Whatever will be, will be.

気まぐれ日記。

第一亭(日ノ出町駅)

2019-10-19 00:23:50 | 居酒屋
第一亭


孤独のグルメにも登場した人気店。
いまはやりの町中華の名店です。

チート


パタン


ホルモン炒め


焼きビーフン


これらでレモンサワー多数🍋!!

チートとパタンは孤独のグルメで五郎さんも食べていたと思います。

美味しい料理たちでした!
コメント

煮干そば平八#再訪50(横須賀中央駅)

2019-10-18 01:00:15 | ラーメン
お馴染みの平八。

この日(10/13)は...。


秋刀魚そばもありましたが、生姜煮干そばにしました。
780円

名前そのままですが生姜が効いた煮干そば
生姜が良い味出してます

これ(レギュラー)は醤油味ですが、塩味にした方がもっと美味しいかも!?

あと、この日は麺のパツパツ感が弱かった...。
台風の影響で湿度が影響!?
コメント

サラ・ベルナールの世界展(横須賀美術館)

2019-10-17 02:02:05 | 
横須賀美術館


開催中(~11/04まで)のサラ・ベルナールの世界展に行きました。


サラ・ベルナールの生涯を彼女を描いた肖像画やミュシャなどの著名作家が描いた絵画
さらには彼女を撮った写真などを通して、紹介しています。

ミュシャの作品椿姫ジスモンダなど、いくつかあります。
何より、(平日にしても)ガラガラに空いているので、ゆっくり見ることが出来て良かったです。

これらが入場入口にある撮影スポットのモノ。

入場しなくても(たぶん)無料で見ることができます

逆に場内はすべて撮影禁止です。

場所が場所だけにアクセスはあまり良くない美術館ですが、その分、人が来ないので、
好きな人にはゆっくり落ち着いて見られて良いと思います。
この作品展に限ったことではないかもしれませんが...
コメント

菊花賞の展望-その2

2019-10-16 02:22:00 | G1
3着馬の傾向から。

極悪馬場だった18年のポポカテペトルは除く。

来ない馬
(1)前走、ダート。
(2)前走、8月より前。
(3)前走、下級条件。ただし、前走、2勝クラスの2200m以上の勝ち馬は除く。
(4)前走、8着以下。
(5)前走、4着以下。
  ただし、勝ち馬と0.5秒以内またはオープンクラスの芝2000m以上の勝利馬または
  神戸新聞杯4着馬または皐月賞、ダービーとも4着以内馬は除く。


残った馬
ヴェロックス
ザダル
サトノルークス
バラックパリンカ
ホウオウサーベル
レッドジェニアル
ワールドプレミア

7頭。

さらに絞ると・・・。

傾向的にあまり来ない馬

神戸新聞杯で1,2着馬。
→ヴェロックス

セントライト記念で3着以下。
→ザダル

前走、下級条件で圧勝できていない。
→該当なし


さらに残った馬
サトノルークス
バラックパリンカ
ホウオウサーベル
レッドジェニアル
ワールドプレミア

5頭。

軸選び

一応、神戸新聞杯組が主流

負けすぎな馬も良くなく、着順はともかく0.5秒差くらいのレースができていると良い。

ワールドプレミアイチオシ!!

サートゥルナーリアとは0.7秒差と離されたが、そのサートゥルナーリアは今回居ないわけで、
2着ヴェロックスとは0.2秒差。
十分資格はあるだろう。
神戸新聞杯は最後の伸びが切れすぎる感じがあって、3000mとなると長すぎる危険を感じなくもないが、
良血馬の底力はあるはずで、3着だったら十分考えられるだろう。

もう1頭のレッドジェニアル有力
次点扱い!!
神戸新杯は前目に行って残れなかった4着の内容は、むしろ菊花賞向きな意味はある。
コメント

菊花賞の展望-その1

2019-10-15 00:06:15 | G1
連対馬の傾向から。

極悪馬場だった18年のクリンチャーは除く。

来ない馬
(1)神戸新聞杯で着外(6着以下)。
  ただし前々走で芝2000m以上の2勝クラスを1番人気で勝った馬と
  前々走がダービーで、勝ち馬と0.8秒差以内は除く。
(2)神戸新聞杯で4着、5着の場合、6番人気以下。
(3)セントライト記念で3着以下。
  ただし、前々走で芝2000m以上の2勝クラスを連対は除く。
(4)前走、下級条件の場合、2勝クラスの芝2000m以上で勝利以外。
(5)前走、重賞以外で10着以下。
(6)前走から間隔が中1週以下。
  ただし、古馬重賞3着以内は除く。
(7)前走、古馬重賞の場合、4着以下。
  ただし、過去に重賞勝ち(理想は京都の重賞勝ち)は除く。
(8)前走が8月より前。ただし、連対率100%で全レース1番人気だった馬は除く。


残った馬
アドマイヤスコール
ヴェロックス
カウディーリョ
サトノルークス
バラックパリンカ
ホウオウサーベル
レッドジェニアル
ワールドプレミア

8頭。

さらに絞ると・・・。

傾向的にあまり来ない馬

セントライト記念3着以下
よほどの能力がある馬でない限り、まず来ない。
→該当なし

そもそもセントライト記念組
傾向としては弱い。
→サトノルークス

前走、下級条件
相当な強さを示しているようでないと傾向としては苦戦。
辛勝程度では到底無理。
→アドマイヤスコール、カウディーリョ、バラックパリンカ、ホウオウサーベル


今年すべて着外
→該当なし

さらに残った馬
ヴェロックス
レッドジェニアル
ワールドプレミア

3頭。

軸選び

たいていの場合、ここまで残る馬の大半は縛りの関係もあって神戸新聞杯が中心
今年は3頭は神戸新聞杯組。

最近は神戸新聞杯の勝ち馬が菊花賞に出走してこないこともあり、今年も...。
傾向としては微妙は意味はあるのだが...。

それでも基本は、ほぼ毎年連対馬を出す神戸新聞杯組が中心で考えるのが妥当だろう。


ヴェロックスイチオシ!!

神戸新聞杯は走破タイム平凡のスローの瞬発力のレースになって、サートゥルナーリアに完敗となったが、
それでもヴェロックス自体もそれなりに走れているし、このスローな流れで切れすぎるようでは、
菊花賞に向けてはあまり良くないので、あのくらいの切れ味が良く菊花賞の叩き台としては良かったと思う。

当然、菊花賞が目標で状態アップもあるだろう。
春の実績から世代最高レベルの1頭であることは間違いなく、普通に走れば勝てる立場!!
コメント