風の声

想いつくままあれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

侮辱行為をダルビッシュ選手に謝罪したいとグリエル

2017年10月29日 | 日記
ドジャースのダルビッシュ選手への侮辱的な仕草と発言が問題になっているグリエル選手。

大リーグのコミッショナーはグリエル選手の来季5試合の出場停止処分を決めたようだ。

処分決定を受けてグリエル選手は、
「後悔している。尊敬するダルビッシュ選手に謝罪したい」と話しているという。

心無い行為や発言はワールドチャンピオンを決める好試合をしらけさす。

人種のるつぼと呼ばれるアメリカで人種問題は自由を掲げる国家の根幹にかかわるテーマ。
スポーツは勿論のことビジネスや研究開発など様々な分野で人種の壁を越えて人々が活躍している。
人種など互いの違いを認めあう共生の感覚なくしてアメリカは成り立たない。

トランプ大統領の誕生以来、その根幹の部分が揺れに揺れている。

今回の問題も単に一選手の不見識がもたらした事とは思えない。

雁が立てば鳩も立つのような雰囲気の連鎖、その原因が大統領なのだから根っこは深い。