ODAWARAケアセンター 健康ブログ

本気で身体の機能改善を目指す人の為に役立つ情報を発信していきます!

膝の痛みは体の胸に問題あり!

2021年10月20日 | 膝痛・膝の痛み
こんにちは。小田原ケアセンターの荒井亨太です。今日は、膝の痛みは体の胸に問題あり!についてです。

【膝の痛みは体の胸に問題あり!】
膝が痛いのに、胸が原因なんですか!と驚かれてしまうかもしれませんが、こういったケースはよくあります。ある患者さまは、病院で変形性膝関節症と診断され、なかなか改善できずにご紹介で当施設に来院されました。
普段の歩き方をしてもらうと、腕を振って歩いていないのです。更にカウンセリングをおこなうと、以前肩が痛くなり腕を振るのも嫌だったとの過去がありました。
そのが今までずっと続いていたので、結果的に膝まで痛みが出ていたのです。膝痛で6年以上悩まされていましたが、必要な個所を中心に、胸へアプローチさせていただくと、膝の痛みが改善されました。

痛みが出ている箇所へのアプローチは大事ですが、それ以外の箇所にも眼を向けると改善への糸口が必ず見つかります。
本気で改善したい方はご相談ください。                              
腰痛 肩こり 成長痛など体のことでお悩みの方はODAWARAケアセンターへ

小田原ケアセンターHP:小田原ケアセンターホームページ
お問い合わせ:テーピング施術・個別トレーニング等の問合せ
公式YOUTUBEチャンネル:ODAWARAケアセンターチャンネル
関連記事:小田原ケアセンターの「膝」テーマにしたブログ記事一覧
小田原ケアセンター感染予防ポリシー:詳細は小田原ケアセンター感染予防ポリシーをご覧ください。

電話予約は0465-43-9746
ライン@からご予約・ご相談ができます。
友達追加でお得な情報をゲットしよう。友だち追加
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

膝痛を感じたら金剛杖でサポートを

2021年10月10日 | 膝痛・膝の痛み
小田原 駅近 徒歩1分 腰痛 肩こり 成長痛 体のことならおまかせ下さい!ODAWARAケアセンタースタッフ森岡瞳です。
本日のブログは【膝痛を感じたら金剛杖でサポートを】についてです。
年齢を重ねると筋肉量や筋肉バランスの変化により膝に負担がかかってしまい痛みが出てきてしまうのが膝痛。少しでも歩きやすくするために杖をついて歩いている高齢者の方をよく見かけます。
杖をつくことによって、足腰にかかる負担が減り、歩きやすくなったり、体を支える面積が広がるので、ふらつきにくく安定感があります。しかしほとんどの方の持っている杖は腰までの高さしかないので長時間歩いていると手首や肩に負担がかかってしまいます。

▲ひざ痛も小田原ケアセンターのテーピング治療で改善!!

そこでひざ痛の方にオススメしたいのが「金剛杖」です。皆さん金剛杖ってご存知ですか?
金剛杖(こんごうづえ)とは修験者や巡礼者が持つ、八角または四角の白木の杖。長さは身長大。登山者などの用いる杖はこれを転用したもの。コトバンクより

▲金剛杖イラスト

金剛杖を使えば、長さも長くなり杖を持つ位置も高くなるので、手首や肩にかかる負担が軽減されると思われます。もし周りに膝痛でお困りの方がいらっしゃいましたらぜひ教えてあげてください。歩けないほど膝が痛いという場合はテーピング治療でまず痛みを軽減することから始めていきましょう。
腰痛 肩こり 成長痛など体のことでお悩みの方はODAWARAケアセンターへ

小田原ケアセンターHP:小田原ケアセンターホームページ
お問い合わせ:テーピング施術・個別トレーニング等の問合せ
公式YOUTUBEチャンネル:ODAWARAケアセンターチャンネル
関連記事:小田原ケアセンターの「ひざ痛」テーマにしたブログ記事一覧
小田原ケアセンター感染予防ポリシー:詳細は小田原ケアセンター感染予防ポリシーをご覧ください。

電話予約は0465-43-9746
ライン@からご予約・ご相談ができます。
友達追加でお得な情報をゲットしよう。友だち追加
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

膝痛予防〜階段を下ろう編〜

2021年10月05日 | 膝痛・膝の痛み
小田原 駅近 徒歩1分 腰痛 肩こり 成長痛 体のことならおまかせ下さい!ODAWARAケアセンタートレーナー山本篤史です。
ここ数日は天気も良く、気温も高い状態が続いていますね!散歩しやすい時期ですが、水分補給をしっかりして脱水症状や熱中症に注意しましょう!
街を散歩するとき気をつけたいのが、階段です!階段は上りで筋肉を使い、下で関節に負担をかけることが多いので注意が必要です!
今回は階段の下り方を紹介します!階段をうまく使って膝痛、腰痛にならないように運動不足を解消しましょう!

