JA7QQQ気ままな絵日記

どこかで聞いたことのあるタイトル。 掲示板感覚で、気軽に書き込んでください。

中華製セラミックドライバ 覚悟はしていたが

2022年06月29日 | アマチュア無線


虎の子の調整用セラミックドライバが行方不明になってしまい、中華製のセラミックドライバ8本セットを買ってみた。
いつも使っていたセラミックドライバ1本の値段で8本セットが買えるのだからそれなりの物と覚悟していた。
行方不明になった物は、次の物を買うと何処からか出てくるのが常なのです。

届いたドライバーはそれはそれは見事に偏芯しております。

特に細いものほど偏芯が大きい。

これはぐるぐる回すの工具ではないが、この偏芯ぶりは微妙な調整には繊細さが欠けてくる。
白い部分の軸は六角の調整棒になっているが、これは正六角形でなければコアを破壊してしまう、この部分は使用禁止としよう。。
以前使用していた国産のセラミックドライバは綺麗な六角であったが、硬いセラミックより樹脂製の六角調整棒の方がコアを破壊する恐れが少ないのでそちらを使っていた。

まあお値段がお値段、今回はこれで我慢するとして、次はちゃんとしたセラミックドライバを買おう。。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

依存症

2022年06月27日 | アマチュア無線
NHKのニュースで「ランニング依存」を取り上げていた。
以前にスポーツインストラクターをしていた息子の話によると、スポーツジムでの「トレーニング依存」も多いそうだ。
走る距離や体脂肪など数字の伸びでドーパミンが分泌されて高揚感が高まる。
まてよ、そう言えば最近は50MHzのFT8ばかりやっている私、「6m依存」であろうか。
朝起きると北米方向にアンテナを向けて朝食を摂る、日課にしている散歩の途中でもスマホからリモートでPCの画面をチェックする、昼からは西方向ににアンテナを向け徐々に北に振る。
朝起きてから寝るまで外出していても無線機のスイッチが入りっぱなし、これはいかん。

と言うわけで我々アマチュア無線家も「DXCC依存症」や「パイルアップ依存症」には十分に気を付けたい。
え?
それは私だけ(笑)

https://www3.nhk.or.jp/news/special/sci_cul/2022/06/story/story_220625/
コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

144MHz帯でFT8に挑戦

2022年06月25日 | アマチュア無線
144MHz帯を使ってFT8に挑戦してみた。
北海道の岩見沢や新潟辺りと交信してPSK Reporterを確認すると九州や小笠原まで届いていたことが判明。
恐らくイースポによる伝搬と思われる。
こちらのアンテナは15mの高さに上げた長さが2mほどのグランドプレーン、出力は30W程度。
少しまともなアンテナを上げたら面白そうだ。
小型の八木アンテナを南向けで設置してみようと思いますが、この暑さが邪魔をする。
得意の野次馬根性が頭を掲げてきたが、果たして実現できるかが問題ですね。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いまさらですが50BLine

2022年06月22日 | アマチュア無線
懐かしの八重洲無線 FL/FR50BLineを引っ張り出して点検を行った。
受信機のFR-50Bは以前に再調整を行ったかFL-50Bは未調整のままだった。
そこで今回はLineで並べて調整を行った 。
FL-50BはVFOを持たないため、調整はFR-50BからVFOの信号を貰って調整する必要がある。

FL-50Bはファイナル6JS6Bを使用している個体も有るらしいが、これは6JS6Cが入っている。
規定通り調整すれば各バンド共に10W以上の出力が有る。
FL-50Bはシングルコンバージョンのお手本のような構成でスプリアスは少ない、ただしI.Cが100mAを越すと一気にIMDが悪化するので10W以上出してはいけない。
今回はキャリア漏れが気になった程度でほとんど調整する場所は無かった。
写真は40mBANDを受信しているが、15m、10mともに国内が良く聞こえる。
流石にQRHは多いがそこは50年前の入門用機器と割り切って楽しむ。

