おひとりさまの健康な食卓

毎日の食事から考える「おひとりさまライフ」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

豚肉みぞれ生姜焼きぽん酢ジュレ乗せ、ひじきとブロッコリーのサラダ、ゴーヤと牛肉の牡蠣醤油いため

2011-08-13 14:08:19 | 豚肉


こう暑いと料理はがぜん簡単になるし、酢を使った爽やか味がほしくなる。
夏バテ防止に豚肉! というわけで、タレにもトッピングにも、
野菜をいっぱい使った、あっさり生姜焼きを。

私の生姜焼きは、タレにおろし玉ねぎも加える。
醤油、酒、すりおろし生姜(たっぷり)に、玉ねぎをすりおろしたタレ。
ここに豚肉を5分くらい漬けこんでおく。

その間に、大根おろしにチンしたしめじをまぜておく。
このみぞれがトッピング。

フライパンに油をちょっと敷いて、豚肉をジュワッと炒め、
肉だけまず取り出してお皿に盛ったら、みぞれのトッピングを乗せ、
フライパンの残り汁をかける。
これだけでもおいしいけれど、今回は最後に
ハウスの「のっけてジュレ柚子こしょうぽん酢」を、チュチュチュと乗せる。
ぽん酢の酸味と、柚子胡椒のピリッが、ガッツリ豚肉をいっそう爽やか味に。

夏バテ防止には、ミネラルも。
ビタミンCとカリウムをたっぷり含んだブロッコリーと、
食物繊維とミネラル(とくにカルシウム)の宝庫、ひじきで
簡単サラダを。



用意するのは茹でたブロッコリー、水でもどしたひじき、
それにチンした椎茸、人参など手持ちの野菜。
これをぽん酢に胡麻油を加えたドレッシングで和えるだけ。
味の決め手は「胡麻油」です!
最後に白胡麻をたっぷり加えれば、ミネラルも倍増。

ゴーヤが半分残っていたので、こちらも冷凍庫の隅で寝ていた
牛肉の残りでもう1品。

牛肉は醤油と酒で軽く下味をつけ、さっと炒めて取り出しておく。
次にゴーヤを炒め、取り出しておいた牛肉を混ぜ、
牡蠣醤油で軽く味付けすればできあがり。



牡蠣醤油がないときは、醤油にオイスターソースをちょっと混ぜればいい。
これがあれば、いつもの野菜炒めもひと味ふた味違ってくるという、
とても便利な調味料だ。
いつものゴーヤ炒めが、これだけで別物になるので、お試しを。


記事がお気に召したら、下のバナーをプチっと押してくださいませ。



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村

レシピブログのハウスのっけてジュレぽん酢アイデアレシピコンテスト参加中

コメント   この記事についてブログを書く
« 夏バテなんて何のその=滋養... | トップ | 揚げ茄子の挽き肉あんかけ、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

豚肉」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事