sptakaのブツブツDiary

sptakaさんは、毎日ブツブツ発言しています。

藤井聡太が久しぶりに負ける子供っぷり

2019-02-06 17:47:46 | ブツブツ日記
藤井聡太が久しぶりに負ける子供っぷり
 アベマ見ていたよ。18連勝するのだから、どう考えも19連勝して、初心者軍団のC1など抜けて、B組に昇格できると思ったが、負けたよ。
 ああ、ゲームの途中で、あのガックリして、将棋盤におでこぶつけて、駒をバラバラにするかと思ったが、その寸前で止まった。そういうど素人顔つきは、やっぱり所詮高校1年坊主だと思って、少し安心した。あれだけ勝負事が顔色に出るのは、広島ピッチャーの前田程度で、だから彼はドジャースでも勝てない。せめて野茂のように、いつでもポーカーフェイスのふてぶてしい顔つきになれよと思ったが。
 しかし高校1年坊主が深夜の12時まで仕事と称する将棋やっているなんて、これはブラックバイトであり、ブラック企業なのだ。今どき労働時間は日に8時間というなら、持ち時間4時間で将棋やれよ。あんなものは、個人の趣味が延長しただけで、なのだから、持ち時間は10時間でも、100時間でも彼らは延々とやっていると思うね。それを平気でやらせるのは、シベリア抑留というものだ。そのバカを止めるのが企業というもので、だから連盟は企業ではない。8時間労働守れ。されに未成年は午後6時に帰れとも思う。悪習慣の改善の余地なしなんだけどね。
 でも最近は少しましになった。NHKで将棋負けたときに「敗因はどこですか?」と負けたやつに聞けと、20年前からHくんや、Mくん、今はKくんに言ったが、最初は「そんなこと、名人先生に聞けませんよ」と、相変わらずの男尊女卑か、年功序列か。どうせゴムで行きます~が名人の成れの果てなのに。
 それが行き過ぎて、今ではカブトムシの観察日記程度に、昼に食ったのは、天丼。おやつに食ったのは、あんみつとか、おいしいと言っていましたとは、こんなお下劣は世の中にあるのか! 将棋のファンの程度が知れる。将棋指しの程度もこのラベル。
 まあ藤井君は、あんな学校早々と辞めて、もっとやるべきことたくさんあるでしょ、忙しいし。羽生くんだって、高校ごときは中退しています。
コメント

