開け!GOMA!

いつまでたっても、心は少年! 歳だからって常識に縛られすぎたりやりたいことを我慢したりばっかりはいやだな・・・

ストレス解消に

2019-01-14 10:42:54 | 山歩き
この3連休、缶詰になって自宅で仕事の予定でしたが、

1日やってみて、そうそうはかどらない。

ストレスは溜まる・・・

それじゃあ、外にでかけた方がいいや

となって、ストレス発散に山歩きをしてきました。

もちろん、疲れてくたくたになるような山歩きはパスですが


で、今回登ったのが「横尾山」です。

山梨と長野の県境、信州峠から登り始めます。



登山は1時間半ほどの予定ですが、

登山口に来るまでに1時間以上かかってしまいました。

そのことはあんまり考えていませんでした。

そんなわけで、登山開始は10時半と予定より遅くなってしまいました。


盆地も前日は天気がよくありませんでしたが

山は雪だったみたいですね。

日向は解けていましたが、日陰は雪が3~4センチ積もっていました。



しばらくは、そのまま進みましたが

急登に入ったところでチェーンスパイクを装着しました。



すばらしい効果で、安心して登れました。

滑るので結局下山するまで着けたままでした。

急登を登りきると、カヤトの原です。

ここは、頂上までのほぼ中間点。頂上よりも景色がいいです。



南に富士山、そして金峰山と瑞牆山が見えます。





見事な富士山ですね。



金峰山と瑞牆山も美しいです。

五丈岩のアップ。人がいるかどうかまでは確認できませんでした。



南アルプスの山々です。どれが何山かは分からないけど





丁度正午ごろ山頂に無事到着。



お楽しみの昼食です

今回はいつものパターンと変えて赤いきつねでか盛です。





お揚げが2枚は魅力的です。

もう一つ、面白いものを購入しました。



おにぎりを入れて雑炊にするやつ。麺のない分、値段が安いようで。

でも、今考えればおにぎりを買った分、値段が上がるからお得ではないな。

最初から蒙古タンメン中本を買って、麺を食べたあとにおにぎりをぶち込むのが正解だな



まあ、でも寒い山頂で普通におにぎりを食べるより良かったかも。

食後はコーヒータイムです。



後ろに見えるのは八ヶ岳



のんびりしすぎて、下山して帰宅したら4時過ぎでした。

もっと早く帰って一休みしたら

仕事をするつもりだったんだけどな・・・

結局、酒のんで寝ちゃったし



コメント

だんだんきつくなるんですけど・・・(-_-;)

2019-01-05 23:15:48 | 山歩き
皆さま、あけましておめでとうございます。

今年は去年よりいい年になるといいなぁ・・・



さて、「正月休みの間にどこか山に行きたい」という連れの一言が

「ふうん。じゃあ行ってくれば?」

とは、言えないGOMAは登山口までの運転手兼山頂までの熊よけです。

今回登ったのは西湖の北西にある「王岳」

連れの話だと2時間半ほどで山頂だとか・・・これ嘘ですから

まずは鍵掛峠を目指します。



あの中のどれかですが、わかりません。

で、ここに下りてきます。



後ろに王岳が写っているのかな。わりとあるんですが、

自分がどの山に登ったのか後で見てもよくわからない・・・

鍵掛峠の頂上までは1時間20分ということでしたが

実際には2時間かかってしまいました。



ここからは稜線歩きですが、登り下りがけっこうきつい。

疲れるしお腹は減るし、なんか段々登る山がきつくなってる

景色はまあまあなんですけどね。



結局王岳頂上まで3時間半もかかってしまいました。



元気ですなぁ・・・富士山が綺麗に見えるととてもハイテンションになる不思議な方です。



こちらは、「富士山?いつも見てんじゃん・・・」の、ノリ。

頂上からスタート地点の駐車場が見えました。



ズームです。



お昼を食べ終わったら2時半でした。

急いで下りないと暗くなり始めます。

1時間半で下りました。途中足が笹の根にひっかかり

転ぶのを防ぐために逆の足を出そうとしたら

膝の先に岩があり、思いっきり岩に膝蹴りを食らわせました。

当然負けたのはGOMAで、思いっきりすっ転びました

今は自宅で熱冷まシートを膝に貼っています

無事に車まで下りてきました。4時着です。



10時に車から出発したので6時間も山歩きしたんですね。

ホント、段々きつくなってるなぁ・・・





コメント (2)

走り納めかな

2018-12-24 18:14:12 | バイク
今日はちょっと風が強めだけどいい天気

ローライダーのこんた君と三保まで行ってきました。



こちらは風もなく日差しも暖かでした。

二人で海を見ながらお弁当。のんびり過ごしました。

残念ながら富士山は見えませんでした。

バイクの向こう側が富士山なんですけどね。



来週はもう暮れで忙しいので

今年はこれで走り納めかな~
コメント (2)

今年の登り納め

2018-12-23 22:15:24 | 山歩き
今日はあまり天候は良くなかったのですが

連れのリクエストだったので山の登り納めに

行ってきました。

行ったのは甲斐市北部にある曲岳



この画像は甲斐市役所のHPからお借りしました。

左端の山頂が曲がったように見える山が曲岳です。

そもそも連れが「まだ林道は通れる」と言ったのでOKしたのですが

行ったらなんとゲートが閉じていました。

戻るのもアホらしいので、そのまま登山口まで

1時間弱歩きました。

やっと登山口に到着。本来なら山頂につく時間



この山、林道から1時間ほどで山頂なので

大したことが無いと思っていたらとんでもない。

道は岩場が多くて険しく急登続き。



途中にある「めまい岩」向こう側は崖です。

ガスで何も見えないのに行くわけがない

このあとも岩肌にへばりつくような道。小雨まじりで足元が滑る。

落ちたら大怪我です。

トドメはここ。



あの狭い部分を通るのですが

左側の岩の横は崖です。落ちたら死にます。

体がひっかかって動けなくなるGOMA



これを抜けるとこんな状態。



岩が濡れているので滑るから超危険でした。

さらに展望デッキという名の岩場。



何も見えないし、落ちたら死ぬので行くわけがない

登山口から1時間ほどでなんとか頂上に到着。



景色は無いし、同じ道を帰ることを考えてすでに気が重いGOMAでした。

このあと、食事をしていたら風が吹いてきてめっちゃ寒くなったので

さっさと下りてきました。



さらにとどめが・・・やっとゲートまで歩いて下りてきたら

下から軽トラで来た森林パトロールのおっちゃんが

ゲートを開放して山頂方向に去っていきました

何じゃそりゃ

コメント (2)

山梨に来るなら・・・

2018-12-16 18:31:48 | Weblog
昨日は連れがイベントが有って

「忙しいから昼御飯は自分でどこかで食べてきて」

と言われた・・・

さて、どこにしようかな。寒いから近場がいいなあ

で、向かった先がここです。

「水琴茶堂 一宮店」





今は冬で庭がいまいちでしたが

緑の季節は木陰を作って涼しげです。

これが入り口。

なんでここにしたかというと

今は新そば祭りで、天そばを頼むとお蕎麦食べ放題なんですよね

もう一つすごいのはこちら。



けんちん汁とサラダは自前の農園で収穫されたもので、こちらも食べ放題

新そばの食べ放題はこの時期だけですが

けんちん汁とサラダはいつもなのかな?わかりません。

お蕎麦がくるまでサラダとけんちん汁をいただきながら待ちました。



天ぷらもサクサクで、おいしくいただきました。

お蕎麦も2皿ほどおかわりしました。もう1皿いけましたがやめました。最近食べ過ぎ~



あまり大きい店舗ではないので

ツーリングで寄るなら4人か5人程度にしてくださいね。



山梨にツーリングに来るなら春は桃の花の絨毯

夏は富士五湖や八ヶ岳方面の涼しい系、桃やぶどう目当てもいいですね。

秋は昇仙峡や山々の紅葉

と、いろいろ楽しみはありますが

冬場は・・・バイクだとねぇ

でも、ここ水琴茶堂は1年間いつ来ても大丈夫。

実はここ、信玄餅で有名な「桔梗屋」の工場の敷地の中にあるんです。



桔梗屋さんはこの工場を自ら「工場テーマパーク」と称して

観光客を積極的に受け入れているんですよ。

土日は観光バスがよく出入りしています。写真にも写っていますが

ここなら、桔梗屋系のお菓子がお土産に買えますし

アウトレット品の信玄餅の詰め放題や

お菓子の美術館(水飴などを使って作られた芸術品)←見学無料です。

工場見学やあの信玄餅をビニル風呂敷で包む包装体験とかもできちゃいます。

行っていきなりできるかは知りませんけど。

一宮御坂インターのすぐ近くに工場はあるので

山梨に来たときはツーリングコースに入れてみてはいかがでしょう





コメント (4)

西伊豆土肥温泉へ

2018-12-09 22:56:35 | バイク
この土日を使って

一泊でツーリングに行ってきました。

前日まで暖かかったのに

ツーリングとなったら寒波襲来でしたが

伊豆は暖かかったですよ



初日は11時ごろ甲府を出発。寝坊したわけではないんですけどね

お昼になったので吉田でうどん~ だって好きなんだもの



今回初めて訪問するお店「つるや」さん。

前から気になっていたお店です。



天ぷらうどんの大盛り550円でした。

うーん。天ぷらはサクサクでした。

お汁は醤油ベースで薄味。うどんはコシはあるけど細め・・・

GOMAの好みとは違っていました。

味噌と醤油の合わせの店って吉田に無いのかな・・・吉田にない吉田のうどんて変ですね。

「千秋」とか「戸田」系列のお店の味が好きだなぁ・・・

さて、とりあえずお腹は膨れたので

籠坂峠→御殿場→中伊豆と進んで一般道だけで土肥まで来ました。

到着は3時ごろでした。

これが今回の宿。



「伊東園ホテル土肥」です。

駐車場からの海が綺麗。



バイクは雨が降っても濡れない軒下に入れさせてくれました。

断崖にあるホテルなので

ホテル下は砂浜ではなく岩場でした。



お部屋はシングルの洋間・・・バカでかい和室に一人は怖いので、狭くてもこっちの方がいいです。



もちろん、伊東園ホテルですから飲み放題食べ放題



今回はお寿司メインで食べました。カニも食べ放題でしたよ



さて、2日目は軽く土肥観光をしました。

10時に宿を出て、まず天正金山。観光施設の土肥金山ではなく


観光化されていない戦国時代そのままのもの。



この穴ではないんですけどね。この上に登っていきます。

解説してくれるおじいちゃんは大変詳しいです。30分間話し続けていました。

でも耳が良くないそうで聞く耳は持ちません

大変勉強になりました。大判小判て、

本当に細かな粒の金を苦労して集めて作っているんですね。



さて、次はこれです。何でしょう?



土肥に行った人はわかりますね。

これでした。



近いと大きすぎてなんだかわかりません。世界一の花時計だそうです。



最後はこちら。



門をくぐると



お寺にしては目立つ色使いです。

これが本堂。



ここは日蓮宗清雲寺。本堂には日蓮聖人の生涯が90枚もの巨大な絵で描かれています。

無料ですし、本堂にも入れます。

横には七面大明神が祀られているお堂。77段の階段だそうで

人生の長さを表しているそうですよ。




この段階で12時でした。結構密度の高い2時間でした。

土肥では暖かかったのですが

甲府に近づくに連れどんどん気温が急降下

脱いでいたものをどんどん着込んで

最後は自宅に真冬のフル装備で帰宅しました。



2日で291kmの楽しいツーリングでした






コメント (4)

大好きな海へ

2018-11-26 00:03:40 | バイク
今日は少々冷え込みましたが

快晴だったので

久しぶりに、大好きな国道150号を走ってきました。







バイクに乗っている時間は楽しい
コメント (2)

紅葉狩りツーリング

2018-11-11 23:23:14 | バイク
先週の週末は生憎の天気で

ソフデラくんの出番がなかったので

今日はちょっと乗り出してきました。

だんだん寒くなってきたので

休日はのんびり布団にいる時間が長くなり

出掛けたのが11時・・・

そこでまずは昼食。今日は吉田のうどんとは一言もうたってないけれど

れっきとした吉田のうどんの「うどんの千秋」へ。

吉田のうどんは富士吉田以外にもあります。

私の兄の話だと、東京にもあるらしい。

ちなみに「吉田のうどん」は「吉田うどん」とは言いません。

あれ?前にも書いたことあったかな・・・

テレビなどでたまによくしらないMCが「吉田うどん」といいますが

地元の人は必ず「吉田のうどん」と言います。

「讃岐うどん」を「讃岐のうどん」と言わないのと一緒です。

まあ、一般的には讃岐うどんや水沢うどんのように

地名に続けてうどんをつけるのが普通なんでしょうけど。



これは天ぷらうどんの大盛りです。天ぷらが大きくてしっかりしているので

大好きです。クーポンで70円引きだったので550円でした。

小麦粉が値上がりした時期にどこの吉田のうどんの店も100円ぐらい値上がりしちゃったんだよな・・・

昔は普通もりは300円とか350円が当たり前でした。



さて、お腹も膨れたので紅葉狩りに向かいました。

甲府市街はまだ紅葉は序の口なので

瑞牆山のふもと、増冨方面に向かいました。









綺麗でしたね。山の上の方はもう葉が散ってしまっていたので

少し遅めだったのかもしれませんが

とても綺麗に色づいていました。

行ってよかったです
コメント

杓子山に行ってきました

2018-11-04 19:08:55 | 山歩き
いつもGOMAの連れは

何だかんだと土日に予定が入っていることが多い・・・

だからGOMAは

土日は一人で自由に過ごせることが多い

ところが昨日の土曜日は連れの予定が空いていたので

久しぶりに山歩きに駆り出された。

行った山は富士吉田と忍野村の境にある「杓子山」

この山は富士の眺めがよいことで有名なのだが

昨日はあいにくの曇りで

富士山は全く拝めませんでした。



家を出るのが遅くなって

登山口に着いたのは11時になっていました。

山に入るなら、遅くても9時過ぎには入りたいですねぇ・・・

まあ、1時間半の予定でしたので、予定通り12時半には山頂に到着。





富士山が見られなかったこと以外は

360度の展望を楽しめました。

富士山は見られなかったものの

紅葉はまずまず楽しめました。



ちなみにこの山の登山道の途中にはハンググライダーの離陸地点がある。



股間がきゅうっとなるわ・・・
コメント (2)

行ってみてよかった・・・

2018-10-28 19:26:08 | バイク
今日は1日天気が良いことは昨日のうちからわかっていたので

どこに行こうかなぁ・・・とずっと考えていました。

こういうときは、グーグルマップをぼーっとながめます。

で、ふと気づいたのが富士山。

以前行ってみようと思ったらマイカー規制中だったんですよね。

その後すっかり忘れていたので

ちょっと寒いかなぁ・・・と思いながら出発。



今回登ってみるのは山梨側のスバルラインではなく

富士宮口のスカイライン。理由は簡単、無料だからです

甲府から精進湖線をのぼって朝霧高原まで来ました。



山頂はなんとか見えるものの、5合目辺りまでは雲の中・・・

これでは行っても濃霧の中をのぼることになりそうだし

寒い上に眺望もない・・・となりそうだなぁ

そう思いつつも、駄目なら引き返す、ということで行ってみました。

さすがに寒かったです。ほぼ真冬と同じ装備をしていきましたが

やっぱりスカイラインに入ると寒さが増してきます。

それでも5合目はなんとか雲の上でした



山頂方向はバッチリ見えました。



写真ではわからないですが、さすが富士山、結構な迫力がありました。

この写真を撮っていたら、すぐ横で同じく写真を撮っていたアジア系の外国人女性が

「山頂をバックに写真を撮ってくれ」と頼んできました。・・・多分

2枚ほど撮ってあげたら、「今度は自撮りで私とツーショットに入れ」ということで

写真に入ってあげました。基本その子は英語でしたが

写真を撮るときに確か「チーズ」と言ったような気がしたな・・・

「笑え」という意味なのだろうが、日本以外でも「チーズ」なんて言うのかな?

ちなみに気温はめちゃんこ寒かったので

写真が終わったらすぐに食堂に移動しました。

丁度昼食時でしたが、ガラガラでした。



お値段高めなのと、軽食程度だったからでしょうかね。

下に降りれば普通に食べられますからね。

ちなみに私が食べたのは富士山カレー。1100円でした。



レトルトカレーにご飯をとんがらせたもの。下界でこの値段なら怒るでしょうね。



このあと山中湖方面を通って帰ったので

富士山を一周したことになります。

今度は夏の終わりで下界の景色がいいときにもう一回来たいですね。

コメント (2)