茶語花香

人生は旅なり。

古いモノに囲まれて

2018-03-25 18:51:27 | 茶会・茶勉強会

心が知れた仲間のおうちにお邪魔しました。

田舎に戻ると、いつも何か掘出物を持ち帰る彼女。
確かな審美眼。
古董屋になってね
といつも若い彼女を「唆かす」私 (笑)

心地よく古いモノに囲まれ、
心地よくいくつのお茶をともに味わいました。


コメント

プーアル茶とチーズケーキのマリアージュの会

2018-01-26 23:21:46 | 茶会・茶勉強会

広州に来てから、「清飲」と言って、お茶だけ楽しむのがほとんどでした。
お茶とお菓子のマリアージュの茶会に参加するのが随分久しぶりになります。
少し前のことですが、
プーアル茶とチーズケーキのマリアージュの会が近所の中国茶教室で開催され、申し込んでみました。


【茶譜】
2017年攸楽山 柔らかい、瀾滄江外の生茶らしい味わい
2007年攸楽山 十年物らしい味わい、厚みがある
2011年宮廷プーアル茶 陳香、熟茶標準的な味わい
(おまけに)
キーマン紅茶


紅茶との相性の素晴らしさは予想内のこと。
それに負けないくらい十年寝かした攸楽山は、
チーズケーキのミルキーな味わいが口じゅうに広がりました。
チーズケーキ一口頂いた後、
十年物の攸楽山を一口含む順番は
特に良かったです。
味覚的に冴えた瞬間を鮮明に。

今回頂きましたのは、軽めなチーズケーキでした。
これがもししっとりした濃厚なものなら、
きっとお茶との相性もまた変わってきますでしょうね。

一切れのチーズケーキをこんなにゆっくり味わうことはなかったかもしれません。
久しぶりの茶会にリフレッシュできました。
コメント

潮州魂

2017-12-28 20:18:15 | 茶会・茶勉強会

潮州式工夫茶の第一人者で伝承人でもある陳再粦先生に、潮州式工夫茶の一連の流れを特別に講義して頂きました。
これほど綺麗な手つきで潮州式の飲杯回し(「滚杯」)する方が初めてです。
10煎以上淹れて頂いた单そう桂花香、
奥行きと余韻が最初から最後まで変わらぬものでした。


無煙無臭な烏欖炭で火を起こし
茶則の代わりに紙で茶葉を載せる

潮州式工夫茶のすべてが
理にあって素晴らしいです。


お宝ずくめの不二人文空間、
スペシャルな空間でした。
深圳を訪れる際、オススメです。

住所: 深圳市南山区招商街道蛇口花样年美年广場4棟101室
コメント

社会人講座へ

2016-04-29 08:08:44 | 茶会・茶勉強会
広がる校庭の茶畑に、沢山の品種が試験的に栽培されています。

華南農業大学(以下 華農大)に花見で行った日、茶学部があることを知りました。

その二週間後に始まる、社会人向けの評茶クラスを受講するようになりました。

茶学部の先生に、一部の品種について話しを聞くことができました。

中国茶の品種は日進月歩に改良されていることに実感しました。

午前中の授業は、スライドによる授業が行われることが多いのです。


その日に学んだ種類の茶について、午後にすぐ評茶の実践に移ります。

受講しているのは、中国茶に関わる仕事をする人が多いのです。このクラスで、中国に来てから初めて沢山の茶友に出会いました。


校庭の茶畑に立つ茶外茶の苦丁木。
コメント

鳳凰単ソウの旅路に辿り

2015-09-15 09:17:49 | 茶会・茶勉強会

<オープンニング>
曇りの昼下がり
開放したテラスで
鳳凰山麓の住民の山蜜草茶を味わう
ほのかな優しい甘さが広がる

<第一部>
雰囲気が漂う 茶人 小曼さんと乃月さん
佇まいが美しい
横並びにして 湯を沸かし 器を清め
二人の阿吽の呼吸を感じるかのように
全てが静けさのなかに進んでいく

程よい距離から眺める二人の動き、
まさに鑑賞という言葉がピッタリです

見える 昇りあがる湯気
開けた窓の外 走り去る総武線の黄色車両
聞こえる レトロな木製窓枠が風にゆられて立てた音
茶人の「行雲流水xing2 yun2 liu2 shui3」(空をゆく雲や流れゆく水)のような動きに伴奏したかのように

三回焙煎した鴨屎香鳳凰単そう
小曼さんの淹れたものを頂きました 
焙煎香が高く 二煎目から芳醇な香りを放つ
変化に富む四煎を頂き 五感を目覚めました

<休憩>
再びテラスに戻り、宋種単そうの冷茶を頂きながら
そびえ立つスカイツリーがよく見える

<第二部>
現代のものよりも小ぶりで高さのあるアンティーク潮州茶盤を
第二部で小曼さんも乃月さんも使っていた。
去年二人が潮州に訪れた時 手に入れた年代物だそうです

小卓で乃月さんを囲み、話しに花が咲きました。
細長い首のした水指は 酒器を思わせた 
茶海代わりに使っていることも そこに溜めていく単そう紅茶の一煎目と二煎目も
最後の最後まで気になっていました



垢抜けた一本小さなお手拭き 洗練された茶請け
お二人の茶道具や小道具に惚れ 茶淹れに惚れ
茶旅遍路の話しに惚れた昼下がりでした。


ルーサイトギャラリー
小曼さん、乃月さん、麗香茶課スタッフの皆さま、ご一緒の皆さま、
素敵なひと時、ありがとうございました。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
コメント