大坂なおみが優勝しても、あんなものは日本人じゃない

2019-01-29 12:30:20 | ブツブツ日記
大坂なおみが優勝しても、あんなものは日本人じゃない
 日本で生まれたから、大坂なおみは「日本人だ」というのだが、だったら、朝鮮人は4代前まで日本で生まれたのに、未だに外国人扱いなのは、政府の責任だ。政府は都合がよいときに限って、生まれたものを「日本人扱いにする」、ご都合主義という。
 昨日までは、ああいう弾丸サーブは「違反だ」とずっといっていた。サンプラスにしても、ナブラチロワでも、あれがテニスをつまらなくする。たった一発で勝敗が決まるといっていたのに、そのなけなしの大砲が手に入ると「これは凄い」と手のひらを反す。お前の頭は一体どうなっているのか、ええ12歳ですから。
 マッカーサーが上陸した時に、瞬時に鬼畜米英の日本人に焼き討ちにあうと思っていたのだが、ギブミーチョコレートには、参った。こいつらの頭はどうなっているのかと、そうです、あの頃から今でも、12歳のままです。
 一切の日本語を話さないなら、野球の助っ人外人と同じように相手にしたくないのだが、「抹茶アイス食べたい」「今日は眠い」それだけの3歳児に対して、上から目線で、「可愛い黒人」だから、日本国籍あげるで、99%までが、ノー文句で大坂応援していく。どういう構造なんだろうか。
 日本人じゃないわけで、黒人ハーフならば、オコエ君、ケンブリッジ、高安も御嶽海もフィリピンハーフで、マラソン五輪金のワンジルなどは、ケニア留学生だというのに、誰も認めない。
 そもそも大坂なんてのは、アメリカのパスポートで世界転戦しているそれだけで、国籍はアメリカである。ただ、国際スポーツも母国に迎合して、テニス国籍を日本と認めているだけのことで、それはCM商売が、アメリカか日本かのやり易い方でよろしいというだけの根拠に、あの特攻隊ハチマキで応援するというのも、カギ十字と何が違うのかと、思うが何も分からない。
 リオでアフリカハーフがサムライだと刀抜いたが、だったらお前、大英帝国に向かって、アフリカ奴隷商売の成れの果てが、今のミッドアメリカ黒人のルーツなのだから、そこに切りつけろといっても、どうせ「?」に決まっている。仇討ちOKのサムライ子供文化が、東京五輪も制するわけだから。
 大体日本の建国は、神武天皇の時代で、そこ頃にアフリカ黒人などは日本にいなかったと、これは案外右寄りの定説になっていて、だから大坂などは認めないといわれると、そうですねと思わず同調せざるをえない。天皇家も大陸から渡ってきたくらいは誰もが理解しても、建国記念日の建国には、黒人も白人も誰も不可で、日本にあるまじきと彼らはいう。それも道理だ。このガラパゴス島国国民がアフリカ黒人に勝てないのにマラソンで努力するとか、アフリカテニスに勝てないのに、短足チビで努力するとか、これがなくて、大阪日本人とは、拍子抜けで、支持できないという連中も少なからずいることは、やはり認めちゃうとなるわけだ。錦織くんとは、わけが違うとその連中はいうのである。
 アメリカの建国は、もちろん独立記念日のことで、雑多な多民族国家としての独立であったが、日本の神武からの建国は、そんなことでは絶対ないし種類が違うと、それは政府がそういっているわけだから、その場しのぎで大坂日本人は軽はずみとも言えるわけだ。
それがいやなら、朝鮮人に日本国籍与えるのが先で、例えばあの李忠成でさえ、それだけ国籍問題で苦労したんだよ、呆れるほどに。
 なおいうなら、国歌君が代は、明治の天皇主権の時代に、古事記から引用した、あれは天皇のセレモニーソングであって、いわば葬式の歌であり、某サッカー選手が、試合のまえに、君が代じゃ負けるとは、その通りなのだ。
 戦後GHQは、建国を廃止したのだが、その視線がずれたときに、お馬鹿な昭和は、またぶり返して紀元節と同じことにしてしまったわけだ、どうせなら、ヒロヒト天皇は自分を絞首にとマッカーサーに申し出たのだが、それを否認したことが、今の日本になっているわけでね。都合のいいときだけの「日本人論」まかり通って、12歳児のバブルがまた始まる。
コメント (1)

ドタキャンは沢田研二の道楽だけど、悪趣味にもほどがある

2018-10-22 23:57:58 | ブツブツ日記
ドタキャンは沢田研二の道楽だけど、悪趣味にもほどがある
 追い込まれたときに、たまに爆発するのだ。10年ほど前に水戸で同じようなことしたらしいし、いもジュリーといわれたときに、頭でガツンとやった。そもそも不良である。高校生で、河原町辺りに出入りしていたくらいだから。
 50年前に、紅白に出たのはブルーシャトーで、タイガースは長髪の不良だからと、NHKに出られなかったよ。その程度が不良のレッテルで格好いいと思っているようだけど、吹き出すよね。
 少なくとも、さいたまに7千人集まったら、歌えばいくらかの商売にはなったはずなのに、身銭切っても「やりたくねえ」。アリーナは二日分使用料で1千万円だし、舞台設定の大道具やスタッフに、同額くらいで、あのドタキャンで2千万円のカネ、どぶに捨てた。カネのどぶとは、趣味であり、私用なのだから、好きで道楽したと思えばいいわけだ。沢田は気に入らないことがあると、いくらかカネどぶでも、とっぴなことやるらしい。
だったら、5千万円くらいあったら、来月は東京ドームでもドタキャンやればいいわけだ。ただの悪趣味。
2千万円あるなら、好きなジャガーの新車でも買えばいいのに。そもそもジャガーといっても、ストーンズなのか、ビートルか、モンキーか、今どきEU離脱する阿呆の車が好きだとは、こういう人がいるから、どうにか持っているあのメーカー。本人もそれだけの理由しかないわけで。
 でもね、人気の継続とは、まあ立派ではありますよ。50年前のタイガースの栄光引きずって、いや引きずる栄光が今でもあるんだから、百恵の引退とか、キャンディーズなんて比較にならないのは知ってますよ。タイガースは、日本全部の、5千万人の女子を濡らして、失神させたといわれたくらいでね。日劇で歌うと、津波が押し寄せるようなファンの怒声に、他は全員溺死するのに、ジュリーだけが、上手に泳いだとね。それは20年前の貴乃花であり、30年前のピンクレディだから、60年前の美智子さんとか、力道山とか、そのレベルでしょ。勘違いもするよね。自分を中心に地球が回る。ファンに甘えるんじゃなくて、ファンを少々減らしても、勝手についてこい。5千万人の1%が残っていても、50万人のおばさんたち。その辺のジャニ系のアイドルなんて、比較にもならないってわけでね。
 だから勘違いもしてきたわけで。好きでピーナッツと結婚したのに、それ離婚させて、再婚するのは、田中裕子で、これは沢田以上の悪妻とは誰もが指摘して。ファンに口を利かないとするなら、沢田よりも田中の方だよね。田中裕子にしても、あの時代は飛ぶ鳥の若手エロ女優で、将来は彼女しかないといわれたのに、同年代の大根といわれた大竹しのぶにあっさりその地位渡しちゃった。それもこれも、なんでジュリーを離婚させて、自分と再婚させたかね。魔性といわれたが、まあナベプロと対決させても、自分がいい女だと。その田中も、あれで女優生命捨てることで、奈落の底になった。たかだか好きな男、もしくは女と結婚する程度で、一生食えるバブリーな地位を捨てるか?あの二人は、捨てたんだね。
 ショーケン程度に言わせても「沢田と仕事すると、全部失敗する」。まあ、貴乃花が相撲協会との関係で、いくら人気があっても失敗したのと同じで、沢田もどこか勘違いする。役者としても不勉強で下手糞で、それを「前略おふくろさん」ショーケンに言われる程度じゃ、ホンマに情けねえよ。しかもショーケンほどの不良にもなり切れない。
 そもそもロックでも何でもなくて、おたまじゃくしも読めない流行歌手ですからね。言ってみれば、布施明だし、細川たかしでしょ。あんなものは一人じゃステージ出来なくて、懐メロの十把一絡げで足りるのに、沢田はたまたま、一人でできるだけのおばさん抱えているというだけでしょ。音楽の話は吉田拓郎に及びもつかないし、役者稼業も未熟。仲間じゃ、大野とか井上堯之、安井かずみがどうにか処理していたから、持ってきたのに、本人に自覚なし。
ビートたけしが言うように、君だけに愛をくらい歌えよ。それしかないのに。なんか楽器弾けたのか。
 いわば持ちネタというのは、田中裕子との再婚という私製のスキャンダルと、樹木希林のジュリーくらいで、自分じゃなにもない。突っ張りの根拠がどこかにあるのか。貴乃花か、長嶋茂雄程度の勘違い持ち合わせるくらいでね。ああ、君だけに愛をだけか。
 そんなやつの悪趣味が、ああいうぶち壊し。それが日当2千万円の出費だった。70歳でそんな道楽できることが羨ましいとは言われるけど、だから何だよ。ゼニくらいもっと有効に使えよ。どこかに寄付でもしろよ。「あんな醜態は晒したくねえよ」というのが、まともな大人の反応でしょ。パーソナリティがまともじゃないよね。
コメント (1)

金足農業の吉田輝星ごときのプロ宣言に、日本中が大騒動

2018-10-10 22:16:18 | ブツブツ日記
金足農業の吉田輝星ごときのプロ宣言に、日本中が大騒動

 日本のプロ野球信仰は、ほとんど宗教でしょうね。プロ野球が誕生したのは、昭和6年とか、巨人が9年とか言われているのだが、その時期の生まれた連中も80歳オーバーだし、観戦していた人は、100歳越で、絶対的にいないと断言でいるわけで、なんでこんなものが爆発的人気で宗教になったのかは、実は誰も分からないというのが正解でしょう。それは戦後ごときに生まれた創価学会が、15%もの得票率を誇っているのと同じで、ある数年で何かの原因で急速に繁殖しただけで、それはソフトバンクの急成長よりも、ZOZOよりも急速過ぎて、知らぬ間だったという他はないだろうと。まあガラ携帯からスマホにしても、20年歴史があるなら、それよりも急速でしたね。IT革命とかに近いですか。追って、でっち上げの見解を書きましょう。
 そもそもベーブルースが昭和9年に、メジャー球団を引き連れて、アメリカから船に乗って日本にきて、15試合くらい開催して、この年に巨人とか生まれるのだが、そこに15連勝したなんて、知っている人は大いに少なくなった。これが日本のプロ野球のスタートになる。にしても、ベーブが来たのはいいが、何でそんな得体の知れないゲームに、満員連続したのかも、それ以前に根付いていましたかね。
 その元とは、どうせ朝日が主催する高校野球の100周年とかがこの夏に騒がれて、それは大正5年に高校野球は始まった。その元は、明治20年頃から急速に、正岡子規が学生野球を流行らせたと野球歴史は語っているのだが。 
 だったら同じ頃にサッカーだって入ってきた。明治の文明開化なら、ラグビーだって、極端にいえば、ロックとサーフィン以外は、全部入ってきたのに、どうして野球だけが残ったのか。とにかく残っていたから、明治のその頃から野球は学生部活で必須になったし、学生野球は日本の野球史の中ででかい顔してきた。プロのでき始めころなんて、「職業野球」と馬鹿にして、あんなものは職業でやるもんじゃない。それは乞食に等しい野球だ。貴族が勉学の傍らの息抜きにするものだと、喝破したいたものだ。こんな学生貴族の御遊びに、平気で付き合えるほど、日本人に余裕があったとは到底思えない。
 でも昭和9年頃になれば、百歩譲って、日本人の黒船恐怖症のその張本人たちが来日して、それは力道山相手の悪徳外人と同じで、怖いもの見たさと、案外面白さに熱狂したのかな。
 それと主催したのが、読売新聞の大正力松太郎だったわけだ。彼は内務官僚から議員になって、しかも関東大震災で倒産した前身のボロカス読売新聞を買収して、再建させた政商といっていい男だ。西武の堤義明の父ちゃんとか、東急の五島の爺さんとかも、みんな政商だったが、あの昭和一桁の軍部の時代には、こういうつわものがいたわけだ。
 昭和9年の、こんな外人相手のギブミーチョコレートじゃない、ギブミーベースボールが大成功したといわれても、にわかに信じられないがその通りらしい。
 そしてここに日本のプロ野球が始まるのだが、それが現在でも続くことの最悪の習慣に、あの頃から12球団は、80年に渡って、一歩も進歩していないという、水戸黄門や大岡越前のチャンバラ劇のマンネリのごとくに、難しい理屈には耐えられない日本人特有の保守脳みそに、マンネリはぴったり沁み込んでんしまったという、不幸の歴史と同居しているという点だ。それは大相撲と全くおなじで、あんな江戸から続く、グロテスクな相撲が、時に八百長といわれ、豚箱とか、刑務所とか、口減らしといわれて、延々と現存するように、プロ野球も全く同じだったんじゃないかと思わずにいられない。
 時代は急速に軍部と戦争に進んでいくのだが、信じられないことに、敗戦前の最後のプロ野球というのは、昭和20年の1月にオープン戦を5試合くらいやっているのだ。んな、国民みんな兵隊に学徒も動員されているときに、よくぞ呑気に野球などを。いや観戦している連中も相当数いたわけだ。それは呑気じゃなくて、活気だったかどうか。そのわずか2か月後には東京大空襲で一晩で10万人が死んで、まもなく沖縄上陸でひめゆり自害とか、広島長崎でいくら戦死しても、どうやら「野球」なのである。
 そして戦後の最初の野球が、なんと昭和20年の11月だったというのも、お前ら飯は食えたのかと、いや、食わなくて野球をやりたい、やりながら餓死してもいい、観戦しながら死んでもいいと、お前ら戦死よりも、野球死なのかという、コアな連中が相当数いたらしいのだ。天皇陛下万歳よりも、実は「野球」だった。
 そして戦後は、昭和29年にメジャーのディマジオが来日するが、んなもんより、お前の女房のマリリンモンローさんだよねと、これも国中が熱狂した。その5年後の美智子さんの結婚と、瞬間風速じゃどっちが上だったと勘違いするほどですよ。なぜなら、この時ディマジオは自分の不人気と、女房の100倍の人気に嫉妬して、離婚してしまったわけだからね。黒船コンプレックスは、その女がセックスシンボルで来日することで、ついにアメリカさんを性の対象として、このとき心象として、初めて「戦勝」したと勘違いしたんだろうね。
 それ以降はもう知られる通りですね。大スターが生まれましたね。長嶋茂雄と王。日本のテレビの普及は、昭和34年の美智子さんの結婚(今の平成の天皇夫婦のこと)で、これのためにテレビが日本中に普及して、松下が大成功して、その5年後の昭和39年には東京五輪で、テレビは100%普及したことになってますね。
 同時期に力道山も人気だったけど、長嶋は昭和33年にプロ入り、34年には王が。時代の趨勢に人気者がマッチしましたね。天皇も来年退位しましが、長嶋、王、どうにか健在で。それは相撲の亡くなった輪島と北の湖であり、若貴横綱であり。スターなんてもんは、30年に一人くらいいれば十分で、それにかなったというわけですね。
 以降の野球は、江川も桑田も、メジャーの大谷でさえ、不正の連続でね。でもそれは大相撲の八百長と同じで、騒動も人気の一部ですから。後発のサッカーなんて、頑張っている風でも、市場占有では、野球の10分の1ですからね。
 この20年くらいの野球の屋台骨は、明らかの野茂以降のメジャー志向ですからね。数年に一人しか実現できない希少価値。日米野球で日本はアメリカを越えたなんていうのは、見苦しい短足の日本女子が、ハリウッド女優に勝るという、でっち上げのウソと同等で、何の価値もないたわごとですからね。そのメジャー志向の予備軍に、プロ野球が位置して、その劣等感が、野球人気を引っ張っているわけですね。さっさとプレーオフしているメジャーに対して、クライマックスの裏で消化試合してる、くそバカ。話になりません。
 宗教とは結局そういうもんです。外人崇拝も、コンプレックスも、多神教の日本じゃ、すべてがOKですからね。そして一度認知されたものは、決して崩れない。
 だから吉田輝星ごときの、来年には故障して引退するかも、いや、よくても斎藤佑の二の舞でしょと思う小僧でも、これだけの騒ぎは、江川であり、桑田、大谷ですからね。宗教です。
 江戸来の宗教は富士講に、伊勢講、善行寺講の三つといわれますが、野球講も、文明開化以降は急速でしたね。吉田小僧は、こういう歴史の上に自分の立場があることくらいは、認識してくださいと思う次第でしたね。
コメント

文科省のお食事券=汚職事件

2018-09-22 08:22:10 | ブツブツ日記


文部科学省の戸谷一夫事務次官が、同省を巡る一連の汚職事件の責任を取って辞任する意向を固めたことが20日、分かった。同省では前次官も天下り問題を受けて辞任しており、事務方トップが2代続けて不祥事で辞任する異例の事態となる。

 役所には地下食堂というものがある。霞が関の裁判所や検察の地下にもあって、前は渋谷区役所の地下にもあって、ああいうのは、プラスチック容器だし、学食レベルでどうも行きたくない。実は役所というのは、どうせ学校と似たようなところで、まずい飯食うことしか能がないから、夜に銀座に他人のカネで行きたがるという、腐れものの話だ。
だから文科省にも、昼定食300円くらいのが無料になる「お食事券」なんてものがあって、タダでも「いらねえ」といつも思っている。
20年位前だけど、その頃から時間が失われて、何一つ進歩していないわが国は、あの頃でも「汚職事件」が頻発していて、テレビニュースのたびに、クソガキどもが、どこの「お食事券」の話?と騒いでいて、ああ懐かしい。そういえば、見事にイントネーション同じなのだ。
だから、神楽坂商店街の汚職事件の話をしようとしても、世間は100%お食事券のことだと思って、それよりもゆとりとは、二十歳過ぎても、文科省も読めないし、汚職事件も読めないものだと気が付いた。ああノー天気ないい話。汚職事件で刑務所入った人も誰もいないよ。

コメント

大坂なおみ6-0 6-0 6-0 6-0 6-0 6-0 6-0

2018-09-21 14:43:36 | ブツブツ日記

東レの一回戦は、6-0 6-0 で勝つと思っていたけど、6-2 6-1 だった。協会から報奨金の800万円もらったけど、来年の豪、仏とドンドン勝ったら、どんどん800万円くれるだろうか。いいえ、賞金3億円、3億円稼いでいけば、こんなものはいらない。
 かつて、年間グランドスラムは、ナブラチロワか、エバートが、グラフか、セリーナの誰かはやったと思うけど、なおみが来年これやるかも知れない。とてつもなく強いくなっていた。ミスがほとんどない。ラリーだけでも勝てる。それに多分、セリーナは引退する。理由はなおみにボコボコにされたから、立ち直れないということだ。拍が付く。
 アメリカ育ちはいいよなあと思う。「80点の出来」というコメントがあったが、実は「100点満点だったとしたら何点?」という質問だった。そもそもアメリカのテストって、本当に100点が満点か。どうやらなおみは100点という意味が不明だった。質問も何が100点?と聞き返した。この大会の環境の点数を聞かれたのかも知れないと思った。「貴女のマッチだよ」と聞き返した。ああ。でも出来としては、80%と答えただけで、何も80点とは言っていない。この100点を花丸とするバカげた園児の質問に、「もちろん100点です」と安っぽく答えれば日本人受けするけれど、意味不明のやり取りだから、パフォーマンスは80%といい、多分100%とは、マックスだから、年間グランドスラム+五輪くらいが目標なら、ぶざけたってこんな安っぽい質問には答えられないと、格好良すぎるというよりも、ただの娘が正直に答えただけである。
 よくある、王貞治が確実に受け答えするのだが、何か質問すると「そうですね」とオウム返しに言ってからちんたら答える。日本の安っぽい選手は半分くらいがこれで、100mの福島だけは、えええ~~~と言いながら答えた。なおみも「そうですね」なんて言う安い単語はしらなくて、「ん~~っ」とやや高い声。これが彼女の音質高くて、声が小さい上手じゃない受け答えで、発生練習もう少しすればと思うけど、やらないね。
 日本語は「日本語で」といわないと、しゃべってくれないから、オウムのような感じがするけど、まあ英語圏生活していれば、通常はそうだ。「がまん」なんて言っていた頃が懐かしいが、たまには言うのか。
 負けない、多分ほとんど負けない。今のままのコンディションでいけば。黒人の血が混ざるだけで、とんでもない人に育つものなのか。最近は、高安、御嶽海、貴源治、サニブラウン、ケンブリッジ、オコエ、ちなみに安室ちゃんもクウォーターだったっけか。今日も明日も明後日も6-0 6-0 で勝つ。
コメント

大坂なおみを誉め殺しする、日本人脳みそやはり12歳、いえ園児

2018-09-13 11:39:29 | ブツブツ日記


 20歳の大阪なおみは、まあそれらしい二十歳だけど、スポーツ選手だから、それ以上求めても無理だし、アメリカ育ちだから、ハキハキしているって、それだけの話なのに、本当の日本人らしい、二十歳なのに率直、正直、好印象って、どういうことだろう?

――日本にきた今の気持ちは
「眠い」
――日本で行ってみたいところは
「原宿に行って、東京ドーム隣のジェットコースターに乗りたい」と笑顔で話した。
――有名度は
「空港でも多くの人が迎えてくれてびっくりしたが、声援受けているんだと感じました」と振り返った。
――応援は
「(錦織は)ローマ字で送ってくるので分からないことがある。私はひらがなで返信しました」と明かし、笑いを誘っていた。
――抹茶アイスは
「試合があるからダイエット」
――アイデンティティは
「自分は自分」
――優勝のブーイングは
 そんな質問英語で聞かれるとは思っていなかった……。グランドスラムの優勝だから、どんなであっても、嬉しい。
――日本の女子が貴女の影響受けます
「テニスに興味を持ってくれるのは、嬉しい。でも同じテニスをされてもダメでしょう。責任持てないです。

 この程度の話なのだ。俗にいう。片言の日本語話すハーフに対しては、都合のいいときに「日本人」、悪くなるとウエンツに言っていたように「ドイツに帰れ」。ある時に仲間、あるときに敵、園児が庭で遊ぶときと同じである。

 日本のスポーツ女子は基本奇妙にいじけているのだ。ぶん殴って「帰れ」といわれて、本当に帰ると、さらに怒られる。女子体操がそうらしいが、根底には「帰れ」と殴られても、帰ってはいけないという忖度がそこにあって、今でもそれを肯定する。なのに、固有名詞で、速見とか、重量上げの三宅とか、日体大陸上部の渡辺と名が出ると、ダメなのだ。匿名ならOK。どう理解するんだそのバカは。そこに大坂はホンネマシーンだから、ガス抜きだというわけだ。だったらサッサとみんな英語して、海外に出ろと言われても、それできない。井戸の中に英語の新鮮な空気運んでくれる味方のハーフが素敵。それに憧れる国民性は、やはり70年前のマッカーサーが言ったように「日本人の頭は12歳」いや、「園児」。
 ちなみに、アイデンティティとは直訳で「身元」。つまり日本人とハイチの関係はどうなのかと、これ聞いたって、二十歳じゃ、私は私としか答えられない。が、こんな幼稚な答えでも誉める。日本の二十歳に聞くと「アイデンティティって何?」その前に「無言」せめて、運転免許見せて、それが正解IDだ。アイデン~~は、Iのことだけど。

コメント

くそ高校野球アジア選手権の無意味

2018-09-04 18:40:04 | ブツブツ日記


U18(18歳以下)アジア選手権が開幕。高校日本代表は1次ラウンド初戦で香港と対戦。26-0で5回コールド勝ちした。

どうして、こういう見苦しい、くだらない野球を、日本代表の高校生にやらせるんだろうなあ。甲子園にはコールドがないのに、これは、それ以下を見越して、コールドがある。今日はスリランカとやっている。
 どうせ目的は日韓野球なのだが、だったら、日韓二国で7試合でもやったらいいのに、そうしない。アジア選手権というくだらないこと、高野連と雑魚が決めて、やりたくないのに、スリランカに野球やらせて、来たくないのに日本に越させて、小遣い挙げる。「八紘一宇」とは、こういうことだったのか、今でもそれやっているという、世界一のきちがい。
 やりたいのは、日米野球なんだな。米の大学と日本の高校生やりたいなら、それやればいいだけの話。野球なんて、世界中で日米しかやっていないし、日本もやらなくてもいいのに、明治に正岡子規という、二十歳の東大学生の小僧が、流行らせて、どうしてかみんなやってしまった。黒船恐怖症の余波。
 銭でスリランカ呼んだのに、客もいない子供の草野球。ああ、日本人は、何をやりたいんだか。100対0で勝っても、何の得もなし。吉田も根尾も、「くだらない」と叫んで、帰って来いよ。
 体操協会の塚原体制と同じだよといっても、フフフと笑って、忖度しまくり。