これだって当時の中高生にはあこがれのSSBが出られる高級無線機だったのだ。
コメント (11)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

メータパネルの再生

2022年06月14日 | アマチュア無線
色が退色したメーターはそれだけで機器を古めかしく見せてしまいます。
今回はフィルムラベルを使用してメーターパネルを再生しました。
このメーターはジャンクのJR-310に使われていたメーターです。
赤色の部分が退色して非常に醜くなっていました。
下の写真の右にあるパネルが退色した原本です。

コピーしたメーターパネルを加工して色出しを行った後は、A4のコピー紙にプリントし原本のサイズに合わせてゆきます。
サイズが決まったらフィルムラベルにプリントアウトして切り抜き、取り外したメーターパネルの裏面に貼り付けました。
裏面に貼り付ける理由はオリジナルのパネルを保存するためです。
貼り付ける際はフィルムとパネルの間に空気が入らないように気を付けましたが小さな空気の溜まりが出来てしまいました。
強く擦ると印刷面が傷むので軽く押しながら空気を抜きます。
これで無事に完成です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レストア済みのR-4C

2022年06月13日 | アマチュア無線
JR7HAN花野氏よりお預かりしたR-4C、パネル等を新品に交換した綺麗な受信機です。
某オークションで入手したと言うことですが、素晴らしいレストアが施されています。
プロダクト検波はシャーウッド社のPD-4の特性を改善したもの、オーディオアンプもシャーウッド社のAMP-4の特性を改善したもの、第三ミキサもシャーウッドのMIX-4の特性を改善したものと言うことです。
Sherwoodmodsと言われる改造の改善版だそうです、内部はこのような状態、見る人は見たら改善の様子が一目でわかるでしょう。




CWフィルタは1.5kHzと500Hzを所定の位置に取り付けました。


メインダイアルがスリップするのと、回した時にカリカリと音がするのでノブを外してみると、中からナットがポロリ。
パネルの擦れた後を見ると、ダイアルのスカートとパネルの間にナットか挟まってしまっていたようです。
ここはスカートの陰に隠れて見えない所なの見た目は分かりません。
通常はメインダイアルのダイアルメモリと連動させる為に軸にゴムチューブが使われているのですが、樹脂製のパイプに交換されています。



この機種は最終型と言うことでしたので、最初からこの状態だったのかもしれません、ノブを強く押し込み、スカート部分とパイプの圧着を強くして解決。

出て来たナットは何処から来たのかは不明。

砂らしいレストアが施されているので私などが手を入れる隙は全くありません、現代の音に蘇ったR-4Cは素晴らしいと思います。
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彩雲

2022年06月05日 | うんちく・小ネタ
午後1時過ぎ、西の空を見上げたら彩雲がでていた。

明日は天気が崩れると言うが、その前兆だろうか。

しかし、空を見上げても今日の6mの電波はヨーロッパには飛ばない(笑)
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

TS-520 その後

2022年06月02日 | アマチュア無線
皆さんのご厚意の塊のようなTS-520Dはもう少し完成度を高めてLineを完成させたい。
と言うことで、日焼けしたメーターを交換して、VFO-520との接続ケーブルを作製した。
左のメーターは日焼けしてHVの赤い表示が薄くなってしまっている、本来は右のメーターのように鮮やかな赤のスケールが見える。

交換した後はこの通り、見違えるような男前。

VF0の接続ケーブルは古いLANケーブルと1.25C-EVHと言う75Ωの同軸ケーブルを使用して作成した。

肝心のコネクタはJA7WHH/8さんにVFOと一緒に送っていただいたコネクタと、手持ちのコネクタを使用した。
左は懐かしいQQQのコネクタ、右はTRIOの製品で使用していたSATOパーツの製品。

その他にはノイズブランカのトグルスイッチのプラスティックが割れていたので交換しました。
見た目では本体のメインダイアルの照明が無いタイプなのでVFO-520に照明が点いていると本体がランプ切れに見えてしまう。
このTS-520はまだダイアル照明が無かったタイプです、LED化して照明を追加しても面白い。

