たのしい万葉集 鞆の浦(とものうら)で大伴旅人が詠んだ歌

2019-09-21 13:06:08 | 総合インデックス
こんにちは。
9月20日は秋の彼岸入りでした。いつもの年ですとヒガンバナが咲くころですが、
今年は先日の台風15号で全滅してしまいました。残念です。

[ 万葉の故地(全国:奈良以外) ] の [ 鞆の浦(とものうら) ]を更新しました。


0448: 礒の上に根延ふむろの木見し人をいづらと問はば語り告げむか
天平二年(西暦730年)十二月、大伴旅人(おおとものたびと)が大宰府から都に向かう途中に通った鞆の浦(とものうら)で、亡くなった奥様のことを想って詠んだ歌のひとつです。

今週も たのしい万葉集 をよろしくお願いいたします。

//きょう
コメント   この記事についてブログを書く
« たのしい万葉集 萩の花咲き... | トップ | たのしい万葉集 秋萩の恋も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

総合インデックス」カテゴリの最新記事