sptakaのブツブツDiary

sptakaさんは、毎日ブツブツ発言しています。

杏と東出昌大、浮気程度のトラブルなのに、自分が芸能バブルに気づかない

2020-02-20 12:52:11 | ブツブツ日記

 15年前の杏などは、「こんなの芸能人になれるわけがない」。パリのショーには出たけど、渡辺謙の娘というだけ。色黒で背が高いだけ。バレーかバスケじゃないの。18歳で、父も母もバイトしていたという、赤坂のバクさんというスナックでバイトしていた。それが社会勉強。ただ「爬虫類顔しているから、もしかして化けるかも」といわれ、「万が一ね」と応じていたが、まさに万が一になった。ただ、母親が亭主と離婚するときに、亭主の浮気攻め立てて、信じられないゲスな裁判やっていて、母はあっさり負けていた。いやその前に大かね詐欺して坊主に献金していたのは、謙だけどね。そもそも謙と妻はありきたり以下の変な夫婦だった。スラムとは言わないが、知性のかけらはない。
 昌大もイケメンモデルで名を挙げて、まさかというか役者で中成功していた。大化けしたのは、杏と結婚したことで、それ以外に代表作がない。
 それだけの偶然夫婦、つまり百恵友和と同じで、百恵組は一切浮気がない円満に見せていて、百恵だってどっちか浮気したら、一挙に滅びる。観客の支持が、円満いい夫婦のそこにあるだけだ。
 これに当人は気づかない。第三子妊娠中は、女は男を放るからそうなった。
 今一番の問題は、杏一人で三人育てられるわけがない。せめて「子供に父親が必要」くらいを、杏は理解できない。つまらない母とおなじで、浮気亭主を追い出すことしか能がないことが、杏のインテリ度がスラムに近いとそう思うわけだ。
 子供の父親にはなりなさいと、別居解消して、仮面夫婦でもいいから、それを早急にやらないと、この二人永遠にダメになる。仮に戻っても女房上位のノムさん程度の家族にしかならない。期限は子供が高卒くらいまででいい。そこで離婚すればね。
 あの若造夫婦のままで、別居して「見つめ直す」では、唐田とよりを戻した方が、ずっといいと思ってしまうよ。
 芸能バブルで稼ぐのはいいが、その信念が浅はかだ。

コメント

ヤクルトとロッテ球団の不思議

2020-02-17 20:15:49 | ブツブツ日記

 勝ちに不思議あって、負けに不思議なし。球団経営にコネ忖度大いにあり。

 チンケな商売ですよ。ユニクロでさえとっくに1兆円。青函トンネルもう一本掘るのに、8千億円。新競技場は5千億円だったけど、五輪全部やるなら1・5兆円でしたか。
 それに比べたらロッテも、ヤクルトの年間売り上げ3千億程度の中小企業ですよ。ラグビーでさえ、パナ、サントリー、東芝、NTT、トヨタの20兆円企業がやっているのに、野球はその100分の1トホホ。
 そんなものでどうして球団持てるのかが、野球の不思議。ロッテなんて球団職員55人。せいぜい200億円くらいの売り上げの零細企業ですよ。こんなんで毎日スポーツ紙の5面も6面も記事載せて、だったらトヨタは毎日百科事典出してもいいくらい。
 そういう零細企業に1億人が熱狂して、ノムさんはヤクルトの監督したことが追悼にもなっているね。ゆる家族のような弱小を、よくぞ、その前に広岡が球団創設初の日本一にしたけど、ノムさん優勝3度もかっさらったね、これがあっぱれだ。
 そういえば球団保有なんて、日拓ホームとは今のパチンコ屋とか、クラウンライターなんてゴルフクラブの弱小とか、なんかコネがあればだれでも持てるんですか実態は。読売の化石が大反対してきただけは本当なのかな。その辺のホームレスが市民球団創設すれば、スポンサードンドン取って誰でもできる錯覚になるけれどね。企業規模よりも、知名度っていうわけ。
 サッカーJができたときも、トヨタとかJRとか日産がスポンサーになって、「野球ごときの零細企業は相手にせん」としたのが懐かしいよ。
 ではどうしてロッテなのか。在日のリヤカー引いていた人が、戦後「ガム」をやろうというわけだけど、あの当時は「ハリス」が大手で、ハリスの風なんていうマンガもあったのに、よくぞロッテはそれに打ち勝ったよね。のちには明治なんて大手相手に、チョコレート同等だし、安いのがロッテらしいけどね。森永明治は国策だから、どこかぬるくて、在日ロッテはもっと切羽詰まっていたとか。多分スーパー卸への丁寧度、営業力が森永明治を出し抜いていたいたと思うんだよね。
 そして問題のヤクルトにいたっては、あんな40年前と同じパッケージの飲み物を、100年1日のようにつくって、乳酸菌なんて、その辺のサプリ以下でしょ。それをヤクルトレディという、日生のおばさんよりもエグイ育て方して、朝から託児所に子供預けて、ヤクルトもミルミルもレディの買い取りという、丸投げ暴利商売して、それをレディは事情主とおだてて、昼間の大企業にかって入り込むすべ身に着けて、今どきの母ちゃんパンツという昭和のキュロットで、エロ少し出して、あんな1本80円売りつけるという、これは99%営業だけですよ。牛乳配達が昭和に消滅したのに、令和でヤクルトレディが存在するのが不思議な企業ですよね。
 共に、庶民の味方でサントリーのように自販機の殿様商売やらずに、手売りですから。これが球団持っていることに、何だか島国固有のガラパゴス突然変異の球団経営企業の不思議ありますよね。

