Whatever will be, will be.

気まぐれ日記。

天皇賞・秋の展望-その2

2020-10-26 11:44:05 | G1
3着馬の傾向。

来ない馬
(1)連闘。
(2)前走、1600m未満。
(3)前走、ダート。
(4)前走、重賞以外。
(5)前走、9着以下。
(6)3歳以上のJRAのG1勝ち馬を除き、前走、6着以下。ただし、前年の本レース連対馬は除く。
(7)宝塚記念を除き、前走が8月より前。ただし、前年の本レース連対馬は除く。

残った馬
アーモンドアイ
カデナ
キセキ
クロノジェネシス
ジナンボー
スカーレットカラー
ダイワキャグニー

7頭。

さらに絞ると・・・。

ほとんど来ない馬
前走、毎日王冠、京都大賞典以外で4着以下。
16年ステファノスが該当するが基本例外。
→該当なし

6歳以上
09年カンパニーが6歳で該当するが基本例外。
→カデナ、キセキ、ダイワキャグニー

G1勝ちかG1で1番人気になった馬を除き、3歳馬。
連対馬にもほぼ言える事だが、傾向的にはG1級でない3歳馬は苦戦。
→該当なし

個人的見解ではあるが、混合G1では力不足なタイプ。
→カデナ、ジナンボー、スカーレットカラー、ダイワキャグニー

2000m以上未経験。
→該当なし

さらに残った馬
アーモンドアイ
クロノジェネシス

2頭。

アーモンドアイは連対馬のイチオシなので、これ以外から...

クロノジェネシスイチオシ!!

超高速馬場適正は最適ではないが、高速レースにある程度対応してきた実績はある。
3着ならば十分すぎるチャンスがある!!


今年は少頭数で休み明け多数。
毎日王冠を完勝した3歳サリオスは昨年の3歳ダノンキングリー同様、ここを回避。
さらにサートゥルナーリアやワグネリアンなどにも出走してきてほしかったが...
とても残念!!

図式アーモンドアイを勝たせるためのメンバーという感じで、クロノジェネシスどれだけやれるか!?
ポイントはここだけだろう!?
あとはアーモンドアイの状態だけ!!
コメント

天皇賞・秋の展望-その1

2020-10-26 07:28:25 | G1
連対馬の傾向。

16年のリアルスティール、19年ダノンプレミアムは対象外。

来ない馬
(1)連闘。
(2)前走、ダート戦で敗退。
(3)前走、前々走で1600m未満に出走。
(4)前走、重賞以外。
(5)前走、宝塚記念出走、または大阪杯1着及び天皇賞・秋連対実績のある安田記念連対馬を除き、前走が8月より前。
(6)2000m以上のG1連対実績馬を除き、前走6着以下。
  ただし、毎日王冠で1番人気だった3歳馬は除く。
(7)G1連対実績馬を除き、前走、4番人気以下で3着以下。
  ただし、毎日王冠で5番人気以内で0.1秒差以内は除く。
(8)東京の2000m以上のG1勝ち馬を除き、前走、前々走とも5着以下。

残った馬
アーモンドアイ
キセキ
クロノジェネシス
ジナンボー
スカーレットカラー
ダイワキャグニー

6頭。


さらに絞ると・・・。

ほとんど来ない馬
7歳以上
09年カンパニーが勝っているが、これは例外と考えた方が良いだろう。
調教技術の進歩なのか、高齢馬の活躍が目立つ昨今とはいえ、通常、能力は落ちているもの。
主流ではない。
→該当なし

6歳
これも主流ではない。
過去10年では該当馬なし。
主流ではない。
→キセキ、ダイワキャグニー

前走6着以下。
12年エイシンフラッシュ、14年ジェンティルドンナ、17年キタサンブラックが来ているが、主流ではない。
特にこの3頭はG1を何度も勝っている一流G1馬でもあった。
→該当なし

宝塚記念直行組で宝塚記念で未連対、かつ前々走も未連対。
→該当なし

G1連対経験のない前走、前々走とも4番人気以下で、いずれかで連対できていない。
基本的には実績上位馬が強い。
それに割ってくる為には、好走を続けている馬。
人気は単純に実績、実力のバロメータの部分もあり、人気がなく、その通り、
好走できないような馬は底力を求められる東京の2000mでは単純に力不足。
これも09年カンパニーが勝っているが、主流ではない。
→該当なし

前々走、5着以下。
前走も大事だが、前々走凡走も不振。
12年エイシンフラッシュが来ているが、これも主流ではない。
→ジナンボー、スカーレットカラー

2000m以上未経験。
→該当なし

中1週
→ジナンボー

さらに残った馬
アーモンドアイ
クロノジェネシス

2頭

軸選び

アーモンドアイイチオシ!!

今週は天気良好予報。
JRAは超高速馬場に仕上げてくるだろう。
となれば、この舞台ではアーモンドアイ!!
クロノジェネシスは相当に力を付けてきていると思うが、超高速馬場よりは力の要る馬場向きで、
舞台設定は割り引き
コメント

菊花賞の回顧(まとめ)

2020-10-25 21:36:40 | G1
コントレイルが父ディープインパクトに続く無敗の3冠馬に!!

ただ、楽勝をイメージしていただけに思わぬ辛勝
個人的には3冠を取ったことより、底知れぬ能力という感じではなくなった点の方が印象に強く残る結果となった。

折り合いを欠いたという事が大きな要因としているようで、敗因は明白な点は良いだろうし、
この結果を受けて、3000m級のレース(天皇賞・春)は使う事は二度とないのだろうから、
これからはこれまで見せていた能力を全開するのかもしれないが、それでも絶対王者かどうかは微妙になったのも事実。

あとは、コントレイル(とサリオス)は世代問わずのG1級馬としても、クラシック路線のその他の同世代牡馬
G1級とは程遠いレベルであったという事も言える結果で、クラシックで乗り切れなかったが、夏場に成長した
アリストテレスが2着に来れてしまうようなメンバーに過ぎなかったという事も言える。
今回のアリストテレスは成長中でG1路線にこれから行ける可能性は有るが、その他の馬はG1ではほぼ無理という感じ。

となれば、コントレイル本当の真価を問われるのは古馬の強豪との対決、そして忘れてならないのは
同世代の3冠牝馬のデアリングタクトとの対決でどんなパフォーマンスを見せるか!?
順当ならばJCになるのだろうから、大きな試金石になる。

2着アリストテレスはコントレイルを徹底マーク。
直線を向いた時は一旦少し前に抜け出されてしまったが、そこから追いつき、抜くかという雰囲気さえあったが、
あと、一歩届かなかった。
ただ、大善戦
3着馬とは決定的な差を付けていたわけで、単なる上り馬ではない内容
それでも今回は3000mという特殊距離であるし、本当に評価を上げるためには次走以降の結果次第

3着以下はG1という意味では明らかに力不足

連対馬の傾向
1着コントレイルはさらに残った馬4頭のうちの1頭でイチオシだった。
2着アリストテレスは残った馬11頭(実質9頭)のうちの1頭だった。


3着馬の傾向
サトノフラッグは残った馬10頭(実質9頭)のうちの1頭だった。


オッズバランス編
仕方がない部分はあるが、ヴェルトライゼンデ2番人気は被り過ぎだろう。
コメント (2)

常陸景虎(水戸駅)

2020-10-25 01:38:10 | 競馬
水戸駅隣接のエクセルみなみ4階ラーメン街道の1店。
麺処ほん田プロデュースの常陸景虎 Produced by 麺処ほん田へ。

メニュー(券売機)


鶏だし醤油らぁ麺を食べました。

ここオリジナル丸鶏だしベース魚介出汁ブレンドしたスープ。
良い出汁が出てます!
パツパツ系の中細麺と合ってます

細かいことを言うと、スープの温度が若干低い点は改善の余地ありか!?

店員はたまたまなのか狙いなのか全員女性でした 👧👧👧💓
コメント

田吾作(水戸駅)

2020-10-24 00:26:55 | 居酒屋
水戸駅で居酒屋探訪🏮

田吾作


とりあえずのビールお通し


ビールに合いそうなものからオーダー

モツ煮込み


めひかり唐揚げ


日本酒用に...

〆サバ


あん肝ポン酢

鮟肝は絶品!!

そして日本酒は...

茨城の地酒たち。

霧筑波


稲里(熱燗)


〆はつけ麺


魅力的なメニューがたくさんあって、素晴らしい居酒屋でした。

ご馳走様でした
コメント