労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

ウルフマン 怪物くんも是非ベニチオ・デル・トロで!

2010-04-30 | いい映画観てますか?(洋画)
=20 -7-】 昨日、ふら~っと平城遷都1300年祭のメイン会場に行ってみたけど・・・ただただだだっ広くて・・・たくさん歩くだけで・・・せんとくんにも会えないし・・・う~んと・・・よほどの歴史好きか、奈良時代に特別の思い出がある人にはいいのだろうけど・・・夏場はたくさんの死傷者が出そうな気がする・・・気をつけて・・・

 19世紀、イギリス・ブラックムーア。舞台俳優のローレンスは兄ベンが行方不明になったと知り、久々に実家の城に帰ってきた。しかし到着早々、無残に引き裂かれたベンの死体が発見される事態に。自ら犯人捜査に乗り出すローレンスだが、謎の狼男に襲われ、自らもウルフマンとなってしまう。満月の夜にウルフマンに変身し、次々と村人を襲うローレンス。その父ジョンはあえてローレンスを凶行に走らせる不可解な行動をとり……。


 あまり想い入れなく見たんだけど、俺は面白かったよ~。狼男が人を襲うシーンはかなりグロかったけど、疾走感とドキドキ感がよかったし、ストーリー的に端折った感じで言葉足らずな気もしたけど、役者の演技が素晴らしいので人物が丁寧に描かれているから行間は見事に埋まり、観る者の想像力を刺激してくれた。熱くなりすぎずに、奇をてらわずに、淡々と描かれていたので、落ち着いて見れたし。アバライン警部をヒューゴ・ウィーヴィングがキャストされていたけど、この役こそジョニー・デップにして欲しかったなあ~、ぜったいに似合っていたと思う。


 月、キャンドル・・・光の使い方が秀逸、美しかった~。19世紀の終わりのイギリスっていろいろと物騒な事があるんだね、切り裂きジャックやドラキュラやシャーロック・ホームズや狼男や、小心者の俺はぜったいにあの時代は生きられない!(ノ´▽`)ノオオオオッ♪このころのイギリスを舞台にする映画とかって、基本的に太陽は顔を出さないんだ、やだね~。4月からテレビで始まる実写版怪物くんで、ベニチオ・デル・トロさん、もし宜しければ上島竜兵の替わりにオオカミ男を演じてくださいm(__)m こえ~っ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« a silver wedding anniversary | トップ | パリより愛をこめて とにか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事

35 トラックバック

映画「ウルフマン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/4/26 109シネマズ木場。 ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、 ヒューゴ・ウィービング *** 1891年、イギリス。 舞台俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、 兄のベン・タルボットの婚約者の(エミリー・ブラン...
ウルフマン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
流れる雲から光る満月が顔を出したら体の中から血が沸きあがって体に剛毛が出てくる。全身に痛みが走り、いつのまにか自分が自分でなくなる。映画を見ていたら、おもわず自分が狼男になった気分になってしまった。
ウルフマン /THE WOLFMAN (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click デルトロが狼男ってそのままでもイケそう!?失礼{/m_0162/} 1941年に製作された古典ユニバーサル・モンスター映画「狼男」をベニチオ・デルトロ主演、 「ジ...
劇場鑑賞「ウルフマン」 (日々“是”精進!)
 「ウルフマン」を鑑賞してきました「トラフィック」のベニチオ・デル・トロと「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスの2大オスカー俳優共演で贈るホラー・サスペンス。ユニバ...
ウルフマン (LOVE Cinemas 調布)
1941年公開の著名な古典作品『狼男(原題:The Wolf Man)』のリメイク。満月の光を浴びて狼男に変身した主人公が己の罪に苦悩するサスペンスホラーだ。主演は2人のオスカー俳優、アンソニー・ホプキンスベニチオ・デル・トロ。共演に『ヴィクトリア女王 世紀の愛』...
ウルフマン 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
ウルフマン (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>19世紀末、兄の行方不明の知らせを受けて帰郷した人気俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、到着早々無残に切り...
ウルフマン (そーれりぽーと)
「タイトル『狼男』でいいやん」 『ウルフマン』を観てきました。 ★★★★ ぜーんぜん期待してなかったけど、意外と面白かった。 モンスターホラー映画の古典を最新のVFX技術で再構築。 リック・ベイカー本人が関わってるから、狼男に変身する場面は『狼男アメリカン...
ウルフマン (C note)
けっこう前から楽しみにしていたベニチオ・デル・トロの『ウルフマン』がようやっと日
ウルフマン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
満月の夜に起こる惨劇に隠された呪われた一族の忌まわしい事実とは?__。 1941年製作のホラー映画の古典『狼男』をベースに、『ロケッティア』などのジョー・ジョンストン監督がアレンジを加えてリメイク。 出演はベニチオ・デル=トロ、アンソニー・ホプキンス...
『ウルフマン』 (めでぃあみっくす)
クラシックホラーとVFX。怪優アンソニー・ホプキンスと名優ベネチオ・デル・トロ。まさに新旧が巧く融合した映画でした。 まぁ脚本に目新しさは特にないものの、クラシックホラーの雰囲気を大事にした演出と狼男への見事な変身シーンに、ホラーサスペンスなのに妙に安心...
ウルフマン (映画鑑賞★日記・・・)
【THE WOLFMAN】 2010/04/23公開 アメリカR 15+ 102分監督:ジョー・ジョンストン出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリン今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。...
ウルフマン (だらだら無気力ブログ)
満月の夜になると、凶暴な獣人・狼男に変身して人々を襲う古典ホラー 『狼男』をリメイクしたホラーサスペンス。 兄の死の真相を捜査していたところをウルフマンによって怪我させられて しまい、その結果自らもウルフマンとなって人々を襲うようになった男の 運命と苦悩...
「ウルフマン」みた。 (たいむのひとりごと)
特殊メイクの進化もここまできたかーという自然さ。臓物系も生々しく、食事直後には見たくない感じ?アンソニー・ポプキンス×ベネニオ・デルトロだけあって、期待どおり肉厚な作品になっているけれど、「ということ
ウルフマン(2010年) (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE WOLFMAN) 【2010年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆) 1941年に公開されたユニバーサルの古典モンスター映画「狼男」をリメイク。 行方不明になり不審な死を遂げた兄の死を調査する、舞台俳優の男に降り掛かる恐怖を描いたサスペンス・ホラー。 ...
「ウルフマン」は19世紀版アルカーイダ? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。1941年の「狼男」(原題は同じTHE WOLFMAN)。ジョー・ジョンストン監督、ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング。 「シャーロックホームズ」と同じ19世紀末の科学とオカルトが入り混じったロンドンなど...
ウルフマン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】 いかにも不健康そうな顔のベニチオ・デル・トロと特殊メイクの巨匠リック・ベイカー
ウルフマン (悠雅的生活)
満月の夜。銀弾。苦悩する狼男。
『ウルフマン』 (ラムの大通り)
※ちょっと辛口な部分もあります。各ファンの方はスルーしてください。 (原題:The Wolfman) 「いやあ一瞬勘違い。 これってチャック・コナーズの テレビ『ライフルマン』を映画にしたものかと…」 ----そんなことあるはずないじゃニャい。 ん?その言い方からすると...
「ウルフマン」上野東急にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
東急レクリエーション株主優待券の最後の一枚で、「ウルフマン」を観てきました貴重な一枚なんで新宿ミラノの「シャッター・アイランド」にしようか上野東急の「ウルフマン」にしよ...
ウルフマン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
狼男といえば恐怖映画の不動のレギュラーメンバーで、ホラーにもコメディにもなる便利な素材。意外性のあるキャスティングと、格調高く正統派アプローチで描く本作は、さしずめゴシック・ホラーだ。19世紀末、人気俳優のローレンスは生家ダルボット城がある村に帰郷する。...
「ウルフマン」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「ウルフマン」の試写会に行ってきた。招待は女性限定で、「ウルフマンは誰だ?」正解発表会つき。公式サイトでやってたキャンペーンで、ウルフマンの特殊メイクをした有名芸能人...
★「ウルフマン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 その1本目。
映画:ウルフマン THE WOLFMAN 全く予想外にgood! 久々に「古典」登場と言い切りたい。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず感心させられたのは、その「映像」 手を抜いたカットはまるで皆無。 「満月」が現れるストーリーに直結した部分(写真)は当然のこと、次々と。。。 1ショットごとに唸らせるまま、時間が経過していく。 で、かつ力を入れすぎた結果、暑苦しい画面になる愚(ありが...
ウルフマン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
べニチオ・デル・トロの狼男~楽しみにしていました【story】19世紀末、兄の恋人のグエン(エミリー・ブラント)から兄の行方不明の知らせを受けたローレンス・タルボット(ベニチオ・デル・トロ)は、帰郷して無残に切り裂かれた兄の遺体と対面する。犯人の捜索中に怪物...
ウルフマン (Diarydiary! )
《ウルフマン》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - THE WOLFMAN
【ウルフマン】首飛ぶの早っっっっ・・・ (映画@見取り八段)
ウルフマン~ THE WOLFMAN ~ 監督:  ジョー・ジョンストン    出演: ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラン...
ウルフマン (とりあえず、コメントです)
ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンスの競演で描く“狼男”の物語です。 この二人が競演なのですか~と予告編を観た時から気になっていました。 ベニチオ・デル・トロの下から睨みつける瞳と、それ見てにやりと笑うアンソニー・ホプキンスが めちゃくちゃ怖く感...
●「ウルフマン」。 (月影の舞)
「満月」好きとしては、やはり見なければと。 「ウルフマン」を観る。 。 今までの怪奇ホラーの狼男とは違うというふれこみ なので、少し期待していたのだけど、 おしかった……。 ただの怪奇ホラー要素だけでなく いろいろなテーマを盛り込み、 人...
ウルフマン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
そういえば『怪物くん』が始まりましたね。『ウルフマン』公開に合わせたのでしょうか?(笑)ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンス豪華な組合せで狼男。まぁどっちも変身したら似合いそうだし、メイクを楽しんじゃったなんて感じがしています。舞台俳優のローレ...
ウルフマン★★★+劇場54本目:デル・トロ... (kaoritalyたる所以)
お父さんと一緒に、狼男を観てきました。田舎の映画館、21:45~ってこともあり、鑑賞者は私たちを合わせてもたった3人ちょっと寂しかったですねぇ~。まだこの週末に上映が始...
「ウルフマン」鑑賞 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 古典ホラーの代表作「狼男」を、「ジュラシックパーク3」のジョー・ジョンストン監督、「チェ」「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ、「羊たちの沈黙」「ハンニバル」のアン...
狼男~『ウルフマン』 (真紅のthinkingdays)
 THE WOLFMAN  1891年、英国・ブラックムーア。シェークスピア劇の舞台俳優として活躍して いるローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、...
ウルフマン (The Wolfman) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョー・ジョンストン 主演 ベニチオ・デル・トロ 2010年 アメリカ映画 119分 ホラー 採点★★★ イメージってのはどうも妙な所で固まってしまうようで、ドラキュラもフランケンも狼男も、それこそユニバーサルホラーからハマーホラー、新旧問わず観まくって...
『ウルフマン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ウルフマン 』 (2010)  監  督 :ジョー・ジョンストンキャスト :ベニチオ・デル・トロ、エミリー・ブラント、アンソニー・ホプキンス、ヒューゴ・ ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリ...