感謝と祈りといやし

熊本アンテオケ教会の神様の栄光の表れを神様に栄光を帰しながら書いていきます

神の祝福@父の入院2

2018年06月23日 | 

「わたしの弟子だというので、この小さい者たちのひとりに、水1杯でも飲ませるなら、まことに、あなた方に告げます。その人は決して報いに漏れることはありません」(マタイの福音書 10:42)

 父は今も入院中ですが、嬉しい事に順調に回復中です。今回は、父が骨折した直後の証しを書きます。

 母が父を車で病院に連れて行ったのですが、家から歩いて行ける(車なら1分)の、大きな整形専門K病院は「不思議なことに、全く頭に浮かばなかった」そうで、わざわざ車で1件めの某病院へ行きました。すると「先生は所用で不在です」。2件目に行くと「多分骨折です。でもここはMRIやCTがありません。N病院に行かれた方がいいですよ」。

そのN病院に行くと、即手術の1か月入院となりました。損害保険で病院代をある程度カバーでき、入院中は禁酒禁煙と手厚いリハビリのせいか、父の健康が目に見えて向上しました。

 最初のK病院は、後日、母が友人知人に世間話をしたところ「あそこは手術が1か月待ちだって」「最近、腕が落ちた」等、あまり評判が芳しくない事がわかりました。そして、N病院での父の入院生活を話すと、口々に「ラッキーだったね~」と、一緒に喜んでくれたそうです。

「う~ん、父はノンクリスチャンなのに、何故こんなに幸運続き?(←偏見です)」と、しばし考えましたが、思い当たる事がありました!

父は、八朔の木を趣味で育てています。おいしい実がたくさん実りますが、多すぎて家で食べきれません。

 もったいないのである日、「教会の人たちに持って行っていいかな・・?」と恐る恐る聞いたところ、「OK」だったので、嬉しくてつい「イエス様が何かお返しをして下さるよ!水1杯でも良い報いが来るって聖書に書いてあるから」と口走ってしまいました。「ふ~ん、そうか」という返事でしたが(笑)。でもその八朔、特に牧師たちが喜んでたくさん食べて下さったので、父への報いは普通よりも大きかったと信じています(笑)。

そして入院中、さらに神の恵みがありました。父の心臓に問題がある事が判明(=意識が8秒ほど飛ぶ)し、医師から「車の運転はもう止められたら」「ペースメーカを入れますか?」といわれたそうです。父に聞くと、「たまに気が遠くなることがあった、確かに8秒くらいだな」と、以前から自覚症状があったそうで・・・、今回、病院で判明して良かったです。主をあがめます!

 父も母も70歳後半です。父はいまだに仕事中毒で、母はよく手伝わされヘトヘトになっていました。父と母だけにその説明がされていたら、母は父に押し切られ、退院後も真夏の炎天下で手伝わされ・・・となっていたでしょう。しかし、今回は兄にもその話(連絡)が行きました!

 病院に提出する入院用書類には別所帯の保証人が1人必要でした。母は兄の名前を書いたそうです。母によると「急な入院だったし、借金の連帯保証人みたいな危ないものじゃないし、実の息子だし、とりあえずいいかと思って書いた。まさか先生が直接電話して、全部説明するなんてねぇ・・」。

兄は「人・公共に迷惑をかける」事が嫌い。そして親孝行な人です。何らかの形で神が用いられるかもしれません。

「父が仕事を辞めて、イエス様を信じて母と一緒に第2の人生を送ってほしい」と、時たまながら祈ってはいましたが、不思議な形で展開し、驚いています。

イエス様。御言葉の通りに私の父を祝福して下さり、心から感謝します。

栄光在主。hiromi

コメント

賛美を通して働かれる

2017年09月22日 | 
私が神様に祈って、救われた人は数人いますが どの人達も賛美を通して主に触れられ 涙を流されたんです。
その後、救われました。
主は賛美を通して働かれるんですね。

Watanabe

コメント

イエス・キリストの十字架

2017年06月02日 | 

イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも同じです。 (ヘブル人への手紙 13:6) 

 最近、病気の方々のとりなしの祈りをしています。病気が癒されるように祈る中で、昔、知人(福音派クリスチャンのA子さん)が話してくれた証しを思い出しました。その証しを思い返すと、祈りにがぜん意欲が湧きます。彼女の証しを聞いたのは多分15年以上も前ですが、せっかくなので紹介します

 【その①】 今から40年以上昔(←もっと昔かも)、A子さんは、入院中の義母の看病をしていました。家からとても近い病院でしたが、洗濯物やその他、何かというとすぐ(離れて10分もしない内に)、義母に呼びつけられ、そして文句は言われても、「ありがとう」などのねぎらいはゼロ。「悪い人じゃなかったけど、私への文句しか言わなかった。病気の影響もあったろうけどね・・・。でも本当につらかった。1日に何往復もして、報酬はそれだもん」。当然A子さんも、そんな義母の態度にムカムカします。「私がいなかったらあんたは困るでしょうが!」と、面と向かって悪態をつきつつも、我慢してお世話を続けていました。

 しかしある日、ついに我慢の限界が来ました。大泣きして神様に訴えたそうです。「イエス様、私はこれ以上あの人の世話は無理です、したくありません!お礼の言葉一つもない。つらくて仕方ありません!」。その叫びにイエス様はこういう返事を下さったそうです。「彼女に対してではなく、わたしの世話をすると思って、してくれませんか」。彼女は、(納得いかない思いはあっても)「イエス様がそう言われるのなら・・・。」と、思い直して義母の看病を続ける事にしました。

 「だってhiromiさん、イエス様は、私の罪の為に十字架にかかって下さったんだよ。全く罪のない神の子が、こんな罪人の私の為に、あんなに痛い、苦しい思いをしてさ…。それを思うとね、私の心には、いつも神への感謝があふれてくる。私の人生には沢山の苦労があったけど、イエス様の十字架を思えば私はどんな事にも耐えられた。義母の件だって、今思えばその延長だった。」

 ある日、病院に行くと義母が苦しがってベッドの上で転げまわっていたそうです。A子さんに気づくと「A子さん、苦しい。助けて、助けて!」と半狂乱の叫び声。その悲鳴に驚く前に、口から冷静に出た言葉は「私にはあんたを助けられん。今のあんたを助けられるのは、イエス様しかおらん」だったそうです。「イエス様!?・・・それ、一体誰!!」。それをきっかけに、義母はイエス様を信じる祈りをして、救われました。それからしばらくして、天に帰ったそうです。

 あともう一つ

【その②】 「イエス様は、うちのじいちゃんにも福音を語りなさい。っておっしゃってね。じいちゃんも入院中で、訪ねるたびに福音を話そうとするんだけど・・・、じいちゃんは「またその話か」って、顔をそむけて不機嫌になる。さすがにいつもそんな態度を取られるのがつらくなってきて・・・ある日、『もう止めよう、無理だ』って、あきらめた。そしたらね、夢を見たとよ。目の前で、家も何もかも、洪水できれいさっぱり流されて・・・、私は呆然としてそれを眺めてる夢だった。目が覚めた時、 『このままじゃ、じいちゃんは天国に入れない。あの景色みたいに、じいちゃんも死んで滅んでしまう』って、はっと我に返った。イエス様が夢を見せてくれたのかな?やっぱり福音を伝えなければ。と思い直してね…、すぐさま病室を訪ねたよ。」

 「でも、じいちゃんの顔を見た瞬間、急にじいちゃんの冷たい態度を思い出してね。来たはいいけど言葉が出なくて困った(笑)。臆病風に吹かれて「やっぱり無理だ」と、無言で病室を出ようとしたら、じいちゃんが「え?今日はキリストの話をしていかないのか?」って驚いた顔をして・・・。その後、じいちゃんもイエス様を信じて救われたよ。今は2人とも天国にいる。」

 2人とも病の癒しはありませんでしたが、救いという最善を得ました。大昔でもこんな事が起きるなら、現在はどんな神のわざが起きるでしょうか。ワクワクします

 主に感謝し、み名をほめたたえます。 hiromi

コメント

猫のいやし 3

2017年04月10日 | 
アゴの骨が折れたノラ猫の事を書いてきましたが、本当に見違えるように癒されています。



口が開きっぱなしだったのが、こんなに閉まってきました。 神さまの癒しに心から感謝致します。


murakami
コメント

海外宣教の恵み

2017年04月03日 | 


3/27~4/1 感謝と賛美とリバイバルキャンプに娘と参加して来ました。 教会から私たちを含め4人が参加しました。
娘にとっては初めての海外宣教でした。
初めての参加で前半賛美のチームに3回も加えて頂き、特別賛美にも立つ事が出来て感謝でした。
ハリウッドでの路上ライブも素晴らしい経験になりましたし、ディズニーランドでは映像の奉仕をする恵みに預かりました。
また、アメリカンアイドルの司会、件プロデューサーのスティーブさんとフレンズの皆さんに歌を好評して頂ける、ゴスペルショーケースにも出場させて頂いて、本当に恵みでした。
何よりも、娘が変わりました。 奉仕に喜びがあったそうです ‼(•'╻'• ۶)۶
「もっと奉仕がしたい!?」「へぇ~ !! 変われば、変わるもんだ~」
また、来年も感謝と賛美とリバイバルキャンプに行きたいと言っています。
次は、今年のイスラエル派遣に行けるように、二人で祈ります。



murakami


コメント

神学校卒業だ~♡

2017年03月19日 | 

もう嬉しくて嬉くて仕方ないです「卒業が決まったら、その証しを書いて主に栄光をお返しします」と、決めていたので、さっそく証しを書きます。今日の礼拝時、牧師夫人が私に声をかけてきた時も「まさか『試験落ちてたよ~。勘違いだった、ゴメン。次回』とか・・・」と、思わず身構えましたが、別件でホッとしました(笑)。 それぐらい今回は緊張していただけに、恵みを深く実感しています、ハレルヤ 証しは以下の通りです

 今回の試験科目の一つ「カリスマの実践」。私は《目も当てられない程のズレた解答》を書いて、見事に玉砕しました。2週間後に追試があるので早速、【教科書を全部読み返す】、【出題者の良しとする解答】を書く、【「合格するように祈る】。という計画を立てました。しかし現実は「追試も不合格だったらどうしよう」と、非常に強い不安が先に立ち、教科書を読み返すどころか、逆にテレビを見たり読書したりの逃避三昧。祈りも「・・・(無言)」と、完全に圧倒された状態になり、日にちだけが過ぎていく・・・。

 私には、どうしても卒業したいという熱意はありましたが、「何でこんなにガチガチになるんだろう。どうしたものか」と内心困り果てていました。イエス様はそんな私を可哀想に思って下さったのでしょう。ある日、以下のような感謝の祈りが心に浮かびました。

 「イエス様、試験に落ちました。不合格だったことを感謝します。私の希望は『今回、絶対追試に合格して、卒業する』です。でも、あなたがそれを良しとされない(→もうしばらく勉強しなさい。)のなら、それを受け入れます。どちらにしても、ベストを尽くして追試の備えが必要です。すべての面で私を助けて下さい。どうぞ宜しくお願いします。」

 その後、教会の礼拝時にフッと「エリシャ牧師に祈ってもらおう、何かヒントがある気がする」という思いが来ました。お祈りしてもらうと「追試試験に合格し、卒業できるように。彼女を聖霊で満たしてください」。それを聞いた瞬間「聖霊の満たし。これだそのポイントで祈って、勉強すれば、可能性あるかも」。それは本当に、目が覚めるような感覚:気づきでした。

 お祈りしていただいた後は、不安感がかなり減り、試験準備や祈りも少しづつできる様になりました。追試の時も、嬉しいことに《緊張で頭が真っ白》にもならず、「出題者の意図を正確につかんで、正解を書けるように」と祈りながら解答を書くという、不思議な展開となり・・・。点数も、及第点ギリギリかと思っていたのですが、それよりは少し良かったそうです。

 心から神に感謝します。栄光在主

 hiromi

 

 

コメント

りびんぐ

2017年02月11日 | 
今日朝からリビングよい暖かい頑張ります

みっちゃん
コメント

神さまに従う事の恵み

2017年02月09日 | 
義理の弟とは教会でも職場でも一緒で、お互い遠慮がありません。 私は、よく彼を叱ります。 私としては愛のムチのつもりですが、過去にイジメを受けた傷を持つ彼にはイジメと思えるようです。 そのため、言葉や態度で反発します。
なので、なかなか私の気持ちを解ってくれません。
ある時、神さまに『対応を変えなさい』と思いの内に語られました。 『えっ⁉️』と思いましたが、神さまから来ていると思ったので叱る事をやめました。
それからは、彼の私に対する反発がなくなり、何も言わなくても本人の意志で動き、教会の奉仕でも、職場の作業でも、私を助けてくれるようになりました。
本当に神さまに従う事は祝福ですね。

murakami

コメント

伯母が救われました

2017年01月16日 | 

去年の9月の出来事です。

私にはアルツハイマーの伯母(80代)がいます。やもめで、子どもと関わりが薄く、以前から実の妹である私の母がなんやかやと対応していました。今は施設に入っています。 

 アルツハイマーの兆候が現れた頃から、私は伯母の救いの為に祈り始めました。ある日、聖書を読んでいたところ、強く印象に残る御言葉があり、脳裏から離れなくなりました。

 「この女はアブラハムの娘なのです。」(ルカ13:16)

 「きょう、救いがこの家に来ました。(中略)人の子は失われた者を捜して救うために来たのです」(ルカ19:9)。

 もしかして、これは神様から祈りの答えが来たのかも、と思った私は

 「伯母を『アブラハムの娘』と言って下さり感謝します。伯母が救われると、あなたが本当に約束して下さったのなら、絶対そうなる事を信じます。本当に嬉しいです、心から感謝します」と、その日から“受けたと信じる”祈りに変更しました。

 正直言って最初は「そんな都合よくいくかな~」と思っていました。しかし祈りを続ける中で「どんな形で事が起きるんだろう?」と、神に期待する心持ちに変わっていくのがわかりました。

 見舞いに行ったある日、伯母がぼやき始めました。「私なんか早く死んだ方がいい。毎日つまらないし、どうすれば死ねるかな」。

 そのぼやきを聞いた瞬間、「こう言いなさい。」と、背中を押される感じがした私は、思い切って言いました。

 「死ぬ前にイエス様を信じない?つまらない日々が変るよ死んだら天国にも間違いなく行けるよ」。

 今迄は、いつも知らんぷりだった伯母がボソッと「・・・信じない事も、ないかな」。 驚きました

 ごく簡単に福音を語り、私の後について一緒に祈って・・・と、あっさり救われてしまいました。感動しました。主をあがめます

hiromi

※2015年12月25日付の当ブログでも「あいごすぺるの思い出」という題で伯母の証しを書きました。本当に、神は愛です。栄光在主。

 

コメント

癒し

2017年01月05日 | 
日赤ではレントゲン写真を見せてもらって、うでが骨折していたことの説明をしてもらいましたが

悔いあためて感謝したら片岡整形では
折れてはいませんでした。
神様が癒してくださいました、ただの思い打撲ですみました。

みっちゃん
コメント