日々雑感

残りの人生 こころの趣くままに

もの思う秋

2018-10-18 | きいてきいて
10月も半ばを過ぎると天高く
凛とした秋風が心地よく、このままで
“しばしとどめん”と と言いたいところだが
秋アレルギーの鼻炎に目のかゆみ、蕁麻疹と
格闘する毎日。




某小説家の「どっぷり昭和を生きた」エッセイを読み
“それ私も知っている” “そうそう そう言うことあった“
と、次々思い起こされ懐かしくも少し哀しいエピソードに
思いを馳せて昭和を懐古。
まさに「もの思う秋」になりました。





『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 秋祭り | トップ | 最高の季節 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オールドレディー)
2018-10-19 09:25:00
私はヨモギがアレルゲンの花粉症で、春と秋に出ます。で、目下「鼻水も滴るいい女?」、鼻はトナカイ状態、みっともない姿です。
早朝ウオーキングは冷気にブルっと身震いして出発。今朝は5時半に家を出たとたんに雷と稲妻、そして雨。せっかく張り切って出てきたのに…。日頃の行いの悪かしら?
もの思う秋とロマンチックに行きたいところですが、食欲の秋の誘惑には勝てそうにありません。まあ食べられるというのは元気な証拠と言い訳してますが…。
秋の楽しみ! (sirousagi gamanoho)
2018-10-19 15:53:04
澄み切った青空、吹く風の快さ、山野に出かけて虫の声を楽しみたいところですが、辛い症状で憂鬱な日々を過ごされているなんて!アレルギー症状!お見舞い申し上げます。

昭和を懐かしむ戦前生まれも強健な肉体の持ち主だけではないのですね。
其々アレルゲンが違って症状も様々なんですね。有難い事に一見ひ弱そうなsirousagiどっこいしぶとくしっかりこの最高の季節を楽しんでいます。
勿論美味しい秋の味覚もね。栗、柿、サツマイモまったけは無理でもホンシメジで旨味


共感の想い重ねて読む夜更け 
   あわれ身に入(し)む匂う木犀  蓑裏




オールドレディさま (suri-riba)
2018-10-20 14:25:21
ほんとに最悪のアレルギーシーズン。年々症状が強く出てきて”お疲れですね”って慰められても「人生の疲れ、要するにもう歳ですから」とはっきり医者も言えばいいのに・・。これが治まれば食べるぞー。
sirousagigamanohoさま (suri-riba)
2018-10-20 14:34:28
調子は少しはましでしょうか?
「弱り目に祟り目」とはこういうことですね。
寒くなるのはごめんだけれど、もう限界。
この辺が私の健康寿命の末期でしょうね。

コメントを投稿