残りはTV-506の接続コネクタの手配だ。
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

聴き比べ

2022年05月29日 | アマチュア無線
TS-520DとTS-830Sを聞き比べた、この比較は今更ながらのと言う感じではあるがやってみた。
WPX-CWを聞いてみると、これは比べるまでもなくTS-830に軍配が上がる。
TS-830は8MHz台と455kHzにフィルタを入れることができるのだが、このTS-830には455kHzのIFに500Hzのクリスタルフィルタが入っている。
一方、TS-520は3MHz台の500Hzのクリスタルフィルタが入っている。
両機とも弱い信号はそれなりに聴こえるのだが、TS-830の方がより鮮明に聞こえてくる。
SSBに関してはTS-520にはどこか大らかな感じの安心感はあるが、音の厚みと表現が正しいのかどうかは分からないが、TS-830の方がの輪郭がはっきりしている。
この両機の違いは回路構成の違いと言えばそれまでだが、AGCの挙動の違いも大きい、恐らくTS-830の方がダイナミックレンジも広いのであろう。
もちろん製造から50年近いTS-520と40年のTS-830が当時のままの性能を維持しているとは考えていない、しかしTS-520はコリンズタイプの最終期、それ以前の音を引き継いでいる。
一方でTS-830は現代の音に近い感覚の音がする、ラグチュウもコンテストもこなせる当時の実戦機の面目は十分に保たれているトランシーバと再確認した。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

TS-520DとTS-830S

2022年05月26日 | アマチュア無線


JA7だべっち/8さんよりPS-520とVFO-520を送っていただき早速並べてみました。
TS-520とVFO-520の接続ケーブルが無いので早急に作成します。



こちらはTS-830を並べた、TS-520より小ぶりになってスマート感がある。
受信はTS-520に比べてセットノイズが少なく、7MHzのノイズの中からでも弱いCWの信号を拾う事は容易だ。
ここは約7,8年の時間を置いた進歩が如実に表れている。
しかし、国内のSSBの信号を聞いているとTS-520の方がどこか大らかな安心感が有る、これはIFのフィルタの特性によるところが大きい。
機械的な安心感もTS-520の方が高い、TS-830はどこかひ弱な感じがする、しかし性能は遥かに高い。

弱いと言えばバンドスイッチに使われているジョイントが有る。

このジョイントはファイナルボックスの中にあるため交換には多少の手間が掛かる。
一見何での無いように見えるこのジョイントは、少し引っ張るとこの通り、真っ二つになっている。

その為に、RFユニット内の回路の接点とファイナルボックス内の回路の接点が微妙にずれて受信感度の低下、局発の発振不良等が起きる。


TS-520は筐体が大きく、回路がシンプルな分、全体的に大きい造りも安心化を与えてくれ要因かもしれない。
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

散歩道 また封鎖

2022年05月25日 | アマチュア無線
いつもの散歩道、またまた封鎖です。
城山公園、我が家からこの公園の裏の登り口迄直線で約300m、そこから頂上までの標高差80m、三角点までの距離直線で約700mです。
この看板から住宅地まで約50mほど、普段なら沢山の方が散歩をしている公園です。
この公園は鎌倉時代から江戸時代初期までの城跡で、南部氏が盛岡に城を築くまでの数年間は南部氏の居城でした。

買ったばかりのハンディトランシーバを持って登るのが楽しみ、先日はFT-817を持って登り50MHzのFMでラグチュウをした。
しかし、FT-817と水筒をバックに入れると結構な重さになる、結構な重さと言っても通勤のバッグと同じような重さなのだでそんなに重くないはずなのだが、坂道がきつい。

しょうがないので散歩コースを変更しよう。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

TS-830S

2022年05月24日 | アマチュア無線
ピカピカのTS-520Dの後は歴戦の勇士と思われるTS-830Sが届きました。
このTS-830Sはコンテスト等でアクティブに使用されて来た個体です、内部にはそれ相応の埃が入っています。
ファイナルBOXの中を覗くとバリコンまでご覧の通り。

