JA7QQQ気ままな絵日記

どこかで聞いたことのあるタイトル。 掲示板感覚で、気軽に書き込んでください。

FTDX5000MPにP3を接続

2020年10月17日 | アマチュア無線
FTDX-5000のK3用のパノラミックアダプタP3を接続した。
早い話P3はSDRである、入力の周波数をFTDX5000のIF出力の9MHzに合わせて設定する。
P3でFTDX5000の周波数を読むことやP3の画面からFTDX5000の周波数をコントロールすることは出来ないが、センターモードのバンドスコープとして使用できる。
これが有るか無いかでは大違い、一度使いだすと手放せない。
特に6mやコンテストの際に呼びに回るときは必需品です。
狭い我がシャックではこの配置が精一杯です、小型なのもまた嬉しい。
コメント (10)

松茸が豊作

2020年10月11日 | うんちく・小ネタ
秋の味覚「松茸」
何時もは高嶺の花の松茸ですが、今年は大豊作。
先週我が家にもやってきました。


いつもの半値だそうです、こんな感じで2000円

娘が松茸と香茸を持ってきてくれました。

実は今年は松茸よりマイタケやシメジの方が高いと言うことです。
それにしても今年のサンマは細くて高いですね。
コメント (6)

バリコン 2種

2020年10月10日 | アマチュア無線
先日230PFのバリコンが欲しいと探していたところ、お二人からバリコンをお送りいただきました、この場をお借りして御礼申し上げます。

180PF 周波数直線型の3連バリコン。

ナショナル製のECV-3DX18です。


もう一つ、こちらは大物です、隣のECV-3DX18と比べるとその大きさが分かります。

手前の3連が203PFと言うことです。

内部には立派なベアリングを使用しています。

コリンズのプリセレクタに使用されていたバリコンと言うことです。

さてさて、頂いたパーツは有効利用しない訳にはゆきません、頭の中は夢で一杯になりました。
コメント (2)

女子高校生が!!!

2020年10月10日 | うんちく・小ネタ
毎日の通勤は片道2.5kmを歩くことにしていたのですが、先月の手術以来バスを利用することが増えてきました。
残業は全くないので利用するのはいつも同じ時間のバス。
私が乗るバス停の次のバス停あたりから乗車してくる女子高校生がいる。
その女子高校生は何時もなぜか私の横に来る、それは偶然かと思っていたのですが、彼女は私が前にいようが後ろにいようが必ず私の横に立つ、揺れて私に身体が接触しようが全くおかまい無く私の横にピタリと付く、それは偶然ではなく意図的であることを確信した。


理由が分かった、それは彼女が私が降りるバス停を覚えていたのである、私が降りれば必ずその席に座れることを彼女は知っていた。
これはこれからも続くのでしょうね、どこまで乗ってゆくのかはわかりませんが、こんなおじいちゃんの後で良ければ何時でもどうぞ。

コメント

似ている

2020年10月06日 | アマチュア無線
今日はICOMさんのホームページを眺めていて面白い事に気が付いた。
「アイコムの歩み」と題された企業情報の中に沿革である。
そこで懐かしい無線機達を眺めていた。
ふと目に留まったのはIC-71、言わずと知れたICOMさんの名器である。


私がIC-71を手に入れたのは昭和50年の暮れも押し迫った頃、お世話になっている方から「商売を始める資金にしたいのでIC-71を買ってくれないか」と話が合った。
まだ買ってから1年程度の物であまり使用していないと言うことであった。
IC-71はこの5年前、私が中学生の時に発売された夢のような無線機だった、もちろんこの話に飛びついたのは言うまでもない。
それ以来IC-71はハイゲインの66Bと共に私の相棒として大活躍をしてくれた。
ここによく登場してくれる「jh7めv」さんとの初めての交信もこのIC-71であった。
いまでも実家のシャックに599Lineと共に鎮座している。


この写真は2013年3月27日の私のブログに掲載されたIC-71の写真です。

見ていて「あれ、どこかで見たことが有るな」と思って自分の写真と見比べました。
まあ良いか、気のせいですね(笑)
コメント (2)

nanoVNAのお勉強

2020年10月04日 | アマチュア無線
今話題の「nanoVNA」2台です、これでも立派なベクトルネットワーク・アナライザです。
小さい方は「nanoVNA」一回り大きい方が「nanoVNA-H 4」です。
ベクトルネットワーク・アナライザが1万円以下で手に入る世の中になった。
と言っても写真でお分かりのように手のひらサイズです。
周波数は「nanoVNA」は900MHzまで、「nanoVNA-H 4」は1.5GHzまで。
「nanoVNA」も最新のファームウェアへのアップデートで1.5GHzまで使用できるようになっているらしい。
とは言うもののこの2台内蔵されているMCU(ワンチップマイコン)が違うのでファームウェアの互換性は無い。
とりあえずアンテナアナライザ代わりに使ってみようと思ったのですが、コネクタはSMA、このままじゃ使えないので変換コネクタを用意しなくてはならない。
その前に基本的な勉強からやり直しです。
川村さんの9R-42Jも仕上げなきゃならないし、高一中二も待っている、原稿も書かにゃならん、今月は仕事も忙しい。
これって、結局のところ良い事なんですよね。
コメント (15)

S-BコイルとT-21 IFT

2020年09月08日 | アマチュア無線


中学時代の先輩、JA7GQK川村さんからお宝を頂きました。
TRIOの高一中二受信機用コイルS-B、430PFのバリコンを使用すると3.5~10MHzが受信範囲となる。
同じく高一中二用のIFT T-21 このIFTは9R-59等に使用されていたT-11を小型化したものでJR-60にも使用されていました。
その他にはバーニアダイアルや540PFの3連バリコン、手持ちのLCRメーターで測定した値だがこの容量は珍しい。
これS-Bコイルに230PFの3連バリコンを使用すると5MHzから10MHz、180PFでは7MHzから10MHzの範囲になるはず。
これに手持ちの部品を利用して50MHz専用受信機を造ろうと画策している。
送信機のファイナルは懐かしの2E26がいいな、まてよとりあえず開局当時と同じ6AQ5をファイナルでも面白い。
とりあえず受信機から設計してみよう、夢が膨らみますね。

と言うわけで、230PFの3連バリコンを探しています、どなたかお持ちでしたら宜しくお願いします。
コメント (22)

よみうりアワード終了

2020年09月04日 | アマチュア無線


「世界1万局よみうりアワード」と「全日本1万局よみうりアワード」が本年末で受付が終了となる。
https://www.yomiuri-systec.co.jp/award/
これも時代の流れか、たしかLoTW では申請できないし、色々と価値観も変わった。
アマチュア無線家の高齢化も有る。
我々の世代がアワードを追い掛けてムキになっている姿を見て、若者はアマチュア無線に憧れを持つことは無い。
スマートでカッコ良く、時代の先端を走るキングオブホビーは、兵どもの夢の跡でしょうか。

それでも私は楽しくハムライフを続けるのでした
コメント (8)

食事制限

2020年09月03日 | うんちく・小ネタ
昨日は大腸ポリープの摘出手術を行ってきました。
前回行った時は手術そのものは1時間足らずで終了したので今回もそんなものだろうと甘く見ていたら、ポリープが大きく前回の倍近い時間を要してしまいました。
おかげさまで昨夜はボロボロで動く気力なし、今日は午前中に点滴を行い家で安静にしています。
食事も制限されているので飯の楽しみも無し、ましてやビールなどもっての外、一週間の禁酒。
あまりにも暇なのでLogとLoTWの照合、それもぼんやりしてミスが出る。
JA7KVDさんとロングラグチュウ、これは時間が過ぎるのが速い。
動くと腹が減るので体力回復には寝ているのがよさそうですが、さてあとは日曜日まで本でも読んで過ごしましょうか。
コメント (11)

IC-61

2020年08月22日 | アマチュア無線
数年前に入手して放置していたジャンク状態だったIC-61をJA7KVDさんが見事に復活させました。

しばらく聞いていましたが、聞こえたのはテストした時のKVDさんとその後にイースポで聴こえた九州と韓国の局だけですが、何とも懐かしい音がします。
ともかくFMトランシーバとして当時の音がするのです、手抜きの無いFMの音であります。
現代の無線機ではこのようなFM通信機らしい力強い音がしません、あえて言うならFT-817がそれに近いのか。
このIC-61はすでにナロー化されており、スプリアスも小さく何とかすれば保障認定も通りそうです。
ただ使ってみたいと言う欲求だけで、実際に実用化するかとなると疑問が残ります。
少しノスタルジーに浸ったら棚の上に飾っておきますか。


