茶語花香

人生は旅なり。

サモワール茶会@茶文化空間 香流

2015-04-23 21:51:47 | 茶会・茶勉強会

サモワールと呼ばれるティーサーバー。この日は、エスニックなロシア茶文化、サモワールを体験してきました。


サモワールの上に載せてあるティーポットから、カップに紅茶を注ぎます。サモワールの下についている蛇口からお湯を足していきます。


このジャムのことをロシアではヴァーレニエと呼び、普通のジャムと区別しているそうです。ロシア人のマネをして、アルコール度数四十度のウォッカを垂らして食べてみました。


ロシア料理の前菜をイメージしたプレートです。見た目が美しく、味も美味しいです。
赤いビーツとコリアンダーを一番上に載せた何層もあるサラダは、参加者全員で作りました。これには、ちょっと変わった名があります。
毛皮のコートを着たニシンのサラダ


遠い昔、中国から飛び立った紅茶。その伝播ルートは、歴史言語学の視点からでも検証できます。ロシア、トルコ、ペルシャ経由の陸路ルートの語源は、中国広東語のchaでした。一方、イギリス、フランス、イタリア経由の海路ルートの語源は、福建語のtayでした。いわゆる紅茶のC文化圏とT文化圏と言われるものです。

サロンオーナーの多都子さんが、ベルリンのロシア街でサモワールを購入したという話しをされました。ベルリンのロシア移民の物語にまた深く興味をもった私でした。

中国茶からみたお茶のいとこ、はとこ。そこに広がる世界にも好奇心をそそられます。

主催者の皆さま、ご一緒の皆さま、どうもありがとうございました。有意義な時間を過ごすことができました。

ロシア茶文化 サモワール体験
茶文化空間 香流

インターナショナル感性の主催者Tamakiさんのブログ
ルワンダのおうちから


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
コメント

八宝茶会の準備が着々と

2015-04-03 21:18:47 | お知らせ

オリジナル八宝茶会用の材料が着々と準備できました。

漢方薬材を並べる私を見た親族に

ますますお母さんに似てきたね~

と言われます。

いつの間にか、季節や体質体調への意識、食べ物の温涼の常識。
母が私にしてきた「食育」は本当にそのようなものしかありませんでした。
そして、今は感謝しています。
大人になってから改めて薬膳の講座に行き、本を開き、知っていたことの点が糸でつながるようになりました。
自分が家庭をもつようになってからは、家族の食生活や健康管理に役に立つようになりました。

八宝茶は、厳密な薬膳茶ではありません。お伝えしたいことは、二時間ではとても足りません。薬膳茶を簡単にアレンジする際のヒントになるよう、紐解きしていきます。知っているあの材料、知らなかったあの材料、ワクワクの会にしたいと思います。

現在お申込みの状況、午前の会は中国語教室の生徒さんが多半数、午後の会は中国茶の先輩方が多い会になります。中国語から中国茶や薬膳に興味を持たれる方と、中国茶から広い意味での茶文化に興味を持たれる方とは、少しずつ感性が違うように感じます。それぞれの感性を響き合い、互いに良き刺激を受け合い、そのような交流の場にもなれば嬉しく思います。

ご興味のある方は、4月6日(月)までにお申し込みください。
どうぞFacebookやブログのメッセージから声をかけてください。

すでにお申し込みされた方々、どうぞお楽しみにしてください。心よりお待ちしております。



日時 4月9日(木)
場所 南行徳
会費 2500円
時間 10:30-12:30
14:00-16:00
午前・午後の会は、ともに茶菓子・茶点心をご用意いたします。


優韻茶書房


ご参加をありがとうございました。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
コメント