パーフェクトワールド

現在はゆっくりの更新ですがよろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ものみの塔、隠し絵の目的

2007-07-22 22:30:32 | ●サブリミナル・報道
しっかり全文を訳してから、、、とも思ったんですが、ページが多く、いつかちゃんと訳せるのを待ってたらだいぶ引っ張ることになってしまうので、概要だけ載せることにしました。

それから、一部オカルト的展開をしますが、、まあ、、JWをやってきた私としてはそういわれれば超~納得!な部分もなきにしはあらず、

一応こういう考えも存在するという事で、うさんくさい部分も含めてここに載せてみます。

このHPを作った人はイギリス人らしいです。世の教会員です。
現役エホバの証人でもあり画家(HPではMR.JWという名前で呼ばれている)にこの絵を分析してもらった結果、地元のエホバの証人の長老団とこの絵について話し合いを持ちます。

長老との話し合いはビデオに撮影したそうです。(テープの公開はなし)

長老はそこにサタン的な、または意図的な意味が見えることを拒否。多くの意見はそんなものは見えない。というものだった。

その後ロンドンのものみの塔支部に直接書面で訴える。最初の手紙にはそのようなうわさは存在するが、事実は存在しないという旨の手紙が来るが、部外者にいつも物見の塔が書くような書体ではなかった。

HP管理者はメディアに訴えることも考えているという手紙を支部に返すも、その後は一切返事がない。

HP管理者はいったんサブリミナル挿絵をフリースペースにて公開。

その後すぐ匿名の団体(らしき)ものからメールが届いた。声明によると、彼らはものみの塔内部のものである。ということ。

そこにはものみの塔ロンドン支部成員(べテラー)たちの個人メールアドレス、個人住所などのものみの塔内部のものでしか知らない情報の一覧表が一緒に送られてきた。

本物の住所であることを確認するためにすべてのリストの住所にメールをする。すべてのアドレスがアクティヴであり、配達されずに帰ってきたアドレスはなかった。

さてさて、問題のメールの内容ですが。

その内容は

「サタンはエホバの証人を用いており、公開公演や大会、出版物を通してサタンを崇拝するよう知らず促されている。エホバの証人は知らずその運動の加担をしている。

サブリミナルメッセージは絵だけにとどまらず、サタン的メッセージは出版物の中にも頻繁にちりばめられている。」

という内容。

実際の文章は、冒涜的な単語が一杯で、ちょっとそれだけでも拒否反応が出る人もいると思います。

が。

なんていうか、、、私としてはこの最後の声明文ってのが、、、誰に何を言われようが、、、すごく納得いくところもあってちょっと考えてしまいました。

あの~、ほら、ものみの塔って。。。変にグラフィックなところあるでしょ?レイプされた姉妹の描写とか、、あと悪霊によるレイプだとか、悪魔崇拝の情報だとか、映画やゲームの残酷シーンの抜き出し描写とか。

こういうことって普通に平凡に暮らしていたら、絶対入ってこない情報ですよね。
なんでこんなに詳細にわたって書かないといけないのかな。

って疑問だったので。

あとオカルトに関する詳しい情報とか。

たとえば自分では考えられないような残酷な夢を見たとき、サタンがその考えを入れているとか、

そういうの、ちら、ちらっとさりげな~く、ものみの塔に出てきませんか。

こういう具体的な描写は聖書に出てこないし、、、それはそれで、納得はしてました。洞察深い、とか、JWは霊に対して正しい知識が持てる、とか

そんな風に。

でも。。。。

こんなこというと、コメント欄が荒れそうですけど、

でも、、私JWやってた頃、ものすごい悪夢に悩まされてたんですよ。

それもかなりグラフィックな。だからサタンに利用されてるんじゃ、、と本気で怖かった。

けれど、、ものみの塔を読まなくなってから、集会に出なくなってから、出版物を勉強しなくなってから、、、

悪夢がぴったりやんだんです


ホントにあれ以来悪夢を見てないし、夜寝るのが怖いということもなくなった。

もしかしてお祈りしなくなったからか、

でも。私としては、、、、協会の出版物を読まなくなったから?

と思うことも(まじめに)あるんです。

こんな人、他にいないかな。いると思うんだけど。。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
« ノースリーブ問題 | トップ | ドイツのTV情報誌シュターン... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ドラえもん)
2007-07-23 09:06:23
この手の話、興味あります~。怖いけど・・・。
すごく納得いくところがありますよ。
私もそのサイト見てみようと思ったのですが、あまり時間がないので、PWさんが要約してくれるの待っていたのです!

ところで私、前に主人と悪霊の話で喧嘩したことあるんですよ・・・。

私って怖がりっていうこともあるけど、悪霊の存在を結構意識して認めてるんですよね。
でもこれって、JWが出版物とか変な経験などで、悪霊の話をよくするから、そうなってしまっていると思うのですよ。

ある日、霊の存在(ゴーストなど)の話をして、私の怖がり方を異常に思った主人が「聖書を学んだ事のある人が、神とキリストを信じている者がなぜにそんなに霊の存在を意識して、怖がるのか?!」と、反撃してきたのですね~。

で、私は「えええっ!だって、JWって霊の話ばっかりして、存在を認めてるし、実在するとか言う怖い話を子供のころから聞かされてきたんだよ!あなたこそクリスチャン系の学校行ってたんだから、霊の存在認めて怖くなったりしない?」と不思議に思って聞いたのですねぇ。

そーしたらなんと、普通のクリスチャンはそんなものを怖がったりしないし、大体その手の話なんてしないらしいのです。
そういえば、主人の両親や祖父母も、そんな霊の話をして人を怖がらせたりしてることなんてないぁ・・・と、思ったのですよ。

例えゴースト系の映画を見たとしても、サタンだの悪霊が家の中にきてどうのこうのみたいな、JWの時には必ず聞かされていた実話?のような類は絶対にいわないし、そんな事をいえば「ドラえもんはサタン崇拝をしている」なんていわれかねないですよ。

それでその時に思ったのですねぇ。
JWって、かなり怪しいのだ!と・・・。
やっぱり神の組織ではないのでは?!と・・・。

サタンとグルか? (pusi)
2007-07-23 11:35:04
JWの宗教って恐れによって支配していますよね。
それってサタンのやり方そのものですがな。
…ってことはJWはサタンとグルか?
などとよく思ったものです。

しかしね、だいいち宇宙主権などというものがあるのか疑問です。
エホバもサタンも人間が創ったんじゃないの?
それを勝手に戦わせているのでは…あたしゃ関わりたかねェ~

人間の中には善も悪もあって、いい事ばっかりはやってられない、気がしてます。
私は特にいい事ばっかやってると、無性に悪いことやりたくなったりします。
人間本来エホバ的なものやサタン的なものが潜在的にあるので、なにもエホバじゃサタンじゃ霊のせいにしなくてもいいんちゃう?

私は見えない霊よりも、生きてる人間(人間の仕業)が1番恐いです。

それと私の考えですが、JWの方って組織に操られてもいるし、
自己暗示にもかかっていると思います。
悪霊の仕業とかって、思いやすいというか、思える、
思うと納得できる、そうに違いない、そうすると妙に楽になったり、また別の人は不必要に不安になったり…
思考過程がそうなってしまって、他の考え方ができなくなっているでは。長年の思考の癖とでもいうのかな。

私にも不思議な経験はありますが、霊のせいとは思ってなくて、ってか思うと気持ち悪いし、思わないようにしてます。





Unknown (kuro)
2007-07-23 12:15:07
はじめまして。
ものみの塔などの出版物に出てくる絵は、
グロテスクなものが多いですよネ。
子供たちへの影響を考える。と逆に心配になります。

私は、2世として、20年ほど熱心な母に育てられました。
開拓者までなりましたが、家族がバラバラ(父は未信者です)
になっているのを見て、「幸せな家庭生活」というのに疑問をもちました。

自分の中で 色々と葛藤し、鬱になりました。JWの中でも
鬱で悩んでる人がたくさんいますよね。これが真の神の組織なのカナと。

JWから離れた今は、母を見ると オカルト宗教に洗脳されているとしか
思えないような行動ばかりです。家族よりもJW活動を優先させます。

私は、今 JWでいう「この世の人」の旦那と、
とても幸せに暮らしています。あの中にいるよりも、
くらべられないほど平凡な日常生活ですけどネ(笑)
Unknown (オリーブ)
2007-07-23 15:27:59
不活発歴2年になる姉妹です。
PWさんの言わんとされてること
非常によくわかります。

私は1世なんですが、研究を始めた当初
この宗教ってオカルト?が第一印象だったことを
思い起こしました。

公式見解ではないにせよ
物品を通してサタンの霊が入る・・
みたいなことことを言う風土は
組織自体のオカルト性から来てるのでしょうね。
ドラえもんさんへ (PW)
2007-07-23 17:44:24
長くひっぱっていてすみません。時間ができたらきちんと訳したいと思います!!

●悪霊の存在を結構意識して認めてるんですよね

JW2世でサタンを否定してる(現役なら)人ってほとんどいないんじゃないかな、って思います。私や他の「いつも落ちそうな人」たちも悪霊には気を使ってましたから~
おかしいですよね。

組織がそれだけ悪霊トピックを教え込んでるからだと思います。

●普通のクリスチャンはそんなものを怖がったりしないし、大体その手の話なんてしないらしいのです。

あ、これは私も思いました!!!地獄を信じてる熱心なカトリックでも意外にサタンは信じてない、、という人も多い。。私もドラえもんさんのようにその時疑問を感じましたね、、、。

光の組織のはずなのに、異常に闇にこだわるのはなぜなんだろう、、、って・

pusiさんへ (PW)
2007-07-23 17:49:03
●JWの宗教って恐れによって支配していますよね

ホントにそうです!でも現役時代は「怖いことから守ってくれてる」って信頼を増したりしてました。

真理は人を自由にする。

JWがよく使う台詞ですが、JWで自由になったものといえば、黒猫が横切ったら不吉。とか、不吉な数と言われてるものには根拠がない、とか

そんな類で、(まあ信じていてもそれほど害はないような。)その代わりに拘束されることが多すぎて、

自由になるどころか、がんじがらめ。悪霊関係への細かい解釈がいい例です。この「真理」は人を自由にしないから真理じゃない、って

最近強く思います。
はじめまして~kuroさん (PW)
2007-07-23 17:59:31
●、「幸せな家庭生活」というのに疑問をもちました

JWで家庭がばらばらになった人にこの「幸福な家族生活」って言葉以上にむなしい響きの言葉はないですよね、、、。

大体、、JWになって「幸福な家族生活」をおくれるようになった人がいるのかな。って。これもJWがサタンの使い(!)を裏付けるような気もする。。。

●JWから離れた今は、母を見ると オカルト宗教に洗脳されているとしか
思えないような行動ばかりです。

うん、、分かります!!!私もうちの母が心配です。
久しぶりに帰って部屋をみたら、、薄暗く締め切られた部屋に精神疾患の本がならんでいて、異様な感じの本棚になってて。どうしたの、と聞くと会衆でいろいろこういう情報が必要だから。などという、、、。

幸福な民とは程遠いです。

Kuroさんは幸せになられたんですね~~、良かったです。苦しみまみれのJW2世に見せてあげたいですよね、幸福な姿は。
オリーブさんへ (PW)
2007-07-23 18:03:50
●物品を通してサタンの霊が入る・・
みたいなことことを言う風土は
組織自体のオカルト性から来てるのでしょうね

そうですね、あと建物に神は宿らないとかいっておきながら、世の教会、お寺、寺院の建物、敷地内にすごくこだわるとか、

そうそう、媒介物はよく言われますよね~!!外国でも同じですよ。十字架を怖がるとかね、JWはバンパイアか、って思いました。

オリーブさんの言われるように、出版物から異様な雰囲気を受けることはよくありました。霊性が低いとか逆にサタンとか言われるのでそれを人にいったりはしませんでしたが、、

なんか自分の直感とか感じることとか、、今になってなんだ、、正しかったじゃん、とおもって、、、そういうものは無視するべきじゃないな、、って思います。
アクレイVSミツカイ (こもごも)
2007-07-23 20:51:38
すごい見解ですね最初に乗せられているシンメトリな挿絵にも何か意味があるのでしょうか。確か偉大な人の本の「足萎えを治す」挿絵では?
私は部屋でパキパキいうと、「アクレイ?」ってびくびくします。実は今もびくびくします
経験などによると、アクレイは実際に姿見せたり音聞かせたりしてアクティブに働いてるのに、ミツカイはいるんだかいないんだか分からないし、何なんでしょうね~。
家から家で「ちょうど神に祈っていました」という人に会う経験がいつも年鑑に載せられてましたが、私は「もしエホバ、あなたが本当にいるなら、立ち返らせてください。私がここにとどまることを許されるなら、その印を最後にお与えください。信仰の少なくなった私にも分かるように、お示しください」って、最後にしようか悩んだ集会に行く前に、すごく祈りました。
結果、集会は全然関係ない内容で進み、集会後の交わりは、新婚ほやほやの長老ののろけ話、みんなのひやかしで終了。最後の最後まで熱烈に祈っていたのに。
「エホバ、いないの?」と帰りの自転車で泣きました。「エホバ、助けて」と。
でもなんもなく。たとえエホバがいても、私なんか要らないんだな~って思い、それから二度と集会へは行ってません。エホバ、祈り聞きそこない?それともミツカイ、印届け損ない?アクレイが成功しましたよ~。
ミツカイ、アクレイ、って何なんでしょうね。JWが現生活においてはミツカイより、アクレイのほうが影響力があると教えているのは確かですね。
悪霊、み使いといえば (こもごも)
2007-07-24 00:27:38
立て続けにすみません。
思い出したことがあるんです。
み使いが誰か(エゼキエルだったか、ダニエルだったか)のもとに現れたとき、「疲れていた」というのがありましたよね。聖書的な意味(サタンとの攻防で忙しかったとか…?)が付けられていたように思いますが。なんか、よわっぽい。悪霊のがぶた落としまくったり強そう
さらに余談ですが、悪霊が人間女性に欲望を持ってみているという「地上の楽園で永遠に生きる」の挿絵が、グラビアの写真の盗用なんじゃないかという噂を聞いたんですが、この噂の真偽とは…

コメントを投稿

●サブリミナル・報道」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事