折にふれて

季節の話題、写真など…。
音楽とともに、折にふれてあれこれ。

Day Dream   鉄写同好会

2018-11-11 | 鉄道写真

毎月11日は「鉄写同好会」の日。

詳しくは発起人てくっぺさんのブログ「高橋さんの写真記念館」をご覧ください。


最近、東京への出張となると、ほとんどの場合は新幹線を利用する。

ところがこの日は、どうしても飛行機で帰る必要があって、浜松町へ。

フライト時間まで余裕があったので、すぐにモノレールに乗り換えることはせず、

貿易センタービルのテラスへ出てみることにした。

以前、飛行機をひんぱんに使っていたときは、

出張を終えたひととき、時間調整をかねて、よくここへ来たものだが、

おそらくは最後に訪れてから1年以上は経っていると思う。

つまり、ずいぶんと久しぶりに、都会の風景を楽しむ機会となったわけだ。

さて、どんな都会を楽しむことができるか。

まずは、ビルの谷間越しに東京タワーを間近に望むことができる。

そして、振り返れば、汐留の高層ビル群がそそり立つ。

さらに、その谷間に目を移して、頻繁に行き交う列車を眺めるのも楽しみのひとつである。

山手線に京浜東北線、東海道線を走る様々な列車に、圧巻は東海道新幹線のぞみ系車両。

おまけに鉄路をまたぐように、時折り、ゆりかもめも見える。

まさにここは、鉄道車両を眺めるに絶好の場所なのだ。

複数の路線が、しかも上下線で走る。

いわば、「開かずの場所」なのだが...。

 

 
RICOH GR DIGITAL Ⅲ   f/5.6,1/32sec,ISO-64  

 

ふと...。

その開かないはずの鉄路をひとり(?)京浜東北線の車体が走り抜けていく。

その日の東京はずっと厚い雲に覆われ、

空はもちろん、街にも目立った色彩を感じなかったせいか、

なんとなくもの悲しい街を、車体の青いラインが、鮮やかに流れていったのが印象的だった。

その印象を再現してみたわけだが...、

それは、たとえて言うなら、白昼夢のような光景。

そう感じていただけたなら幸いだ。


白昼夢とデジャヴはいっしょかな…?!

なんて考えながら、折にふれての選曲。


Déjà Vu   Crosby, Stills, Nash & Young

Comments (6)