頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

2012年10月28日(四声なんかテキトーに)

2019-03-22 00:54:44 | 日記
私の推奨する日本人向け中国語学習方法。初心者はみな四声の段階で中国語を嫌いになってしまうから、ここはあまり時間をかけず、次に進んだほうがよい。上海から南の人たちも、四声は完ぺきではない。中国人なのに適当にごまかしている人も少なくない。ドラマを見たりして、自然に覚えていくのがよい。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2012年10月29日(海派と京派) | トップ | 2012年10月27日(そっくりさん) »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2021-10-28 11:27:21
ノーベル賞の真鍋先生が日本人にはカタカナ英語が一番いいとか言ってたが、それと似ているかも。
小生がカタカナ英語を嫌い、Native風のトークを実践するのは、意外にも英語至上主義に対するアイロニー(英語はこんなに難しくて日本人には向いていないと思わせるため)。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事