ODAWARAケアセンター 健康ブログ

本気で身体の機能改善を目指す人の為に役立つ情報を発信していきます!

ふくらはぎの筋肉その2

2019-12-26 11:56:22 | 脚のむくみ・足の悩み
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ山本 篤史です。

前回のふくらはぎの筋肉その1に続き
今回はその2「ヒラメ筋」です。

ヒラメ筋はふくらはぎの深いところにあり、体を支える抗重力筋で、強靭な筋肉です。
宇宙空間に滞在しているとこの筋肉が著しく落ちるなんて報告もあります!日常生活でよく使う筋肉なんですね。
この筋肉が低下するとつまづきや、転倒につながる恐れがあります。

ヒラメ筋をのケアをいっしょにやりませんか?

▲形が舌ヒラメに似ているからヒラメ筋

頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方は、体のことや転倒予防もおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「ふくらはぎ」テーマにしたブログ記事一覧

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加
コメント

サツマイモを食べる民族

2019-12-25 12:54:16 | ケアセンタースタッフのつぶやき
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ荒井亨太です。

前回はサツマイモについて話しましたが、関連する記事にこんな面白いものがあります。

【パプアニューギニアの高地人はサツマイモしか食べないのに、なぜ筋肉質なのか?】


▲パプアニューギニア高地人|ODAWARAケアセンター

パプアニューギニアの高地で過ごす人たちのエネルギー摂取の80%はサツマイモなどの炭水化物だそうです。
現代の栄養学で考えるとタンパク質が欠乏していると考えられます。しかし、彼らは糖尿病や肥満といった疾病とも無縁だそう。
私たちが筋肉を付けようと思ったら、ウエイトトレーニングなどイメージするかと思います。彼らは畑仕事などするだけで本格的なトレーニングすることは無いのに、筋肉質でたくましい体つきをしています。
要因としては、腸内細菌が筋肉質な体を形成しているとの報告があります。
腸内細菌が環境に適応しながら、順応して生きている。人間の体ってほんとにおもしろいです。
まだまだ解明できていない未知の部分があるからこそ、体の痛みやケアに携わる仕事ができて嬉しく思います。

今日はクリスマスですね!ブログをご覧のみなさま素敵な時間をお過ごしください。

頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方は、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加
コメント

年末年始のお知らせ

2019-12-24 11:19:48 | ケアセンター情報
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ森岡です。

年末年始営業時間のお知らせです。

誠に勝手ながら、下記の期間を年末年始の休業とさせていただきます。

年末年始 休業期間:2019年12月29日(日)から2020年1月5日(日)まで

年末年始休暇期間中にいただきましたお問い合わせにつきましては、2020年1月6日(月)より順次ご連絡させていただきます。

年末年始は体の心配なく安心して過ごしたいという方は28日までに是非ご予約をお願い致します。

頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方は、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください



ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加
コメント

ふくらはぎの筋肉その1

2019-12-23 12:01:24 | 脚のむくみ・足の悩み
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ山本 篤史です。

前回の「足がつった!むくみがでた!意外と不調の多いふくらはぎ」の続き、今回はふくらはぎを構成している筋肉などについてお話ししたいと思います。

ふくらはぎとは、膝から下の部分(下腿)の後面の膨らんだところをいい、古名は腓で「こむら」または「こぶら」とよんだ。つった状態は腓腹筋の強直性けいれんといい、いわゆる「こむらがえり」です。こむらがえりは古名からくるものだったんですね。
ふくらはぎの形をつくっているのは下腿三頭筋であるが、この筋は浅層と深層の2筋からなる。普通、ふくらはぎといった場合は、深層のヒラメ筋よりも浅層の腓腹筋(ひふくきん)をさすことが多いんです。

今回は浅層の腓腹筋についてです。
【腓腹筋とは?】
両足それぞれが左右2つの筋肉で構成されており、内側(股関節側)の筋肉を内側腓腹筋といい、外側の筋肉を外側腓腹筋という。太腿の骨(大腿骨)の内側顆(膝裏の内側あたり)の上方で内側頭をつくり、また外側顆(膝裏の外側あたり)の上方では外側頭をつくって起こり、下方ではヒラメ筋と合流しアキレス腱をつくり、かかとの骨(踵骨隆起)にくっついて(停止して)います。
この筋肉の動きは、
1.足首を伸ばす(底屈)
2.膝関節を曲げる(屈曲)
ここがポイント:足首の動きだけでなく、実は膝の動きまで関与しています。

▲腓腹筋は内側と外側の2つからなる筋肉です

スポーツの分野だけでなく、日常生活でも使う筋肉なんです!
次回はヒラメ筋についてお話ししたいと思います。

肉離れ、スポーツ障害、頭痛・ 腰痛・ 肩こりでお困りの方は、体のことなおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「肉ばなれ」テーマにしたブログ記事一覧

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加
コメント

足つった!むくみがでた!意外と不調の多いふくらはぎ

2019-12-22 11:49:00 | 脚のむくみ・足の悩み
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ山本 篤史です。

朝晩はグッと冷え込んでなかなか布団から出れない!
なんて人多いんではないでしょうか?よし、起きるぞ!と勢いをつけて伸びをした瞬間!!! あ!つった!なんてことありませんか?
とくに、足の指や足首をグッと伸ばした瞬間につりやすいのが「ふくらはぎ」です。

▲足がつってなかなか動けないことありますよね

ふくらはぎ、筋肉名で言うと
「下腿三頭筋」といいいます。
この下腿三頭筋は総称で腓腹筋とヒラメ筋からなる筋肉群です。

▲腓腹筋とヒラメ筋

少し昔のCMで「ヒラメばり」といって湿布を貼っている映像がありましたが、それ「腓腹筋」とつっこんでた記憶があります。

ジャンプ動作や走る動作、など運動で使う筋肉群ですが、運動だけでなく生活でも使う重要な筋肉です。
よく言われるの 第2の心臓 なんで呼ばれ方もしますよね。
この筋肉が硬くなったり、使いにくい状態になると、様々な不調を引き起こします。
次回から詳しくお話ししていきいたいと思います。

頭痛 腰痛 肩こりむくみ解消でお困りの方は、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「むくみ」テーマにしたブログ記事一覧

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加
コメント