韓国ドラマ大好き

韓国ドラマ、台湾ドラマ、映画やKPOPなどランキングなど。 ★8が最高★7ドハマリ★6結構ハマリ★5軽いハマリ★4普通

雲に描いた月明り

2016-07-27 09:28:11 | 韓国ドラマ く
この動画ちょっと話題?です。
この踊っている殿方はパク・ボゴム君。チャン・グンソクみたいでカッコイイ~~っと友人が教えてくれました。あれ?どっかでみたことあるぞって思ったら
いつも見ているミュージックバンクのMCじゃないの!ヒロインはキム・ユジョンちゃんじゃないの!ということは人気歌謡のMCとミュージックバンクのMCってことじゃん。
キム・ユジョンちゃんも人気歌謡降板?休み?でなくなってたし。パク・ボゴム君も先月でMCを降板されました。1年くらいされたからそういう契約なのかもしれないけどだいたいドラマ決まったら俳優さんは降板されてましたから、このドラマのせいかな?って思ったりして。MCしてる時は何とも思ってなかってけど彼は史劇の衣装が似合いますね。かっこいいかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年 マイベストドラマ 第4位 九家の書

2014-12-28 07:00:00 | 韓国ドラマ く

イ・スンギ氏はあまり好きではないですがこの作品が一番良かった。序盤、ガンチの父母の物語から始まります。これだけで一つのドラマになりそうなほどの悲恋なんです。心優しい森獣とガンチ母の序章です。ソファが可憐で純粋できれいな娘さんです。でも不幸のドンゾコに突き落とされて、、。その地獄から救ったのがウォルリョン。彼女を守りたい一心だったのに、、。そしてガンチが誕生。そのガンチも恋に落ちるんですけど、、ガンチ父母の話が絡んでくるんです。ずっと目が離せない展開で1話があっという間です。良くできた脚本でとにかく悪役がピカ一なんです。こいつの憎らしがよりストーリーに厚みが出たと思います。
BS放送が始まるようです。ペ・スジもかわいいですが、注目はイ・ユビさんです。彼女が一番、、、、ではないかと、、。良作です。多くの人に見てもらいたいです。結構泣けます。特に前半は本当に、、。予想しない意外な展開が終盤にかけてあるんです。ビックリなんです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年 最優秀助演女優賞 イ・ユビ

2014-12-23 07:00:00 | 韓国ドラマ く
作品は九家の書です。最近まで人気歌謡のMCをしていた子です。最初は若いせいか演技はまだまだって感じで世間知らずの御嬢さんって感じでしたがそれも後から考えればそういう演技?だったのかもと思うほど終盤にかけての変化はは素晴らしい。
父母を陰謀によって殺され、自分は妓生に。そこに殺した役人が自分を辱めにやってくるのです。生きるためには耐えねばならず、ガンチが助けに来ても逃げる選択肢もないことにも思い知らされるのです。彼女の心は売らず憎み続ける姿勢は妓房のいじめにも耐え、芸を身に付けて凛として生きる生き方につながっていくのです。あのお嬢さんが哀しみや恨みを強さに変えていく演技は秀逸でした。細くて頼りない女優さんですがなかなか、、この先楽しみです。かわいらしいだけのヒロインのペ・スジよりもよっぽど光って見えました。


普段はこんな感じです。役によっては妖艶な感じにもなりそうですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九家の書 22話まで ★★★★★★ →

2014-10-29 00:49:02 | 韓国ドラマ く

21話、泣けた、、、。泣けた。やはり見た目、当時のソファのほうがウォルリョンと寄り添うのに泣けてきました。神獣は死なないから老けない。本当は生きてたソファだったら変わってるんだけどやはりあの清楚なソファだとやっぱりよけい泣けました。ウォルリョンは人間になれず、悪鬼になって目覚めてしまった。ガンチも同じように人間になりたいといいます。ヨウルのために。僧侶の予言は三日月の夜の下であったヨウルとはどちらかが死ぬ運命と告げられる。ガンチは死なないからヨウルが?なんかウォルリョンの存在感がすごいんですよねえ。ガンチとヨウルのシーンも素敵だなって思ってたけど、ウォルリョンとソファは、もう痛いほど切なくて泣けてきます。せっかく母と名乗れたのに、ガンチとソファが一緒に過ごせた時間は短かったわ。悪鬼になったウォルリョンの元へ行き、ソファは当時の事を思い出させる。ソファは自分の胸をあの短剣で刺して息を引き取ってしまう。もう、ここは号泣。やっと会えたのにねえ。ウォルリョンは元の神獣に戻る。もう、離れないとソファの傍で眠りにつくウォルリョン。

そうか、、ガンチが助けられる人間は一度だけなのか。戦ってる途中、誤ってヨウルに怪我を負わせてしまう。が、ガンチの血をかけても治らない。2度目はダメなのね。

グァヌンを騙したテソ。お~~、結構いい仕事をしたのね。ちゃんと百年客館と妹を取り返せるかしら。チョンジョはずっと妓生のままなのね。騙されたグァヌンがイ・スンシンを殺すっていきまいてるわ。こいつ、ガンチに成敗されるかしら?

ゴヌ、なんかカッコいいなあって見てます。パッと見は全然ですがあの黒い衣装で立ち回るしぐさがいいかも~って感じです。あと2話。ガンチは人間になれてもヨウルとは一緒になれないんじゃ?このドラマ一度見だしたらずっと見てしまう、飽きさせない展開です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九家の書 20話まで ★★★★★★ →

2014-10-23 01:50:05 | 韓国ドラマ く

そうか、、二転三転して見応えがあります~~。グァヌンは最後まで悪役に徹してるからいいのかも。あいつがギャフンとなるのが見たいんですよ~~。ほんとに。ソファは復讐にやってきたんだけど、その立場はヨウル父たちとは敵対する存在なのね。テソってえ、そんなに簡単に宮本商団へって大丈夫なわけ?ちょっと焦りすぎって気もするよね。ソファ。勝手にグァヌンに刺客は早すぎたかも。団長の右腕がグァヌンに買収されちゃったわ。前から誘ってたけどソファが私情を挟んで目に余ってきたので寝返ったのね。商団のためって言ってたけど本当かしら。

チョンジョの変化がすご。自分を利用されてガンチがとらえらえたのをしってあの先輩にも釘をさしたわ。グァヌンに頼まれたからといって私に逆らわないことね!ってあの毒酒を飲ませたりして。凄味が増してきたわ。チョンジョはまだガンチが好きだろうね。たぶん。

泣けた~~。結構。ガンチがとらえられて、解毒剤を飲ませるのに、育ての親のあのアジョシがおむすびを食べさせようとするところとこか、ガンチを助けてくれとなりふり構わずグァヌンの前にでるなんてなんか、泣けたわ~。そしてソファにも涙。仲間の裏切りにあって百年旅館でて大阪へ帰れって言われてしまう。その帰り道、襲われてしまう。やっぱりね。あのままソファを返すわけないと思ってたわ。グァヌンってずっとソファを好きだと思ってたけど、やっぱり屑よね。いつまでたっても。ガンチがたちが助けに行く、、そこでやっと親子の再会ができたのよ。泣けたよ。ウォルリョンが登場してやっと親子3人での再会になったのね。でも、ウォルリョンって昔の記憶がないみたい。ウォルリョンは変わってないけど、ソファがやっぱり違う人だからなんとなくピンとこないんだよな。グァヌンに余計なことを吹き込まれてたらソファを殺しにきたのかって思っちゃうけど。あ~~、ガンチともう対決してしまうかしら。

ヨウル父のあの特訓。究極の訓練ってさ。。死ぬかもしれないって言うのにヨウルなんかよく傍で生還できるよね。ガンチが相手なのよ。訓練とはいえブスって刺してしまうし。ウォルリョンに対抗できるのはガンチしかいない。だから強くしなくてはって。父親を殺させるために??最後の瞬間もためらうな、強さに慈悲は無用って。そうかもしれない。その一瞬の迷いが自分の命をおとしかねない。だったら大事な人も守れないって。あの教えがきっと生きてきそう。あ~~、ウォルリョンと対決するんだろうな。あれだけ人間を襲ってるから仕方ないのかもしれないけど、、。ヨウル父の指令も気になるわ。もし、イ・スンシンに危険が及ぶようだったらガンチも殺せって言ってたのよね。なのに、ヨウルとガンチはも~~~、ラブラブ。何度もキスしてたな。ガンチの目がすごく優しいんですよ。本当にヨウルを好きなんだなって伝わってくるくらい。これってユナちゃんが見たらヤキモチやきそうなくらいじゃない?ガンチのあの笑顔がキュンってくるんです。

