機械翻訳2

興味のある科学/医学ニュースを適当に翻訳していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パーキンソン病の有望な薬、ウルソデオキシコール酸の研究

2015-08-11 08:02:12 | 
Promising drug for Parkinson's disease: Study supports fast track to clinical trials

August 9, 2015

http://www.sciencedaily.com/releases/2015/08/150809223939.htm

シェフィールド神経科学トランスレーショナル研究所/Sheffield Institute of Translational Neuroscience (SITraN) の学者がヨーク大学の研究者と協力して実施した先駆的研究は、
ウルソデオキシコール酸ursodeoxycholic acid/UDCAのパーキンソン病患者に対する臨床試験への早期着工fast-trackingを支えるsupport

ウルソデオキシコール酸/UDCAは、LRRK2に変異があるパーキンソン病患者、または変異があっても自覚症状のない人の両方で、ミトコンドリアの機能を改善する
それは酸素消費と細胞エネルギーレベルを増大させることにより実証された


ショウジョウバエの実験では、
LRRK2変異によるドーパミン作動性ニューロンへのミトコンドリア障害は、視覚機能の喪失の進行を通してthrough the progressive loss of visual function観察monitoredできるが、
UDCAを与えた変異ハエは視覚の応答を維持した
(ドーパミン作動性シグナル伝達が維持された)


http://dx.doi.org/10.1212/WNL.0000000000001905
UDCA exerts beneficial effect on mitochondrial dysfunction in LRRK2 G2019S carriers and in vivo.

LRRK2のG2019S変異




http://blog.livedoor.jp/xcrex/tag/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%85%B8
>SITraNの研究チームによって、機能不全に陥ったミトコンドリアの機能を回復させる物質が発見された。
>進行性の神経症状を持つ人々の皮膚細胞を利用して2000以上の物質の効果を調べたところ、肝疾患の治療に使われるウルソデオキシコール酸(UDCA)が特定された。

この記事についてブログを書く
« アルツハイマー病に関わる酵... | トップ | 1型糖尿病の合併症発症への新... »
最近の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事