「りんぷうの会」 公式ブログ

能楽の素晴らしさをお伝えするために 能楽関連情報を中心に更新中〜
能楽写真家・神田佳明が会長です

荒井玲子写真展「まぶたからおもいでなど 溢れる 。」

2015年08月08日 | 写真展のご案内

本日は写真展のお知らせです

岩手県大船渡出身の写真家・荒井玲子さんが8/12(水)から
横浜市民ギャラリーあざみ野で個展を開催されます

◆荒井玲子写真展「まぶたからおもいでなど 溢れる 。」

2015年8/12(水)~8/16(日) 10:00~18:00
横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1F-B
http://artazamino.jp/
〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
TEL 045-910-5656
FAX 045-910-5674



当ブログでもこれまで何回かご紹介させていただいておりますが
荒井さんは東日本大震災以降、定期的に故郷に帰省され
復興で変わりゆく被災地のリアルな現状を継続的に作品として発表されています

昨年の写真展「このような 残暑 。」で発表された作品5点を
ご縁があって山口県周南市美術博物館に寄贈されたとも伺っております


以下、荒井さんからのメッセージです


暑い毎日です。お見舞い申し上げます。
今回の写真展の日程は8月の御盆と重なります。

死んでいった人々に、写真展を、供養として捧げます。

大きな木はポプラ。津波にさらわれなくて、よかった木です。



「あんだ よくいぎだごど」と、わたくしは言う




この所に、故も縁も、埋んでいる

かさ上げ用土でできた山々。

ここは古塚なのだろうか、と思い込ませるような
かさ上げ土の盛り方をしていて、拝みます。



管理人は最後の盛り土の写真を拝見して
お能の名曲『隅田川』の舞台を連想しました

『隅田川』というのは能の傑作の一つで非常に人気のある名曲中の名曲

人さらいにあった行方不明の我が子を探して母親が京都から東下りで
はるばる隅田川のほとりまで流れ着き、そこでかわいい我が子・梅若丸の一周忌の供養に
巡り合わせるという哀しい物語です


お舞台の中央には小さな山のように
こんもりした作り物の塚が登場します

能『隅田川』について詳しくは下記のページなどご参照ください。
http://www.the-noh.com/jp/plays/data/program_012.html
http://www.the-noh.com/jp/plays/photostory/ps_012.html



暑さ厳しき折ですが、荒井玲子写真展「まぶたからおもいでなど 溢れる 。」、
是非、ご高覧いただければと存じます




にほんブログ村 写真ブログ 写真イベント・写真展へにほんブログ村

アートフォト ブログランキングへ





『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 山本東次郎家の虫干し | トップ | 季節は秋~彼岸花と黒い蝶の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

写真展のご案内」カテゴリの最新記事