風の声

想いつくままをあれこれ

地方議員は集票マシーンそれぞれの選挙模様

2017年10月07日 | 日記
衆議院選挙の投票入場券が着ていた。

見切り発車のような選挙戦が週明けにはスタートしてしまう。

「排除」の一言で自滅していく小池劇場で話題には事欠かないが、まったく大義のない選挙。
有権者の常識からはどんどん離れていく政治ごっこに、うんざりだ。

遠くのまちで議員をしている友人が長い電話をしてきた。
地方議員を集票マシーンのように扱う政党にへきえきすると話していた。
「寄らば大樹の陰みたいに、みんな適当に付き合っているだけ」と嘆く。

真面目にやっている友人には割り切れない思いがあるのだろう。

「適当にがんばります」と電話を終えた友人だった。


























終わりある人少なし

2017年10月07日 | 日記
始めありて終わりある人少なし。

始めたときの初志を最後まで貫ける人は少ない。

自分の人生を振り返ってみればよく分かる。
根性なしの初志などたちまち吹っ飛んでしまった。

笑ってしまう。