風の声

想いつくままあれこれ

歴史的会談にワクワクを感じなかったのが気になる

2018年06月12日 | 日記
米朝首脳の歴史的会談のニュースが世界を駆け巡った。

会談にむけ、期待値の上げ下げの幅は広かった。
出された「共同声明」へのメディアの反応も幅広い。

米朝関係の正常化、平和体制の保障、半島の非核化などで合意。
だが、非核化への具体的な道筋や朝鮮戦争の終結は入らなかった。

これからも双方が出向いての会談を継続するのだという。

踏み込んだ声明にならなかったことが両国の思惑の違いを表す。
手にした核でどれだけ好条件を引き出すかしか考えていない北朝鮮。
その値交渉の本格的なスタートが、今日の会談といったところだ。

駆け引きは外交の常道、そこでやりあうのは大いにやればいい。
じらす北朝鮮に、大国アメリカがどんな横綱相撲をとれるかだ。
国と国との外交といえども、究極はトップの人間力にかかっている。

我田引水に終始して、理想を見失うのでは外交は成立しない。
己の利益だけに汲々とする外交が行きつく先は、きな臭いだけ。

先の南北首脳会談のシーンにはワクワクするものを感じた。

今日の会談にそれを感じなかったのが気になる。






歴史的会談がスタート

2018年06月12日 | 日記
シンプルなシーンで始まった。
歩き寄り握手するトランプ大統領とキムジョンウン委員長。
「敵対国」のトップが手を握り合った。

南北首脳会談のシーンほどの込み上げてくる感はない。
握手後は二人とも緊張が緩んだ表情に変わった。

「素晴らしい議論になるだろう」
「ここまでの道のりは簡単なものではなかった」

歴史的会談がスタートした。

朝鮮戦争の終結と完全な非核化はなるのか。
一対一の会談の合意が待たれる。

いよいよ史上初の米朝首脳会談

2018年06月12日 | 日記
いよいよ、史上初の米朝首脳会談が始まる。
ライブ映像がシンガポールから世界に配信されている。

完全なる非核化へどこまで踏み込んだものになるのか。
国際社会が注目するトップ会談だ。
批難の応酬から一変したのは南北首脳会談後。
韓国を橋渡しに北朝鮮の会談呼びかけにトランプ大統領が応えた。

双方の思惑が交差するなか、和平に大きく動ことを期待したい。

会場入りした両首脳だ。