセクロホシフエダイ幼魚
コメント

初確保 コハクヒメジ

2018年11月03日 | 市場
 今日は定置網漁の水揚げ後、沖へ行き作業。作業を終え帰港すると市場は既に入札が終わり、魚も運ばれあまり残っていない。そんな中、定置網で漁獲された沢山の雑魚がはいった入れ物が残っていて、覗くとヒメジの仲間が頭部のみ見えている。顔つきからミナミヒメジのように見える。ミナミヒメジはよく獲れるのだが大きな個体ばかりであり、この小さなサイズは珍しく標本用に残そうと考える。という事で取り上げると他の魚で隠れていた胴体と尾鰭が見えて驚く。ミナミヒメジは尾鰭によく目立つ数本の暗色帯があるのだが、この個体にはまったく暗色帯が確認できない。まだ未確保で探しているヒメジ属にも尾鰭には暗色帯があったはずなので、更に別種となるのでワクワクしながら帰宅。調べるとコハクヒメジである。調べると国内での分布域は長崎・沖縄となっている。鹿大に登録されている標本を調べると、国内では種子島で採集された標本が1個体登録されていた。この時点で県初記録はなくなる。更にネットで調べると宮崎でも見つかっており、これで本土初記録もなくなり、一応は県本土初記録という事になる。コハクヒメジは珍しい魚であることは間違いないのだが、ちょっと拍子抜けとなる。

コメント

キンセンフエダイ

2018年11月01日 | 定置網
 今日は定置網漁で久し振りにキンセンフエダイが獲れる。キンセンフエダイは今までに数個体しか獲れず、ここでは一応珍しい魚である。今回の個体は若干今までの個体に比べると体色が赤み掛かっている。確かキンセンフエダイによく似た珍しい種がいた事を思い出し、持ち帰り検索する。すると残念ながらよく似た珍しいイモトフエダイではない。せめて、もう少し体色に赤みと縦帯に黒みを増して、まだ未確保のタテフエダイとならないかとも思うが、残念ながらキンセンフエダイとなる。
コメント

今日もミヤカミヒラアジ

2018年10月25日 | 定置網
 今日は定置網漁で水揚げしていると、選別作業中にミヤカミヒラアジを見つける。ミヤカミヒラアジは2日前にも漁協の職員の方が見つけ確保してもらっていたばかりである。選別作業を全て終えると合計で6個体も集まる。全て標本用に確保する。まだまだ続きそうで今後が楽しみである。



コメント

ミヤカミヒラアジ

2018年10月23日 | 市場
 今日は仕事を終え、再び市場へ行くと漁協の職員に呼び止められる。今日の他の定置網の漁獲物の中に変わったアジを見つけたので保管しているとの事。冷蔵庫へ見に行くとミヤカミヒラアジである。遠慮なく魚ボラの標本用に頂く。見つけてくれ、忙しいのに更に確保してくれた漁協の職員には頭が下がる思いであり、とても有難い。ミヤカミヒラアジが見つかったという事は今後の南方系のアジ類に期待できそうである。

コメント

今朝の地元紙から カササハオコゼ

2018年10月21日 | 日記
 今朝、起きて新聞を見るとカササハオコゼの記事が載っている。地元の地名も大きく載り、嬉しい限りである。カササハオコゼを記載した魚ボラの留学生のシリカンヤさんも新聞に初記載である。だが、よく読むと留学生の名前が間違って記載されている。初記載なのに間違っていてはちょっと可愛そうである。修正の効かない新聞なので残念である。
コメント

まさか新種とは カササハオコゼ

2018年10月18日 | 魚ボラ
 3年前にうちの定置網でツマジロオコゼが獲れ、魚ボラの標本用に確保した。ツマジロオコゼは珍しい魚ではないが、ここでは今までに数個体しか見つかってなく、全て標本用に確保している。そんな中、1年ほど前にその個体が普通のツマジロオコゼとは違うと魚ボラの学生OBに教えてもらう。そしてその個体は未記載種とわかり、論文が日本魚類学会Ichthyological Research (英文誌)に掲載され、地元の地名を入れてくれて、標準和名「カササハオコゼ」Ablabys gymnothorax Chungthanawong and Motomura, 2018と提唱されました。自分では普通のツマジロオコゼでないのなら日本未記録種と思っていたが、未記載種と聞いて更に驚く。ツマジロオコゼとの違いは、わかり易いのが臀鰭の形状である。ツマジロオコゼは臀鰭の前方の3本の棘は長さが違い鰭膜も切れ目が深い。それに対してこの個体は棘の長さもさほど違いはなく、鰭膜の切れ目も後の軟条部と変わりない。ここではツマジロオコゼ自体も珍しいので、自分ではそこまで形質の認識はなく、魚ボラに持ち込んだ当時も背鰭の高さが豪く高いなと思ったくらいで、小さい時はそうなんだろうと思っていた。別種を全く疑わなかったことはちょっとショックである。自分としてはウッカリカサゴならぬウッカリハオコゼと名付けてもおかしくない状況であり、嬉しいやら悲しいやら複雑な思いであるが、魚種名に地元の地名が付き、しかも未記載種と言う事でやはり嬉しい限りである。


カササハオコゼ:Ablabys gymnothorax



普通のツマジロオコゼ:Ablabys taenianotus
コメント

バショウカジキの展示を目指して

2018年09月20日 | 水族館
 今年も今月の初めから東京の葛西臨海水族園が飼育展示用のバショウカジキの若魚の収集に来ている。来て直ぐに台風の襲来があり、定置網は網を陸揚げして出漁できず、波乱の幕開けであった。今年は例年になくバショウカジキの幼魚すら定置網への入網が見られない状況の中での採集開始であった。その後も定置網船に乗船するもバショウカジキの入網はない状況。そして3日前にようやく若魚の入網があり2個体採集し1個体はその日のうちに落ちたものの、1個体は状態良く水槽内を泳いでいる。そして今日が最終日。だが、順調だった1個体も今朝斃死した模様。結局今年も水族園へと運ぶことが出来ずに終わってしまう。バショウカジキは元々海が綺麗に澄んだ潮の時でないと定置網には入網しない。今年は台風に邪魔された感があり、台風後は長いこと海は濁りっぱなしで、私も素潜りにも行けない状況であった。結局バショウカジキの若魚が定置網に入網したのは僅か1日だけであった。その少ないワンチャンスで1個体でも綺麗な状態で採集し畜養できたのは成果であったが、あと1日持ッてくれればと悔やまれる。飼育・採集技術だけでなく、天候や運も味方にしないと難しいバショウカジキの飼育展示への道。また来年に期待したい。



コメント

夜間採集で初採集 ユゴイ稚魚

2018年09月16日 | 採集
 昨夜はいつものように夜間採集に行く。あちこちと探すがいつものメンバーばかりが目に付く。そんな中、水面に1個体のみで泳ぐ稚魚を発見。ボラの稚魚のように見えるが、泳ぎ方が違う感じがするので掬ってみる。見るとやはりボラの稚魚のようであるが、若干違う感じもする。現場が暗いうえサイズが小さ過ぎて肉眼ではよくわからないので一応キープする。その後もいつものメンバーばかりなので終了。このいつもたくさんいるボラかもしれない稚魚のみを持ち帰る。家に帰り水槽に入れてよく見るとボラには似ているが違う種である。だが、魚種は何だかわからない。FB上に投稿するとユゴイの稚魚と教えて頂く。ユゴイはこの近辺では稚魚だけでなく成魚もまだ未確認の魚である。という事でユゴイは一応初採集となる。





ユゴイ稚魚



チョウチョウウオ幼魚



カワハギ幼魚



クロホシフエダイ幼魚
コメント

ピンポン玉のサザナミフグ

2018年08月31日 | 定置網
 今日は定置網漁を終え、揚場で選別作業をしているとボールのようなものを発見。よく見るとサザナミフグの幼魚である。フグの仲間は膨れるものだが、この個体は本当にどの角度から見ても綺麗な円球となっている。ハリセンボンなどはこのように体全体が膨らむが、フグ科のフグでも腹部だけでなく体全体がこれだけ膨らむのかと思う程。このまま形のまま標本として固定し保存できれば面白いのだが、難しいだろう。



コメント

鹿児島大学総合研究博物館魚類学研究室の凄さ

2018年08月12日 | 魚ボラ
 朝起きて新聞を見るとまた鹿児島大学総合研究博物館魚類学研究室の記事が載っている。しかもカラーで大きく扱われている。それにしても現在で15万個体にもなったとは、昔は本当に想像もしていなかった感じである。魚ボラの学生の技術も向上しながら年々受け継がれ、今では私は手も出せない程である。この記事を読んで初めて知ったのだが、ホロタイプの標本が約100個体もあるとの事。確かに頻繁と言っていいほど新種記載されてきたなと改めて研究室の凄さを実感し、そこに微力ながらでも魚類ボランティアに携わっている事に喜びを感じる次第である。

