望郷いなか詩

田舎に燦々といきたい

影線路

2021-10-26 12:40:11 | ビジリアン慣性

影線路

ガタンゴトン 風になる
山奥に影は走って揺らぐ
心意気も絶え絶えた
老夫婦は根を刈りとる
精神衛生を保温する鍵
我が子は峠越えを拒否
茅葺き家屋に売り看板
昨日まで山に抱かれた一人
猟犬は檻の中に垂れ流し
猫は杉林の元で山猫
ガタンゴトン 杉林へ走る
限界をあっさり通過した
杉の葉裏側より緑の深淵へ
寂寥を満載して影列車
影トンネル封印へ加速

開錠する鍵は子子孫孫
奥山の暮らしは影列車
五十年先にどうあろうか
都会暮らし心理は荒れ地
無人を切開してまみれる
雪隠から躊躇なく肥料
さらけ出せるもの緑光
山暮らしは捨て去る心理
限界を超越する走り
堂々と赤々と光明へ





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

純色ビジリアン

2021-10-07 19:28:30 | ビジリアン慣性


マスク生活で感じること

 新型コロナ流行でマスク効能効果を疑問視する者たちは騒ぎ立てるが 要するにつむじ曲がり天の邪鬼 差別をしないといられない馬鹿者だ
ウイルスに効果を発揮せずとも 花粉症 アレルギー
鼻炎 副鼻腔炎の患者はマスクを付けだして確実に防御出来ている
患者の本人が証明するのだからこれに勝るものはない
 反発 否定することも必要だが良いものを認める素直 生き方がもっと大切だ


純色ビジリアン

年功を疎ましいと打ち込む純色 
悔いを引き抜く純色
乳房を忘却する野辺に純色
項垂れる乳房の年期は証明
皺を伸ばした襞である穂先
頑なに押し通して純色襞

星空の瞬き月光濃淡にビジリアン異変 
すすき野に秋色を深く掘り下げて絶唱
ビジリアンを命純色と吠える
ビジリアン純色は枯野を駆けめぐる

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コオロギ魂

2021-09-22 11:09:41 | 高純度結晶


秋服

秋冬はコーディネートでお洒落 ブルゾンも必須アイテム
1980年初頭 テレビドラマ 甘く危険な香り 根津甚八がブルゾンをかっこ良く着こなしていた 私は根津甚八のブルゾンに似たジャンバーを着て根津甚八に生りきっていた
十代後半からファッションに目覚めて 雑誌メンズクラブに夢中になった
1980年代の初期 ポロシャツにチノパン スイングトップのコーディネートが流行 真似をしたものだ
ジーンズとは違いチノパンツは流行り廃りがないので
季節に関係なく履けるし スイングトップに似たジャンバ-を着こなしている

秋服といえばジェームス DEENのスイングトップ
根津甚八のブルゾンである

コオロギ魂

おーいおいと泣き虫 弱虫 鳴き声は高らかに本音
草の根より這い上がって玉虫色を羽織る着心地を一度
ゴキブリ色を緑金で哭きたい本音
おーいおいと涼風をまねく草色舞台で羽ヴァヨリン
ゴキブリ色を筋力で飛び越えたコオロギ魂
草色に燃え尽きる一念
地は草色を深くして話す秋
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母さんの輪っか

2021-09-08 13:22:23 | 高純度結晶

食欲の秋 カレーうどん

小学校時代 給食に出てきたカレーうまかった

どれほどウマかったかと言うと「素朴なお母はんの味」なんせウマかった

給食当番の時は自分のアルマイトの器にモリモリとカレーを入れた 当番の特権

ちぎった食パンにカレーをつけて食べるこれまた最高にウマかった

カレーうどん大好物だが うどん屋のカレーうどんは カレーがオツユ状態で カレーのネットリ感がない

独断的な嗜好だが カレーうどんなら お母はんが作るカレーに入れ込む カレーうどん これが至高のカレーうどん


母さんの輪っか

汽車に滲む色合いは肌色
肌を癒す数分の停車
鏡を見返す時間駅は昼時
思いめぐらせる一時停車
一人言は喉につかえた

昨日は肥樽と肥樽の真ん中 
働いて働いて顔は日照る
今日は働き者も骨休み
化粧は剥がれないように
口にしなかった本音弱音
頑張り徹したんだから
明日は篭いっぱいに野菜
手塩をかけて育てた顔顔
ドアを開けば見えてくる

生身にきついきつい輪っか
一つ一つ振り払いながら
ガタンゴトン急がず焦らず
このまま線路は明日へこのまま




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

紺碧を守り抜く

2021-08-27 16:10:15 | 高純度結晶

最寄り駅はビーチ

 田舎の臨時駅season off・平穏な夏には海水浴で賑わっていた砂浜が、新型コロナ 天候不順で 潮騒の音だけが響いている。徳島県海部の田井ノ浜が一番美しく輝く季節は秋 秋の訪れは間近 水は澄み渡り潮風が頬をなでた。透明感のある空気、数千年の時を経ても変わらぬ海岸線の景観は、未来へ残したい何とか遺産にしたいものだ。田井ノ浜から室戸岬へ続くSunlightの道周辺は山・川・海・自然に恵まれ温暖な気候、暮らしやすい環境にある。

😆厳かな海に思いはうつり 懐かし い香り涙を誘い 心にしみる風は 身体を揺さぶる

あ…砂浜 脳裏に有りのまま 葛藤を炙り出す

あ… 日本中探そうと求める者には唯一の海

太平洋  父母を偲ぶ者に面影を涙から思い出

故郷  思い出を辿る道 苦悩の人心を笑顔の道標

田井ノ浜 心にしみいる古里のままであれ


紺碧を守り抜く

平線に落ちて水平線より更に紺碧で朝日に逢おう
はぐれ背景で海の忘却になろうと堪えた精根
海と共に夕暮れた墓標

一筋の潮流にのって船旅
唯唯 紺碧に徹した船旅
NOと言い切ったからこそ
寄せては返す波は砂浜をサラサラにして紺碧
大海に道標はお陰様
お陰様で紺碧の空と海

「 白浜ビーチまるまる町はかって 核廃棄物処理地
住民投票で否決
住民の選択は海を古里を守り抜いた
200㍍の地層に核廃棄物を
埋めても安全ではない
地球 自然界の脅威は人間の予想を遥かに上回る
どこの自治体であろうと みんなの古里を紺碧で子孫に残すことがYES」

誰もが拒絶する核廃棄物
砂浜に核廃棄物の穴を拒否
飴と鞭で揺さぶられる望郷
海と苦楽をしたからこそ お陰様でと紺碧を守り抜いた


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする