韓国ドラマ大好き

韓国ドラマ、台湾ドラマ、映画やKPOPなどランキングなど。 ★8が最高★7ドハマリ★6結構ハマリ★5軽いハマリ★4普通

追跡者 チェイサー 14話まで ★★★★★ →

2014-08-23 15:13:08 | 韓国ドラマ ち

面白いんですよ。だけど、ここにきて、ちょっとえ?って思うことが、、、。構成的にもちょっと行ったり来たりの画像があるのであ、そういうことかって後から思うのは変化があっていいような気もしますが。ホンソクの記者会見を中止するように命令されたヘラ。何をしてもいいから阻止するようにやくざ?たちに依頼する。ま~~、こういうやつらをすぐ動かせるっていうのもあのヘラごときにできるもの不思議でしょ。ホンソクの記者会見を中止するためにチョ刑事を車ではねて瀕死の重傷を負わせる。チョ刑事を病院へ連れて行くことを条件に会見を中止してドンユンにチョ判事が謝るように指示される。チョ刑事のために会見を中止するようにチョ判事に伝える。ジュンの携帯電話を引き渡すように言うヘラ。んで、ホンソクが国外へ密航で脱出するから金を用意することとチョ刑事の手術の成功が条件と告げる。んで、あんなに重傷だったのに、チョ刑事の手術は成功。ホンソクもヘラに携帯を渡す。だけどさ~~、あの動画。ヘラがドンユンに渡そうとしたのもすでに2つコピーをつくてったのよ。ホンソクに渡った時点で絶対バックアップとるでしょーー。う~~ん。

ドンユンが実家の理容院に行ってそこでホンソクが待ち伏せするってのもさ。あそこでま、ホンソクが問い詰めるとそうだ、女子高生を殺した。あそこで息を吹き返されると私は終わりだったってやつ。あれもさーー、ホンソクが待ち伏せしたって事は、そこにカメラとかしこまれてるって思わないかなーーー?十分考えられると思うでしょ。しかも大統領選よ!当日よ!なのに、慎重になるでしょ。普通。うーーーん。

この動画がマスコミに公開させる。合成とかアリバイとか言い訳をしようとしてたドンユン側だが、ジウォンによってアリバイも嘘、動画も合成無と放送される。万事休す。

ホンソクは復讐が終わったと、ファン班長に逮捕を願い出る。ここは、泣けたな。ちょっと。一度は裏切ったのに、ホンソクは手柄を立ててほしいって。

チョ検事もこんなに協力したってわかれば罪に問われない?ヘラも重罪でしょ。ホンソク娘を殺したことに関しては共犯だしね。ジスもそれからジス兄もジス父もみんなこりゃ、罪に問われるわね。

あと2話残してるからこれがクライマックス?じゃないのかしら。

コメント

追跡者 チェイサー 12話まで ★★★★★ →

2014-08-20 19:50:15 | 韓国ドラマ ち

これはノーカットで見たいかも。話は分かりますが急に場面が変わったりするんですわ。惜しい。こんな展開だと誰も信じられないって事よね。ヘラが一転、会長側に。まあ、ドンユンが好きみたいだったけどチェ判事が言うようにいいように利用されていて不要になれば尻尾を斬られるって存在でしょ。尻尾はそれを知らないって。セリフがシュールなんです。なかなか文学的です。

ヘラにそんな野望があったなんて。会長の選挙の援助、ジュンが持っていた携帯の動画の公開をかけて取引を持ちかける。ジスと選挙後に離婚すると。ドンユンに選択権はないというヘラ。しかし、会長はジスを取り戻したくて離婚させたかったのね。しかし、ジスとの離婚には応じないというドンユン。動画も公開しろって。会長のいいなりになるくらいなら罰を受けるとまで言い出したわ。そ~~ね。ドンユンらしい。貧しい育ちから大統領を目指してるわけだけど、結局ずっと利用されるようじゃ、意味がない。その条件をジスが聞いてしまう。ドンユンはジスを愛している、離婚はしたくないって。大統領選後に離婚だなんて大変なスキャンダルでしょ。ヘラにもした下心って事かしら。冷めきった夫婦だったのに、ジスは本当はドンユンを愛していてその絆がわかったらしく一転してドンユン側につく。もともと父親の事なんてよく思ってなかったからね。

しかし、ホンソクって不死身。すごすぎ。あ~~~んな重傷負っておきながらまたまた回復。それにさ、そうはいっても法廷で過失とはいえ歌手を殺したのよ。同僚や検事まで巻き込んでホンソクを守ろうとしてるのがちょっと不思議。みんな犯人隠匿とか、共犯あつかいにされてもおかしくないのに。でも、ホンソクの正義が是非、私欲のために何をやってもっていうドンユンを失墜させてほしいじゃないのぉ。崖から落ちても銃で撃たれても這い上がってきて娘や妻のために追い詰めていく彼はとってもカッコイイ。展開もスリリングで本当に目が離せないわ。

ヘラ、、ヘラ父がこのハノングループに利用されて亡くなったのを恨んでいると思うけど、まだまだ彼女の本当の目的って別にあるような気がするんだけど。ヨンオクが蚊帳の外なのをやっかんであの携帯電話をホンソクに送りつけたのよ!それを利用して会見をするホンソクなんだけど。もう、どうどうとしすぎじゃない??いつもぎりぎりで追ってからすり抜けるのよ。班長も一度は裏切ってその買収されたことで追及を受けるみたいだけどそれでもやっぱりホンソクの元へ戻ってきました。大丈夫かしら。これってまだまだ2点3点しそうです。何があってもおかしくない。

コメント

追跡者 チェイサー 8話まで ★★★★★ →

2014-08-13 21:52:51 | 韓国ドラマ ち

うわぁーーー、やっぱり。タイトルが裏切り者だったからまさか!って思ったけど。どうしてこう、お金に困ってる人が多いわけーーー??!まあ、現実家族の事を想ったら間がさすんだろうね。いやあ、毎日見るのが楽しみなんですけど。

ホンソクってそうはいっても警察から見れば法廷殺人を犯した重要手配犯でしょ。なのに、みんなで取り合いなのよね。ついに、チャンミンの裏切りもしったホンソク。ドンユンから聞いてしまう小さい頃からの幼馴染なのに、チャンミンって借金があっても真面目にすれば返せるだろうに。親友の娘を殺すなんてさーー??医者のくせに。それにあの薬事記録なんって見られたらわかるでしょ。簡単に。最初に娘に薬を盛った犯人を捕まえると言ってたホンソク。チャンミンを捕まえに行く。ドンユンの元から逃げ出したホンソク。チャンミンの自宅へ行く。ドンユンは先回りにして狙撃犯にホンソクを狙うように仕向ける。が、ホンソクがチャンミンと話し合ってる最中、チャンミンをホンソクが襲おうとしたときに、チャンミンの小さな娘が現れて、、。あ~~、これは無理はない。チャンミンを殺してしまうとこの子がホンソクを恨んでくりかえしになってしまう。ひるんでいたら遠くからの狙撃犯がチャンミンがホンソクを押そうとしたところを狙撃。あ~~~、間違えてチャンミンに命中。そこへ踏み込んでくる警察。しかし、間一髪逃げ出すホンソク。チャンミンもお金のためになんでもする人だったのか、、。ホンソクの居場所を突き止めるためにファン班長も買収される。刑事なら公務員。普通の暮らししてれば大学くらい行かされるでしょ。でもこの家の長男はずっと新聞配達をしてる様子。実は貧乏じゃないの?

ジス父はジスを見捨てたのね。これからは娘は次女だけだって。ジスは父親よりもドンユン側につく。よくあるけど、ジス母から実はお父さんを信用するなって言われてたって。金持ちは必ず確執があるのよーー。長男はそうでもないけど、ジスは前から父親には反発してたくせに問題を起こしてはいつも頼っていたのか、都合がいいなあ。ホンソクがジスを誘拐したんだけど、助けられてホンソクもまた追われる身に。

お金って怖いよねえ。本当に。かけひきがすごいんですけどぉ。しかも結構リアル感があるんですよねえ。ひき逃げの罪をジスに自首してほしいと頼むヘラ。これも夫を守るため。ジスは実はドンユンを愛してるらしい。カットがあるのが悔しいなあ。急に場面が変わったりするんだけど。ホンソク、弁護士事務所に忍び込んだけど、今度はあの弁護士と組むつもりかしら。会見で何を言う?全く目が離せない。

コメント

追跡者 チェイサー 4話まで ★★★★★ →

2014-08-13 01:27:35 | 韓国ドラマ ち

いやあああ、メッチャ面白い!!このスピード感と緊張感。しっかし気持ちは痛いほどわかる!!!これじゃ、誰だってよ!!!でも怖いなあ。もしかしてこれってだれでも起こりそうなことじゃないかって思えてくる。お金と権力で真実って簡単にねじまげられるのね。そう簡単に行くか!と思うけどそれはドラマチックな演出でアリ!なんです。家族思いで友達思いのすっごいいい子のスジョンがさ、ドンユンの勝手な都合で薬をやってて援助交際をやっていたってことになっちゃってさーーー!はぁ???って感じでしょーーーー。せっかく捕まえた犯人のPKジュンなのに。え?もう犯人が捕まったの?って思ってたらさーー。メッチャ意外な展開に。

ジス父がこれまた曲者よーーー。ドンユンの選挙資金が足りないので打診すると歌手が無罪になったらっていうわけよ。裁判は最低でも2か月はかかるから早急にカタをつけないといけなかったわけ。スジョンのあの友達がダメじゃん!!裁判で偽証だらけになってスジョンが薬で道路で寝てて人じゃなくて水たまりだと思ったってことになってPKジュンは無罪ってーーーーー!!人だと思ってなかったら無罪らしい。PKジュンだって全く反省もしてないじゃん。早く終わらせろって弁護士に言ってたし。ホンソクの妻、ミヨンも精神に支障を来して、幻聴を見るようになって娘の後を追うように転落死してしまう。ホンソクはミヨンが心配なあまり裁判で上告をしないっていう同意書にサインさせられる。その直後、ミヨンも亡くなってしまう。ホンソクのために準備した夕食だけが残っていたのよ。泣けるわーーー。泣かなかったけど。

無罪を言い渡している法廷にホンソクは銃を持って乗り込んで直接PKジュンを追い詰める。が、もみ合ってるうちに発砲。PKジュンにあたってそのまま死亡。ホンソクはすぐに逮捕。取り調べ室で拘束されているうちにPKジュンの携帯が持ってこられて、その携帯のやり取りにジスとの会話が残っていたのよ!!!しかも、ドンユンがあの夜の事をジュンに話してるやり取りの動画も保存されてたのよ!!!あーーー、よくできてるわ。そうそう、ジュンも保身のためにとっておいたやつだ!うわあ、それを見たら真相がわかってしまったのよーーー!!以前、ドンユンの演説聞いてさ、娘の残したコツコツの積立金を振り込んだりしてたのよーーーー!なのにーー、実はそいつが間接的には娘を殺したやつなのよーーーー!!!

もう、叫びたいことがおおいので!!がたくさんついてしまいました。よくできた脚本でびっくり。もう、こういう深くて凄い展開が日本ドラマには全くないわけよ。拘束されてさ、今度は殺人だからホンソクはもう刑事もクビだし、えーーって思ったらあの同僚のファン班長がさ!なんと!逃亡を助けちゃったわ。大丈夫??こんなことして。ばれるじゃん。包帯の下に鍵を渡してたから。手錠を外して逃げ出したわ。ホンソク。あの国家権力に一人で立ち向かうのかしらーー??えーー?でもこれじゃすぐ指名手配でしょ。うわーー。ど、どうなるんだろーーー??メッチャ気になるじゃんーーーーー!!!

コメント

追跡者 (チェイサー) 2話まで ★★★★★

2014-08-07 14:00:55 | 韓国ドラマ ち

評判通り、、面白い。ずっと釘づけでした。このドラマ2012年のドラマ大賞。大賞も主役のソン・ヒョンジュさんが受賞された話題作です。カットされてるのでえ?って思うつなぎもありますがストーリーはわかります。あ~~~、これはダメでしょ~~~~。しかし、よく考えてあるなああ。もう感心。ドンユンは政治家、国会議員。そして次期大統領候補。妻とは政略結婚で不仲。が、世間体のためには円満を装う。不仲のため浮気しまくり。相手は人気歌手。ある夜、浮気の帰りに運転していたホンソクの妻ジスは交通事故を起こしてしまう。引いたのは女子高生。ホンソクの娘、スジョンだった。そのジスの浮気相手はPKジュン。スジョンが楽しみにしてたコンサートチケットの歌手だったのよ~~。うわ、皮肉よね~~。すぐ病院へ搬送してれば助かったのに、発覚をおそれた歌手はもう一度スジョンを轢いてそのまま逃げる。ホンソクは知らせを聞いて病院に駆けつける。ドンユンはジス父から大統領選を辞退するように迫られていたの矢先。最初の報告ではその女子高生は亡くなったと聞いて、ジス父にスキャンダルをタテに選挙の後押しを依頼。