コメント

初採集 アブラヤッコ

2018年08月07日 | 採集
 今回の素潜り採集でもう1種。今日は探し求めていたシマハギを採集したことで、ウキウキ気分でもう帰ってもいいかなと思う位であった。だが、せっかく来たのでもう少し探してみる。するとインドヒメジを発見。インドヒメジはここでは少ないものの定置網で今までに何度か獲れたことがあり、標本も確保している。だが、素潜りで出会うのは初めてである。今回も証拠としてまずは泳いでいる姿を写真に収める。その後、採集。一応、素潜り採集では初採集である。その後も何か採集しようと探していると種のわからないブダイの幼魚を発見。採集しようと網を仕掛ける。すると近くにアブラヤッコが出現。アブラヤッコは今までに定置網や市場では見たことはないが、素潜りでは何度か見ている。だが、採集しようとすると直ぐに逃げてしまい、採集できていない魚である。普通、採集に失敗して逃げられても、探せばその近くにまだいたり、再び同じ場所に戻って来たりするのだが、このアブラヤッコは一目散に逃げ、見失う程どこかへ行ってしまう。今までに採集にチャレンジしたが、網を仕掛ける前にもう逃げられていた。今回は既に網を仕掛けてあるので、そこまで誘導すれば採集のチャンスはある。そしてうまく網まで誘導し、一気に追い込む。更に運よく鰓蓋にある棘が網に引っ掛かりこれで採集。アブラヤッコ初採集である。今回は家に居ても暑くて気軽な気持ちで素潜り採集に来たが、シマハギやアブラヤッコを初採集できて本当に良かった。このきっかけとなった猛暑に感謝。


インドヒメジ(素潜りでは初採集)




アブラヤッコ 初採集




今日の収穫



コメント

探し求めていた魚 シマハギ初採集

2018年08月07日 | 採集
 今日は仕事が早く終わる。最近は猛暑続きで日中は特に暑い。家に居てもただ暑いだけなので、海の中にいる方が気持ち良さそうなので、軽い気持ちで素潜り採集に行く。魚ウオッチングをして気になる魚でもいれば採集しようと、今回は本当に気軽なつもりであった。ところが魚を見て楽しんでいると、シマハギを見つけてしまう。シマハギは今までにここでは獲れたことも見たこともなく、未確認の魚である。ところがシマハギは黒潮周辺の海域では関東地方にまで普通に確認されている。ここにいても全くおかしくない魚なので、特に探していた魚であった。これは絶対に標本に残さないといけないと思うが、とりあえず逃げられてしまった場合を考えて、証拠として泳いでいるところを写真に収める。その後、採集に取り掛かる。シマハギの仲間のニジハギは逃げ足が速く、何度もチャレンジして採集しているが、今回は意外と簡単に採集できた。これで標本も手に入りここでのシマハギの生息は確かなものとなる。








シマハギ

コメント

青いハタ ツチホゼリ

2018年08月04日 | 市場
 今日は定置網漁を終え、市場に帰港すると漁協職員にわからない魚がいるから名前を教えてくれと頼まれる。何でも青いハタとの事である。青いハタと言えばアオハタではなくツチホゼリを思い出す。ツチホゼリは灰色の体色で小黒点が散在しているが、小さな個体は体色が青っぽく、私が以前に標本用に確保した個体も青かった。活魚場へ見に行くとやはりツチホゼリが泳いでいる。以前に確保した個体よりも少し大きいが、青さが鮮やかでとても美しい。標本用には確保済みであり、更にハタの仲間なので値段も高いので今回は見送る。




以前に確保したツチホゼリの標本
コメント

遂に採集 カンムリベラ

2018年08月01日 | 採集
 勢力が弱く台風らしくはないが、一応一昨日から台風12号の強風域内である。それでも海上はそれほど波もなく、定置網漁は一昨日は見送ったものの、昨日今日と普通に操業。と言う事で台風の強風域内ではあるが、仕事終了後に貝採りと魚の素潜り採集に行く。台風ではあるが、海に潜ると意外と透明度はよい。時より豪雨となるが海に入っていればそれほど問題ではない。貝を採りつつ魚を探すとまだ未採集のカンムリベラの幼魚を見つける。カンムリベラは今までに何度も出会っているのだが、採集を試みるも逃げ足が速く全て失敗に終わり、時間と体力だけを消耗する厄介者である。今回も見つけてしまったので一応採集を試みる。今回たまたま直ぐ近くに大きな岩の壁があり、ここに追い込めれば採集できるのではと想定。想定通り魚を誘導でき、失敗なく体力も消耗せずでカンムリベラを初採集。今回は台風という事で採集を止めようかと悩んだが、決行して正解であった。今日はカンムリベラのほか、やたらとスズメダイの仲間の幼魚が目立ち、数種採集し終了。





カンムリベラ幼魚



コバンヒメジ幼魚



ハコフグ幼魚



サツマオコゼ



本日の成果



カンムリベラ幼魚初採集



オオスジヒメジ。背に黄色のラインがある個体(上)。背に黄色のラインが無い個体(下)



アカオビベラ



アイスズメダイ幼魚



イチモンスズメダイ幼魚
コメント