カンチャン狂騒曲

日々の事をあれこれと、大山鳴動してネズミ1匹がコンセプト。読書・家庭菜園・旅行・川柳・謡曲など際限なく・・。

しろ猫的「開花宣言」を発令しま~す♪

2019-03-21 10:01:16 | 日記
 サクラの開花宣言が取りざたされる時期がやって来た。

 古来から日本にある「ヤマザクラ」など、とっくに満開に近くなっているが・・・・。

 自分では勝手に、近くの小学校の「校門脇のソメイヨシノ」と、秋津川河川公園の「橋から5本目の桜」を標本木に指定している。

 
 (小学校校門脇のソメイヨシノ)

 昨日確認に行ったら、ちゃんと開花していた。

 その前日には1輪だけ咲いていただけなので、昨日の陽気で一気に開花が進んだのだろう。

 ちなみに、昨年のブログを見ると今年より冬の寒さが厳しかったが、桜の方は3月17日にはこの校門の桜はとっくに5分咲きくらいになっていて、今年より1週間位は開花は早かったようだ。
ワタシ的益城町開花宣言
 桜の開花宣言なるものが賑やかになってきた。 町の南を流れる秋津川の河川公園にある桜の様子を見に行った。 もう何輪も咲いていて、わたし的「益城町の開花宣言」を発するつもりだ......

 秋津川の河川敷の桜の開花は、校門脇の桜に比べると毎年遅いのは、今年も同じである。

 
 (秋津川河川公園の桜)

 ほぼ毎日様子を見に歩いて来ているが、蕾の膨らみはそれなりに進んではいるもののユックリである。

 
 (私が標本木としている桜)

 取り敢えずこの付近では、毎年一番早く花が開く樹に狙いをつけて標本木に決めた。

 その樹が、県道に架けられた橋の、たもとから数えて5本目なのである。

 開こうと思っている桜の木の意思は伝わってくる。

 あと2~3日待って頂ければ、とも言っているような感じもするが、気温・天候次第で変わるだろう。

 
 (芽吹いた柳)

 柳の芽吹きは例年通りで、この柳の方が桜の開花宣言などよりキッチリしている感じがする。

 何はともあれ、小学校校門の桜の開花をもって、しろ猫的「開花宣言」を厳かに発令せねばなるまい。

 「あくがるる心はさてもやまさくら散りなんのちや身に帰るべき」・・・西行

 げに恐ろしき日本人のDNA・・・ですか。

 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
コメント

元旦狂騒曲

2019-01-01 12:10:40 | 日記
 2019年の新年を迎えた。

 平成31年で5月に迎える新元号に、この元号は引き継がれる。

 昨夜の新年イベントの後片付けをして寝たので、今朝の起床は七時を回っていた。

 

 門柱に国旗を立てて、郵便受けを覗く。

 川柳誌「ふんえん」と、年賀状の葉書ではない年賀状が1枚、それに以前と同じ準備中に調査したが宛先に該当する人はいないという返送された私が出した年賀状が1枚入っていた。

 たぶん31日に配達されたものらしく、今年の年賀状などはまだ一枚も配達されていなかった。

 山のように配達される元日の新聞は、新聞受けには入らない量なので、門柱の横に段ボール箱を置いておいたのだが、予定通り山のように配達されていた。

 さて、今年の目標というべきものはつらつら考えるに4つ程ある。

 

 一つは、川柳を作り続けること。

 「ふんえん」という川柳の同人誌の同人として、毎月の投句や編集などの手伝いをしたり、雑誌や新聞に投句をすること。

 

 二つ目は、ロアッソ熊本の応援をつづけること。

 今シーズンはJ3なので、対戦チームは様変わりだが、J2復帰を目指して頑張って貰うため、今年もシーズンシートを申し込んだ。

 ロアッソの試合と競合する行事は不参加とさせて頂く可能性はかなり高い。

 

 三つ目は、小学校から中学校にかけての同窓会を計画実施すること。

 現役の頃は、帰省する正月に計画していたが、ほぼ定年を迎えた以降は3月初旬に計画していた。

 今回は、よる年波を考慮してもう少し暖かい4月を予定したいと思っている。

 屋外で体を動かすイベントが出来るのも今年くらいまでと見積もって、グラウンドゴルフや軽登山を選択肢に入れたい。

 四つ目は、自身の健康管理である。

 相方の骨折で、どちらかが具合が悪くなった場合の負担はかなりなものであることが実感できた。

 私自身も術後の定期検査でPSA値が高めになっていたため、2月には再度「骨シンチレーション」と「CT」の検査を受ける。

 去年も丁度2月に検査して、様子見を選択したことを思い出す。

 結果によっては、投薬などの処方を決断する事態となるだろう。

 命あっての物種だし、人間をやめる気は今のところ更々ない。

 五つ目の目標は、私の密かな願望でもある。

 頭が正常に働く活動余命も、アディショナルタイムに突入寸前の感じがする。

 密かにスイッチをONにしようと思っている。

 ・・・・・・・・・・・・・

 今年は久々に元旦早々に、真面目は雰囲気を漂わせてしまった。

 年賀状も先ほど配達されてきた。

 そして今年も、出していない人からもチラホラ・・・。

 「神様が辞令をくれるまで生きる」

 
にほんブログ村
コメント

台風一過

2018-10-01 16:37:09 | 日記
 昨日の台風24号は、九州山地の東側を通るコースだったため暴風圏内ではあったが風は比較的凌げた。

 台風対策も台風が次々とやって来るため随分手際よくやれるようになってきた。

 ただ、花壇の花は放置して成り行き任せにしておいたのだが、倒れたものを支柱を立てて起き上がらせたらほぼ元通りになった。

 

 根元からバタバタ倒れているものもあったが、折れていないので起こせば元に戻った。

 キバナコスモスは幹が頑丈に肥っていたし、風に身を任せてユラユラとなびいていたので殆ど被害は無かった。

 稲の作況指数は「やや良」で、例年よりいい作柄であることが数日前の新聞に出ていたが、今回の台風でどう変化するのだろう。

 

 気圧の谷に入っているため、台風一過のスカッとした青空というわけにはいかなかったが、カラッとした少し肌寒い風が吹いている。

 田んぼ沿いの道を歩いてみても、風で倒れた稲は見受けられなかった。

 このままなら、美味しい米の収穫が見込めそうだ。

 前方の里山の付近は、赤井という地区で湧き水が豊富なため、美味しい米が出来る。

 ブランド米ではないが、食べ比べてみると遜色はないどころか我が家ではお気に入りのご当地米になってしまった。

 稲刈りが済むと、農家が新米を家まで届けてくれる。

 なにやら台風25号だの26号だのと、やたらとやって来られては困のだ。

 
にほんブログ村
コメント

またまた台風がやって来る

2018-09-29 10:22:21 | 日記
 昨日までの抜けるような青空がうって変わって朝から小雨が降っている。

 台風の影響の風などは今夕から出始め夜半から明日の午前中にピークが通過する予定だとか。

 今日の夕には花火大会で駄目なら明日の日曜まで順延の予定だったが、日曜日も危ないというのでとうとう中止が決定された。

 

 台風本体の雨雲ではなくて、前線の活動が活発になり前哨戦としての雨雲に覆われている。

 沖縄・奄美を通過したあたりから突然スピードアップしてあっという間に襲来するらしいので台風対策は小雨で風の無い今しかない。

 下げていたスダレを全部外し、跳びそうな鉢類を避難させ移動出来ない大きなものは支線で補強する。

 朝起きて開けた雨戸も閉め忘れしないよう半分だけ閉めておいた。

 

 ただ庭の草花は、支柱などで補強したくらいでは台風には歯が立たないのでそのまま様子見とする。

 今年のキバナコスモスなどは、幹が極端に大きく相当の風にも持ちこたえたのだが、さて今回はどうなのだろう。

 今の進路予想のとおりなら、我が町は当初は九州山地越えの東寄りの風、台風の進行に従って北東から北の風になる筈である。

 それを見越して、風対策が必要なようだ。

 大雨も予想されているので、対策は早めに終わることにしよう。

 
にほんブログ村
コメント

整列した亀

2018-06-15 17:51:17 | 日記
 江津湖の公園の駐車場に車を駐めて、脇の遊歩道を歩くのは月2回の恒例となっている。

 川柳の同人誌の事務所へ向かうにはベストポジションにあるからだ。

 
 (今日の江津湖)

 月に2回ほど、編集と校正の手伝いをしている。

 その程度の頻度だと湖畔の草木の変化が直ぐにわかる。

 岸辺の葦などの伸びが著しいし、この前まで目立たなかった外来の駆除対象の水草もボチボチ目立ち始めていた。

 帰りにも同じコースを辿るが、そこで珍しい物を見た。

 生き物なのだが、生き物自体は珍しくもないものだが、その配置というか配列というか、それが面白い。

 
 (三匹の亀)