コメント

パラサイト「半地下の家族」のガッカリ

2020-02-17 19:21:41 | ブツブツ日記

 アカデミー取ったって、それはジョディフォスターか、スティングもそうだっけ、キャサリンロスの方がいいぞ。明日に向かって撃て、イージーライダーはそうでもないが。
 南北戦争を知りたいなら、風と共に去りぬを見ろと、黒澤明も昭和17年頃に上海でこれをみて「こんな国と戦争やるか、大バカ者」と唸ったというわけだ。太平洋戦争なら、人間の条件。これって9時間も大作だからね、仲代達也。
 そう思ってみれば、パラサイトがノンフィクで取ったといっても、「どうせマルサ」かと思っていたよ。まさに。
 予告のように、詐欺っぽい家族ですよ。それがああ、面白い。主役はどうも父親らしいが、キムヨナのような煙草吸っているチンピラ娘がいい役やってるよね。
 ところが面白かったのは前半の30分くらいまで。その後は延々とこのパターンが続くんだね。ネタバレするかというけど、風と共に~~なんて南北戦争だよって、最初からバレているのに、ちっとも劣化しないとは、バレるような小ネタで映画作るなよと、私思うけどなあ。せめて大河ごときでも、明智光秀とは知ってドラマ作るよね。だけに見ている奴がアホとか、演出力ゼロの怒鳴っているだけの水戸黄門以下の時代劇とかいうよ。バレてもいいんだよ。だって個人教授なんて、何度も見るよ。バレても何度も見たいのが映画だしね。寅さんもそうだろ。
 後半はしつこくてつまらなかったね。韓国特有のエグイ人殺しがあるし、ああ生血なんて見たくないよ。終わった時に感動あるかといえば、やっぱり半地下は貧しいねだけだし。中国なんて穴のなか生活もあるしさ、下水の氾濫なんて、気仙沼思い出して、あっちの方がリアルだったよと、日本人は開き直るよ。アカデミーもこんなもんに大賞挙げて、ああ、映画とは貧困なり。毎年ヒット作がガンガンでるわけないしね。

コメント

ゴキブリ(5期振り)にマイナスに転じました

2020-02-17 18:45:08 | ブツブツ日記
NHKが口頭でアナウンスするのに「ゴキブリにマイナスに転じました」というから、耳を疑ったよ。電波はやはり間抜けで、可笑しいと思ったら「5期、1年3か月ぶりに~~」と原稿書けばいいのにやらないねえ。女子アナはパーだから、そのまま言うしね。ゆとりとは大間抜け。
 でも秋元司の「お食事券」の方が好きだね。(汚職事件)。
コメント

人質司法だけじゃない、沢尻エリカ裁判でも傍聴券争奪の合理化反対

2020-02-13 08:44:50 | ブツブツ日記

 先日の沢尻エリカの裁判は、傍聴券18枚に、2000人が並ぶという毎度の大騒ぎ。しかし2000人の実態とは、メディアのアルバイトが1900人くらいで、残りは暇な一般人。それで割りを食らうのは誰かといえば、裁判所職員はその整理に50人以上の人を出して、タバコ吸っているか、新聞読んでるか、傍聴整理かで、ほかに仕事がない。
 アルバイト爺とは、一回4千円見当で2時間くらい拘束される、つまらないバイト。当たったら2千円の上乗せだとかで、それは実質傍聴券の売買やっているのと同じことで、違法でしょ。対策してしまうと、こっちも向こうも仕事が無くなるという、ロシアごときの合理化反対で、明治の制度のそのまま運用という、これは土人の国以下だ。
「当たった人は、その人が傍聴せよ」と、無償でも譲っていけないとすれば、1900人は並ばなくなる。腕に巻きつけたパッチ留めのあの抽選くじは、ちぎらないと取れないわけで、ちぎったら無効にすればいいだけのこと。
 阿呆が「火付けますよ」といい、もっと阿呆が待機して「消化します」というあのバカさ加減とまったく同じだ。さもなければ、ワイドショー記者枠も設定すればいいだけでも。
 それとバタバタ法廷走り回る阿呆記者も野放しで、無罪というと「無罪勝訴」と走り出て外で大騒ぎの速報隊。ああこの愚かしい非能率は世界ワーストであることちがいない。
コメント

野村克也の人生とは、亭主元気で留守がいいだけだった

2020-02-12 23:16:04 | ブツブツ日記

 玄人受けする野球人だったことは、歴代人気NO1だったことでも分かる。王が「戦友だ」なんていうのは巨人の驕りで、玄人筋では、誰も王が野村の上を行っていたなどとは思っていない。まあ王には生まれつきの運動能力があっただけ。メジャー行きたい選手を邪魔するんだからなあ。あと長島のぞけば、黒江も柴田も森も堀内もタダのカス。子供だましが巨人だったことは、誰もがわかる。
 江夏を抑えにして、それは広島の優勝にもつながったとか、女ったらしの江本を手なずけたとか、ヤクルトの再生工場、シダックスを一挙にアマ最強にしただとか。実はムースなんてのは、メジャーが付けたあだ名だったとか、ブレイザーに野球を教わったとか、もう日本の野球を前進させたのは、野村しかいなかった。
 ただ、あの怖いもの見たさのサッチーと、よくぞ夫婦やっていたなあと、これが妙な驚きでもあった。
 サッチーとは後妻業と同等で、ゲスで野蛮な女だった。克則がリトルの頃に、彼女は詐欺して、脱税して、学歴詐欺も、逮捕された。こんなゲスはどこにもいない。
 次男のケニーでさえ母親が大っ嫌いで、これは離縁の裁判になった。その法廷は笑ったよ。「野球やっている野村克也です」というと、「もちろん知ってますよ」と裁判長とはなあなあ。で野村は、「いくら母親が悪でも、それを世間に公表するのは、息子としてあるまじき。悪でも母親をかばえ」と離縁を訴えた。「親子としてやっていけません」。野村がこういえば、ケニーなどはひとたまりもなくて、判決は「離縁」。そこまで息子(養子にしていたと思う)を嫌いなら、とっくにサッチーを嫌ってもいいのに、なぜか愛している。その不自然さは、ただの義理人情だけで、野村―野球はゼロというから、野球以外はデタラメだった。サッチーの代わりなんて、実は誰でもできたと思うのだ。
 亭主の仕事に一切口出ししないで(サッチーは野球が分からない)、家庭は任せてね。とそれだけ。稼ぎの亭主はいつも外にいて留守にしていたという、日本男児の平均的家庭だっただけ。ただし、やはりというかその仕事っぷりは野球人として誰もが認めた。
 ゲスのサッチーとは、たけしが再婚した女と同程度で、稼ぎの亭主だけには優しくて、ほかは利己主義。でも亭主にとっては、それでOKだったんだろうね。それはフェミニストの風上にも置けないゲス野郎で、でも自分だけに優しければいいという、女房を人として見えない、所有物が優しければこれ満点だという家庭人の愚かさ。まあこれも平均的といえばそれまでだけど。
 んでサッチーが死んだら、人目もはばからずに情けないほどヨレヨレ。見ちゃいられんよ。でも解説だけはよかったけどね。それだけの人なんだと改めて思うと、やや失望。でも、あの江夏を抑えにしたんだから、それだけでも立派だったよなあ。とにかく今でも男尊女卑、パワハラ、軍隊もどきの無知で偏差値ゼロの高校野球も大学もプロも野球界なんだから、野村くらいの知性で十分だったというわけだ。それと野村に言わせれば東京2020にサムライプロなどは、きっと「辞めろ」。五輪などは「アマにやらせておけ」と、きっと言っただろうなあ。こんなことを野村以外に誰も言えない、偏差値ゼロ集団だからなあ。
コメント (1)

