アンディの庭

アンディ小山です。自然の豊かな岩手から沢山のことを発信していきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

AVC発表フェスタ

2010年01月12日 | 日記(出来事)
今年も冬枯れのこの時期にやってくる、明るく希望に満ちた
私達の音楽の祭典『AVC発表フェスタ』が来る
2月11日 盛岡の市民文化会館 通称マリオス小ホールで開催されます。
今回もたくさんの名曲・美しい曲を、豊富な品揃えで広げていくつもりです。

ここ数年はボクのとても気に入っているパイプオルガンがステージ背面にそびえる
このホールで発表フェスタが行なわれてきました。
年々その内容も充実して来ていて、又出演の生徒さん達もバラエティーに富んだ
年代が小気味良くブレンドされ、かなり洗練されたステージングになって
いると思います。
生徒さんそれぞれのパーソナリティーと楽曲とがコンビネーション良く
表現されています。
今回の特色は、異年齢のコラボレーション、カレッジ・リユニオンのコラボ
『永遠の青年ユニット』等々がチャレンジします。

いつもボクが信頼してお願いするサウンドエンジニアが今回も参画してくれる
事で、良い音響の環境を生徒さん達に提供出来る事は大変嬉しい事です。
彼らの発表は、優秀なサウンドエンジニアのハイブリットな手腕が功を奏し
そこから表現される一曲一曲はかなりのものになると思います。

発表する生徒さん達はそれに向けて
体調管理に気を配りながら、張り切って練習に励んでいます。
指導させて頂いている生徒さん達の姿を見ていて、ボクにも幸せが伝わってきます。
冬が最も冬らしいこの岩手・盛岡の地で音楽の花束に囲まれ
抱かれる!と思うと今からとても楽しみです。

どうでしょうか皆さん! 
生徒さん達の幸せ一杯の姿にご声援をお願いしたいのです。
是非お出掛け下さい!
もちろん入場は無料です。
但し一つお願いは
笑顔を持って来て頂ければ嬉しいという事です。
待っています。

  2010年 2月11日 (木)祝日
     マリオス 小ホール
  開場 17:00
  開演 17:30
  終了予定 20:30~21:00の間
入場無料 (笑顔をお持ち下さい)

   盛岡市民文化ホール
    http://www.mfca.jp/
コメント (4)

イタリアで学ぶ分身

2010年01月04日 | 日記(出来事)
数年前からイタリア・ミラノで文化的背景から音楽を基軸として
学んでいる青年、Y君がいます。
彼いわくボクを『音楽の父』と云ってくれる大切なボクの分身です。
年が明け時差を越えて、ミラノからのハピーニューイヤーコールが届きました。

自主トレを済ませたばかりのボクは、受話器をスタッフの手からムンズと
受け取りました。やっぱり嬉しかったですねー!
弟子の声を聴けることは幸せです、ほんと。しかもイタリアからですよ!

彼は高校生の時ボクの所へヴォーカルを習いに来たのですが、
そこからずーっと音楽を続ける中で、ボクが伝えて来た一つ一つの事柄を
確認する事が出来ているようです。
日本の中にだけ居ては得る事の出来ない何かが、向こうには有る!と云う事の
確認が取れていて、飛び立ったのでした。

ご両親の理解があって、当初から密度の濃いレッスンが出来た彼は
この岩手の人々の持つ独特な真面目さでしかもY君のひた向きな
音楽への取り組み方には目を見張るものがあり、ボクを感心させました。
内容豊かに充実したレッスンの日々は、宝の時間だったように
ヨーク覚えています。

その彼が、4年間の音大生活を終え故郷に戻り仕事をしながら
ヴォーカルの学びを続けた結果、イタリア留学になっていったわけですが
ローカルの上に根を張ったグローバルな目線の育成が功をすいして、
決してイタリア人にひけをとらないシャープなセンスの良さを
身につけているので、ミラノに行っても充分彼らと渡り合っていられる
自分に喜びと誇りを持って毎日を過ごしているようです。

現在アカデミーでは幅広い音楽性が求められるハイブリットな
環境下にあって、オリジナリティーの上にしっかりと立った
ヴォーカリストを目指し、日々切磋琢磨しているようです。
ボクの元でしっかりと学べたROCK・POPS、そのオリジナルアーティスト達から
インスパイアーされ、それらをマスターしたY君のその力は彼の東洋人のマスクからは
想像出来ないカルチャーショックをイタリア人達に与えていると思います。
この実力が、今後彼が世に浮上してくるベースとなってくるでしょう!

いずれ極めて近い将来、彼とのコラボデュオを夢に描き楽しみにしています。
コメント

明けまして2010

2010年01月01日 | 日記(出来事)
       みなさん 明けまして2010年

ひとまずカレンダー通りに迎えた朝はホワイトニューイヤーデーという様相でした。
予報通りのヘビースノーで、恒例の『スノーレイバー』こちらでは『雪かき』
と言いますが、何か『耳かき』『歯磨き』みたいですけどこれがかなりグッドな
エクササイズになって、冬の運動不足をずばり返上!してくれ一度はまったら
これが結構病み付きになるんですよー。
エクササイズを軽く超越させてくれるような重労働なのですが・・・・・
まー、それを労働ととるか?
いややはりエクササイズでしょう。

どうとるかは、今このブログを読んで下さっている東北・北海道・日本海方面に
在住している方々に、ジャッジメントを委ねたいと思います。
関西・神戸育ちのボクはやはりエクササイズ組みですが・・・・。

ボクのスクールの前は、ボクの作業を尻目に続々と足早に
神社へ初詣に向う家族連れやカップルが通り過ぎてゆきます。

アメリカではクリスマスがメインであり、又ニューイヤーよりニューイヤーイヴの方が、
日付け変更時点にテンションが上がりぐっと盛り上がります。
長い間、そんな雰囲気の中で年末を過ごしてきました。

アメリカに居るボクの分身達は時差を越え多分、明朝六時頃に『Happy New Year!』
の電話をくれるのではないかと思います。
お互いのLoveをBelieveし合えている事を実感する幸せな瞬間です。

いづれどんな形でニューイヤーを迎えようと、やはり一年の始まりは清々しい決意が
心の底から沸き上がってくるものですね。

この一年間、全ての人があの名曲中の名曲「WHAT A WONDERFUL WORLD 』
(この素晴らしき世界)と云う心境の日々を過ごせる事を願いつつこのボクも
そうなれるよう、それに向って日々前進していくつもりです。
So, Everyone !  Happy New Year !!

コメント (4)