 朽ちて倒れた木杭のようなものの上に、はじめは亀が1匹見えた。

 よくよく見ると少し小型がもう1匹いる。

 カメラを出して被写体をよく見直してみると、なんと後方にもう1匹小さなやつがチョコンと。

 ♪親亀の背中に子亀をのせて・・♪♪・・という孫亀まで乗せる歌があったが、こちらは一直線に整列。

 それも並ぶ順番が順不同なので替え歌にもならない。

 それでも何とも珍妙で、悟ったような落ち着きと間抜けさ加減が微妙に混在して、カメラを向けざるを得ないキャラクターぶり。

 もし付近に人がいれば、教えてあげたくなるようなシーン。

 可笑しな風景はまだまだ足元に転がっていそうな、金曜日の午後だった。

 
にほんブログ村
コメント

心に残る全日本川柳2018熊本大会でした。

2018-06-10 21:46:52 | 日記
 昨夜の前夜祭で多少飲みすぎて、頭は回らなかったが席題を考えていたら頭がガンガン痛くなった。

 諦めて早めに寝たのが良かったと見えて、朝から頭はスカッしてこれなら今日の本番は持ちそうだと思った。

 各係は8時に現地集合になっていたので、7時に家を出た。

 日曜日でしかも早朝なので道路は空いていて、日頃よりかなり早く着いてしまった。

 
 (小糠雨に曇る熊本城)

 早く到着したので熊本城の入口付近を歩いた。

 
 (市民会館:シアーズホーム夢ホール)

 川柳大会の会場はシアーズホーム夢ホール、熊本城の堀の役目をしている坪井川を挟んでお城の直ぐ南側にある。

 地震でこわれて使用禁止になっていたが、この大会の数ヶ月前に改修工事がおわって使用が可能になった施設。

 
 (オープニングセレモニー:牛深ハイヤ踊り)

 牛深高校の生徒による牛深ハイヤ踊りが開場を盛り上げた。

 特にこの牛深ハイヤは、テンポの良い曲で若い女性が元気いっぱいに踊ると、浮き浮きした気分になってくる。

 どちらかというと、お年を召した方には不向きなような気もするが・・・。

 
 (くまモン体操)

 くまモンも応援に駆け付けてくれた。

 なにしろ、今大会のキャッチフレーズが「くまモンも熊本城も待っとるばい!」という、絶対にPCで一発変換出来ない方言仕立てになっていたので、くまモンが出て来ないことには話が始まらなかったのだ。

 日頃手足をあまり動かさないお年寄りも、くまもモンにつられて動いていた。

 席題の「パワー」「譲る」「草」の投句が11時20分で締め切りとなり、それから選者が選考して選んだ秀句各題3句の中から更に2次選考を経て、ジュニアの部・一般(高校生含む)の部の優秀作品が表彰された。

 
 (表彰式)

 大書された作品に、各賞のリボンを読み上げられる度に付けるのが私の役目になっていて、何度も舞台の上を往復した。

 とにかく、昨夜のホテルでの前夜祭受付から始まって懇親会、それに引き続き早朝からの準備~受付~リボン付けと、殆ど椅子に座っている暇は無かった。

 私も結構な年を取っているのだが、この世界では若手の方なのだ。

 どちらかというと、身体を動かしてご奉仕する立場ということでとにかく疲れた。

 ほっとする余り、家に帰り着いて相方と慰労会と称して500mlの缶を4本も開けてしまった。

 多分役員も各係も今夜あたりは、皆すこし飲み過ぎる筈だ。

 多少不手際もあったが、22年ぶりの熊本大会もドサクサのうちに終了した。

 多分私の頭が正常に機能している間には、次の熊本大会が来ることはまずない。

 ただ、皆それなりに経験したので地方の大会などでは十分生かされるだろう。

 ちなみに私も1句だけ呼名をする機会があったが、良いのが浮かばなくて適当に軽く流した作品が読み上げられた。

 「フルパワー額の汗で顔洗う」というドサクサ紛れの句だったが・・・。

 そういえば、来賓挨拶で大西熊本市長が「震災句集(復興編)」の中の句を紹介したのは、なんと私の句だった。

 「時々は家間違える震災後」

 我が家族が、皆経験した実感の句である。

  
にほんブログ村
コメント

痛いの痛いのが飛んで行った♪

2018-06-04 13:34:03 | 日記
 昼食の流動食みたいな食事の後で、鎮痛剤を飲んだのが効いたのか歯の痛みも頭痛も大分和らいだ。

 薬のせいか物事を考えるのが出来なくて、ただひたすら寝た。

 

 寝る前と目が覚めた後の気分の違いが如実で、殆ど治ったかのような錯覚を覚える。

 しかし、上の歯と下の歯を噛み合わせてみると、下の歯には明らかに緩みが感じられるし、ただ一時的に麻痺しているだけだなと分かった。

 PCをいじったりしていても、いつの間にか居眠りをしている有り様だった。

 

 それでも当面の痛みという難敵が舞台裏に引っ込んでいる間に、柔らかめの食事をどんどん摂ることにした。

 なにしろここ2日ばかりの出来事なのに、体重が2.5Kgも減ってしまった。

 もっとも2Kgくらい減量したいなと思っていたので、ある意味怪我の功名とも言える。

 昨日など「痛いの痛いの飛んで行け~!」などと泣き言をいっていたのがこの変わり様だ。

 

 梅雨入り宣言はなされたものの、雨は当初だけで意外と良い天気で湿度もそれほど無いので虫干しには丁度良い。

 この空のように、身体も気分も良ければいいのだが・・・。

 明日はあまり楽しくないPSA値の血液検査。

 検査結果如何によっては、風船が萎むことにもなりかねない。

 ただ歯を押さえながら、哀しい顔をして検査を受けに行くという最悪の事態だけはどうやら回避できたようだ。

 「病むことに馴れたくは無い再検査」

 
にほんブログ村
コメント

痛いの痛いの飛んで行け~状態

2018-06-03 15:21:12 | 日記
 人間の部品で大切でないものは無いようだ。

 日頃使っていないと思っている小指の先を怪我したとしても、立ち所に生活全般に亘って不自由を託つ。

 「腰」を悪くすると「腰って体の要だな」と思うし、「痔」の悪い話などは、聞いた方はつい失笑したりする。

 そうした話の範ちゅうに入るのが「歯痛」である。

 一昨日の午後から痛くなり、歯科医院に申し込んで直ぐに見て貰った。

 検査の結果「虫歯無し」「歯周病無し」ただ、歯の摩耗が激しいのでレントゲンを撮ってみるとのこと。

 結果は歯を思いきって食いしばって寝ているらしく、歯と歯茎に少し隙間が出来てその内側の部分が刺激しているらしい。

 診断結果から1週間ほど様子を見て状況が続くようなら、歯の噛み合わせを調整するか、マウスピースを造って就寝時だけ装着するという方法をとることになった。

 痛みも周期的で、痛くない時は食事も平気なのだからナントカなるだろうと思っていた。

 ところが昨日の夕食時から「痛いの痛いの飛んで行け~状態」になって、食事不能。

 

 夕べは痛いのを我慢し、食事を我慢し、考える事を我慢してひたすら寝ることにした。

 眠っていたのか起きていたのか不明のまま朝を迎えた。

 幾分頭痛は和らいでいたので、朝食のみそ汁担当として起き出して作ってはみたものの、熱さの刺激に絶えられず味見も出来ない。

 

 オマケに口も満足に開けられない状況で、とうとう相方に「おかゆ」を造ってもらった。

 口を開けられないといえば、今から20年くらい前に同じような状況になって、口が開けられず1週間煙草も吸っていないことに気がついて、折角1週間も煙草を吸わないでいたのなら、ついでに止めちゃえと禁煙してしまった。

 「禁煙成功の秘訣は歯痛になることだよ」などと、後日偉そうに友達に宣っていたことを思いだした。

 

 そうした成功体験も今回は何の役にも立たず、近所のドラッグストアに鎮痛剤を買いに行った。

 似たような話を持ち込む人は多いらしく、薬剤師が「マウスピースを勧められませんでした?」等と笑いながら言う。

 鎮痛剤と流動食のような、ゼリーとか液体とか何やら買い込んで帰宅した。

 カプセルの鎮痛剤を取り敢えずパクリとやって、水を飲もうとして「食後に飲んで下さい」というのを思いだして吐き出した。

 昼食は相方が造った、冷えたおかゆと冷えた豆腐のみそ汁と、ついでにセリ-状の食べ物と軟らかいバナナを食べた。

 で、さっき飲み残したカプセルを飲んで、取り敢えず再度寝た。

 今度は頭もある程度回転しているようだ。

 2日後は前立腺のPSA検査だとか、その翌日は謡曲の練習だとか、土曜は川柳大会の前夜祭の受付で中部・北陸の担当だとか、日曜日は全日本川柳大会の本番だとかが次々と頭に浮かんできた。

 歯が痛い状況で皆さんに笑顔で接することはかなりキツイぞ等と心配にもなっていたが、この分では持ちこたえられそうだ。

 ついでに句が6句も浮かんできたので、頭に関しては元より良くなっているかも知れない。

 その内の一句:「物理学神の仕業を探す旅」

 ああ、こりゃまだ正常に機能してないかも・・・。

 
にほんブログ村
コメント

嗚呼!誕生日

2017-12-05 10:39:04 | 日記
 昨日はメールの受信音で目が覚めた。

 緊急地震速報とは違って迫力はイマイチだが、近頃は目覚ましも使わない生活なのでビックリして目が覚めた。

 覗いてみると「誕生日お目出度うございます」とあって、「確か今日が誕生日だと記憶していましたが・・・」とある。

 発信者はもう何十年も前に亡くなった祖母のこれまた何年も前に亡くなっている祖母の妹の孫にあたる女性からである。

 子供の頃からの知っていて、私を呼ぶ時は「〇〇兄ちゃん」と呼んでいたが、何と今でもこんな年寄りをつかまえて兄ちゃん呼ばわりはそのままなのである。

 目覚ましの朝イチメールは、〇〇歳になったことを否応も無く意識させてくれた。

 定年は生年月日とイコールなので、定年してから何年経ったかも自然に判る。

 定年の年に新聞に投稿した川柳は「退屈をしない程度に生きてみる」という句で、秀句に選ばれ、先輩や同僚から賛同の電話やメールをもらったものだ。

 
 

 当時、同居していた「しろ猫」の生き様が羨ましかったが、欠伸と居眠りばかりでは拙かろうと地域の活動や幾つかの趣味に手を伸ばしたりし始めた。

 人から問われると「あくせく自適の生活」などと得意になっていたこともある。

 ところが最近は、適度であった役割の中味や負担の種類が増加して、冗談抜きの「あくせく」に近づいて来た。

 

 ぱあ~~っと空に放たれた風船を見たときのような、スカッとした心が軽くなる一時が少なくなってきた。

 人生楽しく送りたいのに、苦になるのでは本末転倒なので少し「時間の使い方の断捨離」を心掛けたい。

 誕生日を機に生活の枝葉を少し剪定してみようという気になってきた。

 手段の枝葉が邪魔して、幹の目的が見えづらく忘れてしまいそうなのがちと恐い。

 さて・・・負担感が大いに漂う年賀状の時期が到来した。

 取り敢えず、少し枝葉を剪定をしてみたい。

 「思い切りリセットをして再起動」

 
にほんブログ村
コメント (2)

何ということでしょう♪

2017-08-09 10:06:20 | 日記
 「何と云うことでしょう!」の決めぜりふというか、決めナレーションの番組がある。

 古い住宅がリフォームされて、あっと驚く高機能の住まいに早変わりする。

 ただアイディアに走っただけの珍奇な改装も時々見かけるが、依頼人はいつも感激で目頭を熱くするというシナリオだ。

 昨日河川沿いを歩いていて「なんと云うことでしょう」の風景を見た。

 
 (アフター(現況))

 護岸工事などで立ち入りを制限していたが、工事は終了したものの入口は閉じたままなので通行できない。

 
 (ビフォー(4月の花の頃))

 この関係が逆ならなるほど整備されたと思うのだが・・・。

 護岸の整備が完了した時点で、元のように人の出入りや遊歩道の通行が解除されていれば、少なくとも人の歩く幅くらいの路は自然に保持されていたと思う。

 そんなことを思いながらブログを更新していたら、一転にわかにかき曇り雷鳴と共に大粒の雨が降ってきた。

 
 
 あまりの暗さに、町の街灯も自動点灯が反応して点灯したりしたが、もの凄い雨に今度は点灯した光も見えなくなった。

 

 家の前の小さな道路は川になり、側溝の穴から水が噴き出し始めた。

 ひとしきり降ったあと雨が上がると道路は元の状態に戻った。

 ただ違ったのは、昨日まで駐車場のブロック設置で掘り出した土の処理残しが無くなったことだ。

 工事終了後業者が運んだものの、どうしても地表に土が残ってそれが乾いた埃になって我が家に飛んで来て困っていたのだ。

 それが「なんと云うことでしょう、もの凄い豪雨が一気に洗い流してしまったではありませんか」なのである。

 人間万事塞翁が馬、行政の不作為には別の恩恵が潜んでいると善意に解釈する手もある・・・などと無理に思うことにした。

 
にほんブログ村
コメント