ところが、スジョンが手術で助かったという。それを聞いてなんと!お金でホンソクの同僚を買収。スジョンは殺されてしまった。ホンソクは、事故で死んだと思ってるけどね。今のところ。あの同僚の医者、葬儀もでてたわ!!ずうずうしい。1少女の死が大統領選挙が関係してくる一大スキャンダルへと発展するわけよ。ホンソクはスジョンを轢いた犯人を葬儀が終わるまでに見つけるとナリフリかまわず違法捜査を。同僚は協力。そのかいあってあの短時間に轢いた車を割りだし、PKジュンだったってことも突き止めます。そしてドライブレコーダー?かな。それを入手して会話を聞くホンソク。国外逃亡寸前だったPKジュンを逮捕。あのホテルの部屋にドンユンもいたのに。

ドンユンの秘書はきれいな人ですよね。あまり見たことないけど。地味なキャストですが演技力は流石です。ドンユンはまあ、こんな感じが多いけどシティハンターのミンホ父を思い出すわ。目的のためなら手段を選ばずって凄味があるわ。大統領がすぐ目の前の政治家なんてこんなものよね。ジスはまたこれもこんな役にピッタリ。仮面夫婦でお嬢様育ち。問題があればすぐに親に泣きつく典型的なダメ女。PKジュンは逮捕されてひき逃げの事をはなせば終わりなんだけど、それをされたらドンユンの野望も終わってしまうからどんな手を使うのかしら、、。ドンユンの秘書はたぶん、ドンユンが好きなんでしょうね。愛憎もドロドロだけど、あのホンソクの父親の執念が真実を突き止めていくってワクワクするわ!楽しみ。2話もアッという間でした。

コメント

朱蒙 ★★★★★☆

2010-01-02 00:02:58 | 韓国ドラマ ち
<iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B00166B9E8&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B002COZQIS&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B0014RYBT4&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B00166B9CU&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B000RSK0KK&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B000Z7AI4Q&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B000RSK0KU&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B000QJMB5M&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B001VKVX7W&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B00166B9CK&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B00166B9CK&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B001B4V9KO&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kankokudor0e9-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B001C18KTO&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

全81話 ソン・イルグク ハン・ヘジン キム・スンス オ・ヨンス ソン・ジヒョ チョン・グァンリョル

ストーリー 紀元前108年、朝鮮半島を含む大帝国を領有した古朝鮮国は、隣国・漢により滅亡。漢はその地に、楽浪・臨屯・真番・玄菟の四郡を置き支配するが、将軍・ヘモスとその友人で玄菟郡に属する扶余の太子・クムワは、圧政に苦しむ古朝鮮の流民<流浪の民>を率いてタムル軍を編成、漢に抵抗する。だが扶余では、ヘモスの活躍の裏で、その存在が漢の反感を買い、国の災いとなることを懸念する者たちがいた。

ある日、玄菟城で開かれた宴席で見世物として流民たちが虐殺されるのを目にしたクムワは、これに一人抗議した河泊族の君長の娘・ユファに心ひかれる。一方、漢軍との闘いで重傷を負ったヘモスは、瀕死のところをユファに救われる。やがて二人は恋に落ち、ユファはヘモスの子を身ごもるが、それを知る間もなく、ヘモスは漢軍の矢に倒れてしまう。愛する人を失った悲しみの中、ユファはクムワに援助され、男児を出産、チュモンと名付ける。ユファを心密かに想うクムワは彼女を側室に迎えると、友の忘れ形見・チュモンを我が子として育てることを誓う。

