株に出会う

独自開発のテクニカル指標で株式市場の先行きを読む!

NY市場概況(4.19.2024)

2024-04-20 08:32:12 | NY市場概況
4月19日(金)のNY市場概況です。

1.NYダウ
 ようやく苦境を脱した感があります。しかも、MIN/MAX指数の前日予知(注)のサインが点灯しております。OSCが33%と低位なので、ここからはOSCを順調に戻していくかどうか?戻していけば、一旦底値脱出という感じになります。

2.Nasdaq
 こちらは、MIN/MAX指数の点灯が4月15日。まだ前回の点灯からわずかながら上げての点灯。これを引き継ぐ形で21日MIN指数値が4日連続切り下げという下落の典型。これが途切れないと底打ちとはなりません。途切れることを前日に示唆したのが、4月15日でした。

3.ドル・円
 MIN/MAX値は17日に点灯しその後は継続中。

4.CME日経225先物
 37100円で終了。日経225の終値比+32円。

5.米10年債利回り 3.623%(-0.026%)

6.VIX指数 18.71(+0.71)

7.SOX指数 4307(-185)

8.バルチック海運指数 1901(+57)

9.レーザーテックADR株価 34044円(-306円)

以上です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レーザーテック研究(4.19.2024)

2024-04-19 18:55:54 | レーザーテック研究
4月19日(金)のレーザーテック研究です。

まさかの凋落。17日3190円安の再来があるとは、誰が予想できたでしょう。こんなに激しい短期での下落は、レーザーテックの値動きの中では見たことがありません。2023年2月1日に3510円安に沈みましたが、これはたった1日でリカバリー。2022年11月17日、18日には計3905円も下げましたが、今回の比ではありません。

今日の安値は、33720円をマークした昨年12月13日の安値とほぼ同値。筆者はそれ以降の34150円や34310円をマークしておりました。それらはいとも簡単に突破されております。

ブラックロックの大量保有報告書をざっと見ると、昨年の10月から11月にかけて取得しています。その頃のレーザーテックの値段は、2万5千円から3万円程度。3万円を切ると利益が吹っ飛ぶので、4万円を今週超えたあたりから大量に利確しているのではないかと推察されます。

という訳で、まだブラックロックは利益が乗っているレーザーテックの株を保有しているかも知れません。

以上は、大量保有報告書からの筆者の勝手な推測ですので、真に受けないで下さいね。特に裏付けのある話ではありません。

以上です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

市場概況(4.19.2024)

2024-04-19 18:08:12 | 市場概況
4月19日(金)の市場概況です。

1.日経225
 1000円を超える下落は、2020年9.11の記録を見てもありません。2021年5月11日の909円がこれまでの最高値。完全に潮目が変わったようです。唯一のテクニカル面からのサポートは、4月8日のOSC38.1%に対して、今日はOSCは38.4%でわずかですが上回り、指数値は8日の45114ポイントに対して、今日は43036ポイントと2000ポイント程度下回っております。

この逆相関は、相場の下落が陰の極に達してなお、崖っぷちから足一本で残っている時に現れます。そうは言っても、例えば今年の1月18日は41773ポイントでした。今日は、これに比べるとまだ高い。しかし、元来日経225は3ヶ月周期で変転すると言われております。ちょうど3ヶ月経過。

この3ヶ月間の日経225の上げと下げの栄華盛衰の余韻が残っていると言っても過言ではありません。

を言うわけで、来週は一旦、ギリギリまで落ちてからの反転を果たすのかどうか正念場。

2.グロース250
 昨日は少し息を吹き返しましたが、今日再度沈没。昨日の上げの倍も下落。それでも健気に、OSCだけは27.6%とコンバージェンス。しかし指数値はちょうど500ポイント。2022年9月28日の489ポイント以来の低さ。2020年10月2日を1000ポイントに設定してからの最低値は、2022年6月20日の407ポイントです。これは例外としても、約半分に落ち込むという体たらく。もうコメントも何もあったものではありません。

以上です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NY市場概況(4.18.2024)

2024-04-19 07:31:34 | NY市場概況
4月18日(木)のNY市場概況です。

1.NYダウ
 安値は昨日より切り上げたものの、ベースラインの37735ドルを上回ることが出来ず、陰線引けのためかOSCも4%近く落として30.3%で終了。3月21日からは下落トレンド継続中。39781ドルが終値。

2.Nasdaq
 5日連続の下落。OSCも-4%の32%に。ダウより症状が重いかも知れません。売られ過ぎサインも4日連続の点灯。特に25日と10日MAラインからの下方乖離は3.6%にもなっております。ダウは2.8%と少しまし。

3.ドル・円
 OSCは、一昨日に続いての83%と記録的。それでも各MAラインからの乖離率は1.8%ー3.4%にとどまっております。

4.CME日経225先物
 7時半現在、日経225終値比330円安。

5.米10年債利回り 4.634%(-0.015%)

6.VIX指数 18(-0.21)

7.SOX指数 4492(-76)

8.バルチック海運指数 1844(+65)

9.レーザーテックADR株価 37035円(-475円)

以上です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レーザーテック研究(4.18.2024)

2024-04-18 16:07:14 | レーザーテック研究
4月18日(木)のレーザーテック研究です。

今日は、仕掛けどころが定まらずうまく捉えることができませんでした。節目の数字は意識していたのですが、どうしても目先の動きの流れに惑わされてしまいますね。

下値は36280円が突破されるかどうかを意識しておくべきでした。後は、切り返しは37680円。後場はいきなりこのラインを突破して始まり、さすがにそこからは前場に仕込んだ方々の売り攻勢に晒されてしまいましたが、このラインを上に行ったり下に行ったりしている時は、どうしても手が出せないものですが、上手に「逆指値」を入れておくことで、その流れに乗じることが出来るのですが、まあ、あれやこれや考えているうちに、その節目の数字を通り過ぎてしまうことが多く、もう一つタイミングが合わず。

さて、閑話休題。

OSCは42.2%と昨日より着実に切り返しました。本来、この切り返し時に買いが正解。明日の上値の第一関門は37700円レベル。37200円レベルまで押されたら、下からこのラインを抜く時を狙っての買い。

順調なら、明日は37430円の昨日の安値を、きちんとクリヤーしてOSCも今日の42.2%を上回っての推移となりそうですが、一筋縄ではいかない波乱相場と相成っておりますね。

また、大きく跳ねるとしても、38800円あたりが上限か。いずれにしても、4月16日の安値の40580円までは相当な距離がありますので、しばらくは揉み合い相場が続くかと思います。

以上です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする