tapestry

超犀門的日常身辺雑事控

from Musashino
since December 8, 2009

怒り心頭

2014-09-23 | 時事
アジア大会でのバドミントンの風問題の続報があったので読んでみると…
Yahoo!ニュース - バドの逆風 韓国紙「節電で」(2014年9月23日(火)掲載)

この新聞の見出しが「空調の風のせいにした日本バドミントン」だと?。

これには腸が煮えくり返る(怒)。

「円滑な電力供給のために」20、21日は冷房をつけたり消したりしただと?。

それがダメだと言うのが、こいつらには理解出来ないのか?!。

事前に組織委員会などに報告もせずに、勝手な事をしておいて開き直ってる。

こういう世界規模の大会を開く資格なし!。
コメント (2)

さもありなん

2014-09-22 | 時事

世界一バド男子に不可解逆風…空調操作?「他の国じゃありえない」

バドミントンに関しては2年程地元のチームに加入して汗を流したので、このニュースはチト気になる。

ふむ。

最近、際立った活躍が伝えられてる日本バドミントン。

相手は韓国か。

充分あり得るな。

クレームしたらパッタリ逆風が止んだ、ってのが更に笑わせる。

これは、まことしやかに言われている東京ドームのG風のようなものだな。

真意のほどは知らないけどね。

いっそのこと…

吹き流しでも設置すりゃいいんだ。
コメント (1)

30年

2014-09-21 | 黄金時代
@Alyssa Milano:
"Who's The Boss?" premiered 30 years ago today.

こんな呟きが昨日の深夜に飛び込んできた。

添付されてた写真は、こちら:

そかそか、犀門が L.A. での島流し生活を始めた1984年に放送が始まったんだ。

FBにも書いたけど、Yukon Ave. の狭いアパートで YSD のT社長から譲り受けた小さなテレビにかじりつくようにして観てたっけ。

何しろ Alyssa が可愛いかったからなー。

いやはや、懐かしの黄金時代よ。

あれから30年。

父親役の Tony Danza は63才になったらしい。

(Wiki より拝借)

そして、Alyssa Milano は…

(Alyssa のTwitterより)

このように美しく成長を遂げている。

結婚もしていて、確か息子の Milo君は3才くらいだったかな。

日本でもお馴染みの『Family Ties』や『Full House 』と並んで、この『Who's the Boss?』も心暖まる家族を描いていて大変面白いので、 DVD でも出てるようならまとめて手に入れたいものだ。


コメント

♪秋風の恋

2014-09-18 | 音楽
久々に洋楽の話。

暑かった夏が終わり秋の気配が忍び寄るこの時期になると、決まってラジオから流れる曲がある。


England Dan & John Ford Coley の 『I'd Really Love to See You Tonight』(1977)だ。

邦題は『秋風の恋』。

歌詞に秋の気配などまるでないのに、何故にこんなタイトルになったかは不明だけど、なるほど長年聴いてると不思議にこの何とも心地の良い時期にシックリくるのが不思議だ。

つまり、結果良しって事だ。

1977年、犀門は19才。

もうこの頃は洋楽一辺倒だったので、当時のFM東京辺りで流れたこの曲を聴いて一発で気に入りシングルレコードを購入し、音楽雑誌に載ってるギターコードと歌詞を必死に憶え口ずさんだものだ。

ギターコードは既に失念したけど、歌詞はいまだに頭に残っててるからスラスラ歌えたりする。

それ程、身体に染み着いてる曲なのだ。

YouTubeにライブ動画があるので是非。

I'd Really Love to See You Tonight


このデュオには他にも日本でヒットした曲があるので、ご興味あればお聴き頂きたい。

Simone(1971)

Love is the Answer(1980)

この2曲も秀逸ですよ。
コメント (2)

Finally, I found you.

2014-09-17 | 独り言
これまでに何度も探したのだよ。

しかし、思いつくキーワードで検索しても、そこに表示されるのは古い物ばかりで、アクテァブな情報ではなかった。

どうしてるかな?。

何故に疎遠になってしまったか?の記憶もない。

薄っぺらな記憶を呼び戻してみるけど、何の手掛かりも見つからない。

…ずっとそんな状態だったのに…

今日、突然に光が射したよ。

古いノートに乱雑に記載されていたブログのURLをダメ元で入力してみたら…

表示された!。

しかも、先月まで記事がエントリーされてる。

サラッと読み進んでみると、あー、懐かしい表記がアチコチに。

ソラシタ。

1号、2号、3号。

山口、豫園、虹橋…。

まさに古い友に再会した感じ。

迷わずにコメを残してきた。

誰だか思い出してくれるだろか?。


コメント (4)