ストーリー 8点 役者 8点 音楽 5点 涙度 4点 総合 8点

これだけ長くがんばって長期間見たけど、面白かったあ!と素直に思います。朱蒙中毒という言葉があるようですが、韓国史劇の面白さがはじめてわかった記念すべき作品と私も思います。序盤、中盤、終盤と長い割にはよくストーリーも練ってあり、飽きさせない展開でした。とにかく、イェソヤの健気さが印象的でした。全く正反対のソソノとは違ってどんな境遇に陥っても控えめで一番朱蒙のことを理解し、彼の言う大業を成功させるためにはと行動していたのは彼女ではないかと思うのです。ソソノも美しく凛とした強さを持っている人ですが、最後は朱蒙を慕いながらも別々の道に分かれたのは彼女らしい判断だと思います。一国の王妃というよりはやはり王にふさわしいのかも、、。ソヤが現れなければあのまま夫婦で国を治めたのかもしれませんが、朱蒙も早死にしたことだし、百済の礎を築いたというくだりだったのであの別れも前向きでよかったのですね。他の史劇よりは残酷なシーンは少ないしあまり血が流れる事も押さえてある作品のようですが、建国をするという建前の下には何をしてもいいのか?という率直な感想を持ってしまう。陣地争いをしてるだけのような気がして、、といってしまうと身もふたもないのですが、コレが現実の歴史だったんでしょうね。

朱蒙のカリスマ性は認めますが、あの神器のくだりは必要だったのかしら、、。朝鮮って神の使いとか、神のお告げとか占いとかを本気で信じて政治に取り込んでいたようだからそれもビックリですよね。テソとヨンポのオバカな兄弟の愚行が目立ったような気がしますよ。特にヨンポは何をやってもうまくいかず結局は足をひっぱる展開に。ピンチになれば誰かが助けてくるしね。テソは何度朱蒙にやられても全く懲りず、その都度私が、私がと言っては見るもののいつも惨憺たる結果。反省しない兄弟に度々笑いも、、。ソンランも最後まで嫌なキャラだったわ。政略結婚のテソとの間に子供ができないのは仮面夫婦だったか??ソンランの度重なる政治の口出しに辟易してた感じだったからね~。ヨミウルが亡くなったのは大きかったわ。もう少し重要人物として残ってほしかった。マウリョン神女を見るたび柳原カナちゃんを思い出して笑えるだけなんですもの。最後もあっけないし、、。

ずっと面白かったのですが、やはり終盤の盛り上げはググットきました。ずっと先が気になって一気見をしてしまったわ。瑠璃と再会できてよかった、、。ベストランキングに入ってもいい面白さはありますが、何だろやっぱり残酷な所が多いので面白いけれど私の中ではランク外となります。ただ、関連商品もこれだけたくさん出てるって事は面白いってことです。史劇がお好きな方でしたら是非と勧める作品ではあります。テソがもっといいキャラになるかと思いきや最後までかわらなかったじゃないか!最後は朱蒙の孫に殺されたのか、、。

でも、史劇のハードルが高かったのが少し下がってきたように思います。韓国史劇は長編だし、見るのも大変ですがまた見てもいいかなと思えるのはこの作品のお陰であります。ソン・イルグクさんってピッタリでしたが、イマイチ、ハマルまでいかなかったのは残念です。

コメント

朱蒙 78話まで ★★★★★★ →

2010-01-02 00:02:03 | 韓国ドラマ ち

瑠璃と朱蒙の再開が意外とあっさり話が進んだのが意外だったわ。今まで散々ソヤがつかまりそうでダメだったのに瑠璃はさっさと短剣を手に入れてすんなり再開だったわ。予想通り、ソソノの子供と朱蒙の実子がややこしいことに、、。ソヤがでも助かってよかった~~!あおまま死んじゃったんじゃないかって本当に心配したジャン。ここも正妻が復活してきて側室にもできないし、ソソノどうするんだろ??

