茶語花香

人生は旅なり。

徽六瓜片

2017-12-29 23:01:40 | 中国茶・世界のお茶

広州とあるお茶屋さんの店員が
私にこう言ったことがあります。
うちの店を訪れる日本の方は、
誰しもメモを取ります。

言われてみれば確かにメモ取ることは
日本人のとっても良い習慣の気がします。

記憶力が劣ってきましたし、
真面目にメモを取ろうと。

茶友から頂いた二つの六安瓜片について、
事前にプライスを知っていました。
飲み比べることにしました。

A 1000元/斤(2017年)

B 2000元/斤(2016年)

私には、価格ほど品質の差が感じなかった結論に至りました。

プライスを先に知ってしまった時、
先入観が働きがちで、
誤った評茶に陥るわけなんです。

大学の評茶レッスンを思い出します。
評茶は言葉で綴るだけではなく、
的確な市場プライスをつけるようにと、
先生の言葉を思い出しました。

毎回課題が出されました。
最初、毎回つけたお値段が先生の教えた正解より大体何割も高かったけれど、
最後の数回は、段々正解に近づけました。

市場の相場をまず知り、
それから目の前にあるお茶の品質と付けられたプライスの釣り合いを判断するトレーニングが必要です。

高いお茶ばかり狙うのがそろそろやめたい。
「お買物上手」の客になりたいですね。

コメント

烏欖炭

2017-12-28 20:41:21 | 日常

今日、2016.3.27自分がブログに書いた「人生は旅なり」の記事を読み直してみました。

あれから早くも一年九ヶ月が経ちました。

もう広州人になったかもと、
最近思うことがあります(笑)

広東語は相変わらずできませんけれど、
日本語を少しずつ忘れかけています...
内心怖いと思っています(笑)

暖かい冬が好き。
春、夏、秋、毎日汗かきするのも
苦手ではなくなりました。
むしろ汗かきの気持ち良さがスポーツした後にも似て、
意外と爽快なものになってきました〜(笑)

買い物はスマホで宅配、
乗り捨てシティレンタル自転車もスマホ、
財布代わりに、スマホと充電器さえ持ち歩けば、お出かけオーケーです。
日本も早くそうなってほしいなあと思います。

写真は、今自分の中で一番なホットアイテム 烏欖炭(からすたん)。中国語読みは、ウーランタン。
特殊なオリーブの種でできた炭。
伝統的潮州式工夫茶の火起こしに使われます。
無煙無臭なため、普通の部屋でも使用可能なんでしょう。
烏欖炭の火起こしを来年覚えたいですね。

今年も日本の友人が会いに来てくれました。

皆さま、良いお年をお迎えくださいませ〜。

コメント

潮州魂

2017-12-28 20:18:15 | 茶会・茶勉強会

潮州式工夫茶の第一人者で伝承人でもある陳再粦先生に、潮州式工夫茶の一連の流れを特別に講義して頂きました。
これほど綺麗な手つきで潮州式の飲杯回し(「滚杯」)する方が初めてです。
10煎以上淹れて頂いた单そう桂花香、
奥行きと余韻が最初から最後まで変わらぬものでした。


無煙無臭な烏欖炭で火を起こし
茶則の代わりに紙で茶葉を載せる

潮州式工夫茶のすべてが
理にあって素晴らしいです。


お宝もいっぱいの不二人文空間、
スペシャルな空間でした。
深圳を訪れる際、オススメです。

住所: 深圳市南山区招商街道蛇口花样年美年广場4棟101室
コメント

茶人の手を見つめて

2017-12-28 20:03:49 | 展示会・イベント

11月広州茶博会に続き、
12月は深セン茶博会に行ってきました。

茶博会に参加する企業は、どれもお金をかけています。完成度の高いブースも少なくありません。

その中、李曙韻氏が率いる茶家十職のブースは、抜きん出る存在でした。


視界的に省けるものは省きました。
余分な表情は要りません。
茶人の手を見つめて。

コンセプトは秀逸なものでした。
記憶に残るカットでした。
コメント