コメント

年功序列とは、パワハラ文化。天皇制こそがパワハラじゃねえのかと思うが

2018-09-01 16:08:46 | ブツブツ日記


 ほんの20年前でも適齢期の数人の女子が結婚妊娠したときに、その中小企業の社長は、「こんな忙しいときに、困ったもんだ、お祓いでもしてもらおか」と、本気で言ったという。その程度なのだ。勝手に妊娠してもらったから、困る。妊娠8ヶ月までは普通に働けるはずなのに。
 でき婚すると、「はしたない」。そのくせ結婚すると「妊娠はまだか?」。気が狂っている。
 プロ野球の野村でさえも、「おお、腰がよたよた。銀座の女とでもやったか」。相手が阪急のバッターだから許されたが、そこ辺の女子だったから、即刻首。今でも野球のヤジとは、この程度のことを平気でいうのだ。「男同士だ、問題ねえ」。だから、監督が野球部生徒にも似たようなことやって、首になる。サッカー野郎に言わせれば、野球の偏差値の低さはこの辺りなのだ。ゲロが出る。
 でもいつも思う。塚原夫婦の70歳と、71歳は、露骨に団塊年代。ヒロヒトのきちがい戦争のおかげで、帰還兵はその日から連日の性交漬けで、あの頃は腐るほど子供が生まれた。その数年前には、簡単に300万人が戦死して、屁とも思わないヒロヒトが、この年代の3年間で、1000万人が出産したから、辻褄があったとは、バカヤロー。そこでニヤッと笑って、皇居で平然と過ごした。そのくせ生意気にも最近明らかになったのは「長生きしてると、戦争のこと言われるよ」と晩年語っていたとか。この人はまともだったのか、アホなのか。趨勢はまともと評価されているが。
 戦後のすべては、この300万人犬死の余波、弊害なのだと思っている。あと100年たたないと、普通の国には戻らない。損失が大きすぎた。あの人が、生きて昭和を終わったのも、決して正しい選択だったわけじゃなくて、「絞死刑」希望したのだから、進駐軍がそれ実行していたら、少し良かったと思う。
 来年皇太子が即位するのはいいが、その弟は、天皇になる気があるのか。普通はなるのだが、そこにわずかに数年ばかりの新たな元号作るのが本来だが、今更「辞めよう」という世論になっている。だから皇太子の次は、父親飛ばして悠仁になる。
 そのたびに元号変えるのは面倒くさいとは決して言わないのに、年に2回時計を動かして、サマータイムからレギュラーに戻るのは、面倒臭いから「やらないようにしよう」と、しかもサマータイムは健康被害があると、デタラメもいい加減にしてくれ。ならば、時差のある国外に出ないでくださいということになる。言いがかりとは、こういうことだ。
コメント (1)

無痛分娩は、出産の痛み知らないねという、バカ母

2018-08-29 09:03:41 | ブツブツ日記
ママ友との話題は、完母(母乳だけの育児)から、分娩自慢。「私は帝王切開だった」というと「じゃあ、あの痛みは知らないんだね」(朝日新聞から)

 そこまで世間のママともというのは、お馬鹿ですか? かもしれないなあ。私も時々思うよ。40年前でも、荷物はリックに入れて会社に行くと「お前、会社にハイキングに来たのか」。冬にダウンをきていると「会社は遊びじゃない」。それが今はネクタイしていると「見合いか、葬式かハハハ」。馬鹿やろ、40年前のおとしまえ付けろ。
 世間なんてのはその程度だと、達観する、ある場合。
実は自民党支持こそ、女なのだ。これだけ差別されても、それが快適になる。自然分娩の痛み知らないと子育てできないと、出産にも根性論持ち込む。だったら、歯抜くときに、麻酔なしでやれと思うが、だれもそういわない。新潟で村八分条例が今でも存在している。
 でも一番愚かなのは、そういうバカママと、行動を一緒にしている自分で、んなもの放っておく勇気がないことだと思うが。

コメント