瑠璃は短剣を見つけてきてソヤに問いただすと高句麗の大王がお前の父親だと話します。高句麗に向かう瑠璃。そのころ宮中ではマウリョン神女が瑠璃をみて「陛下に害を与える」と直感。あの~、柳原可奈子似のこの人何の能力もないと思ってたけど、一応そういう感は働くのか、、。王妃の具合が悪いのも朱蒙が夫余に滞在してるからとか適当な事を言ってると思ってたけどさ。ま、実際に朱蒙がいなくなったら回復?してるみたいだし、ありえないなあ。そしてソヤたちも宮中が瑠璃を捜してると聞いてまた逃亡。またすれ違いか、、と思いきや78話ではちゃんと朱蒙と再会できたからよかったわ~~~。瑠璃が朱蒙に短剣を見せるとすぐにソヤに渡した短剣と気づく朱蒙。瑠璃はいきさつがわからず、父を恨んでいたと詰め寄る。夫余に戻った瑠璃。ここで、またナロにつかまってえ~~~!っと思いきや、オイたちが救ってくれたのでよかったわ~~~。まだテソが真相を知ったら困るじゃん。

朱蒙とソヤの再会にはまた涙。ガクっとなったから本当にええええ!って思ったけどちゃんと高句麗につれて帰ったのよ。でも病状が重く回復の見込みが薄いなんて言われてて、あと3話しかないし、たぶん亡くなるような、、。いやいや、がんばってほしいわ。

急に王子になった瑠璃。あの衣装、窮屈そうで似あわないなあ。沸流たちも急に兄弟と言われてもねえ。ソソノはどうやら王妃をソヤに譲るつもりらしい。瑠璃が第一王子にと思ってるようだけど、周りがだまっちゃいない。例によってソソノ叔母たちが後継者は沸流にと思ってるわけで、なにやら怪しい雰囲気。瑠璃は宮中になじめず、鉄器工房で武器を作りたいとモパルモに申しでて許可をされる。寝るときも鉄器工房の職人たちを一緒になっていたら、何と!放火事件が。瑠璃の行方が気になるけど、朱蒙は知らせを聞いて唖然。そんな、あっさり死ぬわけないよね。きっとソソノ陣営の企みじゃないかしら。

ヨンポって何度失敗してもいつでも自信満々でこの兄弟は反省がないわ。朱蒙刺殺計画もあっさり、失敗して返って夫余と高句麗が同盟を結ぶ結果となり、漢の大人に投獄されちゃったじゃん。またまたオマママに泣きついて、また救ってもらうわけか、。何やってもオニモツなのよね。まったく最後はどうなるんだろ。なんとなく憎めないキャラではあるだけどさ。

ソソノと朱蒙って結婚したものの、どうなんだろ?同志って感じで夫婦って感じではとてもないのよね。ソヤを何としても助けろってすごく気にしてるし、、この状況だと当たり前かもしれないけどさ。高句麗建国前はむしろソヤの事をあまり気にかけるわけでもなくソソノといい感じだったんだけど、朱蒙のパッケージにあるようなあ~~んな二人なんて見たことないような、、。あと3話か。まだまだ続きそうな展開なんけど、クムワ王もあんな感じであれからどうなって事?太陽を飲み込めを思い出しちゃったわ。(見た人はわかると思います)

コメント

2009年 マイベストドラマ 第2位 朱蒙

2009-12-30 00:02:50 | 韓国ドラマ ち

残酷なシーンが多く早送りも多様しましたが、それでもストーリーは面白かったデス。さすが、視聴率50%越えたという名作でありました。長いながらも構成がすばらしく、よく出来てるなと感心。最初はソソノと朱蒙の愛がとても気になりましたが、終盤にいくに連れ、愛というよりは同志の結びつきに変わっていき建国という偉業の元に政略結婚のようになってしまったのは残念。韓国史劇が面白いとはじめて感じた記念すべき作品ではあります。どちらかというと男性向きかなと言う感じはあります。凛としたソソノは美しかったですが、私は何度も言いますが、イェソヤ派でございました。ソン・イルグク氏は朱蒙にピッタリのカリスマ性はありましたが、女性目線であの人の妻は大変だ、、と思ってしまい、あまり魅力的に移らなかったのは私の偏見です。必見の価値はあります。

コメント

朱蒙 76話まで ★★★★★★ ↑

2009-12-15 12:37:35 | 韓国ドラマ ち

盛り上がってきたーーーー!!面白いワァ~。コレは一気に見なくては、、。最後のユリと朱蒙のツーショットがもーーー、グッと来るじゃないのぉ~~~!!!ヘモスと同じあなたの息子よ~~~~!!本当に面白いわ。何度も言うけど、初めて長編韓国史劇の良さを味あわせてくれた作品です。チャングムよりよっぽど、、っと思ってしまうわ。

