無法者頭と特別な乗騎

バイクとTRPGの記録

ドラゴン金貨を追え-2(ネタばれ注意)

2021年03月20日 | ドラゴン金貨を追え
連れ去られたプルーンを追って、下水道に残されたザナサーギルドの符丁をたどる。丁字路の暗がりで、待ち伏せる浮遊する目玉の怪物を発見した。複数ある目玉から発射される怪光線に耐えながら接近する。ロサの魔法とメネルのダガーが背後から敵に飛んで行く。私が近接したときには怪物は虫の息だった。とどめの一撃を放ち、息の根を止める。



跳ねるようにロサが怪物の死体に近づき、おもむろに呪文を唱えて炎を召喚する。怪物の目玉が溶けだし、刺激臭のする嫌なにおいが通路に広がる。ロサはどこからか金串を取り出し、形の崩れた目玉を突き刺し私の目前に突き出し「目玉焼き♬」と言いながらニッコリとほほ笑む。私の手の中でキュウキが逃げるように身をよじる。

更に進むと矢間の奥で通路を見張るゴブリンがいた。敵の拠点はここだろうか。目くらましの遠隔攻撃を行いながら、監視拠点を強引に突破したメネルが、近くの入り口に飛び込んで見張りの1匹を始末する。私たちもメネルに続き、敵の攻撃に晒されながら安全な通路に駆け込んだ。



奥へと進むと、部屋と部屋をつなぐ短い通路の先でドゥエルガルとヒューマンが待ち構えていた。ヒューマンは昼間大口亭でヤズロー嬢と殴り合いをしていた入れ墨男だ。ロサは私とドゥエルガルの間に炎を召喚した。私とドゥエルガルはその炎を挟んでにらみ合い、入れ墨男とロサ、メネルが飛び道具で攻撃しあう展開となった。メネルは敵の集中力を削ごうと無駄口をたたく。
そして「ザナサーギルドの入れ墨男君、君は三つの間違いを犯した」と言った切り口を閉ざす。メネルの意味深な指摘と沈黙にいら立った入れ墨男に隙が生まれる。
「間違いとはこれだ!」私は手にしたジャベリンを入れ墨男に投げつける。こちらには注意を払っていなかった彼は、私のジャベリンをまともに喰らい崩れ落ちる。均衡が破れ、ドゥエルガルもすぐに倒れた。



彼らの部屋の奥には厠があり、奥からウーズがはいずり出てきた。メネルは素早く飛び退くと「これは厄介だ」と言いながら、ドゥエルガルと入れ墨男の死体をウーズの方へ押しやる。そのとき彼が楽しそうに微笑んでいるのを私は見逃していない。

更に奥に進み、頑丈な扉を開けると金髪の男が両手に炎を纏わせ暗い色のローブを着たハーフオークに踏みつけられている目にした。きっと彼がプルーンに違いない。部屋の奥の一段高いところの椅子には真っ黒なローブを着た悪夢のような怪人が座っている。大きな白い目、ゴムのような紫色の皮膚、ゆらゆら揺れる4本の触手を生やした口、マインドフレイヤー。そして脳みそに足の生えた化け物をペットのように撫でている。この状況は不味い、先ずは交渉で切り抜けるか。しかしマインドフレイヤーは人の考えを読むという。逡巡していると、おもむろに怪人は立ち上がり、水に溺れたようなゴボゴボという音を立てながら「後は任せませた」と言うとペットの化け物を下におろし、隣の部屋へ行ってしまった。

ハーフオークは頷くと、残忍な笑みを浮かべてこちらを見た。私も負けじと笑みを浮かべる。マインドフレイヤが居なくなったと言え、敵は強力だ。背後からロサの呪文詠唱が聞こえる。眠りの呪文か。足つき脳みそが無力化できれば、何とかなるだろう。



私はすやすやと眠るハーフオークと脳みそを見下ろしながらレネーアに尋ねる。「どうする?」
「脳みそは止めを刺し、ハーフオークは市警に引き渡せばよいと思う」とレネーアが答える。
「新鮮な脳みそ・・・」不意のつぶやきに驚いて後ろを振り返ると、ロサが金串とストローをを握りしめながら、うっとりと足つき脳みそを見つめている。

「白状しなきゃならない。金はない。だがヴォーロが約束を破ったとは言わせない。もっといいものを用意したから、これでかんべんしてくれ」そう言って彼は巻物入れの筒を突き出します。 「ウオーターデイーブの一等地の不動産権利害だ。移譲には法務官に立ち会ってもらわなきゃならない。君たちが実地に家を見て気に入ったなら法務官のところに行こう」
その屋敷はトロルスカル通りにあった。建物はしっかりしているが、長い間放置されていたらしく荒れ果てている。元々酒場だった1階の片隅に暗い人影が見える。
「これは面白い、幽霊酒場"おぼろ亭"とでも名付けて再開するか」
すると人影は音もなく近寄ってきて、地の底から響くような声を出す。
「お前はこの酒場を再開すると言うのか。私も協力するぞ。さあこれを飲んでみろ」
旨い。年代物の良い酒だ。

コメント

ドラゴン金貨を追え-1(ネタばれ注意)

2021年03月06日 | ドラゴン金貨を追え
大口亭にはあらゆる人々が集っている。希望に満ちた者、暗い望みを目指す者、そして私のように熾火のような怒りを抱えた者も。私の名前はヴォルクマール・フォン・ヒンデンシュテルン、ハーフエルフのパラディンだ。かつてはトームの生まれ変わりとまで言われていた。私を疎ましく思う敵の策略により異界に幽閉されたが、そこで出会った魔物の力を借りて脱出した。他の者にはこの魔物が唯の黒いモーニングスターに見えるらしい。そして今はホアの聖名の元、ガントレット騎士団の一員として復讐の一撃を放つ。

このところ行動を共にしているのは白薔薇の魔女、ロサ・ギガンティアと荒野の盗賊メネル=ソロンだ。ロサ見た目と普段の立ち居振る舞いは通り名の通り、純真無垢で美しいハイエルフの乙女そのものだ。だが時折見せる奇矯な行動は魔法使いとしての業の深さを感じさせる。一方のソロンは、こちらもハイエルフなのだが、田舎育ちの気の良い兄ちゃんという風だが、時折そのかりそめの仮面の裏の素顔が冷酷な眼差しとして現れる。

とは言え、目下の急務は金策だ。路地裏で丸まって寝るのが嫌なら家賃を稼がねばならない。皮肉にも対策を練るにも酒代が必要だ。ロサ、メネルと作戦会議という名の昼飲みで酒をきこしめす。

「メスブタが。わしの友達をあれだけの目にあわせておいて、ただですむと思うとるんか」。声の主はヒューマンの男で、そりあげた頭に目玉の形のいれずみをいくつも入れている。男は腕をぷんと振って、身の丈7フィートの女ハーフオークを殴りつける。男の後ろにはヒューマンがもう4人いて、いつでも加勢できるよう身構えている。ハーフオークが指をぽきぽきと鳴らし、うなり声をあげていれずみ男に跳びかかると、たちまち野次馬がどっと集まって、けんかはどうなっているのか、ろくに見えなくなる。

我が麗しのヤグロー・ストーンフィストのピンチだ。私はすぐに立ち上がり、人が少ない大穴の淵を伝って加勢に向かおうとした。しかしその時、巨大なトロールが大穴壁をよじ登ってくるのに気が付いた。
「気をつけろ、トロールだ」私が上げた警告の声を聴き振り返ったやじ馬たちは、醜悪なトロールが穴の淵を乗り越えようとするのを見て、素晴らしい速さで酒場から逃げ去る。ヤズローと殴り合いを始めていた目玉の入れ墨男も一緒だ。



「お手並み拝見と行こうか」大口亭のマスター、ダーナンの声を背に受けながらトロールに向き合う。正に怪物、地上にこいつの居場所はない。よく見るとトロールには多数の吸血獣が取り付いている。差し詰め奴のペットと言うところか。あるいはトロールが吸血獣のペットなのか。どちらにせよトロールだけでも手に余るのに、こいつらまで向かって来たら厄介だ。背後から呪文詠唱が聞こえる。これはロサの眠りの呪文だ。流石だ。メネルとヤズローもトロールの背後から近づいて来ている。いざとなればダーナンも手助けしてくれるだろう。

意識を取り戻し最初に見えたのは、インテリ風のヒゲ男が長広舌を振るっている姿だった。このヒゲ男、名をヴォーロサンプ・ゲダームと言いウォーターディープでは有名人らしい。驚いたことに、あの浮世離れしたロサでさえ男に興味を抱いているようだ。メネルに至っては舌なめずりをせんばかりの表情で話を聞いている。喧嘩騒ぎとトロールに邪魔されたが、結局のところ有益な昼飲み、いや作戦会議だったと言えよう。

インテリヒゲ男ことヴォーロの依頼は行方不明のプルーン・ブラグマーという二枚目を見つけ出すというものだ。彼はこの所都を騒がす抗争事件に巻き込まれてたのではないかと心配している。良く分らんが、とても急いでいるらしいので最後に彼らが会っていたという酒場、串刺しドラゴン亭に向かった。

途中、抗争現場やザナサーギルドが運営する骨董屋などに立ち寄りながら串刺しドラゴン亭に到着した。これまでの調査から港の倉庫が怪しいということが分かった。



その倉庫にはザナサーギルドの死んだモヒカンが7人、息絶えたゼンタリムの傭兵が5人、そして4匹のケンクがいた。我らの襲来に虚を突かれたカラスどもはやすやすと我がキュウキの錆と化した。意外なことにここには前公開ロード、ダガルド・ネバレンバーの不肖の息子、レネーア・ネバレンバーが囚われていた。目的の人物、プルーン・ブラグマーは彼と間違えられて、どこかに連れていかれたらしい。噂と違いレネーアは立派な人物だ。自分の身代わりに連れていかれたプルーンの救出を義務と考え、我らに協力を求めてきた。もとよりそのつもりであり、二もなくその申し出を受け入れた。

コメント

魂を喰らう墓 -23(ネタばれ注意)

2020年12月29日 | 魂を喰らう墓
Day177:フレイムルール月7日

今日はレイスの部屋を攻略するため、行き来の邪魔になる鎖でつながった2体の墓所の守護者を先に片付けることにした。



念のため、レイスの部屋の脇の扉、ニヤニヤ笑う髑髏の浮彫がある扉の部屋も確認する。扉から10ft入ったところには分厚いタペストリーが壁から壁までカーテンのように吊り下げられている。このタペストリーにはご馳走の並ぶ席に着いた貴族たち、大皿に乗ったイノシシの丸焼き、ワインを注ぐ使用人たちが描かれている。当然こんな部屋に入る気は無い。メイジハンドでタペストリーをめくり、奥を覗く。新たなタペストリーが現れ、そこには醜悪な競演を繰り広げる貴族たちの姿が描かれている。これもめくると、次のタペストリーには共食いを繰り広げる貴族たちと、それを見て大笑いしている皿の上のイノシシの首が描かれている。最後のタペストリーをめくった先には、描かれていた通りのイノシシの首が、大皿の上からこちらを見つめている。パパがイノシシに魅了され部屋の中へと進み始めるが、一足先にロサが接敵し、イノシシをその拳で粉砕した。



周囲の安全を確保して、いよいよレイスの部屋へ再挑戦。今回はノンゴブが一人で儀式を実行。その背後をヴォーンが守る。我々は部屋の外で状況に備える。儀式は成功し棺が開く。棺に納められていたブレイサーに触れるとフロギーモスのクーバザンの神霊が現れる。私はクーバザンが取り付くことを拒否したが、強引に取りつかれてしまった。気分が高揚し、筋力が増した気がする。これはこれで悪くない。



この階層で残ったタイルの部屋へ再び向かう。部屋の仕掛けは全てリセットされていた。いくつかの動物実験を行った結果、外にある文字盤の図柄に従って中のタイルを踏めばよいことが分かった。正しくタイルが踏まれると棺の蓋が開く。この棺はアルミアラージュのアイジンのものだ。私の意志とは無関係にクーバザンとアイジンが私への憑依を巡り、精神的な戦いを始めた。戦いはクーバザンが勝ちアイジンは引き下がったようだ。

これで第三階層はすべて見て回ったので、第四階層へ向かう。中央回廊の底には巨大な4体の石像が見えるので、何らかの脅威になると判断し裏階段を使って下りることにした。第四階層最初の部屋には左右に蜂の頭部を持った人型の木像が左右に立ち並び、角の生えた生物の髑髏と錫杖が立てかけられた玉座が中央奥に設置されている。部屋の中央は10ftほど低くなっており、そこにはうつろな表情でさ迷い歩くアンデッドの姿が見える。



底知れぬ危険を感じた我々は、中央回廊の階段を下り、各階層で掲示されている警告文を確認することにした。警告文の内容は後になってみれば分かるということが多い。先ほどの部屋に対応した警告は「鉄の錫杖の双子を探せ」のようだが、探すためには結局危険に飛び込むしかないのだろう。あるいは別の場所で見つかるのかもしれない。回廊側から部屋につながるであろう扉は見つけた。しかしその手前にある分かれ道を先に探索することにした。

分かれ道はすぐに下り階段となり、階段の終わりには宝箱が置いてある。しかし通路はまだその先へと続いている。どう見ても罠だ。とりあえずクロスボウを打ち込んでみる。宝箱が破損すると同時に天井から丸い大岩が落ちてきて階段を下る。そのまま宝箱を粉砕して廊下の奥へと消えた。やはり罠だった。そして奥の方から何かが砕ける音がした。



廊下の先の部屋の入り口には大きな穴が口を開けており、穴は酸のような液体で満たされている。部屋は広く中央には絶えず色が変わるクリスタルの棺が置かれている。その奥にはバルコニーがあり、壁には巨大な迷路の彫刻が飾られている。彫刻を調べようと触れたとたん自分が迷路に囚われていることに気付く。見上げると巨人のごとき仲間が私を見下ろしている。彼らは何かに反応し、突然振り返る。

傍らに浮かぶ黄金髑髏にこの状態がどのようなものであるかを尋ねるが、戯言を躁病患者のごく垂れ流すばかりで役に立たない。じっとしていてもしようがないので迷路を左手法で進む。すぐに通路に金色の鍵が落ちているのを発見した。拾い上げると、クリスタルの棺の脇に立っていた。しかも周りにはこちらに多数のミノタウロス・スケルトンが殺到してくるところだ。



黄金髑髏は狂ったように笑っている。歴戦の冒険者である私は状況を一瞬で理解する。仲間は既に迎撃態勢に入っている。私が安全圏に退避すれば、後は順番にスケルトンを破壊するだけだ。冷静に呪文を唱え、私はガスとなりゆっくりとその場を離れる。あとはいつも通りだ。

クリスタルの棺が金色になったタイミングで迷路で拾った金色の鍵を使用すると棺が開いた。中には魔法のローブが入っていた。ローブに触れるといつもの如く九柱神の霊が現れる。今度はフレイル・スネイルのアンクだ。私に取り付いているクーバザンと勝手に精霊戦闘を始め、どうやらアンクが勝利したらしい。筋骨隆々だった私の体は固太りのレスラー体形に変化した。

コメント

魂を喰らう墓 -22(ネタばれ注意)

2020年12月19日 | 魂を喰らう墓
Day176:フレイムルール月6日

攻略再開。キャンプ地としている第一層から第三層に向かう途中、第二層の回廊に隠し扉を発見した。何日もこの迷宮を探索するうちに私の感覚が鋭くなったためだろう。小部屋には水が張られた水盤だけがあった。



慎重に水盤を覗き込むとどこかの風景が見える。じっくりと観察していると突然水盤の水を突き破り、墓所の守護者が襲い掛かってきた。メイン火力が[火 ]属性の我がパーティーの前では、墓所の守護者は雑魚でしかない。小部屋を捜索して、さらに奥へ通じる隠し扉を発見した。

小部屋の先は上下階層に通じる螺旋階段に、短い廊下でつながっている。螺旋階段の先の二本の廊下はすぐに扉で行きどまりになっている。螺旋階段は後回しにして、右の扉を開ける。

この広い部屋には忌まわしい錬金装置と薬品に満たされている。そしてトゥーム・ドワーフが拷問装置のような鉄の棺を操作して墓所の守護者を生み出している。扉を開けた我々に気付くとドワーフとゴーレムは一緒になって襲い掛かってきた。トゥーム・ドワーフの攻撃で減らされた体力は死の呪いのため回復させることが出来ない。だが問題ない、パパが最大火力で焼き尽くす。



もう一つの扉の先は散らかった執務室だった。薄暗いロウソクの明かりが調度品の間を這いまわる気味悪い無数の手首の影を生み出している。中央の机にはかび臭いローブを着てしかめ面を下青銅の仮面をつけ、首元に大きな髑髏の飾りをぶら下げた死体が座っている。



我々が部屋に入ると、その死体が愛想よく話し出す。彼の名はシナビ、この迷宮の管理をアサーラックから任されているのだと誇らしげに語る。役割の割に、彼の態度は友好的だ。アンデッドでもあるシナビは迷宮検察時から多くの知識を蓄えており、惜しげなくそれを披露してくれる。このまま友好的に部屋を去りたかったが、シナビはそう思っていなかった。彼を高レベル術者と見ていた我々は、ノンゴブを中心に最大火力で攻撃し、瞬殺した。

螺旋階段を上ると、壁のレバーに手をかけて、先に見つけた怪しい部屋を覗き込んでいる墓所の守護者がいた。そいつは部屋の中に全ての注意を向けており、脇を通る我々を一顧だにしない。進んだ先の小部屋には台座があり、そこに黄金の髑髏が置かれている。私がその髑髏に触れた瞬間、髑髏は飛び上がり、木の狂った道化のごとく騒々しくしゃべり出した。髑髏の言うことは支離滅裂で、いちいち私の癇に障る。そのため気が散ってしょうがないうえ、私の横に浮かんだまま離れる気配がない。ここは無能な芸人とコンビを組まされたと考え、対処するしかない。不幸中の幸いにも、私にはそんな経験が数多くある。



小部屋の先は第三階層の回廊に通じる通路となっていた。通路の回廊の側には向かい合うように壁龕があり、鎖で互いをつないだ墓所の守護者がそれぞれ納まっている。小部屋の向かいと左手にはそれぞれ扉が見える。

小部屋の向かいの部屋は、奥の壁から柱に支えられた屋根付きの玄関ポーチのようなものが突き出ている。その屋根の下にはおなじみの石棺が安置されている。棺をかこう4つの壁龕には陶器製のカエルの仮面が1つづず吊るされている。東側の壁には触手の生えたカエルの化け物が社の上に宇津熊っている様子を描いた大きな浮彫りがあり、その前には捧げものを並べた棚がある。その周囲の壁は4枚のフレスコ画で飾られている。

要するにフレスコ画を真似ればよいことはすぐに理解できたが、第三のフレスコ画の再現には頭を悩まされた。とは言え、何事もやるにしくはないということでやったらロサ、パパ、ノンゴブはカエルに変身し、レイスが3体出現した。



唯一健在だった私は以前ソージャ・ナパーザより受けた祝福のカンジャー・アニマルズで呼び出した狼をしんがりにしてカエルと共に脱兎のごとく逃げ出した。しかし狼をすり抜けて1体のレイスが追いかけくる。逃げ切れないと感じた私は、カエルへの変身はポリモーフの呪文と同じ原理ではないかと考え、近くにいた一匹を踏みつぶした。いやな感触が伝わると同時に、カエルがいた場所にノンゴブが出現した。すぐに残りの仲間も元に戻して、追撃してきたレイスを撃退した。
コメント

タモアチャンの秘密の神殿 -6

2020年11月28日 | タモアチャンの秘密の神殿
【topics】
真の冒険者の前には小手先のインセンティブは不要。
好奇心と危険回避能力のバランスが重要。
その向こうに危険があると分かっていても開けてしまうのが冒険者。







コメント