Whatever will be, will be.

気まぐれ日記。

01/05京都10R万葉S(検討)

2010-12-31 18:14:00 | 競馬
◎モンテクリスエス
○スリーオリオン
▲トウカイトリック
△トウショウウェイヴ
△メイショウドンタク
△コスモエンペラー
×ザサンデーフサイチ
×マイネルシュトルム

【見解】
去年2着のモンテクリスエスは今年も56キロで出走で有力。
ステイヤーの適性はそれなりに持っているし、相手関係から見てもここでは上位。
スリーオリオンは3000m級のレースは初だが、厳しいレースだったアルゼンチン共和国杯で
4着と頑張っているので、スタミナはあるはず。
スローで決め手勝負ならば逆転も。
トウカイトリックは近2走の海外の惨敗はノーカウント。
去年の勝ち馬。
去年より1キロ重い58キロはマイナス条件ではあるが、ステイヤーの適正は高いことは確かであるし、
去年は阪神大賞典も勝っている。
海外の2戦とその前のG1の天皇賞・春は条件や相手関係が厳しかったが、オープン特別の手薄な相手なら、
普通に通用して良いはず。
今回は人気が落とす1戦必至でもあり、馬券的にはここが狙いか。
メイショウドンタクは天皇賞・春3着ではあるが、その着順がそのまま実力ではあるはずもなく、
距離適性はあるかもしれないが、今回は人気の一角が有力でもあるし軽視。
コメント

01/05中山10R初日の出S(検討)

2010-12-31 15:35:05 | 競馬
◎ドスライス
○メトロノース
▲デイトユアドリーム
△リリーハーバー
△ケイアイダイオウ
△ノルマンディー
×ガンドッグ
×トーセンクロス
×ゴールドエンデバー

【見解】
中山巧者のドスライスが有力。
前走も好タイムの3着。
オープンでの好走実績もあり、地力上位の1頭。
メトロノースは近走安定。
ただ、1200mは1戦だけだが、実績面で見劣るので2番手。
あとは昇級でも現級好走実績のあるデイトユアドリーム。
昇級の壁はない。
あとは連下に結構揃った伏兵陣からどれを選ぶか。(どれが出来てくるのか?)
今のところ、リリーハーバー、ケイアイダイオウ、ノルマンディーあたりで。
コメント

御朱印_2010年の成果

2010-12-31 14:44:40 | 
今年の御朱印の成果。

28寺、11神社で54個の御朱印を頂きました。

去年は22寺、8神社で37個だったので、今年は近場は行っていないし、行く所も限られてきていて、
また、2ヶ月間、アメリカにも行っていたことなどを考えると、今年は結構、多く集めれた方かもしれません。

今年行った主なところは・・・。

奈良の唐招提寺、薬師寺、長谷寺、室生寺
山梨の身延山(久遠寺)
島根の出雲大社、八重垣神社、神魂神社
京都の高雄三尾(高山寺、西明寺、神護寺)
和歌山の高野山

今年は、奈良遷都1300年。
特別公開の秘仏などの鑑賞を兼ねて、3月に奈良行ったのは結構充実していて満足出来ました。
これで奈良は(自分の中の)主要なところは殆んど行った感じ。

あとは、待望だった身延山、出雲大社、高野山に行けたのも良かった。

来年は遠出ではあまり行くところは考えていませんが、去年あたりから行こうと思いつつ行けていない
靖国神社など、近場の主要な所に行きたいと思っています。


さて最後に。
トップの画像は、奈良の唐招提寺、薬師寺の御朱印。
コメント

奥飛騨温泉郷 平湯温泉

2010-12-30 16:51:45 | 
奥飛騨温泉郷 平湯温泉


12/17(金)から2泊3日で行った岐阜旅行。
1日目に1泊した平湯温泉のフォトチャンネル。

平湯神社と宿泊した「穂高荘 山がの湯」の朝夕の食事です。
コメント

中山金杯の展望-その2

2010-12-30 07:12:15 | 競馬
3着馬の傾向

来ない馬
(1)前走ダート
(2)前走1600m以下
(3)前走非重賞で4着以下
(4)前走、前々走とも11着以下
(5)前走、前々走のどちらかで4番人気以内がなく、前走着外

残った馬
オートドラゴン 54.0 (除外対象:全体24番目)
ケイアイドウソジン 56.0
コスモファントム 56.0
ゴールデンダリア 57.0
セイクリッドバレー 56.0 (除外対象:全体17番目)
ナリタクリスタル 56.0
バトルバニヤン 57.0
マッハヴェロシティ 54.0 (除外対象:全体20番目)
モエレビクトリー 54.0


9頭。


さらに絞る。

パターン的には。
(1)非重賞好走組または重賞凡走組
(2)中山実績が比較的優秀
(3)2000m実績が比較的優秀
(4)当日6番人気から11番人気の伏兵、穴馬

今回、重賞凡走組で残った馬はいない。

4つにすべて当てはまりそうな馬。


ケイアイドウソジンとセイクリッドバレーが有力!!


1頭挙げるならセイクリッドバレーイチオシ!!

ケイアイドウソシンに比較して、重賞実績があり、近走は末脚不発に終わっているが、それほど大きく
負けているわけもなく、過去の実績の割に人気がない事が予想されて、妙味がありそう。

尚、G1展望のときに行っているオッズバランス編、調教編は割愛予定。
コメント