まず、泣けた、、。最近は、ソヤのあの青白いはかなげな表情を見る度に何だか胸がしめつけられるような苦しさを覚えてしまいます。このドラマの中で間違いなくソヤが一番の立役者じゃないかしら、、。ソソノなんてキレイなんですけど、随分かすんで見えるのよね。ヒロインなんだけどさ。絶対ソヤのほうがいい役なんですよね。コレは最初はプヨンのはずだったようですけどね。本当は王妃だったのにあ~~んな平民に混じってひっそりと貧しい生活を送らないといけないなんて、、。お姫様だったのに~~。ソンランのようなずうずうしさもないし、恨みもないし遠くでいつも愛する人の偉業を支えてる本当の王妃はソヤなんです。瑠璃が試合にでるからこっそり見入ったものの、遠くで朱蒙を見つめるあの目と涙にもらい泣き。朱蒙と目があうや、またひっそりと群集の波に消えていって、、。健気でも~~~、泣けたわ。この二人の再会はかなうのかしら、、ソヤの病状が心配です。

その瑠璃にお前の存在を示すものを夫余の宮に隠してある。それを取ってきたらすべてを話すと告げる。あ~、だからあの村を追われて夫余に来たって事?また都合のいいことに、めったにない政権交代で王はテソになる式典があり武道大会が開催されるという。瑠璃はサンチョルと名乗り、最終決戦で高句麗の王子、沸流に勝利。面目が保てたテソは瑠璃を歓迎し武官に採用。も~~、うまくいくじゃないのぉ~~!そして瑠璃はユファの部屋に隠してある折れた剣を探す。そうか、そういえば朱蒙は瑠璃と会ったことがなく、出産前のソヤに刀を渡してたっけ。それがあるってことね。それを知ってるのはソヤだけだけだから、それを朱蒙に見せれば瑠璃だってことはわかる、、。あ~、でもこんな時に朱蒙の実息があらわれたら高句麗はど~~~なるんだろ。でもね~、どうみても、沸流よりは瑠璃のほうが何というかカリスマ性みたいな感じがただよっていてあの目力がちがうのよ!!朱蒙がいわゆるお墓参りに行くのを尾行するようにナロから命令を受ける。オイに見つかるんだけど、朱蒙は帰れと促しなにもとがめなかった。ここで、相変わらず余計な事ばかりするヨンポの差し金で刺客団が。それを目にした瑠璃は引き返して朱蒙側につき応戦。どうなるーーー??

朱蒙はテソに同盟を組んで漢に立ち向かおうと提案。テソはファン大人の手前もあるが悩む。朱蒙はテソに両親を殺された国なのにその恨みを殺して同盟を組もうという提案は誰のためかを考えてほしいと話す。そりゃそうよね。自分の家族はすべて失っているのに何も失っていないテソにその気持ちが伝わるのかしら。テソ母は倒れたけど、どうせまたすぐに元気になりそうだしさ~。クムワがもう危ない感じです。一人寂しくどこかに去っていくようで。先が気になって仕方がないのでこの視聴を優先します。

コメント

朱蒙 74話まで ★★★★★☆ ↑

2009-12-07 00:59:46 | 韓国ドラマ ち

うえぇ~~~~、ソヤがかわいそぎる~~~~~~!!!!こ、こんなのアリ~~~!!!?この朱蒙の高句麗建国の大業の影で自分の気持ちを殺して影で涙し遠のいたこのソヤの気持ちをちょっとでも考えてよ~~~~~!!!!仕方ないとはいえ、そりゃ~ないじゃん!!!

なんか、良く出来てるな。この話。こんな風につながっていくのか、、と感心。面白いと評判の訳が良く分かります。

高句麗建国直前に、王になるのが朱蒙か、ソソノかで内部が分裂し始める。卒本はソソノが王にと推すし、タムル軍はもちろん朱蒙。ソソノはとっくに王は辞退していたが、周りが黙っていない。子孫繁栄を重んじるがため、後継者はソソノとウテの子供達にと言う話にも及ぶ。事態の収集方法はただ一つ、朱蒙とソソノが結婚をし、王と王妃になることだった。二人を説得し、朱蒙はソソノにプロポーズ。ただねえ、史劇のラブシーンってほとんどないから自分と寄り添っていただけるか、、と問いソソノがうなずいた、、って言う程度なのよぉ~~。今まで共に戦ってきた同志だったはずが急に夫婦って、、。まあ、ソソノはずっと好きだったと思うけどね。朱蒙はソヤたちを思い切るのは辛そうだったけど、せめてそのくらいないとね。どんなにソヤが辛く悲しい目にあってるかなんて知らないわけだから。あっさり、ソソノと元サヤじゃね~~~~~。部下達が言うように政略結婚のような形じゃなくてもっとやっと運命の人に戻った的な結ばれ方を期待してたからちょっと残念って感じです。しかも、、、、、その宣言と二人の婚礼の日。やっと朱蒙に会えると必死の思いでソヤが卒本にやってきたというのに~~~~~。遠くで見てるしかなかったなんて~~~。朱蒙は王となり立派な衣装に王冠。ソソノも王妃らしい衣装で民衆の前で婚礼を挙げ、祝賀ムード。これじゃ、、確かに朱蒙の傍なんていけないよね。ここに私の居場所はない、、とばかりにその場を立ち去るソヤ。 何てことなんだろ、、。朱蒙と一緒にいたのは本当にわずかの間。夫余にいた時も片時も休まることなくユファの世話や瑠璃の世話に追われ、命の危険も何度もあったし、ソンランのイジメにも耐えてきたのに、、。ソソノがキンピカで着飾って美しさを放っているのにソヤはみすぼらしい格好で付かれきった表情で本当に対照的だったわ。そのソヤの涙から、、時は流れ15年後。

え~~~~、早!!ソソノと朱蒙の間には子供はいなくてソソノの双子の兄弟が王子となっていました。そして、しつこく登場してきたのが何と!ヨンポ。漢でファン大人の庇護のもと大商人になって成功していたようです。相変わらず財政難の夫余に戻りテソに援助を申し出るのもあっさり断られ、いつまでたっても不仲の兄弟なのよ。クムワったらまだ生きてるのね。危篤だそうだけど、全然変わってないのはビックリ。ソンランも変わらずに今でもテソが王になる日をずっ~~と待ってた模様。ヨンポが帰還したことによってテソの地位を脅かすものになるなら、、私が!っという感じで相変わらず物騒なお方。何かありそうだ。

そして、、ソヤ親子は北ヨクチョで静かにくらしていたけど、、ソヤどうやら結核かな。クムワも同じような血を吐く病気。この人はこのまま報われずに終わるのかしら、、。朱蒙の子、瑠璃は。これまた朱蒙譲りの度胸もあり、カリスマ性もあり統率力もアリの明らかに朱蒙ジュニアだわ。危険なことも顧みず母親のためにお金を稼いでおりました。そして、ヨンポの策略によって瑠璃たちは雇われ、ソソノ子がいる商団を襲います。ここで対決するのが瑠璃 対 ピリョ。やっぱり男3兄弟ってわけよ。そして、このことで北ヨクチョに偵察に行ったオイがソヤの姿をみかけます。あ~~、もう、イライラする~~~。すぐそこにいるのに。見失うも高句麗に帰って朱蒙にソヤをみたと報告してしまうのよ。えええええ、あの一瞬で間違いないって報告していいわけ???予告が楽しみ。瑠璃が絡んでくるみたいだし、ソヤがソヤがますます具合悪くなりそうだし、朱蒙の話をしていたから再会するかも??まるで繰り返しジャン。ヘモスと朱蒙のように。もし、瑠璃が現れると高句麗はややこしいことになるじゃん。また3兄弟で誰が王にふさわしいかと、、となり、あれ??繰り返し??しかし、やっぱりハン・ヘジンさんって本当にキレイですよね。あまり笑顔がないのが残念なんだけど。あんな大きな子のお母さんには到底見えないわ。朱蒙は王なんかよりももっとラフなほうがよっぽどカッコいいのに。マリたちもすっかり偉そうになってちゃって。ヒョッポとサヨンってずっとそういう関係なんだ、、。なんか笑えるわ。真顔で言ってたから。みんな独身なんだね。ずっと。

コメント (2)