Whatever will be, will be.

気まぐれ日記。

ジャパンカップの展望-その1

2018-11-19 06:36:35 | G1
連対馬の傾向。
対象は日本馬のみ。(前走、海外は除く)。
15年のラストインパクトは例外。
ムーア効果が絶大という事で、傾向には当てはまられない。

来ない馬
(1)前走、ダート。
(2)前走、重賞以外。
(3)前走、G1以外で3着以下。ただし、G2戦で勝ち馬と0.2秒差以内は除く。
(4)前走、3番人気以下でかつ5着以下。
 ただし、前走が休み明けでの天皇賞・秋出走でかつ2400m以上のG1勝ち馬は除く。
(5)前走、3着以下でかつ前々走も3着以下。
 ただし、どちらかでG1で1番人気だった馬、または、前走が休み明けでの天皇賞・秋出走でかつ
 2400m以上のG1勝ち馬、または、前走が休み明けでのG2戦で僅差負けでかつJC3着以内実績馬は除く。

残った馬
アーモンドアイ
サトノダイヤモンド
スワーヴリチャード
ミッキーロケット(回避)

4頭(実質3頭)。


さらに絞ると・・・。

傾向的に弱い馬。
(1)前走が10月より前
→該当なし
(2)G1連対なし(過去10年だとスクリーンヒーローのみ)
→該当なし


さらに残った馬
アーモンドアイ
サトノダイヤモンド
スワーヴリチャード

3頭。


このレースの王道はG1で実績を数多く上げているその時期の日本のエース格の馬が活躍する。

アーモンドアイイチオシ!!

3歳牝馬のレースとは言えG1・3勝の牝馬3冠馬。
勝ちっぷりやタイム的に古馬でも通用してもおかしくないレベルに既に到達しているとみて良いだろう。

特に古馬の最強馬といって良いはずのレイデオロがここを回避。
今が旬と言えるような馬がほとんどいないのが現実で、古馬陣はかなり手薄感があるのは否めない。

旬と言える唯一の古馬スワーヴリチャード
残った馬でもある。
前走は致命的な出遅れがすべて。
それが無かったら通じたとは一概には言えないが、実績的には東京競馬では走るタイプである。

普通にレースが出来れば、上位争いはしてきて良い存在だろう。

もう1頭の残った馬のサトノダイヤモンド前走は勝ったが、まだまだ物足りなさが残ったのも事実で、
完全復活したとは到底言えない状況。
前走からさらに上積み(復活)してこないと厳しい部分はあるだろう。
ただ、日本馬に関しては、その他の馬も大した馬でもないので、前走からもう少し上昇度があれば、
上位争いを出来ても不思議ではない。
コメント

マイルCSの回顧(まとめ)

2018-11-18 16:20:55 | G1
回顧は時間の関係で割愛。
と思ったが、一言だけ。
7Rの500万クラスと1000m通過も大して変わらず、勝ちタイムも大して変わらない1.33.3。
大凡戦でしょう!!
この年の勝ち馬はステルヴィオと記録に残る!!
しかしこのレースでこの馬が強いと思う事はない!!
みんな弱くてもどれかは勝つわけで、1着入線した馬が勝利馬となる。
ただそれだけ。
その象徴がカツジの4着だろう!!

連対馬の傾向
ステルヴィオはさらにさらに残った馬3頭のうちの1頭だった。
ペルシアンナイトは残せなかった。

(5)前走、1600~1800mで5番人気以内かつ3着以内でない。
 ただし、前走、不良馬場で2番人気でかつG1連対経験馬と前々走で連対馬は除く。

(5)前走、1600~1800mで5番人気以内かつ3着以内でない。
 ただし、前走、不良馬場で2番人気でかつG1連対経験馬と前々走で連対馬と前年の勝ち馬は除く。
 
3着馬の傾向
アルアインは脱落にしていたが、G1馬なので、(1)の特例でクリアしていたので、
本当は残った馬9頭のうちの1頭だった。

オッズバランス編
特になし。
コメント

マイルCSの展望-その2

2018-11-13 00:03:15 | G1
3着馬の傾向。

3着に来るタイプ
(1)前走または前々走のどちらかで2000m以下の重賞連対。
ただし、G1馬は5着以内でもOK。
(2)前走、前々走ともG1。(着順は問わず)
(3)連勝中の上がり馬。(昇級馬)
(4)同年、京都のオープンクラスの1600m~1800mで高速タイムで勝利。

残った馬
アエロリット
ケイアイノーテック
ジュールポレール
ステルヴィオ
ミッキーグローリー
モズアスコット
ロジクライ
ロードクエスト

8頭。

さらに絞ると・・・

前々走より、前走、連対組(好走)が良い。
→アエロリット、ステルヴィオ、ミッキーグローリー、モズアスコット、ロジクライ、ロードクエスト
5歳以下が主流。
→全8頭
距離短縮組(前走1800m以上)。
→アエロリット、ケイアイノーテック、ジュールポレール、ステルヴィオ

傾向に強い馬
アエロリット
ステルヴィオ

2頭。

2つクリアの3頭。

アエロリットは連対馬のイチオシなので、その他から...

ステルヴィオイチオシ!!

3歳世代トップレベルの1頭。
皐月賞、ダービーはクラシックレースには物足りない緩いレースで後方勢出番なしのレース。
それでも良い末脚は見せていた。
それとまだ適正は決めつけられないが結果的に1600~1800mくらいの適正がベストのように思える。
手薄の古馬陣だけに3着ならば十分チャンスがあるだろう。
コメント

マイルCSの展望-その1

2018-11-12 00:34:30 | G1
連対馬の傾向から。
対象は(今年は外国馬が居ないが)日本馬のみ。

来ない馬
(1)前走、9月より前。ただし、同年の安田記念勝ち馬は除く。
(2)3歳馬でかつ重賞勝ち馬を除き、前走ダート。
(3)前走、重賞以外。
(4)前走、1400m以下で3着以下。ただし、前々走でマイル重賞連対馬 or 近3走で2回以上1番人気 or
 スワンSで0.1秒以内だった馬は除く。
(5)前走、1600~1800mで5番人気以内かつ3着以内でない。
 ただし、前走、不良馬場で2番人気でかつG1連対経験馬と前々走で連対馬は除く。
(6)前走、G1以外の2000m以上に出走。ただし、京都の1800m以下の重賞勝ち馬(京都実績が際立っている)は除く。
(7)前走、2000m(G1)の場合、"前々走が好走"or"前年連対"or"本年マイル重賞連対"or
 "前走、天皇賞・秋で0.6秒差以内"のいずれでもない。
(8)前走、前々走とも2000m以上。ただし、京都の1800m以下の重賞勝ち馬(京都実績が際立っている)は除く。
(9)連闘

残った馬
アエロリット
ケイアイノーテック
ステルヴィオ
ブラックムーン
ベステンダンク
ミッキーグローリー
モズアスコット
レッドアヴァンセ
ロジクライ
ロードクエスト

10頭。


さらに絞ると・・・


大きなくくりでいうと5つの傾向があり。
(1)前走、人気でかつ好走。
  →アエロリット、ステルヴィオ、ミッキーグローリー、モズアスコット、ロジクライ、ロードクエスト
(2)前走人気で凡走したが、前々走は好走している。
  →ケイアイノーテック
(3)マイルのスペシャリスト(実績ベース)
  →アエロリット、ケイアイノーテック、ブラックムーン、モズアスコット、レッドアヴァンセ、ロジクライ
(4)1800~2000m(特に2000m)で通用する底力(実績ベース)
  →アエロリット、ステルヴィオ、ミッキーグローリー
(5)前走1600m以上
  →アエロリット、ケイアイノーテック、ステルヴィオ、ブラックムーン、ミッキーグローリー、レッドアヴァンセ、ロジクライ
 
(1)、(2)は両方該当は有り得ないが、3項目以上該当ならば有力。

さらに残った馬
アエロリット(4つ)
ケイアイノーテック(3つ)
ステルヴィオ(3つ)
ロジクライ(3つ)

4頭。

それにさらに付け加えると。
(6)6歳以下
  →全馬クリア
(7)前走、前々走のどちらかで連対
  →全馬クリア
(8)G1経験(4歳以上の場合は古馬G1が対象)
  →ロジクライ以外
 
さらにさらに残った馬
アエロリット(4つ)
ケイアイノーテック(3つ)
ステルヴィオ(3つ)

3頭。

アエロリットイチオシ!!
一応、唯一4つクリアのため。

安田記念2着の実績もあるし連軸として有力!!
コメント

エリザベス女王杯の回顧(まとめ)

2018-11-11 17:24:15 | G1
回顧は時間の関係で割愛。

連対馬の傾向
リスグラシューはさらに残った馬5頭のうちの1頭で、イチオシだった。
クロコスミアは残った馬13頭(特例扱い馬を除けば8頭)のうちの1頭だった。

3着馬の傾向
該当馬はリスグラシューのみで、そのリスグラシューが1着(連対)なので、事実上該当馬なし。
よって、今年のモズカッチャンは参考外。

オッズバランス編
特になし。
コメント