おひとりさまの健康な食卓

毎日の食事から考える「おひとりさまライフ」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

簡単だけど一見本格風:鮭のディル白ワインソース、小松菜ときのこのソテー、完熟トマトパスタ

2010-04-30 18:20:31 | 魚料理


4月28日(夕食)

鮭とディル。この組み合わせは抜群だ。
だけど、クリームソースじゃない食べ方、ないだろうか。
最近、ハマっている粒マスタード。
これと白ワインのソース、というのはどうだろう。

鮭は塩・コショーして小麦粉をはたいておく。
両面を焼いたら取り出して、同じフライパンに白ワインを注ぎ、
粒マスタードを加えて少し煮詰める。
最後に刻んだディルを加えて、ひと煮立ち。
これを鮭にかければ、出来上がり。
調理時間は、なんと10分足らず。



野菜デッシュも簡単に。
八百屋で、珍しい小松菜の花を見つけた。
これを茹でて、菜の花同様、オリーブオイルと塩で和える。
オリーブオイルをかけて、オーブンで焼いたきのこの上に。
きのこはこうすると、香りが出て、とてもおいしい。



パスタも、茹で時間2分のエンゼルヘア。
完熟トマトをザク切りして、ニンニクと一緒に炒め、
冷蔵庫に残っていたパセリを加える。
茹であがったら、サッと炒めて食卓に。



白ワイン&粒マスタード&ディルソースは大成功。
ほかの魚にも、鶏肉にも合いそうだ。


記事がお気に召したら、下のバナーをプチっと押してくださいませ。



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村
コメント

お手軽メキシカン:ビーフ・ファヒタ、ワカモレ、豆のカッテージチーズ和え

2010-04-29 16:02:27 | 牛肉


4月26日(夕食)

今年の春は、不思議な天気。
ドンと気温が上がったと思ったら、翌日は氷雨。
体調管理が大変だ。

安い焼肉用ビーフが手に入ったら、
たまには、目先を変えてメキシコ風でいかが?
フライパンでジャっと炒め、テーブルの上で巻いて食べるだけという、
超お手軽料理が、このファヒタ。

野菜や豆をふんだんに使うメキシコ料理というのは、とてもヘルシー。
サワークリームの代わりに、自家製カッテージチーズを使えば、
さらにローカロになる。

焼肉用カルビ肉は、細長く切って、
すりおろしニンニク、コリアンダー粉、レモン汁、オリーブイオル、
それと塩・コショーで軽く味をつけて、10分ほどマリネしておく。

その間に、ワカモレと豆ディッシュを。
ワカモレは、アボカドの種を取って8つ割くらいに切り、
微塵切りした玉ねぎとトマトを一緒に叩いてつぶす。
そこにレモン汁と塩、コリアンダー粉で味つけすればOK.



豆は茹でて冷凍しておいた金時豆。
これを熱湯で解凍し、自家製カッテージチーズと混ぜる。
今回のカッテージチーズは、サワークリーム代わりなので、
分離用にレモン汁を使えば、洗わなくてそのまま使用できる。

巻き巻き用のレタス+トマトも用意したら、
最後に肉と野菜をフライパンで焼く。
まずはビーフをこんがり焼いて取り出し、
玉ねぎ、赤&青ピーマンを炒め、野菜にあらかた火が通ったら、
ビーフを加えて、焦げ目が少しつくほど強火で炒め、
黒コショーで味にパンチを加えたら完成。



冷凍のフラワートーティアをチンして、
市販のサルサソースと、トーティアチップスを添えれば、
材料費1500円程度で、3~4人分のメキシコ料理が。
GWに、家族でいかがでしょう。


記事がお気に召したら、下のバナーをプチっと押してくださいませ。



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村
コメント

今夜はディルづくし:メカジキのトマト&ディルソース、アスパラのきのこマリネがけ、豆腐ディルサラダ

2010-04-22 18:10:50 | 魚料理


4月19日(夕食)

ハーブを植える季節になった。
今年、栽培してみたいのがディル。
そんなふうに思っていたら、隣町のスーパーでディルを見つけた。
ウチの近くのスーパーにはないので、つい購入。

ホントは、いちばん相性のいい鮭を使いたいが、
先日食べたばかりなので、冷凍庫のメカジキを使用。
完熟トマトのソースをつくって、ディルを乗っけてみよう。

メカジキは解凍して、牛乳にひたす。
これがいちばん簡単な、魚の臭みの抜き方。
鶏肉にも応用できる。
ペーパータオルで水気を取って、塩・コショーしてから、小麦粉をまぶす。



トマトはザクザク切って、ニンニクと一緒に炒めて、塩・コショー。
最後に粒マスタードを加えると、コクが出る。
記憶がはっきりしないが、白ワインも少し加えたかもしれない。
私の料理はいつも、そんなふうにアバウトだ。
このソースを、焼いたメカジキの上からかければ出来上がり。
あっ、そうそう、下に新玉ステーキを敷いたっけ。

旬のアスパラは、きのこのマリネを乗せて。
マリネは水と酢を半分ずつと塩少々、鷹の爪を放り込んだ鍋で5分ほどきのこを煮て、
火を止めたあと、10分ほどおいておけばもう完成。
茹でたアスパラの上に、鷹の爪と一緒に盛れば、見栄えも鮮やかな一品となる。



ディルは早く使わないと、色が変わってしまうので、サラダにも。
私の好きな豆腐&トマトサラダの上に乗っけてみよう。
ドレッシングは何でもいいが、ディルに合うのはシーザーかな。



爽やかさの立った夏メニューだが、
そろそろ、こんな味もたまにはいい。


記事がお気に召したら、下のバナーをプチっと押してくださいませ。



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村
コメント

ありものディナー:鶏ササミのアスパラ巻き、スパニッシュオムレツ、ほうれん草とトマトのサラダ

2010-04-21 18:36:33 | 鶏肉料理


4月18日(夕食)

久々に原宿に出たら、知らない店ばかり。
モリハナエビルも、いつのまにか消滅・・・。
また新しい”なんとかタウン”ができるのだろうか。
不況というのに、街の移り変わりが、このところまた、激しくなった。

さて、私のほうは相も変わらず、ありもの使いの夕食づくり。
1品目は、鶏のササミをバンバン叩いて伸ばし、
アスパラと、ちょっと残っていたチーズを巻いてみよう。

ササミを平たく伸ばすには、ラップを広げてササミを挟み、
スリコギなんかでバンバン叩くと、煎餅みたいに平たくなる。
バンバン叩いていると、ストレスも吹っ飛びそう。
向こうが見えるくらい薄く叩いたら、
塩コショーして、茹でたアスパラとチーズを巻いてくるり。
あとは焼いて、テーブルに出すときにレムドレをかける。



卵があったので、野菜いっぱいのスパニッシュ・オムレツを。
中身は茹でた新じゃが、ほうれん草、炒めた新玉、トマト。
これを卵と混ぜて、ナツメグと塩・コショーで味付け。
あとはフライパンに流し込んで、焼けたらひっくり返せばいい。

ひっくり返そうとしたら、おっと、手が滑って崩れてしまった。
たまにはこういうこともある。
あわててくっつけて、もう半分を焼いたが、見栄えはいまいち。
味には支障がないが、今回は写真をオミットしておこう。

あとは残ったほうれん草と、トマトでサラダをつくれば、
野菜も十分。



オムレツが残ったら、明日のお昼に。
少し多めにつくっておくと、お昼がパパッと用意できる。
残り物も使い回しで、便利に使おう。


記事がお気に召したら、下のバナーをプチっと押してくださいませ。



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村
コメント

4月の爽やかクイック料理:鮭の白ワイン煮、新玉ステーキ、アボカドとポンカンのサラダ

2010-04-20 09:15:02 | 魚料理


4月16日(夕食)

2週間以上、アップをサボってた。
それでも見てくださっていた皆さま、ありがとう。

寒い日と暖かい日が交互に続き、
何を着たらいいのか、迷う日々。
ベランダからメジロは姿を消してしまったけど、
ヘンリー蔦が葉っぱを広げ始め、ジャスミンの開花までもう少し。

甘塩の鮭があるので、カッテージチーズと白ワインで煮てみた。
まずはフライパンに鮭を並べて、白ワインをドボドボ。
次にカッテージチーズを加えて、フライパンをゆすりながら混ぜたら、
あれれ、酒粕煮と味がそっくり。
そこで粒マスタードを加えたら、一味違うおいしい料理に。



旬の新玉。今日はステーキに。
それだけじゃ淋しいから、ほうれん草と椎茸のニンニク炒めを上に乗せた。
これで、甘くてとろけそうな焼いた新玉+野菜たっぷりの1皿が。



セールで買っておいたアボカドは、
ポンカンを混ぜて、ヨーグルト+塩で味つけ。
甘いポンカンならそのままでいいけど、
酸味の強い甘夏を使うときは、少し蜂蜜を加えると食べやすくなる。
デザートすれすれになるところを、塩味でセーブ。



今夜もクイック料理で切り抜けた。
ちゃんと料理ができる時間が、早くほしい。


記事がお気に召したら、下のバナーをプチっと押してくださいませ。



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村
コメント