ファイナルBOX内のバンドスイッチのジョイントが破損しているので交換しなければなりません。


RFユニットを動かして交換するのですが、狭い所で無理をするより、時間を掛けてファイナルBOXを分解して水洗いして交換作業を行った方が良さそうです。

さてさて、歴戦の勇士は蘇るのか。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モトローラ・ブランドの6146B

2022年05月23日 | アマチュア無線
モトローラ―ブランドの6146Bを入手した、写真の左で赤い文字でMOTOROLAの文字が入っている。
左はお馴染みのGE社の6416Bである、なんだかよく似ている。
電極の構造、プレートの形状もおなじです、良く見ると6146Bの刻印も同じです。
なるほど、MOTOROLA社の6146BはGE社と製造工場が同じと想像できる。
JA7KVD大森氏の話によるとMOTOROLA社は1960年代で真空管の販売は終了しているので、この球もずいぶん古い事になる。

6146系の真空管もまだまだ流通は有りと言っても信頼できる製品は少なくなってきたようです、今のところ自分で使用する分には不足は無いのですが、できるだけ無理せず大事に使おう。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

S2001とS2001Aの中間

2022年05月21日 | アマチュア無線
今度はS2001の名で、S2001Aと同様の爪を使用したプレートの張り合わせ電極の支持はS2001と同様の金属片を用いてガラス面と接触させているS2001が出て来た。
ベースの色は濃い茶色で先日の物と同様、明るい茶色の物の方が少ないのだろうか。
S2001は時代と共に製造工程に多くの変更が有った事が良くわかる。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

TS-520D 

2022年05月20日 | アマチュア無線
先日入手したTS-520D、動くかどうかわからないジャンクと言うことで頂いた。
100kHzメモリのダイアルが厚みのある初期型です、メモリの読みやすさは別としてデザイン的にはこれが好きです。

自分がバンド内の何処にいるのかが直感的に分かるダイアルスケールにも安心感を覚えます。
懐かしいのでカツミのエレキーとTRIOのSWRメーターを繋いで記念写真を撮ってみた。

初期症状
・送受信できず
  ・バンドスイッチ接触不良により局発の発振不良・・・エレクトリッククリーナーと綿棒でバンドスイッチ清掃(綿棒は繊維が残らないよう注意)
  ・AF、RFゲインガリオーム・・・エレクトリッククリーナーを使用後何度も動かす。
これで各バンド送受信できるようになる、RFゲインの接触不良によりAGCがFAST状態になる。
  ・ついでに全てのVR、スイッチ類を清掃
電源と高圧系のケミコンと、すべての2SC460を交換しようと思ったが思いのほか良い動作状態なのでこのまま調整に入ることにした。
  ・9V/3.3V共に正常、0.1V以内の誤差、気持ちの問題なので正規の電圧に合わせた。
  ・電圧の調整用VRに異常なし、この時代の調整用VRは錆びて爪が折れるので無条件交換とおもっていたがこれもそのまま。
  ・キャリアバランス、崩れていない。
  ・キャリア発振周波数、正常。波形もとても綺麗。
  ・VFO出力電圧 正常
  ・各コイルも元の位置で問題なし。
  ・ファイナルの中和調整、ほんの少しずれていた。
  ・VFOの直線性 600kHz内で1kHz以内と言う驚きの結果。
と言うことでキャリアを入れて送信テスト。
  ・すべてのバンドで100W以上 その状態で一番状態の悪い21MHzにおいて2倍の高調波-60dB以下、7MHzにおいてはスプリアス測定できず。
プレートとロードのバリコンのシャフトにはタイト製のカップリングが使われている、これは後期型ではベークライト製に変わりその後の機種では樹脂製のジョイントが使用されている。

初期型のマイクアンプは一時期キャンタイプのFET 2SK24が使用されている、発売後すぐに2SC1000に置き換えられている。


あまりにも状態が良いのでアンテナチューナーを付加した状態で第8送信機として追加の届出を行いたいと思います。
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする