Whatever will be, will be.

気まぐれ日記。

JBC

2007-10-30 23:25:50 | 競馬
明日は大井でJBC。
行こうかどうしようか迷っているところ。

とりあえず予想は。
JBCクラシック
◎04:ブルーコンコルド
○05:シーキングザダイヤ
▲06:ヴァーミリアン
△12:フリオーソ
△02:サンライズバッカス
×16:クーリンガー
×03:ルースリンド

有力馬では一度使っている分、ブルーコンコルド優勢でしょう。
JCダートでは本命にしないつもりなので、思惑混みでここは勝っておいてほしい。

それと。
プレゼンターが鷲巣あやの。
鷲=コンコルド

ポスターも色が青と紺の2色。
キャッチコピー。
燃えるような来い!をしよう
恋じゃなく来いがポイントで。
来い=来る

ブルー(青)コン(紺)来るどぉ~!!

だと思います。

鷲巣あやのが誕生日が3月2日。枠の2-3ライン。
ポスターの燃えるから3枠は良い。
2枠、3枠にはエルコンドルパサーも入っているし。

馬単なら4→5,6本線。

3連単なら
4→5,6→5,6,12,2の6点が本線。
1,2着の逆目はだいぶ違いそうなので、1,2着の裏目6点も抑えておきたい。
あとは保険で
4→5,6,12,2→5,6,12,2,16,13 の20点

たぶん当たると思う!!


次に。
JBCスプリント
◎09:プリサイスマシーン
○11:リミットレスビット
▲12:ベルモントサンダー
△15:メイショウバトラー
△10:ナイキアディライト
△02:アグネスジェダイ

サイン的なものはないですが、芝のスプリンターズSは7着といってもそう負けていない。
ダート替わりでいっぺんを期待したいプリサイスマシーンが本命。
相手は前走勝っているのにメイショウバトラーより人気が下そうなオッズバランスの良い
リミットレスビット。
南関勢のベルモントサンダーを単穴に。

1番人気有力のメイショウバトラー。
メイショウ+武豊は天皇賞・秋を勝ったばかり。
そんなに良い事が続くわけがなく、ここは危険な人気馬だと思う。(勝ちはない!)
アグネスジェダイも同様。
アグネスアークが頑張った直後では不安一杯。
ならば距離短縮で化けそうなナイキアディライトが怖い。

馬連でプリサイスマシーン流し。
あとはリミットレスビットとの3連単マルチを買ってみたい。
一番の本線は9→11→2,10,12,15

こっちは自信度は低いけど、まぁまぁ良い所でしょう。


【10/31 23:50更新】
結果
JBCスプリント
 6- 9- 2 ×

6番フジノウェーブ、いらないよぉ~
というか直前で、この馬、馬連で買いたそうと迷ったけど、
まぁっいいかって止めたら来てしまった。
せっかくプリサイスマシーンが来たのに・・・

JBCクラシック
 6-12- 2 ×

ブルーコンコルド、4着。
最終コーナーでクーリンガーにはじかれて外に膨れる不利。
致命的ではないにしろ、痛いことは痛い。
当然、陣営はこれが敗因とぶ~たれる事でしょう。
(しかし審議にもならなかったのは不思議)

そして、見解に書いた思惑はもろくも砕かれた。。
思惑とは、実はJCダートではヴァーミリアンを本命にしようとしていたので、
ブルーコンコルドが勝って、ヴァーミリアンには良い感じで負けてほしかった。
これではヴァーミリアンがJCダート1番人気は確定的。
それでも本命は変えないと思うけど・・・
一方、ブルーコンコルドはJCダートではオッズバランスの良い馬になるでしょう。
不利を受けて負け。(不利がなくても勝ちはなさそうだったけど)
ヴァーミリアンがインを空いたところを突いて走ったのに対して、
ブルーコンコルドは、終始外外を走っていて、コース取りでは相当の差がある。
レースの中身は不利分も合わせればこの2頭、このレースの中身は互角。
単純に騎手の腕のさもあると思うが・・・

ということで、惜しくも?痛恨の連敗。。。
コメント (2)

ファンタジーSの展望

2007-10-30 22:01:02 | 競馬
続いてファンタジーS。

過去10年から脱落組。
(1)前走、4着以下
(2)前走、未勝利

この2つだけですが、残った馬。
エイムアットビップ
オディール
ドリームローズ
パッションローズ
ビーチアイドル
マイネレーツェル
ルルパンブルー

7頭。

ここから絞ると。
ファンタジーSの勝ち馬からは古馬G1馬を多く輩出。
スケールの大きそうな馬が良い。

あとは、最近は福永、武豊のどちらかが毎年連対。

これらから福永鞍上予定のエイムアップビップ。
または武豊鞍上予定のドリームローズ。

この2頭が主軸。
勝つのはどちらか?

信頼度でエイムアットビップ
ひょっとすると大物の可能性がある未知の魅力でドリームローズ

こんな感じか?
コメント

アルゼンチン共和国杯の展望

2007-10-30 21:36:52 | 競馬
G1同様に前走成績を主に見た連対馬の傾向です。

過去10年から。
(1)前走、条件戦の場合は5歳以下で連対。連対できていない場合は3着&重賞での好走歴がある。
(2)前走、オープン特別は1着。
(3)前走、重賞の場合は4歳以上の場合は4着以内or4番人気以内であった。
(4)前走、重賞出走組は今回ハンデ55キロ以上。
(5)牝馬連対なし
(6)前走、G1は特例
(7)古馬は前走55キロ以上で出走

残った馬
アドマイヤジュピタ
ダンスアジョイ
ダークメッセージ
トウカイトリック
トウショウナイト
ネヴァブション

以上、6頭。

過去には荒れるハンデ戦の印象だが、最近はそれほどでもない。
(去年は1,2番人気で決着)

改装後の過去4年に絞ると3歳の軽ハンデが2連対しているが、それ以外は
55キロ以上の馬。
10月の重賞をステップに来ている。

以上から主軸候補
トウショウナイト
ネヴァブション

この2頭のどちらか。

というかこの2頭以外は該当しないので、この2頭で良い気がする。

といっても割り込んでくる馬も十分ありえる話なので、妙味のところを狙いたいところ。

妙味かは別にして、東京巧者のチェストウイングは良さそう。
それに条件戦からだが、圧勝してきたアドマイヤジュピタ。
あとは前々走、京都大賞典4着のダンスアジョイ。
(京都大賞典2着が天皇賞・秋4着のポップロック、3着が菊花賞2着のアルナスライン)

人気がなさそうなら、ダンスアジョイが狙い目か?
コメント

天皇賞・秋のおさらい

2007-10-30 00:24:53 | 競馬
その1-前走成績の成績から連対馬の傾向

緩めにして残った馬。
アグネスアーク、アドマイヤムーン、カンパニー、シルクネクサス、スウィフトカレント、
ダイワメジャー、チョウサン、デルタブルース、ブライトトゥモロー、ポップロック、
マツリダゴッホ、メイショウサムソン

一応、3頭とも残っていました。
12頭の居るから当たり前といえば当たり前ですが・・・

最終的に絞って残った馬
アドマイヤムーン
メイショウサムソン

勝ったメイショウサムソンは残っていました。

まぁそれほど自慢できる内容でなく、もう一つ冴えない結果な感じも・・・

次。。。

その2-オッズバランス
やはり武豊の自信のコメントか?
それと雨とかの影響もか?
まさかのメイショウサムソン1番人気。
でも、当然といえば当然の1番人気。
問題はダイワメジャー。
なかなか人気が上がらず、ポップロックより人気がないときがずっと続きました。
土曜の雨の影響?

これはオッズバランスからいけば、かなり良いのですが、結果から見ると、
不利がなくてもダメっぽかったし不発。
というか、みんな良く分かっていた?

あとポップロックは人気になりすぎ。
これはオッズバランス悪すぎ。

あとはアグネスアーク金曜の時点で1番人気。
これは、普通に考えればオッズバランスは超悪すぎ。
でも、結果は1着じゃないけど、2着に来た。
誰が買ったのか知らないけど、よほど自信があるという情報が流れていたのか???

その3-ポスター
メイショウサムソン、そのままの1着。

色(枠)は外れたけど、天皇賞・秋のポスターに関しては色より、ジャングルポケットを
読めるか?
ここがポイントでした。
結果、感心するほど見事な読み。
見事なまでに結果が当たり大満足。

ちなみに今、調べて分りましたが、ジャングルポケットがダービーで勝ったときの
2着ダンツフレームは9番3着ダンシングカラーは6番でした。

調査不足を痛感。。。

これに気付いていれば、100円でも18万。。。


サイン読みはかなり良い感じの結果。
ただ、詰めが甘かった。

今度はエリザベス女王杯。
ポスター。
今度は枠も番号もありません。

ちなみにキャッチコピーは強いものがいちばん美しい。

強いもの?
とりあえずG1を勝っている馬かな?



コメント

天皇賞の進路妨害よりも・・・

2007-10-29 23:45:00 | 競馬
G1だけあって天皇賞・秋の降着事件については、関係者も憤慨しているようだし、
馬券を買った人も不満一杯の人もそこそこ居るようだけど、不利があるのも競馬だし、
個人的には、メイショウサムソンから流していたので、不利がなければ、
2,3着は別の馬になったかもしれないので、当たった可能性があったので、
悔しいけど、不利があるのも競馬であるので、それ自体は仕方がないので、
結構、あっさり諦めれます。
五十嵐が戒告処分で済まされるのは納得できないけど。

それよりJRAの進路妨害の規定の曖昧さに大いに不満がある。
天皇賞のエイシンデピュティが降着になるのは当然として。
降着になるのは、大抵、正しい判断であると思います。
なので、これで外れても仕方がないと思います。
そのレースだけで言えば。

ところが、降着にならないのとなるのものの差があまりにも不明確。
だから、馬券を買っている当事者になって、当たりハズレが逆転すると
納得できない。

ということで、10・28(日)福島9R。
ゴール直前で、1着入線のノボタイタンがよれて、そのうしろにいた4着入線の
エイシンシテンノーの進路を邪魔したのでは?と審議になった。
採決結果は降着なし。

しかし、どうみてもエイシンシテンノーは不利を受けているように見えていて、
実際、ノボタイタンの田辺騎手は罰金3万を課せられている。
ようするにJRAも邪魔したことは認めている。
でも、着順には影響がないということだと思うが・・・
ノボタイタンをエイシンシテンノーが抜くことはどう考えても抜ける状況では
なかったのだけど、問題は3着のダイキチヘイローとエイシンシテンノーの着差は
鼻差です。

エイシンシテンノーはゴール前、追えなくなっていた訳で、まともに追えていれば、
3着は普通にあった。

これが何故、降着にならないのか?
(降着になれば的中)

最近、降着で馬券を2度ほど的中馬券を逃し(それもほとんど影響がないような)、
今回は逆に降着にならずに的中馬券を逃している。

ここまで続くとツキがないだけでは納得できないぞ、JRA


コメント