コメント (22)

IFのフィルタで遊ぶ

2020年08月20日 | アマチュア無線
JR7HAN花野さんのFT-1000MPをお預かりして遊んでいます。
修理も終りいろいろと試してみる。

実はこの無線機が出た頃、欲しくて狙っていたのだが、子育ての真っ最中で家を建てたりと、全く無線に使えるお金が無い時代でした。(今でも無いが)
一番興味が有ったのはIFのフィルタ、70MHz帯にはINRADのルーフィングフィルタが入っている。

8MHz台は2.4kHz、2kHz、500MHzのクリスタルフィルタ、455kHz台には2.4kHzと500Hzのコリンズ社製のメカニカルフィルタ、250Hzのクリスタルフィルタが入っている。


普段電信を聞くならこの組み合わせは定番、安心の組み合わせ。


コンテストならこの組み合わせだが、良く切れるのだが最近の無線機に慣れた耳にはリンギングが気になる。


ではこの組み合わせならどうか。
リンギングは気にならずスカートはしっかり切れをを感じる。
しかしこれでは両方ともクリスタルフィルタです。


折角のコリンズのフィルタなのでこの組み合わせ、8MHz台はクリスタルフィルタだが455kHzは500Hzのメカニカルフィルタ。
気のせいかとても良いフィーリングで聴こえる、群遅延特性のなせる業これは納得。


遊びでこんな組み合わせもやってみた。


なんとこれでもそこいらの無線機より良い感じ。
和文でラグっている信号など良い感じで聞き取れる。

ハイバンドなどは2kHzのフィルタで聴くのも良いかもしれない。
とにかくそれぞれ特徴が有ってとても面白い。
20年以上前の無線機ですが、流石名器と呼ばれるだけあって、機械式フィルタの組み合わせの妙を楽しむのも一興ですね。

あ、SSBを聞いてみるのを忘れていました。

コメント (8)

メフィスト賞

2020年08月11日 | うんちく・小ネタ

先日、元同僚が届けてくれた本です。
この本は元同僚のご子息が書かれた本で「メフィスト賞」を受賞したそうです。


ご子息は盛岡の高校を卒業された後、東北大学に進学され司法試験にも合格されています。
読み始めると止まらないミステリー小説に仕上がっています。
ステイホームで時間のある方に是非お勧めです。
コメント (2)

我が家のグリッドロケーター

2020年08月09日 | アマチュア無線
我が家のグリッドロケーターは今までQM09NNだと思っていたらQM09ONであることが判明。

厳密に言えば我が家と隣家の間にグリッドの境界線が有り、我が家の玄関先の庭の一部はQM09NN、アンテナの位置はQM09ON。
QSLカードは以前からQM09NNで印刷している、次からは正確なQM09ONに変更しようと思うが、今更だろうか。
これは旧来の日本の座標系から国際標準の座標系に変わったこれはためだと言う話だが、まあどっちでも良いですよねGLは最初の4桁だけで判断してもらおう。
コメント (4)

WAZが

2020年07月13日 | アマチュア無線
久しぶりにLoTWにデータをUPして、何気なくアワードを覗いてみた。
当然DXCCが増えているわけではないが6mが12エンティティーコンファームされている、これで12/15、なんともつつましやかな事だ。
ついでにWAZも覗いてみたら、これが何と、いつの間にかDigitalモードのWAZが完成しているではないか。
まだ1年とちょっとしかやっていないのになんて事だ、前にMIXでWAZを完成させるのに何年かけたのだろう。
あの時は嬉しかったけど、今回は手元にカードも無いので感激も無い、ただ速さだけに驚いている。
デジタルモード恐るべし。

とは言うのもののせっかくなので申請しようと思います(笑)
コメント (8)

玉砕

2020年06月27日 | アマチュア無線
6mのEU祭り、これだけ混んでいればDPでは出る幕なしです。
一応届いている所は有るようですが、呼んでも全く応答は無し。
コメント (25)