カンチャン狂騒曲

日々の事をあれこれと、大山鳴動してネズミ1匹がコンセプト。読書・家庭菜園・旅行・川柳・謡曲など際限なく・・。

粘りと根性で車に貼り付いたロアッソ熊本のリボン

2019-01-06 10:30:00 | スポーツ
 当地の「ロアッソ熊本」は、J2リーグの降格争いを2シーズンにわたり演じていたが、とうとう今シーズンはJ3で戦うことになってしまった。

 あまり嬉しくはない話なのだが、取り敢えず1年でJ2に復帰するのだという意気込みを買って、今年もシーズンシートを予約した。

 

 くまモンもユニホームを着たりして度々スタジアムに顔を出していたが、さて今年はどうだろう。

 多分去年より力を入れて来てくれるかも知れない。

 ただ、チームで一番得点を稼いでいた3名が揃って他のチームに移籍してしまうし、とにかく失点の山を築いた守備の強化は未知数だし、なにかと不安材料には事欠かないが、かえって若手の奮起を促し、しがらみのない伸び伸びとしたプレーが出来ればかえって良い結果が出るかも知れないなどと、春の淡雪のような思いを抱いている昨今である。

 根性で頑張って欲しいと思っていたら、根性で頑張っているものが身近にあった。

 

 車の後部に「ロアッソ熊本」の磁石付リボンを貼り付けていたら、剥がせなくなってしまった。

 購入した時の説明文の中に「1週間以上は連続して貼りっぱなしにしないで下さい」のあったのを、夏場もずっと貼りっぱなしにしていたためだろうと思う。

 車を洗うときもそのまま洗っていたが、時々は剥がして下の方も洗ってやるか等と思って剥がそうとしたら取れなかった。

 力を入れて引っ張ったら千切れた挙げ句に、磁石の部分に表面の材料が残ったままで車にくっついて剥がれ所が残ってしまった。

 後で溶剤か何かで剥がずしかないのだろうが、素人がやって車の塗装まで痛めては拙いので、剥がしたリボンをそのまま元の位置にくっつけたら、残った磁石の部分の力でそのままくっついた状態になった。

 多少みっともないが、その粘りと根性は見上げたもので、今シーズンのロアッソを占うような出来事としてJ2昇格までとっておくことにした。

 この、負け惜しみ的な発想が如何にも今のロアッソに似ている気がして、自分ながら呆れてしまう。

 しかし、スタジアムに応援に駆け付け、ここまで楽しめるスポーツチームは今のところロアッソしかないのである。

 関西の虎ファンの心情が十分理解出来るようになった。

 
にほんブログ村
コメント

最後はスカッと勝ってくれた

2018-11-17 20:09:44 | スポーツ
 今日は21位のロアッソが18位の愛媛FCを迎えての今シーズンのラストゲーム。

 万障お繰り合わせの上、5月以来となるホーム戦勝利を夢に見てスタジアムへ駆けつける。

 今日の一戦は沢山の意味を含んでいて、応援に来場した人々にとっても忘れられない試合になる筈だ。

 
 (秋模様のスタジアム周辺)

 試合のある「えがお健康スタジアム」周辺の木立もすっかり紅葉が深くなっていた。

 

 会場への入場待ちの人々の中で、一際賑やかな一団があった。

 ギター一本でお客による即興の路上ライブが始まった。

 もうすっかりお馴染みの人で、老若男女を問わず人気がある。

 さわりの部分はみんなで一緒に歌っていて、和気あいあいと見ているだけで楽しくなる。

 試合もこんな調子ならいいなと思ったが、何度も裏切られながらの今シーズンだったので疑心暗鬼。

 しかし、な~あああんと。

 

 なんということでしょう。

 前半0-0で折り返したと思ったら、後半は見違えるような攻守のバランスのとれた試合運びとなり、ここで欲しいというタイミングでちゃんと着実に得点し、蓋を開けたら3-0で半年ぶりのホーム戦勝利。

 
 

 負けても、2018シーズン終了のセレモニーは行われていたはずだが、雰囲気的には最終戦の勝つと負けるじゃ大違い。

 21位が確定し、今期のJ3の結果によって来期はJ3に降格となって戦うことになる。

 もしそうなっても、1年でJ2に帰ってくるとはクラブの社長の弁。

 

 サポーター席には、どこまでも応援するぞと手書きの横断幕が・・・。

 現地で書いて、あわてて乾かした筆の跡がなまなましい手書きの文字だ。

 試合が終わっても、観衆は皆残ってこのセレモニーで心を繋いだ。

 それにしても、シーズンを通して今日のような試合運びが出来ていたらなあ・・とふと思う。

 私の今シーズンは、今日で終わった。

 
にほんブログ村
コメント

嗚呼!ロアッソ

2018-09-30 19:47:49 | スポーツ
 今日は疲れた一日だった。

 台風の対策は一応終えて、来襲する前に福岡に出発し、ピークが過ぎた頃帰って来るという計画。

 ほぼ予定通りの台風の動きだったので、確かに帰る頃にはピークを過ぎていた。

 午後は雨の中を、ロアッソ熊本Vs京都サンガFC戦を応援にスタジアムへ。

 風が北方向になって寒く感じたのでウインドブレーカーを着用。

 

 東の空はまだ九州山地の上空に台風本体の雨雲が黒く垂れ込めている。

 

 西の空は雲はあるものの、明るさの増した白っぽい雲になりつつあって、試合には支障はなさそう。

 ただ風が上空とスタジアムの中では少し違っていて、けっこうボールの動きは微妙になりそうな予感。

 

 スターティングメンバーにはいやが上にも期待がかかる。

 なにしろ5月頃からカモンロッソの勝利のダンスにはご無沙汰のような気がするが、私の記憶違いか。

 で、今日もご無沙汰の期間が延長される結果となった。

 

 しかも大量失点で無得点、こうなると防御がだの、点を取れなかったのが惜しかっただのの段階ではない。

 このJ3降格圏のウロウロは結構こたえる。

 やってる選手もそうだろうけど、見ている方も本当に疲れる。

 ロアッソに台風一過はいつ来るのだろう。

 「蛸壺の中でガサゴソ常套句」

 
にほんブログ村
コメント

走れ!赤馬!

2018-09-09 15:22:45 | スポーツ
 昨日から涼しい日が続いている。

 昨日はノンビリと庭のキバナコスモスだの、曇り空の話などをしていたのだが、15時頃から曇が厚みを増し始めた。

 

 ロアッソ熊本Vs大分トリニータのバトルオブ九州が、今までより1時間早めにキックオフとなるので出かけたのだ。

 大丈夫か?雷も鳴っているぞ、などとブツブツ言いながら車で出かけた。

 前回に懲りて、大きな傘と長靴という出で立ちでバッチリ決めたのだ。

 

 午後3時過ぎだというのに、薄暗くなって走る車は照明を点けて走っていた。

 雨が叩きつけるように降っていた。

 それでも、大分戦はいつも観客が多いのが特徴で、サポーター席などはこの頃圧倒されている始末。

 1万人以上の観客が集まって、スポンサー筋から貰ったタオルマフラーを振り回す。

 

 「叶う」と縫い込まれてるタオルマフラーを見ると、すこ~しほろ苦い気分にさせられるのは私だけではあるまい。

 立派な降格圏を彷徨っているが、確かに残り10試合前後を必死で戦えば何とかなりそう・・・なのだが。

 と、まあ、この辺りの心理現象は昨年と全く同じで、去年も降格圏脱出だなどと相方と言いながら大分まで遠征したものだった。

 今年も又かよ、というのが偽らざる心境で「叶う」というのは、J1や上位進出などではなくて、降格圏からの脱出の願いなのであって、かなり事態は深刻なのではある。

 かつては、対大分戦は圧倒的に勝ち越していたものだが、ここしばらく負けが続いている。

 そして、今回もまたも負けた話で盛り上がらず、タオルマフラーを振り回すカモンロッソもお預けだったのだ。

 「4コーナー差し足みせろ赤い馬」

 
にほんブログ村
コメント

金沢が勝つための方法を展示してくれた

2018-08-06 11:02:02 | スポーツ
 サッカー(ロアッソ)で勝った話題がここのところズ~ッとない。

 私の記憶が正しければう~ん、12試合未勝利。

 う~ん酷暑による夏バテ?・・でも相手もバテる筈だけど。

 

 久々に路上ライブが帰って来た。

 以前はしょっちゅうやっていたし、ロアッソもそれなりに調子が良かった。

 今シーズンはまったくお目に掛かっていなかったが、不甲斐なさにとうとう「がまだせロアッソ」をやったようだ。

 

 スタジアムの屋根の上にはちょっと風変わりな雲が浮かんでいた。

 とにかく暑い!

 

 くまモンもロアッソ君も暑いだろうに・・・頑張っている。

 冷却の方法はどうなっているのだろうか?

 強制空冷でもしないと危険な暑さを通り越してしまうはずだ。

 

 そして、試合は今日も負けた。

 金沢の頑張りというか、組織的は前線からの守備というか、カウンターの切り替えの早さというか、こちらに足りないものを全て展示して見せてくれた。

 久々に最後まで残って、選手が引き上げて居なくなった後も「オーオ・オーオ・見せてくれ・・・」の歌声が響くスタンドに立って一緒に手を叩いた。

 熊本の夏は、いろいろと暑い!!


にほんブログ村
コメント

ロアッソのナイトゲームは楽しかった

2018-06-17 10:57:12 | スポーツ
 昨夜はJ2第19節ロアッソ熊本VSカマタマーレ讃岐のホーム戦を観戦に行った。

 ゲートを入って直ぐのところに選手の幟が立っているので、覗いてみた。

 たまたま益城町出身のGK畑実選手、MF上村周平選手の幟があったので撮してみた。

 
 (各選手の幟旗)

 入場する頃はまだ十分明るかったが、ピッチ練習が始まる頃にはもう早めの照明が点灯した。

 暑くなく寒くなく、風も有るにはあるがさほど気にもならずという、やる方も観る方も絶好のサッカー日和。

 迎える相手は現在最後尾につけている讃岐、こちらも3連敗中の18位とあっては、どちらも勝ちたい一戦。

 よって、試合は面白いものとなった。

 結果はドロー。

 

 反省するなら材料には事欠かないが、ここぞというシーンでの詰めの甘さとか思い切りの悪さ・・・とか。

 あと3点くらいとれたシーンもあったし、2点くらい失っていたかもという場面もあって、お互い似たような反省会になるはずだが・・・。

 

 勝つつもりだった、選手も少し俯き気味にスタンドの前に整列したが、な~に俯くことはない。

 終わっても拍手の方が多かったのは、次に繋ごうというサポーターや観客の気持ちの表れ。

 

 勝ち試合ならいつまでも続く音や掛け声もなく、明るい照明だけが夜空を照らしていた。

 気分は悪くなくて、駐車場整理員にねぎらいの言葉をかける余裕はあったし、家に帰ってささやかにビールも飲んだ。

 これからは一戦一戦が大事になってくる。

 がんばれロアッソ!!

 
にほんブログ村
コメント

3年ぶりの水前寺でロアッソ勝利!

2018-05-20 20:28:35 | スポーツ
 今日はJ2「ロアッソ熊本Vs水戸ホーリーホック」の第15節が、水前寺競技場で開催された。

 地震で損傷を受けた箇所の補修等で、3年ぶりの会場である。

 ただ、まだ100%復旧というわけではなさそうだった。

 
 (スタジアムグルメ)

 各店はとても賑わっていた。

 直射日光は強かったため、飲んだり食べたりしながら開場を待つ人達で木陰は混んでいた。

 
 (高校の和太鼓部)

 オープニングイベントとして高校の和太鼓部の素晴らしい演奏があった。

 普通の和太鼓とひと味違った演奏で大いに楽しませてもらった。

 彼(彼女)らは本来なら前回のホームゲームで演奏予定だったのだが、悪天候のため中止になっていたのだ。

 
 (水戸のサポーター)

 遙々水戸から駆けつけたサポーターは、珍しくサポーターが円陣を組んで気合いを入れていた。

 たしか対戦成績は水戸に1つくらい負け越しているが、いづれにしても面白そうな予感が漂った。

 
 (凄い得点掲示板)

 試合は開始間もないところでロアッソが先制し、大いに盛り上がったところで痛恨のパスミスを決められて同点。

 大いに盛り下がってしまった。

 後半我が町出身の上村選手が田中選手からのクロスを決めて1点をリード、何だかんだとゴチャゴチャあって終了の笛。

 この得点掲示板を見ると、まだ水前寺競技場も復興半ばかなとも思ってしまうが・・・。

 出場選手の表示板も無いし・・・。

 てなことは、お構いなく取り敢えずは「カモン・ロッソ!」でしょう、と競技場全体が大盛り上がり。

 
 (勝利のダンス「カモンロッソ!」)

 勝てばこうなるし、こういうシーンが何回か見られるようになると入場者数も増えるはず。

 それにしても今日は暑かった。

 さぞや選手は大変だったろうと思うが、頑張って貰うしかない。

 私もせいぜい頑張って応援に行くことにする。

 それにしても今日のビールは旨かったァ~

 
にほんブログ村
コメント

益城町ジョギングフェアーにボランティア参加

2018-05-14 11:04:50 | スポーツ
 土曜~日曜はどっと疲れた。

 26回目の益城町ジョギングフェアーが日曜日の雨の中開催された。

 土曜のテント設営や日曜の受付支援・コース誘導係などのボランティアとして参加した。

 もう10年以上も続けて参加しているが、当てにしています等とおだてられると、つい参加してしまう。

 
 
 (会場のテクノリサーチパーク)

 土曜の会場設営は晴れで良い天気だったが、日曜日は降雨確率90%のなか、実施か中止かのギリギリの選択を迫られるほどの条件の悪さだった。
 
 
 (参加者受付テント)

 開会式前に選手の受付が始まったが、傘を差した参加者にお土産の西瓜やメロン、それにゼッケン番号に食事券などを渡す作業はけっこう手間取った。 

 
 (参加者テント)
 
 天気の良い日なら直射日光をさける目的なのだが、完全に雨よけのテントになってしまった。

 しか、し開会式も終わり私達も所定の誘導位置に移動を終わる頃には小振りになり、ランナーが通過する頃には雨は上がった。

 
 
 3kmコースとか乳母車まで登場するファミリーコースの時期には、薄日も射すほどで子供連れをホッとさせた。

 ただし、その後お楽しみ抽選会が終わって皆が帰り始める頃からまた雨が降り出した。

 つまり参加者にとっては、当初の受付の段階で雨に見舞われたものの、ジョギングや食事や抽選会などは十分楽しめたのだ。

 問題は我々で、雨の中で40張り以上のテントを分解し、机・椅子などを撤収する作業はこたえた。

 シャワーを浴びた後、「年を考えなさいよ」と云う相方の言葉を肴にビールを飲んでいたら疲れがどっと出て、8時前には寝てしまった。

 今朝は5時過ぎには目が覚めてしまったが、それでも都合9時間は寝ていたわけで自分でも感心する。

 お陰で目も頭もスッキリしたし、身体のあちこちもそれ程痛くはない。

 ただ、年を考える必要は確かにありそうだと思った。

 「確実に僕も夕焼け小焼けです」

 
にほんブログ村
コメント

ロアッソよ操縦桿を引け

2018-05-06 16:25:56 | スポーツ
 ゴールデンウイーク最終日は「ロアッソ熊本Vsヴァンフォーレ甲府」の13節でホームゲーム。

 家を出るときは既に雨で、コンディションは良くないが条件は一緒。

 

 スタジアムの選手の幟もそぼ降る雨に濡れていた。

 

 遠路甲府から駆けつけたサポーターも雨の中で声をからしての声援、本当にご苦労さん。

 プログラムの予想先発メンバーは勝っていた頃の布陣なので今日は勝つ気だなと思ったら予想表とは違っていた。

 

 後半で交代したりして結果はボードのような布陣になったが、この点数を横目に私の周囲で席を立つ観客がかなり出た。

 試合は下駄を履くまで分からないというが、野球ならランナーを溜めて一発逆転ホームランという結末も想定外ではないがサッカーでは終盤のこの点差は確かにショックではある。

 前節最後の粘りを見せて貰ったので、せめて次に繋がるような何かを見せてくれよと我慢して見ていたら、PKで1点を返した。

 惜しいヘディングシュートも何本かあったが、タラレバを言っていては切りが無い。

 チーム一丸となって前からボールを取りに行く姿勢からして、もうその差は歴然で、暫定の順位表は何の意味もないことが分かった。

 PKの1点だって、貪欲に果敢に攻め上っていってはじめて獲得したわけで、玉を奪う気もないような寄せは相手に見透かされて軽くいなされるだけ・・・。

 そうした試合運びを延々と90分間に亘って見せられると途中退席どころか、次はスタンドに足を運んでくれなくならないか心配になる。

 正念場の、しかも見せ場のゴールデンウイークホーム戦で連敗を見せられて、今日のビールはかなり苦い。

 乗りかかった船ならぬ乗りかかった馬だから、今シーズンは応援にスタジアムに足を運ぶ。

 「赤い馬パワー全開テイクオフ」

 たのんまっせ!

 
にほんブログ村
コメント

今日のロアッソの、後半の更に後半戦に乾杯!

2018-05-03 20:00:01 | スポーツ
 今日はロアッソ熊本VFC岐阜のホーム戦を応援に行った。

 相方が弁当を作って、二人でそれなりに張り切って出かけた。

 だが・・・前半はひどかった。

 もっとも後半も立ち上がりから前半と大した変わりはなかったが・・・。

 連休中に3試合有るので、戦力の温存とか休養とかいろいろあるだろうことは予想できるが・・。

 それにしても・・・、途中で3名が交代してからはかなり攻撃面は本来の動きに戻った。

 エンジンが掛かるのが遅すぎたとしか言いようがない。

 

 エンジンが掛かって、やっと今シーズンに見せていた動きが戻って1点を返したあと、もう1点取れと応援をしながら、多分残り時間からして無理だろうなどと思ったりもしたが、選手の動きは極めて賞賛に値する動きで、これなら負けても文句は言えないなと納得できる線まできたところでホイッスル。

 相方がいわく、今日の終わり近くの動きがなかったら危うく見放されたね。 

 相方も私も素人だから試合運びの戦術的なところはよく分からない。

 が、戦略的な意味合いでいうならこのホーム戦は落としてはならない試合だった筈だ。

 たとえ内弁慶と言われようと、アウエーで負けてもホームでは全力展開して臨むべきである。

 それが、観客動員の決め手であり会社経営の決め手であり、チーム強化の決め手に繋がる。

 

 5月の里山は、いろいろな緑のグラデーションで成り立っている。

 やがては新緑も強い日差しを浴びて、夏を迎える頃には濃い緑に覆われる。

 長いシーズンを見据えつつも、ホーム戦だけは濃い赤色一色で埋めつくしたいものである。

 今日のロアッソの1点返した以降のプレーに、ほろ苦ビールで乾杯!

 お疲れさん!

 
にほんブログ村
コメント