茶語花香

人生は旅なり。

秋の養生のいろは

2014-09-21 10:16:49 | 養生・薬膳
今日は、もう少し秋の養生についてお話しをします。

東洋医学では、季節の気候の特徴を「〇気」という言葉で表現します。秋の気候は乾燥の「燥気(zao4 qi4)」と言います。


青みが美味しいと思わせるyu:yu:さんの今年の特上毛ガニ。今年の初秋のお気に入りです。娘が遊び感覚で作ったこちらの写真、lovelyの感じが気に入って、今回の記事に採用しました(^^)。

晩秋になり、焙煎の高い青茶で体を温めます。個人的に、特に好きなのは、写真にある杉林渓の炭火焙煎です。火が通った美味しさを、気温が下がるにつれ、一層美味しく感じます。実際東洋医学では、寒さの中、人間の体に火のパワー(「火気(huo3 qi4)」)が必要と考えています。

秋の気候の特徴によって、体に悪い兆しが出た場合、初めて「〇邪」という文字がつきます。
秋の場合、「燥邪(zao4 xie2)」と言います。一見難しい言葉のように見受けますが、そもそも「燥(そう)」という文字を見た時、どのようなことを想像しますでしょうか。

おそらく、まずは唇や肌の乾燥、のどのガラガラというところかな。東洋医学では、躁邪が体に侵入すると、乾燥し、さらにひどい場合は、空咳や肺の痛みによる呼吸器のトラブルがおこると説明します。

この呼吸器のトラブルに良いとされているのは、お茶の中では特に「菊花茶」の名があげられます。

菊花茶とゴールドコンビになるのは、「クコの実」と言われます。「クコの実」は、目の乾燥や疲れにすごく効くと昔から伝わってきています。

他にこの時期では、早秋に生姜・ニンニク・唐辛子などの辛味刺激的な物を控え、涼性の食薬を取り入れ、晩秋になると辛味・温性の食薬を使いましょう。

来月には、地元で「秋の養生セミナー」を開催する運びになりました。

お近くの方がいらっしゃいましたら、こちらでお申込みください。→

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

にほんブログ村 健康ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント

季節の移ろいとともに楽しむ中国茶のいろは 

2014-09-12 09:52:45 | 養生・薬膳
季節の移ろいとともに、チョイスする中国茶が変わっていくことで、四季の変化を実感できることが、中国茶の一つの魅力です。

そのような考えを裏付けるのは、東洋医学的な働きが大きいと思います。

春には、あらゆる生命が、冬の長い眠りから目覚めます。芽出しや花咲きのパワーを頂き、新緑茶や花茶を飲むのが、良いとされています。天人相応の考えは、ここにも通用します。

(写真)緑茶 開化龍頂

夏になると、体の余分の熱を、取ってくれるのは、白牡丹等の白茶。白茶のもつ体を冷やす性質が「涼性liang2 xing4」と言います。

(写真)白牡丹

逆に、冬の寒さを乗り越えるには、体を温めてくれる紅茶が一番だとか。それは、紅茶のもつ「温性wen1 xing4」の働きです。

(写真)滇紅金芽(オーガニックプーアルさんのもの)

涼しくなった秋頃には、性質がマイルドの鉄観音や高山茶等が、もってこいです。


(写真)矮脚烏龍

津液jin1 ye4」という言葉があります。体の潤いや水分だと思って下さい。夏の間に消耗した体内の津液は、涼しくなり始めた初秋には、まだ回復されていません。そのため、この時期に、もし身体を温め発散作用のある物を早く取り入れてしまうと、乾燥がひどくなります。

初秋には、焙煎のかかっていない青茶や軽焙煎の青茶から飲み始め、秋が深まるにつれ、焙煎のかかった青茶を取り入れます。

東洋医学の考えでは、季節の移ろいに、体にゆるりと気候の変化のシグナルを送ることがお薦めです。

香りや味わいで、リラックス効果に期待されることの多い中国茶ですが、お茶のもつ性質のうんちくを少し知っておくだけで、体に訴えがある日に、調子に合わせて選ぶことができれば、一層楽しみが増えます。

次回は、もう少しこの話しの続きをしたいと思います。

来月には、地元で「秋の養生セミナー」を開催する運びになりました。

お近くの方がいらっしゃいましたら、こちらでお申込みください。→

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

にほんブログ村 健康ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント

秋愁という言葉から

2014-08-29 08:31:33 | 養生・薬膳
気温がすっかり下がり、秋の足音が近づいてまいりました。

何年か前に、なんとなく思うように元気がなかった秋頃。母が、私にこう言いました。

秋愁qiu1 chou2

という言葉がありますよね。

気持ちが沈みがちなのは、天気のせいだ。とその時、その言葉に救われました(笑)

遠い昔、「愁」という漢字を作った古人は、秋が始まり、人間のその気持ちの特徴に、気づいたのかもしれません。

さらに、秋が深まり落葉しはじめると、人間は、自然の美しさに感嘆しながらも、物悲しさや寂しさを感じやすくなります。

その人間の気持ちの変化は、

天人相応(tian1 ren2 xiang1 ying4)

と言います。季節ごとに、人間の体の変化は、自然界の変化と相応しいという東洋医学の基本的考えです。

年を重ねていくにつれ、自分や家族の養生に気を配るようになりました。

好きな事に触れ、適当に体を動かし、安定した気持ちを保つように、心がけています。

次回は、趣味の中国茶、秋のおススメとその東洋医学的根拠を紹介します。どうぞお楽しみに。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

にほんブログ村 健康ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

コメント

我が家の助けっ人ー金銀花

2014-05-21 16:05:43 | 養生・薬膳

乾燥した草のようで、フレーバーも乾草っぽい、漢方薬として使われる金銀花(キンギンカ)です。

私と金銀花の出会いは、小さかった娘のアトピーの治療でした。

上海の名門漢方病院に行って受診しました時、そこで処方されたのは、金銀花の入った生薬です。金銀花は、スイカズラの植物の花で、色は、白か淡い黄色です。散熱やデドックス効果が抜群です。

一方、中医学では、アトピー性皮膚炎の患者の体質は、「湿熱系」と類されます。体に余計な湿気が入り、暑がり屋の方が多いです。

最終的に、娘のアトピーは、年齢とともに、自然に良く治ってきました。

金銀花の入った生薬もしばらく飲んでから、やめました。

しかし、我が家では、金銀花を常備するようになりました。

ハトムギや金銀花を白牡丹にブレンドし、水筒に入れ出すことが多いです。白牡丹等の白茶は、涼性で、体を冷やす効果があります。ハトムギは、体の湿気を一番取り除く優れた穀物です。どちらもアトピーに良いとされています。

但し、金銀花は、かなり寒性の植物です。ダイエットなどのデドックスのためなら、むやみに取らないでください。

次回は、もう一つ金銀花の使ったティーレシピ―をご紹介します。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へにほんブログ村
コメント

冬至に薬膳鍋

2013-12-22 21:14:49 | 養生・薬膳

冬至の日は、日本ではゆず風呂に浸かったり、カボチャを食べたりしますね。

中国の家庭では、その日の「温補」をとても大事にしています。「温補」とは、体を温める食材を取ることです。

実家では、冬至の日に、年に一度羊肉と大根の煮物が食卓にでます。それも生姜が効いたお味で、子供の頃は、どちらかと言うと苦手でした。

東洋医学の観点から、日が一番短くなった冬至には、人間の体の陰と陽のバランスがピークに達します。その日は、陰の気がマックスに達し、冬至以降には徐々にパワーダウンにしていきます。一方、体の陽気はその日を境に徐々にパワーアップしていきます。(「陽気初生」といいます。)

その日に「温補」しておけば、冬にはまるっきり風邪ひかずに過ごせるといいます。さらに、来年の春にはトラと戦うほどの力もでてくるとのことわざもあるようです(笑)。

そのために、体を温める食材を取り入れることです。

羊肉、牛肉、舞茸、ピーマン、かぼちゃ、胡桃、生姜、にんにく、らっきょう、ネギ等々。

食材以外、今日の料理に、どうしても入れたかった漢方薬があります。婦人の至宝である当帰(とうき)です。これが「補気活血」といい、体の気を補い、血液循環を促進する効用があります。

しかし、当帰の漢方香が半端なものではありません。子どもも主人も苦手かもしれません。そのために、鍋のベースは、市販のトマト鍋スープをベースにし、当帰のスライスを一枚、ニンニク・生姜・豆豆支のみじん切りを利かし、紹興酒を加えることで、まろやかな中華薬膳鍋のできあがりです。

この味は、何回か訪れたことのある銀座和食のやまとで頂いた「薬膳長生不老鍋(赤)」からもらったヒントです。和食の店とはいえ、紹興酒ベースのとても効いた中華風薬膳鍋が印象的でした。店のレシピを伺うことができないけれど、主婦の舌でおそらくこんな食材が入っているのかなと想像しました。それを今日は家で再現したかったのです。もちろん、冬至の鍋の中身は、体を温める食材ばっかりです。

鍋の蓋を開ける時、主人も娘も「え~っ」と苦手そうな顔しました。

食べてみてと薦めると、「全然見た目と違って、美味しい」と笑みに変わる二人。羊肉の臭みも、漢方香も気にしなくなったのは、すべてトマトベーススープのおかげです。

来年一月の新年茶会に、冬の養生の話し、そして、当日は、薬膳茶と薬膳粥もご用意する予定です。

年内に日程の詳細をお知らせしますので、ご興味のある方はぜひチェックしておいてください。

豚肉創作料理 やまと 銀座本店
http://frieden-dining.com/grandmenu.html
〒104-0061 東京都中央区銀座2-4-18 アルボーレ銀座 9F
TEL 03-5159-9751  FAX 03-5159-9752

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へにほんブログ村
コメント