tapestry

超犀門的日常身辺雑事控

from Musashino
since December 8, 2009

おいおい…

2019-03-13 | 独り言

何やってるんだよ、瀧さん……

     
     
  
     
     
コメント

鬼平復活!

2019-03-07 | 独り言
           

FBの『池波正太郎』アカウントから嬉しいニュースが届いた。

 

あの『鬼平犯科帳』の新シリーズの製作が決まったらしい。

        
うーむ、誰が平蔵を演じるのだろう?。
 

吉右衛門の平蔵をこよなく愛する身としては、そこが一番気になるところだ。

 

単に「人気があるから」とイケメンの若い俳優を安易に抜擢するようなことになったら一気に興味を失うだろう。

 

そして、脚本家も重要。

 

あの原作の持つ魅力を余すところなく捉える力量がないと魅力が半減してしまう。

 

うーむ、確かに嬉しいニュースではあるが、正式なキャスト発表まではヤキモキするだろな。

 

コメント

北上ラジオ

2019-03-07 | 読書
軽度の活字中毒の犀門がとても頼りにしている書評誌『本の雑誌』(本の雑誌社/月刊)が今年からYouTubeで新しい試みを展開している。
 
それが『北上ラジオ』だ。
 
本の雑誌社の『炎の営業部長』こと 杉江由次氏が聞き手となり、書評家の北上次郎氏が1冊の本について熱く語る内容なのだが、これが滅法面白い。
 
普段は『本の雑誌』の中で『限られた文字数』で幾つかの作品について書いている北上氏だが、(自分との)相性が良いのか、かなりの割合で面白かったり感動する1冊との邂逅が味わえる。
 
そんな訳で北上さんの書評を大層頼りにしているのだが、それがこの『北上ラジオ』では『本の雑誌』で紹介しきれなかった(or 発行のタイミングと微妙にズレた?)作品を(慌てて)突っ込んできており、更に『ライブ感のある対話形式』で我を忘れたかのように2人が熱く語ってくれるもんだから、その『熱量』がこちらにヒシヒシと伝わり、「おぉ、これは必ず読まねば!」とこちらの気持ちを動かしてくるんだな。
 
記念すべき第1回で取り上げられたのは『クロストーク(コニー・ウィリス/早川書房)第1回だけに北上氏の熱い早口トークが炸裂。これに感化されて図書館に予約。
 
第2回『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)これは、普段から平野作品は読まないのでスルーw
 
そして、最新の第3回で取り上げたのが『ノースライト』(横山秀夫/新潮社)だ。
 
            
横山作品は2003年の『クライマーズ・ハイ』に出会ってから『第三の時効』『影踏み』『半落ち』『64』などを欠かさず読んでいるので、この新刊も実に楽しみだ。
 
北上氏の熱いトークに興味のある方は以下のリンクからどうぞ。
 
 
【追伸】Twitter で杉江氏に「北上ラジオ、最高に面白いですよ!」と話しかけたら、「何回続けられるか判りませんが、頑張ります!」との返信を貰えた。
 
取り敢えず、第4回を楽しみにしていよう!。
コメント

歩けない…

2019-02-26 | 独り言

隣町の国分寺で開催される魅惑的なツアーをTwitterで発見していました。

はい、迷わず往復はがきで申し込みましたよ。
後日、当選通知が届きました。
平日ですから、事務所には『休暇届け』を提出。

そして、当日をワクワクして待っていたのですが

あれは、2/20だったでしょうか、駅から自宅への夜道を急いでいた時、お寺横の坂道にて左足首に変な痛みが走りました。

むむっ、嫌な予感。

しかし、その夜は大した痛みにはならず、「ちょっと違和感があるかな?」くらいに軽く受け止めていました。

ところが、2日後の土曜日の朝になって俄然痛みが増してきました。

あー、また例の奴の到来だ。

しかし、この日は外せない用事があったので無理をしつつ外出。

痛む左足首を庇いつつ自転車(乗ってしまえば歩くより遥かに楽なので)で出発し、夕方まで何とか任務を終えました。

その日の夜はまだ良かったのですが、翌日(日曜日)の朝には、もう笑ってられない程の痛みが襲ってきました。

これでは動くに動けません。

家の中では右足だけでピョンピョン跳ねて移動したり、はたまた椅子を杖代わりに使ってトイレに行ったり。

いやはや、大変です。

月曜日、極力動かずに過ごしました。

そして、(お見苦しいですが)本日の足の様子がこちら

この腫れ具合が判るでしょうか。
もう踝なんか埋もれちゃってますもん。
痛いです、激しく痛いです。
家の中の移動ですらヒーヒー言ってるのに、外出なんてとんでもありません。
当然のように魅惑的な国分寺歴史ツアーも断念し、欠席の連絡をしました。
係の女性の「お大事に」のセリフが身に沁みたわ。
こうなるとあと3日位は痛みとの戦いです。
いや、3日で済めば御の字。
仕事にも穴を開けます。
申し訳ありません、ボス。
あっ、今回は医者へは行きません。
これまでに同じ症状で何度も行ってますが、確かな原因が判らないから予防のしようもない上に、痛み止めの注射と湿布で治癒を待つのみなのです。
これでは家で自然治癒を待つのと大差ないので。
あー、それにしてもです。
まぁ、加齢も一因なのでしょうが、それを受け止めたくない自分がおります。

情けないのと辛いのと。

いやはや、いやはや

コメント

Google Map

2019-02-21 | 独り言
Google Map からこんなお知らせメールが届いた。
ほぅ、投稿した写真が5万回も閲覧されたんだ。
何の気なしに投稿した写真も、幾らかは世間様の役にたってるのかね。
では、その一部を紹介しておこう。
先ずは銀座のバー『ロックフィッシュ』から。
このツマミはインパクトあったからね。
この日の大山は霧雨降る寒い日だったな。
大國魂神社は余り人気なし?。
江戸時代から多くの人が行き来している近所の坂道。
ここは『白萩寺』として名が通ってますが、紅葉も綺麗。
おぉ、1万回を越える閲覧とは、さすが『東京三大たい焼き』に数えられる名店だ。
🎶ユーミーン!、そして桜の咲くお寺さん。
昔懐かしい古文具が欲しければ『中村文具店』へ!。
そして、ドイツのケルン橋を真似て作られた美しい『清洲橋』。
住宅街にある小さな『つくし文具店』もお勧め!。
この日は実に良く歩いたのだ🐜🐜🐜
…今後も Google Map に貢献します!。
コメント