株式会社イイダアックス 社長日記

こんにちは 長野県の自然豊かな下伊那郡高森町から発信しています

今月のエコプロ定例会はアルプスクリーンさんの見学から

2013年08月31日 | 日記


高森町商工会地球温暖化対策地域協議会、通称エコプロの今月の定例会が昨日あり、今回も勉強出来ました。



今回は同じ高森町内で、産業廃棄物の収集運搬から中間処理と、可燃物の焼却処分までを行っている
竹原建材、アルプスクリーンさんの企業視察会を前段に置くなかで後半は通常のエコプロ会議を開催しました。



メンバーの中には、商売で出入りしている方が数人見えましたが、それ以外のメンバーは全員が初めて
見させて頂くと言う機会になり、大変貴重な体験学習に成ったと感じています。



15名程のメンバーで現地集合、この辺に会社はあるはずと皆知っては居るものの正式に来たことが無いので
正面まで来てもキョロキョロウロウロ状態、全員が揃った所で社長からご挨拶を受けました。



とかく偏って見られがちな商売なんですが、社長から苦労話をさらっと流され、奥にある真意を感じさせられ
同時に本当に大変な思いもされるなかで現在が有るんだなぁーって奥深い物も感じられました。



私が想像していた工場の4倍程の広さの中で、とにかく素晴らしい環境を創出しながら事業をされているって感じ
言ってみればゴミを扱う商売なのにゴミの無いホコリ対策までが完璧に成された綺麗な工場にビックリしました。



その後は商工会に移動してエコプロ会議を行いまして、町民対象に講演会を企画しようと内容について
活発な、収拾がつかないほどの意見交換が成されました。
そしてこの地域の時の話題であるリニア新幹線の話題に絡め、ビジネスモデルと環境をミックスさせた
物にまで話題は広がり、有意義な意見交換の2時間があっという間に過ぎてしまいました。



その後は若手メンバー達と懇親会と言う、この会では初めてではないかと言う物も取り入れて
より親密な関係作りが成されればと、日が変わる迄お付き合いしてきました。
そんなわけで、昨日のブログアップがこのタイミングに成ってしまったと言うわけです。



新しいものを見たような、新鮮な気持ちで視察会に意見交換が出来、新たな物の創出チャンスが
すぐそこに見えたような気さえする機会に成りました。

今シーズンは終了しました

2013年08月29日 | 日記
昨年と同じ型の220センチ角のプール、今年は18日間もってくれました。
在庫はもう1個有ったのですが一回り大きい直径360センチの円形プールを見つけ購入することに。
そしてそのプールも今シーズン19日間活躍してくれまして、本日今シーズンも終了することに成りました。



新しいプールは水の量も半端な物じゃなく、溜めるのも水温を上げるのも一苦労物でした。
そこで水を長持ちさせようと、非塩素系殺菌剤を投入したり、ごみ取りクリーナーを水中ポンプで代用したり。
結局、10日に1回の水替えで最終日の今日までなんとか成りました。



プール自体も、エアー層の部分と水溜めの部分との繋ぎ目が裂けると言うアクシデントに見舞われましたが
諦め半分で行った補修でなんとか回復してくれて来シーズンも使えそうな状態で終われました。



今日は水抜を行い、除菌系洗剤でクリーニング、天日干しをして乾燥させてからたたんで収納。
サイズがデカイだけに片付けたり収納したりも一人ではなかなか大変な作業となります。



来シーズンの初期のプール設置はこの直径360センチタイプを使用して、その間に更にデカイタイプを
準備しようかと考えて居ます。それは直径450センチの丸型タイプで、深さも90センチと言うものです。
価格的には今までの物とは一桁違う少々高価な物に成りますが、数年使えるタイプとして考案。
自宅で出来る最高の贅沢と出来ればなんて考えてるわけなんです。



なにはともかく、プールの片付けも出来、明日けらはGOLF練習場に戻せるわけです。
真夏の暑さも終わってきて、これからは秋のGOLFにベストシーズンに成って行くわけです。
少しずつ自宅練習でも再開出来ればなんて思っているところです。

