おひとりさまの健康な食卓

毎日の食事から考える「おひとりさまライフ」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

料理を楽しく経済的に:カッテージチーズとツナのラビオリ、海老のマーマレードソテー、野菜のニンニク炒め

2010-06-19 15:23:35 | カッテージチーズ料理



カッテージチーズの残りがあるので、ラビオリをつくることにした。
以前、ツナ缶でギョーザを作ったらおいしかったので、
具はツナとほうれん草の組み合わせでいくことに。

これはもう簡単。ツナ缶を開けて水気を切って(汁は猫に)、
そこにカッテージチーズと、茹でてザクザク切ったほうれん草を加える。
さらに、すりおろしニンニクで香りをつけ、塩・コショーで薄味を。
あとはギョーザの皮で包むだけ。

包み方は、具をたっぷり入れて半月形にし、
周りに水を付けて止め、月の両側もつなげて、くるりと裏返す。
これでギョーザがラビオリに早変わり。

ソースは冷凍庫に残っていた缶詰トマトの水煮に、
同じく冷凍しておいた市販のトマトソースを加え、
すりおろしニンニクとオレガノ、白ワインを加えて煮詰める。
残った缶トマトやトマトソースなどは、小さなプラ容器に入れて、
冷凍しておくと、いつでも使えて便利だ。



食べる直前にラビオリを茹で、ソースも温めて盛り付ける。
ラビオリやパスタを茹でるときには、お湯にオイルを加えるとくっつかない。

これだけでは、ちょっとさびしいので、海老で1皿。
久々にマーマレードとヨーグルトで炒めてみよう。
皮をむいた海老は、泡立てた卵の白身に漬けておく。
これをニンニクのみじん切りを炒めたオリーブオイルで焼く。
卵の白身は、海老をふっくらさせるため。



その間に、マーマレードとヨーグルト、白ワインを混ぜておく。
海老が焼けたら、これをかけてひと炒め、黒胡椒で香りづけ。
ヨーグルトの代わりにサワークリームを使えば、コクが出る。

野菜は、茹でたブロッコリーと、
チンしたじゃがいもをニンニクで炒める。



ひとつ一つは簡単だけど、ちょっとしたアイディアと、
コンビネーション次第で、舌と目に嬉しいディナーができる。


記事がお気に召したら、下のバナーをプチっと押してくださいませ。



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村


コメント

お手軽メキシコ料理:チキンファヒタ、金時豆のカッテージチーズ和え、ワカモレ

2010-01-11 12:38:39 | カッテージチーズ料理


1月10日(夕食)

さて、デフレ時代に合わせて「お安く手軽に」がテーマの食事。
今夜は、簡単メキシコ料理をつくることに。
メキシコ料理の店は、ずいぶんたくさんあるけれど、
本来は「お安く手軽に」のはずが、「お高く味はいまいち」のところが多い。

トーテアさえあれば、メキシコ料理は簡単。
最近はスーパーにカゴメのサルサも置いてあるので、
自分でつくってしまうのがいちばんだ。

なかでも超がつくほど簡単なのが、肉野菜炒めのファヒタ。
ビーフ、チキン、ポーク、海老、なんでもOK。
薄切りした肉をニンニク、オリーブオイル、レモン汁、
それとコリアンダー、塩・コショーでマリネし、
短冊切りした玉ねぎ、赤・青ピーマンと一緒に炒めるだけ。

まずはマリネした肉や海老を炒め、
いったん取り出してから、野菜を炒めて、最後に一緒にする。
こうすると、肉が固くならないが、面倒ならばいっしょに炒めてもいい。
ただし、最後は強火で焦げ色をつけるのがミソ。
こうすると、単なる野菜炒めがメキシコ風になるから不思議。



メキシコ料理となると、豆が欠かせない。
定番のリフライドビーンズは、茹でたキドニー・ビーンズを
炒めた玉ねぎと一緒にオイルの入ったフライパンに入れ、
炒めながらつぶして、溶けるチーズと混ぜるが、
私は茹でた金時豆を”リフライド”(もういちど炒める)せず、
熱湯で温めてからつぶして、サワークリームやカッテージチーズと混ぜる。
今回は、自家製カッテージチーズがあるので、これを使うことにする。

我が家の冷凍庫には、茹でた豆がいつも冷凍中。
黒豆、ひよこ豆、金時豆、小豆と、そのときどきで違うが、
小分けにして冷凍しておくと、ディップ、スープ、煮込み、サラダと、
いろんな料理に使えて便利だ。
今回はちょうど金時豆があったので、それを熱湯に。

イモ類もそうだけど、豆をつぶすときは、熱いほうがよくつぶれる。
ほどよくつぶれたら、カッテージチーズとレモン汁を加え、
塩・コショーも加えて味をみる。
味が物足りないときには、クリームチーズや溶けるチーズを加えるとコクが出る。
これで豆料理も出来上がり。



もうひとつ欠かせないのが、アボカド・ディップのワカモレ。
これは玉ねぎとトマトをみじん切りし、レモン汁とコリアンダー、
すりおろしニンニクもちょっぴり混ぜて、アボカドと一緒につぶす。
塩・コショーで味を決めたら、もう完成。

あとは生野菜を少し用意して、
冷凍のトーティアをチンすれば、おいしいチキンファヒタのコースが、
家にいながらにして、たっぷり食べられる。
ディップや野菜を好きなように入れて、
巻き巻きして、どうぞ。

ファヒタと豆が残ったら、溶けるチーズと一緒に巻いて冷凍しておけば、
絶好のランチになるので、お試しください。
コメント

今夜はヘルシー料理:鮭のカッテージチーズソース、おからボール、かぼちゃのニンニク炒め

2009-12-24 16:53:39 | カッテージチーズ料理


12月21日(夕食)

養殖モノは買わない、と決めたのに、ああ意志薄弱。
ひと柵430円のおネダンと、自家製カッテージチーズで食べたい欲求に負けて、
またまたアトランティック・サーモンを買ってしまった。
今やチリ産養殖トラウトサーモンは、低価格で見栄えがいいと、ユニクロ並み。
こんなに安いのも、ちょっとコワいけど・・・。

でも、2か月に1ぺんくらいだったらいいか、と妙な納得。
そこで、数日前につくったカッテージチーズでソースをつくる。
材料はカッテージチーズとレモン汁、ニンニクのすりおろし、ヨーグルト、
そしてデルで香りをつけて、味を調整。これでソースが完成。

あとは、塩・コショーして小麦粉をはたいた鮭をフライパンで焼いたら、
そのソースをかける。
たったそれだけの料理だが、鮭とソースがなんとよく合うことか。
しかも、ヘルシーでローカロリー。

もう1品もヘルシー路線で。
昨夜のおからつながりで、ついつい買ってしまったおから。
さて、どうしようか、と考えて、おからボールをつくることにした。
アイディアは、中近東料理の豆ボール、ファラフェレから。
だって、おからは豆からできるんだもの。



まずはおから、鶏ひき肉、溶き卵を混ぜ合わせ、
すりおろしニンニク、炒め玉ねぎ、クミン、イタリアンハーブミックスを加え、
塩・コショーで味を整えたら、小さく丸める。
小麦粉をはたき、水を加えた残りの卵にくぐらせたら、
あとはパン粉を軽くつけて揚げれば、おからボールの出来上がり。
「おお、これはパーティにいいね」と食べ友も絶賛の1品となった。
「なに? これ」「ええ! おから!?」という声が聞こえそう。

もう1品は、簡単かぼちゃ炒め。
例によって、ニンニクをオリーブオイルでカラリと炒めて取り出し、
そこにチンしたかぼちゃを入れてひと炒め。
最後にぽん酢をジョワーっとかけて、ダメ押し炒めして、
ニンニクと、スライスしたクルミを上にかける。
ぽん酢とかぼちゃマッチがいいし、ニンニクの香りも楽しめる。
クルミを加えると、ちょっオシャレに。



おからボールだけちょびっと手がかかるが、
あとは手間なし。
料理は簡単に。それがおいしくてヘルシーにつながれば、いちばんいい。


記事がお気に召したら、下のバナーをプチっと押してくださいませ。



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村
コメント

持ち寄りパーティ料理2種:クリームカレーのサテー、きのこと豆腐とカッテージチーズのパテ

2009-09-24 13:31:55 | カッテージチーズ料理
9月23日(夕食)

友人のギャラリーで、友だち数人が集まって飲むことになった。
店主は男おひとりさまなので、いつものように私がケータリング係。
冷めてもおいしく、なおかつ、手づかみでも食べられるつまみを考えてみた。

久々に、カレー味のサテーなんていいなあ。
それと、きのこがたくさんあるので、これを使ってパテをつくろう。
あとはパテに合うパンと、ちぎって食べる有機キャベツを、途中で買っていけば、
お腹もふくれて、けっこうオシャレなつまみになる。

サテーのカレーソースは、ふつうはココナツミルクを使うが、
今日はハインツのホワイトソース1缶を半分ずつ、2つの料理で使うことにした。

1品目。サテーの材料は鶏の胸肉。皮をむいて2センチ×10センチほどに薄切りし、
ニンニク&生姜のすりおろし、ナンプラー、レモン汁、ケチャップ、クミン、
コリアンダーで下味をつけ、最低30分くらい置いておく。

この間にカレーソースを。
ハインツホワイトソース半缶にカレー粉を加えて牛乳で伸ばし、
ナンプラー、ケチャップ、隠し味の醤油も加えて温めておく。
鶏肉の下味がついたら、肉を2~3本ずつ竹串に刺して平らにし、網焼きを。
焼けた肉にカレーソースを塗りつけて、上からクルミなどのナッツを振りかければ出来上がり。



2品目は、きのこ、豆腐、カッテージチーズを使ったヘルシーパテ。
これは冷ましたあとで冷蔵庫で冷やす時間が必要だが、手間をかけた分の味が楽しめる。

まずはボールに入れたハインツのホワイトソース半缶に、
ニンニクと一緒に炒めたきのこを加える。
そこにしっかり水切りした豆腐半丁と、
カッテージチーズ100グラム(半パック)をほぐして入れ、
固めるために、卵1個、パン粉(なければ小麦粉)大匙2杯程度、
さらに、ナツメグ、チーズ、白ワインを加え、塩・コショーで味を調節しながら混ぜる。
どろりとなった材料は、テリーヌ型かパウンドケーキ型に流し込み、オーブンで30分ほど焼く。

焼き上がったら冷まし、冷蔵庫でさらに冷やす。
途中で型から抜いて、ラップできつく包んでおくと、きれいに切れる。

時間になったら、自転車に積んで、行ってきます。
「おいしいね」と食べてくれるのが、なによりも楽しみ。

ハインツさんのソースを使った、洋食アイデア・レシピコンテストへ参加中♪
コメント

メタボ防止のカロリー・オフ料理 : カッテージチーズの春巻、カレー風味の夏野菜マリネ

2009-07-13 10:52:49 | カッテージチーズ料理
7月12日(夕食)

チーズは大好きだが、カロリーが気になるという人の
強~い味方は、カッテージチーズ。
具を混ぜて熱を加えれば、トローりと溶けてくれる。
ちょこっとパルメザンを加えれば、フレーバーも豊かに。

なかでも、ほうれん草やキノコの入った具を春巻の皮で包んだ
「カッテージチーズの春巻」は、食べ友と私のお気に入り。

具の材料は、ほうれん草、キノコ類などの野菜と
カッテージチーズ。
ニンニクと一緒に炒めた野菜が冷めたら、カッテージチーズと混ぜ、
ワイン、パルメザンチーズ、塩、コショーで味付けし、
春巻と同じように巻いて、オーブンで焼くだけと、調理法も簡単だ。
ヘルシータコスをつくったときに残った裂きチキンがあったので、
一緒に具に混ぜてみた。

冷蔵庫には、ナス、ズキーニ、赤ピーマン、カボチャと、
夏野菜がちょうど勢ぞろい。
これをフライパンで焼いてマリネにする。
セールで買っておいた冷凍庫のエビを加えれば、
一気に豪華になりそう。

カッテージチーズの春巻の味が淡泊だから、
カレーをマリネ液に入れてみた。
マリネ液は寿司酢をベースに、レモン汁などの柑橘酢を入れ、
醤油とカレー粉を隠し味に。
これでマリネの味がドラマティックに変わる。
揚げたエビは、同じマリネ液で別漬けに。

30分ほどで野菜とエビに味がしみるので、
春巻をオーブンに入れる。
皮がこんがり色づいたら、できあがり。

春巻とマリネで、ビールがどんどん進む。
あらら、これじゃ、カロリーオフも台無し~。
コメント