階段の下り方
階段での膝の痛みで多いのは実は、階段の下りなんです。
下る時に膝の痛みや膝の負担が多くなるんです。
なぜかというと下の時は着地時に足への負担は体重×落下スピード(重力)がかかるからなんです。
簡単にいうと階段の上から体重と同じ重さの物を落として、片足でキャッチしている状態なんです。
上りより下の方が膝に負担がかかるのは当然ですよね。
膝のことを考えるとエスカレーターは下が動いている方がいいんです!

なので、階段の下はできるだけ落下を小さくゆっくりすることが重要なんです!









注意点はできるだけ高さを低くくして、手すりなどを上手に使いかかる体重を減らしてゆっくり下りる!

効率の良体の使い方で膝痛を予防しましょう!
詳しく知りたかたは個別トレーニングで一緒にやりましょう!
腰痛 肩こり 成長痛など体のことでお悩みの方はODAWARAケアセンターへ

小田原ケアセンターHP:小田原ケアセンターホームページ
お問い合わせ:テーピング施術・個別トレーニング等の問合せ
公式YOUTUBEチャンネル:ODAWARAケアセンターチャンネル
関連記事:小田原ケアセンターの「膝痛」テーマにしたブログ記事一覧
小田原ケアセンター感染予防ポリシー:詳細は小田原ケアセンター感染予防ポリシーをご覧ください。

電話予約は0465-43-9746
ライン@からご予約・ご相談ができます。
友達追加でお得な情報をゲットしよう。友だち追加
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

膝の痛みは太ももの後ろも要チェック

2021年09月30日 | 膝痛・膝の痛み
こんにちは。小田原ケアセンターの荒井亨太です。今日は膝の痛みは太ももの後ろも要チェックについてです。

【膝の痛みは太ももの後ろも要チェック】
膝の痛みでお悩み方に多いのが、膝の内側が痛む場合ではないですか?膝の内側が痛むとその箇所に湿布や薬を貼ったりしますが、痛みが長引く場合には痛みの原因がそこにはないと思った方が良い可能性があります。

じゃあ原因はどこなのですか?と聞かれれば、太ももの後ろの筋肉が原因かもしれません!(個人差はあります。)
筋肉の名前は、ハムストリングスと呼ばれています。こまかく分類すると、大腿二頭筋(だいたいにとうきん)・半腱様筋(はんけんようきん)・半膜様筋(はんまくようきん)と3つの筋肉でつくられているんですよ!

イラストでみていただくと、これらの筋肉は膝の後ろまで付着している筋肉なんです。
実際に自分で触ってみて、凝った感じがあったり押してみて痛みがあるようでしたら、そこが原因かもしれないのでチェックしてみて下さいね。

▲足を後ろからみたイラスト 筋肉は膝の後ろまで続いている


腰痛 肩こり 成長痛など体のことでお悩みの方はODAWARAケアセンターへ

小田原ケアセンターHP:小田原ケアセンターホームページ
お問い合わせ:テーピング施術・個別トレーニング等の問合せ
公式YOUTUBEチャンネル:ODAWARAケアセンターチャンネル
関連記事:小田原ケアセンターの「ひざ」テーマにしたブログ記事一覧
小田原ケアセンター感染予防ポリシー:詳細は小田原ケアセンター感染予防ポリシーをご覧ください。

電話予約は0465-43-9746
ライン@からご予約・ご相談ができます。
友達追加でお得な情報をゲットしよう。友だち追加
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

膝痛が膝関節自体に問題がない理由

2021年08月19日 | 膝痛・膝の痛み
こんにちは。小田原ケアセンターの荒井亨太です。今日は膝痛が膝関節自体に問題がない理由についてです。

【膝痛が膝関節自体に問題がない理由】
膝に痛みが出るのは、足部の28個の骨の配置が崩れてしまっている可能性があります。
足の骨がその方にとって正しい位置にあれば、足元の土台が安定しているので痛みは起こりにくくなります。もし
痛みが出やすい方は、小指側や親指側もしくは、つま先か踵側に重心が偏ってしまっていることがあります。

小田原ボディケア百科でも膝に関する記事をご紹介しております。ぜひ、ご覧ください!


膝痛は膝だけを治療するのではなく、足元から整える必要性があります。詳しく知りたい方はぜひ、一度ご相談くださいね!

▲膝の痛みはご相談下さい!

腰痛 肩こり 成長痛など体のことでお悩みの方はODAWARAケアセンターへ

小田原ケアセンターHP:小田原ケアセンターホームページ
お問い合わせ:テーピング施術・個別トレーニング等の問合せ
公式YOUTUBEチャンネル:ODAWARAケアセンターチャンネル
関連記事:小田原ケアセンターの「サポーター」テーマにしたブログ記事一覧
小田原ケアセンター感染予防ポリシー:詳細は小田原ケアセンター感染予防ポリシーをご覧ください。

電話予約は0465-43-9746
ライン@からご予約・ご相談ができます。
友達追加でお得な情報をゲットしよう。友だち追加
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする