パーフェクトワールド

現在はゆっくりの更新ですがよろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「私の父の家には住むところがたくさんあります。」

2010-03-05 17:52:43 | ●脱JW後の悩みとガイド
 先回の記事の続きです。


その記事の中でロンダ.バーンの「ザ.シークレット」という本を紹介しました。

その中でもう一つ、とても納得した考えがありました。


それは「宇宙にはすべての人が満足するだけの十分のものがある」「だからあなたは欲しいものを全部手に入れていいのです。」という考え方です。


「豊かさが全員に用意されているのです。」というと、世の中を見るとそうではないと結論する人もいるかもしれませんが、私は使徒14:1,2の


14:1 「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じまたわたしを信じなさい。 」

14:2 「わたしの父の家には住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたにそう言ったでしょう。」


という聖句を思い出しました。


この聖句も現役時代ずっとひっかかっていた聖句です。

今考えるととてもしっくりきます。


 ひっかかっていた点は聖句では「十分にあるから安心しろ」と言っているのに協会の出版物ではいろいろな事を我慢しなければ受け入れてもらえないという出し惜しみ感があった点です。


「ザ.シークレット」によると、不足感は自己犠牲感→何かを得そこなっているという感じを人に与えるとありました。


以下「ザ.シークレット」からの引用です。

「自己犠牲とは絶対的な不足という考えに由来している。この世には全員のものが十分にあるわけではないので自分は我慢します、という考えです。

(中略)そしてその考え方は怒りに変わります。

しかし実は豊かさは全員に用意されているのです。自分が望むものを引き寄せるのは自分の責任です。誰かほかの人のために引き寄せることはできません。

 (中略)

自分が気持ちよくなることを優先するとその素晴らしい波動が光り輝き自分の周りにいるみなの心をうごかすでしょう。」


引用終わり。


全文を読んでいない方や、ものみの塔ちっく又は聖書ちっくなな口調に拒否感がある方は多分否定したくなるような文章だと思いますが(私も最初読んだ時はそうでした。

が、一方で上の使徒の聖句を思い出し、そういえば父の家には十分にものが用意されてるから心配するなみたいな事いってたよな。。と変に納得したのです。


最近こういう本をいくつか読んでみて


聖書に書いてある事と同じだな~と思うことがとみに多くなりました。


以前「聖書はすべてが嘘ではないと思う」と書きましたが、それはこれだけ長い間読まれてきたこと、ほかの宗教の聖典や哲学本にも共通の事がかいてあるなどが理由です。


「ザ.シークレット」には聖句は引用されていませんが、聖書と似たような考え方がたくさん出てきます。


しかし上に書いたようにものみの塔で教えられていたこととはだいたいいつも正反対の意味でつかわれていますが、

私にはこちらのほうがいいなと思いました。


愚痴の繰り返しに聞こえたらもうしわけありませんが、エホバの証人の「自己犠牲」を強調する態度は


今思うと間違っていたどころか聖書に書いてある事と正反対で、「協会に寄付させたり、協会を必要とさせる精神的に不健康な人を作り出すための工作だったのかな」

くらいな酷い事を勘ぐってしまいます。


脱JWしてから精神的に回復するまで、数年かかりました。ナポレオン.ヒルは「(多くの事を制限させられてきた人は)長年体が麻痺していたような人だ。麻痺がなおったとしてもすぐに動くことはできない。

最初は指一本を動かし、次に腕を動かせるようになり少しずつ長い時間をかけて麻痺から回復して行かなければならない」

と書いています。


私が脱JWしてから回復までに一番時間がかかった事はこのエホバの証人の「自己犠牲」精神でした。

自分の欲しいもの、自分のしたい事を口にするのはおろか、具体的に考える事自体が非常に難しいのです。自分は最後に、自分は犠牲にしなければならないという考えがあまりにも深く根をおろしていたためだと思います。


自分が何かを得たらだれかが何かを奪われるという考え方に取りつかれていたのです。


そしてその裏側では自分はいつも損をしているという漠然とした失望がありました。


この本の章を読んでからは「父の家には住むところがたくさんある。そうでなかったらあなたがたにそう告げただろう。」というイエスの言葉を思いだすようにしています。そして、自分が望むものに罪悪感を抱かなくてもよいのだと今は確信しています。


「私たちのほとんどが本当に欲しいものを願望することを自分に許していません」-ジャック.キャンフィールド
コメント (10)