Whatever will be, will be.

気まぐれ日記。

桜花賞の展望-その1

2019-04-01 00:50:45 | G1
連対馬の傾向。

来ない馬
(1)前走、ダート出走。
(2)前走、下級条件戦(500万、未勝利、新馬)。
 ただし、新馬または未勝利と500万を連勝し、前走1600m以上は除く。
(3)前走、フィリーズレビューを除く、1400m以下に出走。
(4)前走、フィリーズレビューで4番人気以内かつ4着以内でない。
(5)前走、1番人気以外で7着以下。
(6)前走、前々走とも6番人気以下。
(7)前々走が新馬、未勝利戦で勝利かつ前走、500万、オープン特別を勝利を除き、重賞未経験。
(8)前走、1800m以上の場合、勝利または前々走、チューリップ賞で2番人気以下を除き、
  1600m以上で未勝利。
 

残った馬
アクアミラビリス
エールヴォア
グランアレグリア
クロノジェネシス
シェーングランツ
シゲルピンクダイヤ
シャドウディーヴァ(除外対象)
ダノンファンタジー
ノーブルスコア
ビーチサンバ
フィリアプーラ
プールヴィル
ラヴズオンリーユー(除外対象)
ルガールカルム

14頭。

まったく絞れず。。。

さらに絞ると・・・。

基本的な傾向。
・前走がチューリップ賞、フィリーズレビュー、クイーンC以外。
→アクアミラビリス、エールヴォア、グランアレグリア、シャドウディーヴァ、フィリアプーラ、プールヴィル、ラヴズオンリーユー、ルガールカルム

・マイル以上の連対実績なし。
→プールヴィル
・前走、前々走に5着以下がある。
→シェーングランツ
・重賞連対実績なし
→アクアミラビリス、シャドウディーヴァ、ノーブルスコア、ラヴズオンリーユー、ルガールカルム

さらに残った馬
クロノジェネシス
シゲルピンクダイヤ
ダノンファンタジー
ビーチサンバ

4頭。

軸選び

桜花賞トライアルではチューリップ賞が断然
ほぼ毎年連対馬を出している。
基本、有力馬であれば桜花賞と同じ阪神1600mでローテーションが楽なここを使ってくるし、
それらの馬が桜花賞本番で結果を出している。
もう一つの主要ステップレースのフィリーズレビューは傾向として弱い。
そしてアネモネSは中山開催になってから連対馬を出していない。

傾向としては軸に考えるのはチューリップ賞組のそれらしい馬

ダノンファンタジーイチオシ!!

2歳女王であり、チューリップ賞も進路があくまで時間が掛かったが、開いてからは一気の伸び。
当然叩き台でもあり、追い出しが遅れても、着差以上の完勝。
順調に成長してきている感じもある。

阪神JFこそ追い込みとなったが、極端なレースはするタイプでもないので、そのあたりの信頼性もある。
あとは、新馬戦での1.33.9は驚異的だが、これがベスト。
桜花賞の勝ちタイムは馬場や流れがまともならば、1分33秒前半。
ここまでのタイムでは十分走れるだろうが、他馬との力関係が崩れることがないか?

クロノジェネシス次点!!

阪神JFの2着馬でもあり、前走クイーンCも辛勝ながらも勝ち切っている。
能力的には、ダノンファンタジーと勝負付けは済んでいないだけに怖い存在。
ただし、鞍上の北村友が大阪杯を勝った後。
運は使い切った感はあるが...
コメント