愛色森宇宙

古里の愛色とある森宇宙を詩で綴ります

瑞々しく山ワサビとあるがままに

2015-04-30 20:14:18 | ぐうたら


「山わさび きれいな谷川の流れ 浅瀬に自生する多年草らしい」

春の山菜 食べられるのはイタドリ フキは子供のころから収穫して熟知していた

私の無知か徳島県南部の平野部で 山わさびが自生しているとは思いもつかなかった

三年前に当方近辺の里山奥地 清澄な流れの谷川で山わさびらしき群生を発見したが その時はそれで終わった

先般 イタドリを収穫にいったおり再びその植物の瑞々しさにひかれ ネットにて調べると 山わさび 間違いないと確信したのである

数少ない 山わさび 一株のみ収穫し本体をすりおろし正味すると その美味に感動 自然の恵みに改めて感謝感激

             
           「瑞々しくありたい」

 誰も産まれた時 子供時代 青年期は瑞々しい 

生まれ持った才能はなくても 感受性を高め瑞々しい自分の感覚で表現したい

厳しい冬に叩かれ 暑い夏に翻弄されようと
あつくたぎるマグマを吐き出し大噴火
大空へ羽ばたける 瑞々しい翼でありたい

瑞々しい毎日に出合いたい
明日こそはより良い明日であるように 今を瑞々しく生きたい

 いつか年老いて古木になろうと 瑞々しい精神で瑞々しい新芽 新緑に耀ける
瑞々しい自分でありたい

コメント

牡丹桜 雲雀 かけがえない空へ

2015-04-18 22:30:30 | ポエム


ソメイヨシノ花は散り若葉 牡丹桜 短い春を惜しむように優雅 気品でありながらほんのりと空間に浮かんでいる

牡丹桜 背後の空は澄みきって牡丹桜の優雅 気品を際立たせている

田園 里山の風景 様相 
鶯のさえずり 新緑  まさに春の真っ只中 

周りのすべてが歓喜に道溢れるなか 何か物足りなさを感じた  それは雲雀 雲雀の姿を発見できない

かって春の大地 空を見上げると雲雀さえずりながらホバリングしていたな…
それも今は昔 二度と見ることはないのか

              
        「雲雀 かけがえない空」

 春の野山 小川 田園 
クレパスで画くと それは幼児の純真 ほのぼのとしたかけがえのない春

水彩絵の具で描くと それは朧月夜の懐かしい風景 ほんのりと涙ぐんでしまう やはりかけがえのない春

麦畑はささやかにあれど 
あの日の空 低く高くさえずった雲雀 雲雀 のいた空は時の彼方

いったん見失うと青空に溶け込んだ青い鳥は見つかりはしない

かけがえのない春 かけがえのない大切な
もの滅亡 喪失 思い出としてスクリーンに映るだけに

  愛は新たに生まれても 消滅した命は戻ることはない


コメント

桜桃の春はとわに春であれ

2015-04-08 23:15:56 | ポエム

 (徳島植物園 )

 本年も幸せなことに桜桃の花満開 花見をすることができた

人生は限られた時間 桜桃の花満開を見物できるのも一年に一度

桜桃の花 蕾から花満開 力一杯花開き散りゆく

桜桃の花満開の下 命の有る限り人生を謳歌し強く生きていこうと 又 決意する自分がいた

              「桜桃の花によせて」

春 待ちわびた春 悲しいかな 春は桜の花のようにアッサリ行きすぎてしまう

きれい美しい桜桃の花満開 春の短さに輪をかけてはかなく
泣きごと一つ 不平不満の数多く語らず
春風に乱舞 春爛漫に昇天

知能と英知 静物にはない能力を有する人
短い人生の過程 泣け 怒号 憤懣に悶え
最後にノタウチ昇天  安らかに昇天するか
人であればこそ

人にアッサリと散る勇気はいらない
人を散らす悪事もいらない

過去世 無念の内に散った命花は限りなく
今 手向ける花はなく殺戮の地上

遠くない未来 赤い鮮血に散る花は咲かせない 

 悲しみの春は二度とみたくない
コメント