パーフェクトワールド

現在はゆっくりの更新ですがよろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「ゴッドアーミー(プロフェシー)

2009-10-20 20:44:40 | ●JW的エンタメ
「ゴッドアーミー」

ちょっと怖いシーンもありますが元JWには喜んでみてもらえそうな一押し映画です。

公開されたものにいくつかのバージョンがあるようなんですが、アメリカ公開版のものが日本でDVD化されています。(ちょっと訳が古く、意訳がたくさん使われているのが難。)


1994年の作品で少し古いですが出演者がクリストファー・ウォーケンやエリックストルツ、エリアス・コーティアスと今じゃ考えられないほど豪華です。


私はこの映画を現役時代に見ました~

この映画では「新しい天地の後には新しい書が付け加えられる」という聖書の言葉通りに

「新しい書が加えられている聖書」

が出てくるんですよ~。


ちょっと皮肉なところで聖書に忠実なところも大好きでした。


なによりも

サタンがイケメン

という忠実さはやっぱりファンダメンタル系クリスチャンには譲れないところなわけで。。。



しかも

ヴィゴ・モーテンセンです。


ストーリーは:

 主人公トマス(エリアス・コーティアス)は幼い頃から信仰の道を歩み神父になるが、恐ろしいヴィジョンに悩まされるようになり教会を去り刑事になる。

 ある日彼の前に不思議な男(エリック・ストルツ)が現れサイモンと名乗り、「君が見たヴィジョンは本当に起こった。」と告げる。

一方トマスが担当した事件で上がった死体が解剖の結果人間ではないと判定され、その死体は2世紀当時の聖書を所持していた。

 その聖書には「天で第二の戦争が起こった」と記されていた。


 かつて神父だったトマスは残酷な「神の軍隊」である天使たちを疑問視する論文を出版したことがあり、

 死体についていたマークから密かにその死体は人間ではなく天使ウジエルではないかと結論する。


 トマスが調べた文献によるとウジエルはガブリエルにつかえる天使であるとわかる。

 その日、ウジエルの死を知った天使ガブリエル(クリストファー・ウォーケンいぇ~い)が地上に舞い降りた。


と、

さわりはこ~んな感じですよ?



どぉ?うふ


その第二の天の戦争の原因が

「イエスとともに人間が支配の座につき、天使が人間に仕えるようになることへの反発」


だってぇ~


なるほどねえ。そういえば天使はさあ、

ものみの塔とかではさあ、

イエスと一緒に支配する14万4千人だかを支援するとか書いてあったけど、

ふつ~に考えれば「なんだ人間のくせに」ってなりますよね~。




ここで出てくる天使サイモンは人間を助け神の意思を遂行しようとする良い天使。

ガブリエルは人間への嫉妬に狂う悪い天使として描かれています。


こう書くと漫画みたいですが、一度クリスチャンだった者から見ると身につまされるセリフがいっぱいで、最近見直して神妙な気持ちになってしまいました。


主人公トマスは聖書の中の天使の残酷さや神の残酷さに影響され、恐ろしいヴィジョンを見るようになるのですが、彼の

「人は聖書を知らないから信仰を失うというが、知りすぎて信仰を失うこともある」

というセリフなんか、妙に共感しました。


またまたこんなセリフもあります。

天使ガブリエルは劇中、探している魂が少女の体に隠されていることを知り
 
「私は少女を簡単に引き裂ける。私は母親の見ている前でその赤ん坊を引き裂ける」

と言うのですが、そういえば聖書では女も子供も初子も天使に殺されていましたよね~。



でも、これは反キリスト教映画ではないのです。

それどころか非常にまじめに信仰の回復をうたっています。


そこのところは今、全く信仰がない私には理解しにくいところでもありますが、すなおに耳をかたむけてみると

少しだけ主人公に共感しました。


「あなたは神の計画の一部だと信じますか」という天使サイモンの言葉に信仰を失った主人公は「それは込み入った質問だ」

と答えますが


サイモンはシンプルに「いいえ、それは簡単な質問だ」と言い残します。


心を閉ざしたままのトマスは映画の最後で

人間をあざける天使ガブリエルに

「あなたの気持ちはよくわかる。ないがしろにされ、忘れられるのがどんな気持ちか。」と言った時に、同時に自分の気持ちと対面し

「怒りを感じるなら、なぜそれを神に話さないのですか」

とガブリエルに問いかけるのですが、


ガブリエルは「神はもう私と話されない」と言います。


「地獄とは神から疎外された状態」だというサタンに、自分はまだ神と話せるのだと悟るトマスは

たぶん信仰を回復したように見えます。


映画のほうは3部作らしいのですが、私はこの第1作しか見たことがありません。


聖書を読むとみつかい―天使とは一体何かと考えてしまうことが多かったのですが、今考えてみると天使と人間の関係は地上での人間と動物の関係のようなものなのかなと思いました。

人間は時に動物をかわいがるけれど、一方で何のとがめもなく殺したりもする。と。

そんな感じでしょうか。







コメント (17)

★ターミネーター対ジーザス

2009-09-22 20:35:52 | ●JW的エンタメ
 
マッドTVというアメリカのコメディー番組の動画です。

最近日本語字幕のが見つかったのでとにかく見てぜひ笑ってください

ターミネーターVSジーザス

コメント (2)

★マイケルジャクソンの楽園画?その1

2009-07-15 21:20:32 | ●JW的エンタメ
この絵はネバーランドの玄関に飾られていた絵です。

ものみの塔臭がする?!


これを描いた人はDavid Nordahl、アメリカの画家。
絵のタイトルは「Study for Field of Derams」。

この画家はマイケルとマイケルの家族とも親しい交流があったらしいです。

ちょっと調べたところこの画家がエホバの証人関係者というわけではなさそうです。

ですが、マイケル関係のフォーラムではDavid Nordahlのマイケルを描いた数枚の絵はあきらかにエホバの証人の影響を表しているとか、マイケルが友人であり画家でもあるDavidにものみの塔ぽい絵を依頼したとかなんとか書かれていました。




私だったら、家にものみの塔っぽい絵はおきたくないですが、、あえてこういう絵を、しかも自宅の玄関に飾っていたマイケルって。。
JWと和解したか、まだJWのこういう雰囲気は好きだったのだろうか??


そしてこの絵は非常~にいわくつきの絵でもあるようです。

まあ、この絵を拡大した こちらのサイト を見ていただければ一目りょうぜんですが

描かれた細部に見られる子供は一体何をしているのか?この絵をみればマイケルがチャイルドモレスターであったことは確かではないか?というような事をこのサイトは書いています。

が。

確かに気味悪い絵ですけど、

私的には


ただのものみの塔ぽい絵にしか見えない。。。

たぶんものみの塔のサブリミナル絵画に毒されているんだと思うんだけれど、もしかしたらこの絵を描いたDavid Nordahlが一生懸命ものみの塔を参考にして書いたのでは~?

と思えてならないです。。。。


そのほかのDavid Nordahlの作品はこちらでも見られます。

下↓の絵もDavid Nordahlの作品の一つ「Moonrise」。
コメント (10)

★マイケルジャクソンの「楽園画」?!その2

2009-07-15 21:09:27 | ●JW的エンタメ
同じくDavid Nordahlのマイケル画。
コメント

★JWとジョージ・オーエル1984

2009-07-08 22:48:54 | ●JW的エンタメ
JW的、JWが共感できる小説など続きで、私がぜひあげておきたいと思っていた作品は

ジョージ・オーエルの「1984」

です。

もちろん、これが村上春樹の新作「1Q84」の元ネタですが、


私はJW現役時代に読んでとても心に残り、ジョン・ハートが主演した映画のほうは何度か見ました。


この1984を元にしたテリーギリアムの「(未来世紀)ブラジル」のほうもあまり楽しい映画ではありませんがやはり心に引っかかるものがあって何度も見ました。

内容はアンチユートピア未来もの。どこかの架空の国で「ビッグブラザー」と呼ばれる政府に思想統制されてる主人公が反政府関係の女性に惹かれ、または体制に疑問を持ち真実を知り始め、という内容ね。


おかしな事に現役時代はこれをエホバの証人の世界と結びつけて考えた事はないんです。??変ですよね。

かと言って世を悪夢、真実の世界をJW世界と考えてみていたわけでもなかったような。。

不思議な事に当時の気持ちをすっかり忘れてしまったのですが、なぜかわからないけれど惹かれる作品だったという事?

今思うとオーエルの描いた世界は

ウィキペディアから抜粋してみると激しくJWと類似しています。

「ウィンストン・スミスは、真理省の役人として日々歴史記録の改竄作業を行っていた。物心ついたころに見た旧体制やオセアニア成立当時の記憶は、記録が絶えず改竄されるため、存在したかどうかすら定かではない」

だって~。 そして。。。

「スミスは古道具屋で買ったノートに自分の考えを書いて整理するという、禁止された行為に手を染める」

今でいったらブログを始めた。みたいな?