豊丘工場の花梨の稔り

2013年08月28日 | 日記


昨年は屋根に枝が乗っかるほど野放図な状態で有った木を、相当大胆に剪定しこじんまりと切り詰めた花梨の木
確かに実も付いては居たのですが、実が大きくなる頃には相当数が落ちてしまっていました。



今年は昨年以上所か3倍位の稔りに成って居まして、昨年1つも実が付かなかった木にもしっかり実が付いています。
それどころか、実の重さで枝が垂れ下がり、今にも車に当たるレベルにまでなってきていました。
今年は肥料も水も手入れも何もしてやらずに来たのですが、その方が良かったのかも知れません。



昨年収穫した花梨は焼酎漬けと蜂蜜漬けにしました。焼酎漬けは1年ではまだ浅く手を付けて有りません。
蜂蜜漬けは昨年の忘年会のお茶うけに出したら大好評で、良く売れた事を思い出します。
今年は蜂蜜漬けを沢山作って、会社のお茶うけに出せるようにしてみたら面白いかもって考えてます。



昨年落ちて腐った様に成っていた実から発芽している物を見つけ持ち帰り、プランターに移して淘汰を見ながら
残った数本を育てて居ます。この先何処まで成長してくれるか分かりませんが、地植え出来る迄に成ったら
どこかちゃんと植えて育て上げ、稔りを見たいものだと思っています。



今年の年末頃に当社に来社された方は、この豊丘工場で収穫された花梨の蜂蜜漬けが食べられるかも知れませんよ。

いたずら小僧のバットマンあらわる!?…

2013年08月28日 | 日記




次男坊が学校の体育館で捕まえたんだとか言って、自宅まで持ち帰って来たものが有りました。
お母さんがびっくりして写真を撮って送ってくれましたが、見るとコウモリではないかって…



しばらくして私が帰宅すると早速その話に花が咲いて、お父さんに見せなくっちゃと持ちにいく。
逃がしてやったんじゃ無かったの?って聞くと、お父さんに見せたくて虫籠に入れて置いてあるんだと。



持って来たものは小型の東洋雛コウモリではないかって子供たちが調べたみたいでした。
生きているのか死んでるのかがわからないくらい弱っており、これは放してやってもたぶん駄目だと思うよっと。
次男坊はそんなことはお構いなしに広げて見せてくれたりひっくり返したり、
さっきはねぇ~時々だったけどお腹の所が動いて居たんだよ。死んじゃったかなぁ~…


滅多に見ることの無いコウモリと言う生き物に興味津々、いい勉強が出来たのではないかと思います。

今朝もたくさん取れたんだけど…

2013年08月27日 | 日記

昨日もミニトマトを2日収穫分位お裾分けに持って行きました。 そして今朝も…



駐車場脇の緑のカーテン、屋根まで這い上がっており太陽光発電パネルに絡んで邪魔をしていそうなので
かきおろそうとはしごを掛けて登って見ました。すると下から見たのでは気が付かなかった様な場所に
ゴーヤがゴロゴロ成っているではないですか、上がったついでだからと収穫しながら作業を済ませて
後はミニトマトを収穫しなくてはと一回りすると、ボールに半分強の収穫が有りました。



家で毎日食べる量はおおよそこの1/3から半分程度でしょうか。って事は一種間もすると食べきれない量が
このボール一杯になってしまうと言うわけです。そう言えば、去年もミニトマトを配ったなぁーって記憶が…
今年はそれ以上に配っているしなぁー…
ミニトマトはまだ良いけど、ゴーヤは本当に配るところが無くなってきた。
ボチボチ本格的に種取り用のゴーヤ作りに方向変換するべきかな。

緑のカーテン、ヘブンリーブルーの葉の裏に何やら…

2013年08月27日 | 日記


屋根まで上がってしまって太陽光発電パネルに絡んで居たものを撤去すべく、はしごを掛けて登って見ました。
パネルに絡んで居たのは弦だけでなく、ヘチマその物がパネルと屋根のすき間に2本も出来ておりビックリ。
この段階で撤去出来て、リミット一杯で正解でした。



驚いたのはそれだけでなく、ヘブンリーブルーの高い位置、屋根に近い場所の茎から葉っぱの裏にびっしり
何やら虫らしき黒い点々がついているのを見つけました。あぶらむしなんでしょうか?
ちょっと気持ちが悪いので写真だけにしたのですが、蟻も周辺に沢山居たのでたぶんあぶらむしではないかと。



それにしてもまさにびっしり状態で気持ち悪いくらいでした。
確か天敵はてんとう虫だったように思うのですが、この暑さのなかてんとう虫を見かけんくなっているなぁ~
トンボはすごい数が庭を飛び回っており、子供達はすぐに10匹捕ったとか言うくらいの数が居ます。
トンボじゃてんとう虫の代わりはしてくれないだろうしねぇ~



葉っぱが喰われて枯れそうとか、花が付かんとかそう言うのが今のところ出てないのでそのままにしてありますが
殺虫剤処理をするって言っても、あの高さでの作業は容易な事ではないかと思われます。
なにも症状がでないことを祈るばかりです。

豊丘工場の再生アスワァルト補修工事

2013年08月26日 | 日記

5月初旬に再生アスワァルトを駐車場他空いてる場所全てに施工したわけですが何故かしら局部的に
直ぐに傷みが出た場所が何ヵ所か有って、お盆明けにその補修工事をやろうってことで本日の工事に成りました。



表面の土壌を削り取り、低い所は採石をひきつめ再生アスワァルトをしいて乳剤を散布し砂をまくという工事。
1000坪近いスペース全部を同じ工法で工事を行ったのですが、わずか5日後位から局部的にめくれたり
削れたりと傷みが出始めており様子を見ているとトラックが向きを変えるときの切り返し位置だったりと
とにかくデカイ物か重いものが良く通る場所が痛んでいるので出入り業者に注意をしなくてはと思いながら
あちこち歩き回りその他の部位の確認をして歩いてみました。すると、部分的に浮き上がった様に感じる
場所がある程度の範囲で数ヶ所有ることに気が付きました。
すぐさま施工業者に連絡をいれ現状確認をして補修工事をすることに成って、その工事が今日と成ったわけです。



予想では、地盤がやわくて下が動き、乳剤で固めた所とズレがおきてめくれ上がったりしたのでは無いかと。
特に悪い箇所をめくってみて原因をつかんで補修工事の方法を決めようと言うことになり重機でめくってみた。
地盤は綺麗な山砂でしっかり固まって居るではないか。ではなぜこうなったのか?
ちょうど初回の工事のおり、ここら辺の工事をするときにえらい雨が降ったとのことで、きっとその雨が抜けずに
下がうんだ状態で居たから動いてしまったのではないかと言う結論に成りました。
今はなぜしっかりしているのかはその後雨がほとんど降らずに水分が抜け、全体に固まって落ち着いたのでは無いかと。



今回は特に悪い箇所を数ヶ所少し深目に削って採石をひいてから再生アスワァルトをうってみる事に成りました。



それでもその工事をしていると、その周りがどんどん割れが入ったりと、動く場所は周りも同様で、タイヤが
通ったりと圧力がかかると周りが浮き上がると言う症状が結構見られました。
とりあえずは今日の工事で様子見として、この先あまり悪い所がまだ出ればそこで対応すると言うことに成りました。



今回のことで何でも同じだと思ったのが基がちゃんとしてないと後からの誤魔化しでは余計と手間暇が掛かるってことです。
下からしっかりしたものを積み上げて行かないと、後から手を加えたのでは良いものは出来ないと思いました。

しっかり降ったらグリーンが…

2013年08月26日 | 日記




毎日の散水には地下水をスプリンクラーで水撒きして来たのですが、散水量を多すぎず少なすぎ無い様にと
時間調整しながら毎朝行って来ました。おかげで今回の雨前のカラカラ状態の時でも全く問題なくて来れていました。



今回の雨の様に、まとまってしっかり降ってしまうと、地下水で栄養満点ミネラル豊富な散水をしてきた
グリーンには、水気が多すぎ藻が繁殖したり、雑菌が繁殖したりしてしまうんです。
除菌剤等の散布も行うんですが、タイミングと時間が上手く取れないことの方が多く、上手く回らないんです。
今朝も様子を見ようと出てみると、昨日までにしっかり降り、昨夜もどうも雨が有った様子に、
少し藻が出始めて来ていたものが一気に広まり真っ黒に成ってきている様でした。