福田文昭さん(73)報道カメラマンの訃報

2020-02-03 23:04:30 | ブツブツ日記
福田文昭さん(73)報道カメラマンの訃報
 山口百恵の結婚スクープを撮った。田中角栄の法廷写真を撮った。世紀のスクープである。他にも何百のスクープも撮った。先代貴ノ花が銀座のホステスと同棲結婚の写真も撮った。三越の疑惑で渦中の愛人竹久みちも撮った。
 元は女性セブンのカメラマンであり、後に新潮社のFOCUSのカメラマンになった。第一線を退いてからは、赤ちゃん写真館を撮り、動物記も撮った。晩年は冤罪事件を支援して、あちこちで衝突し、官僚にファックスを送り付けて「不正をするとぶっ殺すぞ」と叫ぶと、それが恐喝事件となって逮捕された(起訴猶予)。いい年のオヤジになって悪ふざけが過ぎると思ったが、そう状態のときにはしゃいで、うつ状態では引きこもりのときもあったらしい。
 晩年には、あの山口百恵が生まれて小学校入学の頃まで母子と住んでいた豊島区東長崎のアパートに自身も引っ越しして住んでいたという、妙な執着もあった。
 百恵は横須賀出身だといわれていたが、それは小学校就学後で、それまでは豊島区にいた。母親は知られるようにお妾さんで、でも父という鉄工所だかのオヤジは甲斐性のない人で、そこにいたとき母は廃品回収をしながら百恵を育てた。後に都合によって横須賀に移って、そこからデビューしたのだが、行きがかり上、百恵の生涯も追うことになった。
 すでに知られるように、中3でデビューして21歳で三浦友和と結婚した。その宣言のきっかけが、福田さんのスクープでもあった。当時は深夜に張り込んでいても、該当人物が現れると、35ミリの広角レンズで目の前に接近して連写ストロボで、ノーファインダーで有無を言わさず写真を撮った。
 友和が前に出て私を制したが、その後ろに隠れるように着いていた百恵を撮影したと、福さんは言っていた。「何でそんなことをするんだ」と誰もがすごむ。「アナタたちはスターですから、その交際は報道に値します」と、同時は堂々と抗弁して、「申し訳ないがいきなり撮影させていただきました」と捨て台詞も吐いた。そしてそれは雑誌に掲載され、二人はその通りに結婚して、このカップルは今でも理想の夫婦で表彰され、還暦過ぎた芸能人夫婦の代表にもなっている。
 週刊誌の編集部は、雑誌の企画でこういうアイデアが出て、どのカメラマンに撮影させるか意思を確認して仕事を与えた。サラマンカメラのような兵隊要員では、スクープは撮れない。自分にその意思があって、張り込み撮影する価値がどうあるのか、納得しなければ仕事はできない。その意味で彼の中では、百恵のスクープも、法廷の角栄の違法な隠し撮りも、同じ立ち位置の被写体であったと思うのだ。それが週刊誌カメラマンの立場であって、それがどう嫌われ、マスゴミといわれても、今でもこうした張り込み写真報道は、必要であって、ある時には「文春砲」とおだてられたとしても、内容は全く同じである。ある意味で百恵は福田さんの被写体になったからこそ、引退後のこれまでの評価がさらに上がっていったのではないかと思われる。こういう種族は、危な過ぎて、とてもじゃないがNHKや朝日では扱え切れないということである。
 一年ほど前に、豊島区のトキワ荘周辺で、書店のスペースで個人の小さな写真展を開いていた。かつて撮った飼い主と犬の写真を展示して、百恵スクープの裏話などをしていた。晩年の様相だった。地元に支援があれば、応じて過去の記録を展示するようなこともしていた。それからわずかな時間しか経過していないのだ。その書店のご主人にしても、それ以降赤塚不二夫さんの写真展をやったのですが、いきなりプッツンと連絡が取れなくなりました。富士見荘というアパートが住んでいたところですが、それが昨秋に取り壊しになって、立ち退きになっていました。「次に住むとこ探さないと」と言っていましたが、さあその後は何をしているのか。身近にいた人でも消息を知らなかった。
 昨年12月に、内臓を疾患してそのまま亡くなったようだ。もう少し長生きできればと今になって思うが、残念だ。今では誰もが好感度デジカメで、張り込みの車内から望遠で該当人物を隠し撮りするだけの時代になったが、実は広角ノーファインダー写真の方が、どれだけ面白い写真に仕上がるものかは、分かっているけれど誰もやれなくなった。その場の騒ぎが怖い。それはつまりマスコミの敗退でもある。福田さんのようなスクープ写真は、今の時代でも同じように必要なものなのだが、それを撮れる人がいなくなってしまったのだ。

コメント

吐け吐け!とカルロスゴーンにムチ打った人質裁判

2020-01-16 13:17:38 | ブツブツ日記

 およそ江戸時代レベルだと、レバノンごときにコケにされる日本の司法だよ。でもつい今でも北朝鮮でも中国でも、「共産主義」裁判と悪たれついているのが、日本の司法だ。中国などはいつでも日本人をスパイ容疑で捕まえて、10年単位で拉致していく。それを違法というなら天に唾するようなもので、日本も同程度であざ笑ってあげるよ。吐け、吐けとムチ打って、ついにウソ吐かせるだけの劣化した検察。江戸時代です。他国に対してはいつも、あの国はダメだと、そうなんだ。愛国主義ってやつでね。
 つい70年前の戦争でも、実は真珠湾の闇討ちに日本中が湧いて、提灯行列したっていうからね。鬼畜米英は何も陸軍の参謀本部だけのワル知恵じゃなくて、国民の総意だった。政府は何もしてくれないよ、軍部は飯を食わせて女を抱かせてくれるってね。それが昭和20年になって、ようやく下町大空襲とやらで一夜にして10万人が死んで、広島長崎の原爆があって、初めて「戦争っていやだな」。と気が付く。「空襲が戦争だったのか」って、遅いよ。あれはきちがい日本への反動処置ですからね。オバマは広島へ来るのに、天皇上皇は今でも広島長崎沖縄に来られないよ。よく考えてくれ。悪いのはお前らだ。
それでも米軍が上陸すると、強姦されて、男は焼き討ちだと、国家はウソいって、怖がっていたら実際にはギブミーチョコレートで、米軍とは平和でこんなに愛想がいいと。いつも間際にならないと何も分からない人たちだ。
 ゴーンが怪しいというなら、レバノンで裁判やったらどうなのかと思うけど。あんな国は信じられない。まるでレバノンを人食い人種のように言うけど、日本よりはずっと先進国ですよ。キミが英語しゃべれないから怖がっているだけ。 
 そういえば、三浦某のワルが、妻を殺した時に、「日本人だから日本で裁判やる」と勝手なこといって、最高裁まで引っ張ってめでたく「無罪」にしたのは、どこの最悪司法でしたっけと思い出す。せめてロス疑惑のロスの人殺しなのだから、米国は自前で裁判するのが当然なのに、この泣き虫政府は「お願いだから日本で裁判する」と土下座してそうなった。ならレバノンでやれと同じだけど。
 その後この阿呆は油断してグアムだかサイパンに入った時に、その入国でパクられた。「殺人容疑に時効がない」。そしてビビったこのコソ泥は拘置所で自殺するっていうお間抜けだったのは、人殺しの自覚があったと誰もが思ったけれどね。愛国心の偏差値レベルなどは、この程度でね。
 政治的に亡命してもね、やることは楽器のコンテナの中ですよ。ミグがソ連から函館に来た時も、ビビッて米国に流したね。北朝鮮から殺された兄貴が来た時も外相の田中真紀子は追い返して無罪にしたよ。だったら、レバノンからゴーンを日本にさらってくる勇気はないよね。レバノンで裁判の続きやることに何がダメなの。レバノン司法がそういえばいいのに。あそこは民主国家じゃないというのは、日本が官僚共産主義だからですね。お粗末!
コメント

英語で「上杉謙信」というと、田口善豁先生はState of Wisconsinだって

2019-12-25 22:46:58 | ブツブツ日記

 ウィスコンシン州というと、上杉謙信だよって、ああ中学生にこんなこと冗談いったのが、田口先生、たぐ先だった。今頃になって初めて聞いたよ。「うえすぎけんしん」ああ、たしかに「うぃすこんしん」だよ。発音重要だよっていう例えだ。こんなシカゴの左の州が、なんだよってねえ。(余談だが、ロンドンでこれを言うと、West Kensington ウェストケンジントンらしいが。こっちの話に意味はない)
 中学の英語教師だから、子供に英語指導して、だからその後は?なんて普通はないよ。でもあの先生は若くして病気で教職辞めた。続基礎英語の安田一郎の後継者だったんだから、継続していたら、今の体たらくな日本の英語力にはなってねえ、ずっといい方向に改善されていただろうなあって、それはノーベル教育賞くらいの功績があったかもしれないと、ふと想像するぞ。
 大体あの当時1970年頃と比べて、政権の体たらくで大いに狂ったぞ。教育のことをいうなら、高校大学なんてもんは、反文部省でも、反国家でも、学問の自治があるだろうと思うが、いつの頃から大学まで文科省が管理しようとして、その最初が共通一次であり、センター入試で、ついに英語は業者試験やると、文科省大臣が言い「間違いだ」と、あれは政権がバカになったのだ。大学に北辰テストやらして、ならば行くな。将棋の藤井は名大高校からついに名大なんて、アホらしくて進学しない宣言したよ。
 そもそもタグ先などは、英語などは、運転教習所と同じだよと、あんなものは学問じゃありません、だよね。ただの会話でじゃアメリカ人は生まれつきで学問マスターしてきましたか?と、舐めるなよ。あんなの乞食でもしゃべるし、パソコンキータッチと同じで、一つの方法でしかないわけでね。湯川玲子も松田聖子も英会話できるのが、学問あるからか?と自問しろよ。
 だからその最善の方法がミシガンメソッドで、埼大教育学部は効率的で高度な方法実践したよ。日本一の授業でね。だからあの3年間は何だったのか。ゼネコンに就職した者は、英語なんてフィリピンキャバクラで姉ちゃん口説くときに使っただけで、日本人にいらないといったけど。ならば中学の数学はどうか、国語は、地理は、歴史は。
 少なくともあれから50年もして、こうしてタグ先のこと思い出して、英語の授業はよかったよというだけで、それは価値があったというもんだろ。他の国語や理科や社会の教師の、何が良かったかなんて、1mmも思い出さないもんなあ。
 J子はモンタナに1年遊びに行った時間を過ごしたし、同じ経験を息子にさせたともね。話題の小室くんのように、向こうで弁護士になったのもいるしね。私も自慢じゃないけど、1週間かける20回くらいの旅行程度は、面白くて何度もいったらこんなになったよ。ウィスコンシンだけは行ったことないけどさ。
 思うよなあ。今じゃ夏休みに2週間の留学なんてアホなことどの学校でもやってるけど、あの時代にそれやったら、面白くて多分帰ってこない生徒もいたんじゃないかと。いやそれが理由で人生変わっただろうことも十分に想像つくよ。中学3年間だけで、会話なんて平気でできたんじゃないかと、うぬぼれないでも、本気に思うぞ。とはちょっと慣れるだけさ。今や中国人は2年間で日本語マスターするけど、私たちだって、似たようなことできたよ。ただその後の県立高校の英語のバカ授業で、すべてぶっ壊されただけさ。それは文部省のホンネでね。3年間で日本人全員に英語しゃべられたら、日本が空っぽになる。この国にいる必要性がないってわけさ。香港以上にひどくなる。
 今じゃその続基礎英語も、何に媚びたが、イギリス人スタジオに呼びつけて、アメリカ人と会話、これじゃ、関西弁会話で日本語学びましょうって、そんなものあるか。アメリカは鉄砲持っているから怖いと、留学はイギリスにと指導しているのだ。それがより卑屈になって、ついにニュージーランドでド田舎くそ英語学びましょうというアホことも平気でやって、そこで地震被害で100人も死んだけど、笑い話にもなれないよ。
 戦後は米語に決まっているんだよ。もしかして日露戦争の頃の、日英同盟に未だに妙に憧れがあるという、右巻き大本営のお馬鹿が、文科省には相当いますかね。
 3年間の英語授業は真面目に受けてきましたよって、間違いでもいいから、思い込んでいますよ。それが日本一の英語授業を受けてきた生徒の一人の誇りにもなっているんだね。
 
 
コメント

菅義偉、政権の洪水対策とはこの程度のあきれ顔

2019-12-20 15:06:14 | ブツブツ日記

 忘年会に菅義偉が来た。官房長である。秋田の田舎者だから、愛想満載で人気がある。孫が4人いると自慢した。3歳三人と6歳のようだ。今年は「令和元年」おじさんになったし、二番目は台風低気圧対策だった。
 東京の下町は、放っておいたら200万人が死ぬ。知っているが、埼玉の荒川河川敷近くの上尾辺りの農家は、屋根裏にボートがある。いざとなったら、船で逃げる。堤防の川幅が1キロもある。今年の低気圧でも荒川の河川敷は大活躍した。浦和学院のグランドなんて、水の底で大いなる被害があったはず。
 ほかに春日部の地下要塞が活躍して、北千住の隅田川など、普段と同じ水位。そもそも葛飾の中川などは、住宅より水位が高くて、この辺りが洪水したら、簡単に死ぬ。東京全滅、地価暴落、日本沈没になる。やはり菅はそれをいう。「政権は東京を守っている」。それは下町のことだ。
 そこで来年の洪水のアイデアをいった。つまり東京電力が持っている例えば矢木沢ダムは、台風に少しも役にたっていないというわけだ。こういう利水ダムとは東電の持ち物。溜まった水とは、発電のための重要な資源。だから、台風が来るといっても、すでに水は満載で、降った雨はそのまま垂れ流しするらしい。台風に役立つのは、二瀬とか小河内などの「治水ダム」というわけだ。それは国土省の管理下にあるらしい。行政は東電と喧嘩するのだ。同じ穴のムジナは近親憎悪になっている。だから菅は、台風が来るとなったら、東電のすべてのダムを国土省の管理下に置くことを、来年から実行するというのだ。それは、今年よりも大雨が降っても、首都圏は安全になる。矢木沢などは、台風の前に空っぽにして、大雨をここで貯めて、東京を守る。それなら今年以上に首都圏は安心だ。これを「行政の一本化」で、政権の手柄になるらしいと、思いっきり話したのだ。しかしクソおやじ、当たり前の死に際の戯言と大笑いした。
 当たり前でしょ。菅もいうように、縦割り行政とは、この程度のことすら共有できないという、くそバカ野郎らしい。矢木沢にあらかじめ水を流したら(捨てたら)「おカネで解決できるはなし」と自慢する。その程度のおカネで東京下町洪水対策ができるなら安いと。
 おおこんなの子供でも分かる話だろ。それを今さらながらやるという政権ののらりくらりが、失われた30年の実態だと、私は感心してしまったよ。

コメント