んで、この小説の塔、いや党のスローガンの一つが

無知は力である(IGNORANCE IS STRENGTH)

どうっかで同じよ~な事をよく聞いたような。

「有能な者でなく有用なものになりなさい。」とか、ありましたね。公開講演で。


後、無知だったから守られた。とか。


それからオーエルの1984ではJWブログで使えそうな言葉がいっぱい。

たとえば「ニュー・スピーク」(新しい言語。そういうのありました。)

それからこの小説から発症したとされる造語「ダブルシンク二重思考(1人の人間が矛盾した2つの信念を同時に持ち、同時に受け入れることができるという、小説内の国民に要求される思考能力)とか。


「ダブルスピーク(二重語法)」(矛盾した二つのことを同時に言い表す表現。「戦争は平和」・「真理省」のように、例えば自由や平和を表す表の意味を持つ単語で暴力的な裏の内容を表し、さらにそれを使う者が表の意味を自然に信じて自己洗脳してしまうような語法。他者とのコミュニケーションをとることを装いながら、実際にはまったくコミュニケーションをとることを目的としない言葉。)とか


いいですね。最後の「ダブルスピーク」?

表の意味を自然に信じて自己洗脳してしまうような語法???

ありますね~。「真理」ってのがほんと、いい例ですよ。

「他者とのコミュニケーションをとることを装いながら、実際にはまったくコミュニケーションをとることを目的としない言葉。。」かあ。。。

これ、JW支配層だと身についちゃうんだよね~。絶妙に相手を気遣っているふりをして相手との接点を持たないようにするしゃべりが。

1Q84のヒットで元ネタのほうも久しぶりに思いだしたので書いてみました。

一度映画のほうでもご覧になることをおすすめします!






コメント (9)

★マイケルのいない世界はつまらない~。

2009-06-29 20:41:43 | ●JW的エンタメ
マイケル~。

マイケルが逝っちゃいましたね。。。


マイケルジャクソンという人は長生きはできないだろうなとは思っていましたが、今日明日に亡くなるとも思っていなかったので、朝職場で同僚からニュースを聞いた時はあまりのショックに

冗談かと思い笑ってしまいました。


あと、

息をしていないとかなんとか聞いても、

そのうち息を吹き返すんじゃないか。

とどうしてもまじめに彼の死を受け入れられなかったですね。


マイケルと言えば最近は復活コンサートなにやらで話題にもTVにも出てきた矢先の、まるで宣伝して注意を十分引きつけてから死ぬ。みたいな?

この計算されたような流れに、

これまた彼がまじめに、本当に死んだという気がしないのです。


マイケルジャクソンはエホバの証人2世だったこともあり、そしてその壊れようからいつの日か誰かがエホバの証人2世だった経験を彼の口から直接聞いてほしい。

そう思っていたのでとにかくがっかりです。残念です。

つまらないです。ああいうお騒がせなスターがこの世にもういないのは。


マイケルはチャリティーとか人助けとかに熱心でしたね。

私が現役だった時はそんな彼を見てうさんくさく思ったものでした。

「愛」とかなんと語っちゃって。とか。


脱JWしてからそういうネガティブな気持ちがなくなり、シンプルに偉い人だ、愛の人だとすなおに感じられるようになりました。


特に日本人だとどんなに大物スターでも与えることはあまりしないんですが、最近ではアメリカでもそういうスターが少なくなってきているような気がします。

そんな中、やはりマイケルという人は特別でした。だからもっとこの世にいて欲しかった。しんみり。
コメント (12)

★もっとある!2世をテーマにした文学「サバイバー」

2009-06-24 23:45:55 | ●JW的エンタメ
村上春樹さんの1Q84で盛り上がっているところでもう一つ。

こちらのほうが出版は早いのですが、厳格な(そしてカルト的な)キリスト教家庭で生まれ育った「2世」の結末を書いた小説があります。

映画「ファイトクラブ」でおなじみのチャック・パラニュークの「サバイバー」です。


私は読んでみて、「宗教的に倒錯した、そして厳格で世間から切り離された家庭の出の若者」が主人公というこの「サバイバー」よりも、前作「ファイトクラブ」のほうがずっと直接的にJW2世の葛藤みたいなものを感じました。


個人的には「ファイトクラブ」のほうがお勧めです。2世なら直接的言葉は出てこないにしろ、深い共感や、うまくいくとやすらぎさえ感じちゃうかもしれませんよ。


サバイバーのほうは、宗教組織に絶妙に人生をコントロールされた青年が、宗教組織の犠牲者を助けるプログラムに逆に翻弄され、ヒーローに仕立て上げられ、みたいな内容です。

「ファイトクラブ」でも「サバイバー」でも、そしてリアル世界のJW2世でも、なにかの起爆剤になるのはいつも気になる異性の出現である。というところは共通しているところだと思います。


さて、疑問となるのは、前回のエントリーでいただいたYukioさんのコメントにもあるように

なぜ今、宗教2世にスポットが当たるのか?

ということですよね。

なぜ今?なぜ2世?

2世ってホットだったんだ。。。


宗教家を題材にすれば単なる宗教小説になってしまうが、自分でそれを選ぶことができなかった子供たちが登場すればそれはドラマである。みたいな?こと?

それとも単に危ない、極端な宗教組織を形成したヒッピーみたいな親から生まれた子供が成長して病みだした時期だから?

つまり意図せず行われてしまった実験の結果が出てますので、それについてとりあげてみます。みたいな感じ?


それとも。。。なに?

エホバのご意思?

2世としてはやっぱり3番だと思います!
コメント (5)

★村上春樹の新作1Q84はなぜ内容が明かされない?

2009-06-20 22:39:56 | ●JW的エンタメ
私は村上春樹のファンではないのですが、以前ルームメイトだった女性が大ファンだったので久々に新作が出たと聞いて「ほほう。」などと思っていましたが、

新作「1Q84」はなんと2世がテーマらしい?!ということでちょっと調べてみると、


周到に内容が隠されて発売された感がありますね。


アマゾンのレビューなどを読むとその意図をくんだ熱心なファンな方々が具体的な内容に絶対触れないようにレビューを書き連ねておられるので、

内容がわからずイライラしてしまったほどです。


ネタばれなどで探してみてもあまり出てこなかったのですが、例のルームメイトだった女性から「PWさんはJWだったんだから絶対読みなよ~。PWさんが以前話していた苦しみが分かったような気がします。」と早速メールが来ました。


聞くところによると「証人会」という架空の宗教団体で2世として育った女性が主人公だか準主人公だかで、他の登場人物も某宗教団体、それに準ずる団体、そうでなくとも嫌われ者(語弊あり?)に属した「2世」であるらし~。


「エホバの証人」「村上春樹」で検索したところ、ネット時代だというのにほとんど情報がなかったのですが、「エホバの証人の友達にこの本を貸してと言われたのだが傷つけないように貸したくないのですが」

などといった

やさしいお友達の投稿なんかが見つかった程度でした。

(貸してあげてください。)


これはあれですかね?村上さんの

「内容明かさないどいて、間違って読んじゃった2世たちの目が開けるきっかけになれば」

などという

気遣いでしょうかね。


だとしたら

ありがとうございました。

JW2世にかわってお礼を申し上げたいです。

コメント (6)

賛美の歌、盗作疑惑??

2009-04-13 19:55:01 | ●JW的エンタメ
※この記事は2008年12月23日に書いたものです。

クリスマスですね~。

ラジオをつけるとクリスマスソングばかりが流れてくる季節です。

その中で「これはJW賛美の歌にそっくり!」
と思ってしまった曲があります。

Once in royal David's city

ちょっと聞いてみてください。

盗作っていうよりも、、、

そのまんま

な出だし。

ちょっとくらいひねりなさい!
コメント

聖書のイケメンを探せ!

2008-03-19 05:29:26 | ●JW的エンタメ

そろそろ「迫害」について書こうかな~と思ったんですが、ヘビーなトピックなので今日はちょっと軽めに。

「聖書のイケメンを探せ!」


この話題はKameさんのところから勝手にもってきちゃいました。
(すみません)


Kameさんのところで「出版物のイエスはかっこよく書かれてる」ってかかれてて、あ~!!!そうそうそうそうそう!


って一人で合点してしまいました。


ちなみに、わたくし個人の好みは「物語の本」のサウル。

ほ~ほほほ。


今思い出すと出版物のイエスは結構ハンサムに描かれてますよね。人の子は容姿が劣りバカにされるっていう予言聖句があったような?


まあ、、いいか。。


大工だから体格は良かったはずだ、のものみの塔の一説を後生しっかり覚えておられるご婦人方も多いのではないでしょうか。

諸教会で描かれる弱弱しいイエスは本当の姿ではない!とかってものみの塔が主張した頃もありましたね。

大工だから弱弱しくは無かったかもしれないが、イケメンだという根拠はいかに??



次の副見出し行きましょう。


●聖書の中のもう一人のイケメン


イエスと対照的にしっかりはっきり「美しい」って書いてあるのは、、

サ・タ・ンですね~。


サタンそのものの挿絵はあまり無いですが、覚えているところではゴールドのコスチューム?を着たサタンの絵があって、あれはそれほど悪くはなかったけど、美しい、、というほどじゃなかった。


これはやはり主人公イエスを引き立たせたい。イケメンのサタンを書いてサタンの人気が出たらことですよ!という気遣いでしょうか?


私は映画「ゴッドアーミー」(クリストファーウォーケン主演)の中で出てくるサタンが

きちんとイケメン


に演出されてるのを見て「とても聖書的な映画だ~」と思ったことがあります。

この映画はJW時代大好きな映画でした。聖書知ってる人が見るとわくわくすると思います。ぜひ見てください!


あ、皆さんのお気に入りキャラは誰ですか?女性キャラはあんまり綺麗にかかれていませんね。地上の楽園の水浴びをする女性意外は。あ、あれは盗作でしたっけ!!ごめ~ん。
コメント (4)