Whatever will be, will be.

気まぐれ日記。

ベスト8・準々決勝のカード

2006-06-29 02:30:13 | サッカー
年月日     曜 開始時間  対戦カード                開催地 
2006/06/30 金  24:00    ドイツ - アルゼンチン     ベルリン 
2006/06/30 金  28:00    イタリア - ウクライナ     ハンブルク 
2006/07/01 土  24:00    イングランド - ポルトガル ゲルセンキルヘン 
2006/07/01 土  28:00    ブラジル - フランス       フランクフルト 

赤文字が勝利予想

この中で優勝しそうなチームはドイツ、アルゼンチン、イングランド、ブラジル。
よって、ドイツ-アルゼンチン戦は大一番!
一応、ドイツ贔屓なので、ドイツの勝利を期待していますが、激しい試合になりそう。
ポルトガルも優勝する力があると思ってましたが、1回戦で審判にも問題があると思うけど、
乱戦に乗ってしまって、デコが不注意なイエロー2枚で退場で、出れないのは痛いし、
ああいうところで冷静に対処できないようでは、優勝は厳しいでしょう。
Cロナウドの怪我も心配だし。
イタリア、ブラジルは順当勝ちとみます。

コメント (1)

女子大生誘拐事件

2006-06-27 23:55:58 | Weblog
明朝、誘拐させていたという女子大生が保護されたとのことで、
記者会見(というかインタビュー?)がニュースで報道されていた。

見て、直感的に感じたのは、親子とも妙に淡々としているところで、
これって、偽装誘拐とかじゃないのか?と思った。
しかし、犯人は捕まっているし、夜のニュースを見ると、犯人たちは
誘拐を計画していたらしいので、本当に誘拐されたみたいだけど・・・

あの親子。
誘拐直後の母親と娘だと、もう少し、感情的な部分が表に出るように思えて。
精神的な強さがあるってことなのかな?

それにしても、記者会見用の会場とかぐらいは用意されてもいいと
思うんだけど、その辺も普通よくある誘拐事件と雰囲気が違い、
妙な違和感を感じた。

実際、誘拐されたあとだと、逆にあのくらいのテンションが普通なのかな?


コメント

強豪国の底力

2006-06-27 02:11:20 | サッカー
イタリア、ロスタイム終了間際の劇的なPK決めて勝利!!

DFの要マテラッツィが、後半早々一発退場で苦しい試合となったが、
伝統の鉄壁守備「カテナチオ」は健在。
一人一人が献身的な守備でオーストラリアに点を与えず。
(見ていて、これは守り切るなと予感させるような雰囲気を感じていた)
そして、ドラマは後半終了間際にやってきた。
左サイド突破のグロソな絶妙なPKもらいの倒れこみ。
(一歩間違えば、シミュレーションもの)
審判、騙させ?PK。

これをトッティが決めると同時に試合終了。
途中出場のトッティ。
それまでも良いプレイを見せていたし、ゴールを決める時の目は、
なかなか格好良かった。

強豪国って言うのは、苦しい展開でも要所はしっかり抑えた試合をし、
底力というのが違うんだと思う。

それにしてもガットゥーゾは良いな。
あたりが強く、要所を押させる守備。
体はそんなに大きくないけど、メチャクチャ頑丈そう。
こういう選手、ヴェルディにいれば・・・
根占も頑張っているんだけど・・・
やっぱ、ゼ・ルイスに期待か?
それと、こういう献身的な守備をすれば、もっと確実に失点は防げる。

ヴェルディの選手たちって、ワールドカップの試合とか見ているんだろうか?
コメント

得点力不足解消に大いに期待

2006-06-26 00:36:27 | サッカー
川崎を退団したマルクスを獲得。
早ければ、今週から出場もありそう。
既にJリーグで十分な実績を積んでいる得点が取れる選手。
得点力不足に悩むヴェルディとしては、その期待は相当なものです。
バリージオ(現状ヴェルディでは一番のFW)も怪我から復帰してきたので、
ブラジルラインでバンバン点を取ってほしいものです。
それと、DF陣は良い感じに収まってきたと思ったら、大量失点が続く近況。
そもそも先週は、詳しい事情は分からないが、戸川を交替した不可解な起用も。
点を取る前に点を取られないのが最優先。
そこの建て直しと、変な選手起用(交替)は止めてくれラモス!!

で、DF強化にはゼ・ルイスも期待したいんだけど、そろそろ出てきてくれるのかな?

P.S
デジウソン、アナイウソンは退団決定。
まぁ仕方がないかな。。。
コメント

宝塚記念の見解...

2006-06-25 06:47:04 | 競馬
基本的にはアンチ・ディープインパクトですが、ここでは
本命にするしかないでしょう。

対抗はディープインパクト以外ならば、相当強いはずのリンカーン。
こっちが嵌って、ディープが流れに乗りそこなったりしたら、一発逆転も。

単穴は皐月賞の勝ちっぷりなら、距離は問題ないし、先行押し切り作戦が巧くいけば、
十分上位争いできそうなダイワメジャー。

あとは、安田記念がまったくの不完全燃焼だったカンパニー。
穴候補はもう調教を繰り返しているナリタセンチュリー。
叩き一変注意。
突然走ることがあるファストタテヤマも注意。
今週は軽め調教も先週、先々週はかなり良い追い切りをした模様。

コスモバルクは、帰国時に一頓挫あったので、割引。(切る)

◎08:ディープインパクト
○01:リンカーン
▲04:ダイワメジャー
△09:カンパニー
★07:ナリタセンチュリー
×11:ファストタテヤマ
×05:ハットトリック

3連単F
8→(1,4,9)→1,4,9,7,11,5
馬単
8→1,4,9,7,11,5
一応裏も少し
1,4,9→8
コメント (1)