おひとりさまの健康な食卓

毎日の食事から考える「おひとりさまライフ」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シャリアピン風ステーキ、新じゃがのディルソース、焼き野菜味噌ワインバルサミコソース

2011-05-05 18:03:48 | 牛肉


歯痛に悩むロシアの声楽家のために、
帝国ホテルの筒井シェフが考案したというシャリアピン・ステーキ。
肉を薄く叩き伸ばして、すりおろしたタマネギに漬けて焼くので、
安い肉が柔らなくなっておいしく食べられる、という重宝なステーキだ。

そのエッセンスだけいただいたので、シャリピアン風。
叩いてスジ切りし、おろし玉ねぎに漬けておくが、
せっかくおいしい新玉ねぎの季節なので、
つけあわせに、スライスした玉ねぎとシメジをソテーする。

まずは、新玉ねぎを1個まるまる薄切りし、
オリーブオイルでじっくり炒める。
色づいてきたらしめじを加え、白ワインを加えてもうひと炒め。
味付けは、塩・コショーとシンプルに。

おろし玉ねぎに漬けておいた肉は、表面をきれいに拭き、
塩・コショーしたらニンニクをカラリと炒めたオリーブオイルで焼く。
たったそれだけ。
炒めた新玉ねぎをからめながら食べれば、
これが2枚で980円のステーキとは、誰も思わない味に。

ディルが残っているので、早く食べよう。
こちらも簡単。新じゃがをチンして、
ディルを刻んで塩味をつけたサワークリームにからめる。



新玉ねぎには、もう一度登場してもらう。
こちらは、赤ピーマン、椎茸、アスパラと一緒の焼き野菜。
オーブンに入れて、ただ焼く。



あまりにお手軽なので、ソースだけは少し凝ってみる。
フライパンに赤ワインと味噌、バルサミコ酢を加えて煮つめ、
最後にカシスリキュール(蜂蜜でも砂糖でもOK)で甘味と香りをつけた。

この赤ワイン+味噌+バルサミコ酢のソースも、
いろんなところで使えるスグレモノ。

一見豪華だけど、簡単で安価。
そんな料理が私は好き。



記事がお気に召したら、下のバナーをプチっと押してくださいませ。



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村




コメント   この記事についてブログを書く
« 簡単ソースで2品: たらのフ... | トップ | 鮭と新じゃがの酒粕ミルク煮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

牛肉」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事