カラーの部分も白藻菌?って言ったかと思う、蜘蛛の巣みたいな白っぽい網目状の物が至るところに出て居ました。
手を打たんといかんなぁ~とは思うのですが、今日も1日予定がぎっしり、夜も会合が有って埋まっている。
明日の午前中やるか、今日の夜中にでも照明付けてやるしか無いかなぁ~なんてスケジュールとにらめっこ。
なかなか手間隙の掛かるものですねぇ~

今朝の緑のカーテンでは大きな花の様でした

2013年08月26日 | 日記

熟れたゴーヤがしっかり開いて、中から真っ赤な実を覗かして居ました。
遠目に見ると、まるで大きな花が咲いているかのように見えて綺麗なものです。



写真におさめ、あとは種取り用に回収しましたが、近所の方からもあれはなんだと聞かれたり、
熟れたゴーヤはなかなか珍しい様でした。



また、屋根までぎっしりと埋まった緑のカーテンも近くで見ると大迫力、立派な物だと皆さん
驚いて覗いて行ってくれてます。そこにゴーヤがゴロゴロ、ヘチマがドーンとですから…



最近は毎日の様に脚立を持ち出してゴーヤの収穫をしたりしているので、余計と目につくんですね。



収穫されたゴーヤもいよいよお裾分けする所も無くなってきて、親戚やご近所さんに
押し付けの様にして配り始めました。



ちょっと作りすぎたなって反省していますが、このくらい出来るとやっと安心して種取りが出来るんです。
発芽率が6~7割ですから、苗を分けてほしいとの要望に答えるためには結構要るんです。



それでも来年は場所によって作り分けをしようかと考え始めて居るんです。
ここはゴーヤでこっちはうりずん、ここにはパッションフルーツと言った具合に…



話題性と環境対策、更には実益も考えて進めて行きたいと思います。

失敗しました…

2013年08月25日 | 日記
ここ1年以上前から自宅の固定電話が調子悪いって言っていてNTTに来てもらってチェックしてもらった事もあり
その折にはすこぶる調子が良くて、また具合が悪くなったら連絡してみてくださいって言われた事が有るんです。
それが最近は、自宅に電話してもいつも話ちゅう、自宅の固定電話から発信しようとしてもうんともすんとも。



元々ファックスがメインで設置したものですから、ほとんど電話を使う事もなく13年間がたってしまっていました。
今日はそれでも困るからと、小型に成ったファックス付き固定電話を購入することにしまして夕方から設置。
短縮番号とか色々な設定を済ませてスマホから電話を入れて見て確認をしておこうと言うことに成ったのですが…
電話を変えても以前と同様の状態だったのです。なぜ?本体のディスプレイを確認すると、電話線を繋いでくださいって。
そんなの一番最初に繋いであるわ!って思いながらもジャックを一度外して指しなおしてみる、うんちゃんとはまっている。
それでも表示は変わらないし、電話を掛けても通話中と以前と全く変わらないのである。



これは困ったなぁーと、外線がおかしいのかって考えた時に、パソコン用に付けたジャク端子口が有ることを思い出した。
新しいファックス電話をそこに運び接続してみる、そして受話器を上げて確認すると今度はちゃんとプーと言っている。
っと言うことは、リビングの電話端子口が駄目なんであって、電話機やファックスが悪いわけでは無かったと言うことか。



なんてこった!新しいファックス電話を買ってきてしまったてはないか。前のはそのまままだ使えそうなのに…
勿体無いがこれはもう仕方がないなって覚悟を決めて新しいファックス電話をちゃんと設置し、設定を始める事に。
固定電話を使う相手の登録やら、子供たちがいざというとき親に掛けられるようにとワンタッチに登録したり。
13年前に設置したものとは新しいタイプは機能がだいぶ違い使いやすそうでは有るものの、やはりまだ使える
古いファックス電話を何とか有効活用出来ない物かと取り合えず以前の場所に置いておく事に成りました。
来週には配線の確認修理をお願いしなくてはと考えて居るところです。