望郷いなか詩

田舎に燦々といきたい

グレープフルーツ対価

2024-04-21 15:12:25 | 思いダイヤル

グレープフルーツ対価

コンバースハイカット スイングトップ 騒騒スクリーン

白いキャンバスは墨流しポッカリと靴底

スニーカーブルースなんかと自己破壊の総括

ロードショー割引券配布

ポプラ新芽の初々しさを口中へ スルメイカまでほろ苦さを咀嚼


ローストチキンたれ代金 Xmas芳香は麻痺する方角に感性を拡散

ブロイラーの足 添加無し素生 

エキスポ70より薫香 懐中へと連続体

太陽の塔と水平に志向はあった


回想バス・ストップを出発

期限切れ切符は何回も重なり

春はあっという間

葉桜にソヨソヨと風はそつなく

グレープフルーツに塩 

対価は衝撃的な振動だった





コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

崩壊した3月以降

2024-03-31 11:53:24 | 思いダイヤル

崩壊した3月以降

レストランに輝度は聖女
時節は一環した主義主張 
水分で変容していく精神革靴
教養 雀をパーチク述べさせる
礼儀 冷感的な感謝を配してアレルギー能面 
桜は冴えて泣きながら3月以降
魔法使いは老婆心ではなかった

ソクラテスを違憲者と投獄してしまうゴールド
喚こうと動じない重量感 時には幸運の金貨

馬鹿一をこき下ろす 受難を知らない作者面々

時点から自転しながらLEDライトを複眼に突き刺して不動心

月光仮面もぶっ飛ぶ新月の夜

自戒のない傲慢さはシシオドシから尺八の唇と動いた


微妙という折鶴は悲嘆にくずれ夕日に照ろうとした

崩壊した3月以降 小春日和はサラサラくるよ











コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

からし菜まつり

2024-03-17 15:46:55 | 思いダイヤル


からし菜まつり

四季折々 変革する角度 
川土手の今昔に慄然たってからし菜

アクリル板に押し花と挟まれた強味
熟成のブランデー樽に上澄で答える
葡萄畑を荒らすことはなかった
オリーブ油に浸されても食味をまして土手に棲んだ
見終わった桜桃を愛唱
ドンドンと押水だ春歌 
ソメイヨシノの下に群生は今
紫外線を体内で濾過もできる
音波に舞う見事さは失せようと時の雨
春にドンドンと謂わしめる

毎月 季節に圧縮される土手ドラマ
一つ檜舞台へ痛みを蹴って からし菜まつり



コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

四角に鉄瓶

2024-03-11 14:49:07 | 思いダイヤル

よすみに鉄瓶

竹藪に名を伐られた土蔵は黒白 
赤土を塗られた壁を被り
質実剛健は銀の太刀に存ずる
座を外し円を共有 四角に一歩二歩
足取りは並 足跡は浅く濃厚
湯ざめて青光る鉄瓶

竹炭を振りかけ千鳥足
竹繊維に馴染んだ航海は時の底に羞じらう
真空の座を見定めノーブル閃光
貴賤なし電流に畏敬の念 
球形荒野に鉄瓶であろう

一休み ひっそり缶けり
木霊は心音  もういいかい 
二筋 三筋 進路は未未

定石は澱んで盤上に白黒
重厚な大理石を配して四角
反転しない屈強さを鋭く
河原で丸石と転がる日々 片隅へ









コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秀でる路線

2024-02-18 18:54:02 | 思いダイヤル

秀でる路線

レールとレールに錆び付く不安
三枚羽は黒褐色に馴染まれた
残り一枚によせる意気地
傲られ煽られた中で四つん這い
萎びた花びらを抱き締めて
交互に支柱と庇いあった

鈍行汽車に乗車すれば凹凸
ゆるやかなカーブをガタン
ブレーキの茶錆びでゴトン
方向きやすい精神路線
藁をもつかみたい真っ直ぐさ
腹黒い砂糖水にかぶり付き
飲み干されるまで固形物
太い一本の起動は野原を通過
俯瞰する優しすぎた花弁

秀でる線路から決別 花束を一路へ贈ろう
真っ当な花盛り蝶よ羽よ
一人では遠い駅に二輪草











コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする