アンディの庭

アンディ小山です。自然の豊かな岩手から沢山のことを発信していきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【屋形船晴海屋】アンディ小山ショー②~クリスマスイブ~

2017年01月03日 | お仕事
  老舗の晴海屋さんとご縁があり新たな自分を発見。
  地元・日本中そして海外からとバラエティ溢れたしかも
  いろいろな広い世代の皆様とお会いします。

  新しいことにチャレンジすることって有り難く嬉しい!!
  周りの沢山の方々に応援していただき励みになります。
  
  晴海屋: http://www.harumiya.co.jp/

【屋形船晴海屋】アンディ小山ショー②~クリスマスイブ~
コメント (7)

明けまして おめでとうございます

2017年01月03日 | お仕事
  皆様大変ご無沙汰しておりますが元気に新年を迎えました。
  お陰様で銀座TACTでのアンディ小山SHOWも続けております。

  東京に戻ってからヘアースタイルが変わりました。
  そんな最近の元気なアンディ小山をご覧ください!

  どうぞ今年もよろしくお願い致します。

アンディ小山 Un chain my heart at TACT
コメント (1)

謹んでお知らせです!

2016年05月24日 | お仕事

  慣れ親しんだAVC VOCAL SCHOOLのレッスンスタジオで4月末から
  連続でお別れLIVEをしてお世話になった皆さんにご挨拶しています。

  今年は盛岡にスクールを開設して15年目を迎えるのですがこの節目を
  好機と捉えスクール指導を卒業することにしました。

  実際のところ'93年帰国した翌年から指導を開始、東京から仙台や盛岡に
  指導に通い指導歴としては21年目となった訳なんです。
 

  こちらに来て15年という月日の間、沢山の方々に出会ってお世話になり
  そしてボクの元には多くの生徒さんたちが通ってくれました。

  未熟な自分でしたが生徒さん達は勿論のこと思いがけない方々とも触れ合う中で
  沢山のことを学ばせて貰えたと心から感謝しています。

  この度、5月いっぱいで東京に活動の本拠を移すことになりました。
  所属事務所は変わりませんがフリーランスでの活動と両輪で動きます。
 
  学んだ多くを生かしVocal指導は続けるつもりですし
  自分自身の活動も充実させていくつもりです。
  
  今の自分が出来ることを精一杯やっていこうと思っています
  皆さんどうぞよろしくお願いいたします。

  と云う訳でしばらくブログ・フェイスブックなどはお休みしますので
  今後の動向についてはホームページでチェックをお願いします。

  これまで応援してくださった皆さんにこれからもますますの応援を
  お願いしつつしばらくの失礼をご勘弁ください!




  
コメント (16)

初めまして!

2016年03月28日 | お仕事

  
  愛弟子首藤くんが第一子「SAKUくん」を連れてきました。
  パパによく似ていますよ!
  漢字は「朔」というのだそうです。

  ママのひとみちゃんによると逆子だったので帝王切開
  DR.の決めた日が12月25日で嬉しかったとか。

  三ヶ月のBabyとはこんな感じだったんだー
  もうすっかり忘れましたねー

  ひとみちゃんとはフェイスブック仲間でお互い好物は「タバスコ」
  ボクが愛用しているボトルを見せてタバスコ談義・・・

  工事がお休みの日曜日でよかった!あの音じゃひきつけ起こすもの。
  さぁ、新米パパ&ママさんこれからだぜ~頑張ってくれよ!!

コメント

蔵のある果樹園りんご工房きたださんへ~

2016年03月14日 | お仕事

  笑顔の富士子さんにやっと会えました。
  ご主人の晴男さんとこだわりの農業をやっています。

  彼らの各種のりんごを毎日そのまま又はヨーグルトと食している
  ボクには必需品でありもちろん出張にも持参します。

  年中彼らが頑張ってくれて収穫した特別栽培米はボクの
  健康に一役かってくれていると思います。

  こちらでもここまでこだわった作品にはそう巡り会える
  訳でもないのでラッキーな出会いでした。


  蔵を素敵な宿泊施設に改装しFROG BEEとしてグリーンツーリズムを
  発信していますがかなり定着してきた様子です。

  ネットで宿のサイトにアップしてからは世界中から人々が
  やってくるようになったと聞きました。

  さらに家の向こう側に散歩の方々が止まり木的に休めるような
  施設を企画中と説明する富士子さんは輝いています。

  定期的に二人でヨーロッパに農業研修のため出かける
  彼ららしい発想で嬉しくなります。

  息子さん夫婦も頑張っていますがこう云うセンスの農業家
  だからこその後継者と感じます。

  

コメント