癒しはあのガンチが助けたやくざ。ガンチがホモだと思ってヤケ酒飲んでたわ。ふふふ。

あと4話です。ガンチは自分をコントロールできるようになったから九家の書を探す時期になったって。え~~、それってどこにあるわけ???あのお坊さんが持ってるんじゃない?しかし、この雰囲気はハッピーエンドじゃない気がするなあ。グァヌンが火縄銃を手に入れたのも気になるし。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九家の書 18話まで ★★★★★★ →

2014-10-22 16:18:28 | 韓国ドラマ く

ほお、やはり、、、って感じか。大抵、同じ俳優さんに若いころや年をとってもやらすんですけどこの場合は別の人でそういう意図があったんですね。18話のタイトルが20年前の真実ってあったけどまだわからない状況です。しかし、あの日本語は?とても人の商団って設定ってことは日本へ住んでいるって事だと思うけどネイティブとはいいがたい。ソファが死んでなくて日本へ渡って生き延びてたって事なのよね。ウォルリョンが苦しんでいるのもわかるみたい。しかっし、17話のあのヨウルとガンチのシーンは良かったなあ~~~~~。これっていい数あるキスシーンのなかでもべスト5に入るくらいなんか、良かったかも。やっぱ、イ・スンギ君って演技がすごく上手だなってほんと思います。キスシーンだからセリフは無いんだけど、ガンチのあるれる想いみたいなのですごく伝わってくるような感動がありました。ヨウルを抱きしめるあの手の力だったりなんとも言えないあの雰囲気をだすのは簡単にはできないかも。周りの景色の美しさや音楽もあったと思いますがそれも含めて演技力だったり表現力だったりがすべて素晴らしい。

ウォルリョンの気持ちもよくわかるんです。ヨウルを守るガンチの姿にかつての自分を重ねていました。その頃の記憶ってあるのか、。ソファを守る時も全く同じだし、同じ言葉を使うガンチ。しかし、人間を信じるなというウォルリョン。あんな目にあったらそう思うよね。唯一の友達、あのお坊さんにも暴力的になってしまって。ソファは死んだって聞いてもよかった、自分が殺したかったって言ってたから生きてるって知ったらどうなるのかしら??昔の心を取り戻してくれたらいいんだけど。九家の書ってどこにあるのかしら。ガンチもヨウルがいるから人間になりたいって思ってるはず。あと6話でどうなるのかしら、、。

ソファだとしたら絶対グァヌンへの復讐を考えてるはず。テソにもあの旅館を取り戻したいって聞いてたしね。今のところ、グァヌンと結託してる商団ってところだけど、ガンチに盗られた地図を取り返すのを依頼した時に素顔をみせろと言われ対面する団長。グァヌンはソファに似てるって驚いてたけど、、、、。ガンチをとらえてきて酒を飲まされ苦しんでいるガンチを団長に見せるグァヌン。グァンチ、腕輪を外され苦しむ。息子だってわかってる団長ってどうでる??まだソファって知られたくないって思うけど。

ガンチはヨウル父が自分の父親を殺したことを知ってしまった。その件でヨウル父へ会いに言って確かめるガンチ。そして殺めたその件を折ってしまうガンチ。そうよね、あの時ウォルリョンが人間になっていればガンチの運命も変わったかも。ヨウルは知っていたのに黙っていたことをガンチに責められると思っていたけど、ガンチは許したのよ。あの時のシーンも良かったかも~。秘密を一人で抱えるな、自分を無視してとおりすぎるな、お前が側にいればいいからってーーーー!!いや~~~、今回のイ・スンギ君は本当にいいんです!!見直しました。でもね、意外といいのはゴヌ、じゃないかしら。本当はヨウルがずっと好きで傍でずっと守ってきたのにその気持ちは封印してるでしょ。なのに、人間じゃないガンチと仲良くなっていくのを目のあたりにするとつらい、、でしょ~。相当。ゴヌが2番手っぽいかな。あの若さで4君子っていうのもカッコいいしね~。テソももしかしてヨウルが好き?ヨウル父に婚約と決められたけどそりゃ、かわいいしほかに女性もいないしね。それにテソは取引で奴婢じゃなくなったって。しかし、奴婢に落ちてたかもしれないけど見た目はずっとあの若様の時と同じでチョンジョみたいな没落ブリはなかったけどな。う~~む。音楽もとってもいいし。かなり好きな作品です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九家の書 16話まで ★★★★★★ ↑

2014-10-20 01:07:43 | 韓国ドラマ く

も、も、盛り上がってきたーーーー!!!!イ・スンギ氏ってあんまり好きな俳優さんじゃなかったけど、今回が一番いいかも。なんか素敵に見えるんです。彼は時代劇向きなんでしょうね。ペ・スジって本当にかわいい。あ~~んなにまじかでしょっちゅう、見つめあうのってガンチもそりゃ、惚れてまうやろって感じ。無理もないわ。しかも、あの窓辺にいるヨウルなんてまるでジュリエットじゃん。囚われの身となって外を見てたらガンチが現れてその彼があんな小さな草花を持ってきてくれる。その手の中で花が咲くなんても~~~~~、すごすぎやろ。メッチャ、ロマンチックじゃないの~~~~~!!その様子を影で見ていたチョンジョ。

一番、チョンジョが可哀そうじゃない?これでもうガンチの事は諦めるんだろうな。あの、16話の最後のキス?になりそうなところってなんなの~~~~、ゆっくりすぎるやろ~~~。あそこで止めないでしょーーー!!ラブモードで気になるんじゃなくてストーリーに引きこまれてしまっているので脚本がいいんだと思います。それぞれの役者さんの魅力が非常によくでていてあのゴヌでさえ、なんかカッコよくない?って思うほどです。ウォルリョンがチョイチョイ現れる。それは復讐のため。ガンチが息子だと聞かされても何も動じないんです。ガンチにも人を信じるなって言ってるしねえ。ヨウルにも近づくんだけど間一髪ガンチが助ける。足を負傷したヨウルを負ぶってあげるっていうのに結局はお姫様だっこになっちゃってーーー!!もう、ここもずっと見つめあってさ~、ふふふ。ゴヌ、、そりゃ、怒るだろ。ヨウルが父親がガンチの父を殺したことを知ってしまった。だから復讐されそうで怖いのかしら。ヨウル父は。

ウォルリョンとガンチが対決しようとするけど全然強いんです。ウォルリョンは。

日本からのあの団長。おおおお、今回、帽子をテソの前で外したわ。ユン・セアさんだったのね。ちょっと思った人と違った、。息子が生きていればテソくらいって言ってたわ。背中には妓生の刻印。テソに百年客館を取り戻したいかって。この人、たぶんソファじゃないかしら?暴走してるウォルリョンを止めることができるのはこのソファね。団長。日本から来たって設定のわりには日本語が下手すぎ。でもまだまだ謎だわ。テソがもしかしてこの人の実子?って思ったけどたぶん、違うのでは。

やっぱり、ガンチが助けたあのオッサン。ちゃんと恩義を感じてガンチを守ってくれそう。

ガンチとヨウルのシーンが毎回とてもきれいなんです。山や、夜や花の影だったりして二人の気持ちが高まるように見るこちら側もウットリするようなシーンになっております。本当に先が気になるんです。1時間があっとういうまで。ウォルリョンが復活したって誰も思わないから全部、ガンチのせいになってしまう。みんなのまえであの腕輪を外せと言われたガンチだけど、ヨウルが側にいれば変身しないって。あ~~、そういう力なのね。素敵だわ。本当に。この二人のカップルが何度もいうけど本当にかわいらしい。言葉にしていなくてもお互い大事におもってるのがよくわかるもの。ヨウルはガンチと結婚したいって父親に言ってたけどかつてのソファやガンチを見てると自分の娘がまた神獣を生むかもしれないって思うと無理よね~~~。許せないじゃん。だって人間じゃないのよ~~。今のところ。九家の書ってどこにあるんだろ?あの和尚が持ってる??

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九家の書 14話まで ★★★★★☆ →

2014-10-18 21:52:58 | 韓国ドラマ く

なんか、目が離せない。何だろな、次々気になる事が出てきて飽きさせません。面白いんだと思います。ペ・スジがなんか、清純可憐な感じです。この役はほんとかわいい。生意気でツンツンしてる感じが多かったけどこの役は噂通り乙女なんです。いやああ、ちゃんと変身要素も盛り込まれてるし。いつもは男子同様、剣術を習い恰好もくの一風。それが、祭りの夜に待ち合わせして、勝負服に着替えて髪もおろしてピンでとめて、かわいい~~。そりゃ、ガンチビックリよ~~~。見とれてたわ。ふふふ。ヨウルはずっとガンチを好きな気持ちはあの小さい時から変わらないのよね。ガンチが人間であろうがなかろうが彼女には関係なかった。チョンジョやソファもガンチの本当の姿には脅えたけど唯一ヨウルだけは全く驚きもせず変わらなかった。ヨウルの愛がどれだけ強く深いか徐々にガンチにも伝わってきております。

それにしてもすごいのはチョンジョ。あの子同じ子かしら。す~~~~っかり貫録。弱弱しいお嬢様だったのに、運命を受け入れて凛とした姿に面影はなかった。名前も変え、妓生として堂々と百年客館に戻ってきた。もともとお嬢様だったのに、あの姿でみんなの前に現れるのは勇気がいったろうに。何一つ物怖じすることなく堂々としていたわ。この子の変化が一番すごいかも。あの女団長、行首が10年ぶりに踊った舞をつまらないって言い捨てて帰ってしまう。この女の人、全く顔を隠してるけどこの声ってチェイサーの大統領夫人じゃないかしら?たぶん。翌日改めて行首がお詫びにあがると素晴らしい舞だったとほめてけなしたのは行首と話したかったからだと。私を妓房へ入れてほしいという女人。行首はきっぱり断る。その後の入浴シーンで背中に刻印があったわ。あれって妓生だったってことでしょ。う~~ん。何だろ。この人。グァヌンも不信に思ってるけどまだ何もわからない。変な日本語しゃべってるわ~~。

おおおおおおおお、、、ウォルリョン降臨。復活かしら?でも様子が変だわ。人間を次々と襲って生気を吸い取って抜け殻みたいなしてる。目もあかくてあの優しそうな雰囲気はまるでなし。なんのために生き返ったのかしら。あの和尚でさえ、突き飛ばしててたわ。ガンチがお前の息子って言っても動じず、ソファの死を聞いても自分が殺したかったって。悪鬼になってしまったのかしら。ガンチはあれば父親って聞かされて和尚からは遠くへ逃げろっていわれる。ヨウルがガンチを探して森にいる。おおおおお、、ウォルリョンに見つかったわ。どうなる?でもヨウルは特別じゃないかしら。

4君子がわかった。それぞれが印をもつ。へ、、ゴヌもその一人だったのね。ようやくテソが立ち直ってくれたわ。今までのふがいなさを挽回してくれるといいけど。グァヌンの手下になるように命令されてたわ。うまくいくかしら。そうそう、ヨウル父はヨウルにこの仕事を終わったらテソと結婚式をあげるようにいいつけちゃったわ。ガンチのことを警戒してるのね。あたりまえだわ。人間じゃないのよ!ガンチは。ソファの事をしってるヨウル父がもっとガードしてもいいと思うけど、、、。父親の決定は絶対かしら。一人でなくヨウル。ゴヌもテソもガンチもみんな暗く沈んでるのよ。ゴヌはヨウルの気持ちを知ってる。テソは?ガンチは?ガンチはまだ自分の気持ちに気づいていない。チョンジョがあんな風になってしまってはもう手が届かぬ人。ヨウル、、なぜかヨウルの前だと人間でいられる。腕輪をとっても変身しない。それがどうしてかはまだわからないガンチ。かつての父親と同じ愛を知った時、ガンチどうなる??九家の書はどこにあるわけーーー??

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九家の書 12話まで ★★★★★☆ ↑

2014-10-17 22:10:53 | 韓国ドラマ く

内容はあまりよくないんだけど目が離せません。ついつい見てしまうって感じです。これって、、全く繰り返しじゃないの。チョンジョ、そりゃ、、ないよね。最後に出てきたあの女の人誰ーーーーーー?????

何がダメってテソでしょ。ずっと操られてるのは暗示をかけられてるって事かしら。もう、ずっと目隠ししててーーって感じじゃない。ガンチにチョンジョを助けてくれって頼んでおいてよ、救出してもその後の事が困るって言ったらガンチがチョンジョを連れて逃げるって。それにテソは賛成しておきながら結局はグァヌンの手にガンチを渡そうとあいつらと手を組んでたって事よ。ガンチのあの手首のブレスレットをはずしたからガンチが神獣になったじゃん。それを見たチョンジョは怖がる。そりゃ、、、そうよね。化け物じゃん。全くソファと同じ展開に。その後の報告を聞いたグァヌン。20年前の事を思い出した。もしや、ガンチはソファの子供ではないかと、、。なんかさ、神獣だけでもう現実離れしてるんだけどそれを人間するって話が普通にとおってるわけよ。ムヨル父はガンチが娘の傍にいるのが怖くて遠ざけたけど、和尚が言うように縁は切れないのよねえ。

それにしてもチョンジョ、、。かわいそすぎ。せっかく行首が命がけで水揚げを守ったのに、結局はグァヌンのいいなりに。仕方ない。テソを助けれらると聞いて。それもソファの時と同じね。親も殺され、兄も殺されかけてるのに自分の体と引き換えとは、、。までも妓生として生きていくならいずれは誰かの、、になるのは仕方がない。だったら兄を助けるためにと割り切るしかないかも。芸妓になると決意したようだし、ソファのようにはならないで、、、、。

まだまだガンチのヨウルは離れてるのよね。ヨウルはずっと好きみたいだけど。あの一緒にいるゴヌってちょっと薄っぺらいなあ。衣装によってはすごく子供っぽく見える。黒っぽい方がいいよね。ヨウルが好きでも口にはずっと出さないつもりなのね。

ガンチが助けたあの人、なんかこれから役にたってくれそうじゃない?ソファの時と違うのは後から神獣とわかって怖がってしまうんだけど、ムヨルは最初からガンチの事を知ってても好きでいるでしょ。だからどんな姿になっても気持ちがかわらないんだよね。今度こそ人間になってほしいわ。

とにかく先が気になるんです。だって、最後の出てきたあの女性。枯葉の中からめざめてたよーー。ひえーー、ガンチの仲間かも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九家の書 10話まで ★★★★★ ↑

2014-10-16 21:52:22 | 韓国ドラマ く

面白いなあ。あのグァヌンにギャフンって言わしたじゃないの~~~!!!メッチャ良かったわ!しっかし、あの傷であの回復力ってうだけでもう人間じゃないって思われそうじゃん?すご。流石、神獣。百年客館の金庫の銀子を巡っての攻防が面白かった~~。見応えありました。あれじゃ、騙されるよね。そりゃ。グァヌンの部下がまずその存在に気づいてグァヌンに報告に行ったんだけど、酒に酔っていてその場では伝えられなかった。妓房の行首がなんとか引き留めようとしたけど、翌日には伝わってしまう。ガンチの作戦で無事に銀子でグァヌンに奪われなくて済んだのは本当に良かったわ~~~。それにしてもチョンジョはかわいそうだわ。あそこからガンチが連れ出したとしても一生お尋ね者で幸せにはなれないのね。当時は一度奴賤に落ちてしまうともう二度と、、っていう世界なのよね。

4君子って何だろ。しかもその一人があの厨房にいたオッサン、たぶんもう一人はあの行首でしょ。あと2人いるのか。そうそうあの金庫が見つかりそうな時もすっごいドキドキ、釘づけでした。ガンチ、ヨウルとの小さい時の事を思い出しました。ヨウルの傷がガンチが治してあげてるし。

テソの暗示ってそんなに強力なのか。その人を殺すか、暗示をといてもらうしかないとか。あの倉庫の事も教えちゃったしね。でもチョンジョの事で脅されるテソ。ガンチに頼むのよ。だけど、救えるのかしら。ったく、このグァヌン。妻の資格では本当にいい人だったのにそのギャップにもう唖然。ある意味すごいのかも。いまだにソファの面影をあのチョンジョに重ねてるのね。相当年が違うやろ!もう~~、このドスケベ!彼女をものにしたくてあ~~~んなひどいことをたくらんだのかしら。しかし妓生にしちゃうと自分だけのものじゃなくなるじゃん。それで身請けというかそういう作戦だったのかしら。この時代はなんでもアリだからさ。キレイに生まれると損な時代なんですよね。チョンジョ、ちゃんと芸を身につければ何か特別な妓生になれるんだろうね。ソファのようにならないで~。まだまだヨウルとは何もはじまっていないガンチ。チョンジョを助けに行くんだろうけどどうしようもないんだろうな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加