ひのっき絵日記

あったかくてぐっすりでごはんがおいしくてよかったねうれしいねなんて小さなしあわせ探し絵日記

なか卯のこだわり玉子

2017年10月31日 | 絵日記

財布の中に、なか卯のこだわり玉子無料券発見。おっと期日が今日までじゃんとなか卯へダッシュ。

普通の~♪和風牛丼(350円)が~♪

ジャジャーン!玉子かけ牛丼に変身!これが無料券の力さ!

うーん、美味しい!
甘辛い和風出汁に牛肉の旨味とネギの甘味玉子のコクが絡み、すき焼き風の贅沢な美味しさ。ご飯がもりもり進みます。
あー美味しかった!満足満足。
タダよりも安いものなし無料券…か…なんてこだわり玉子タイムでした!

コメント (3)

東長崎「とんぼ」のだるまホッピーとやきとん

2017年10月30日 | 絵日記

東長崎駅前をぶらぶらしていると、気になるお店発見。
とんぼ。
全串70円。
やきとん。

これは探らねばと入店。

 

だるまホッピー(390円)をオーダー。

広島の焼酎「達磨」を使っているからだるまホッピーなのだとか。

うーん!美味しい!

広島産の紅あずまを黒麹で仕込んだという焼酎はフルーティーでまろやかな味わい。

ホッピーを注ぐと華やかな香りと爽やかなのど越しを発揮し、乾いた喉にごきゅごきゅ吸い込まれます。

やきとん到着。レバー、ハツ、タンのたれです。

ううーん!これは美味しい!

芝浦から毎朝仕入れるという新鮮な豚モツが絶妙に焼き上がり、膝を打つ美味。

ホッピーがぐいぐい進みます。あっという間に飲み尽くし、おかわり焼酎(200円)をオーダー。うーん、だるまホッピーは2敗目も美味なり。

あー美味しかった!満足満足。

お会計は840円。最近は1000円出せばほろ酔えるお店が増えて嬉しいなあ。

名店との出会いにウキウキゴキゲンなちょっと一杯タイムでした!

コメント

「三代目たいめいけん」のハンバーグ弁当

2017年10月29日 | 絵日記
一人お留守番の夜。晩御飯どうしようとスーパーをうろうろしていると、気になるお弁当発見。
三代目たいめいけんハンバーグ(デミグラスソース)

茂出木浩司シェフ監修とな。

茂出木シェフと面識はありませんが、名前を出すのは自信の表れですねと購入。

うん、美味しい。
たっぷり挽き肉に玉ねぎの甘味とデミグラスソースの旨味が絡み絶妙な美味しさ。ご飯がバクバク進みます。
焼いてから時間を置いた、お弁当のハンバーグでこれだけの味が出せるのは見事だなあ。ビールのお供としても秀逸な美味。

最近のスーパーは本当にクオリティ高いですねなんてお弁当タイムでした!
コメント

なか卯のダブル親子丼は贅沢感満載の美味

2017年10月28日 | 絵日記

財布のレシートを整理していると、なか卯の唐揚げ無料券発見。10月末期限とな。これを無駄にするわけにはとなか卯にダッシュ。
親子丼(税込490円)が鶏肉25%増量キャンペーン中の表示に、うひょう!今日は鳥祭りだと注文。

ううーん、美味しい!
香り高い出汁にたっぷり鶏肉の旨味、ふわふわ半熟卵のコクが絡み絶妙な美味しさ。ご飯がもりもり進みます。なか卯の親子丼って本当に美味しいなあ。
そこに加わる巨大唐揚げの破壊力。
神はキリスト教徒にはパンとワインを与えた。日本人には鳥の唐揚げを与えたなんて言われたら、「さすが神様!分かってるう!」なんて立ち上がって拍手してしまいそうな圧倒的な存在感。
親子丼と唐揚げ、鶏肉料理界至高のツートップの競演に、日本って食べ物では毎日がワールドカップ決勝級のクオリティだよなあなんて思いを固にします。
鶏肉すげえなんて贅沢燗満載のランチタイムでした!

コメント

スパゲッティアラビアータはおこりんぼな美味

2017年10月27日 | 絵日記

今日はなにやらパスタ気分。サイゼリヤの500円ランチでスパゲッティアラビアータをチョイス。

うん、美味しい。
もちもちパスタの甘味にトマトソースの酸味と唐辛子の辛み、ベーコンの旨味が絡み正統派な美味しさ。
唐辛子効果で食べ進める毎に体温が上がり、顔が火照ります。
アラビアータ(arrabbiata)はイタリア語で怒りを意味する言葉で、辛さで真っ赤に火照る顔が怒っているように見えることからつけられたそうです。翻訳すると「おこりんぼ風」ですが、日本語のメニューにそう書いてあったらなにやら謎感あるかもですね。
なーんて汗をふきふき顔を火照らせたアラビアータタイムでした!

コメント

浜松町「すし屋銀蔵」で高級ネタ攻め

2017年10月26日 | 絵日記

東京モノレールから下車した浜松町で、すし屋の銀蔵発見。
お寿司もいいですねと入店。
銀蔵は全ネタ一個140円(税込)の均一料金。
貧乏性のおいらはせっかくなのでと高級ネタ攻めでいく作戦に。

うーん、美味しい!
大トロ、中トロ、炙りトロ、ウニ、イクラ、プリプリと新鮮な高級ネタたちが口内で美味しく暴れまわります。こりゃ贅沢と夢中でもりもり食べ尽くしました。
あー美味しかった!満足満足。 
均一料金の安心感が嬉しいお寿司タイムでした!

コメント

池袋「桝本屋酒店」の角打ち

2017年10月25日 | 絵日記
池袋で気になるお店発見。
桝本屋酒店。

一見普通の酒屋さんのようですが、中から聞こえる賑やかな気配に釣られ入店。

ふむふむ。


なるほどなるほど。


お酒の販売もしつつ店内のカウンターで立ち飲みもできる、いわゆる角打ちのお店のようです。

ビールの小瓶(290円)と空豆(110円)を注文。

空豆美味しい!
揚げた空豆の香ばしさに程よい塩が絡み懐かしい美味しさ。冷えたビールがクイクイ進みます。やっぱり瓶ビールは小瓶が美味しいなあ。
2杯目は燗酒(290円)をオーダー。
熱いコップ酒が五臓六腑にかああと染み渡ります。

あー美味しかった!690円で程よく酔えてしまいました。

最近ちょい呑みできるお店が増えてますが、こういう昔ながらの角打ちもいいですねなんてほろ酔いタイムでした!
コメント (2)

千駄木「ル ブォータン」は気軽に最高のフレンチを堪能できる名店

2017年10月24日 | 絵日記

たまにはちょっと贅沢しますかと千駄木の名店「ル ブォータン」へ。
9周年特別ディナーコース(4980円)をオーダーしました。

北海道産帆立貝柱と緑レンズ豆のサラダ仕立てジュ・ド・ポルト

うーん、美味しい!
ソテーされた巨大な貝柱とブイヨンで炊かれたレンズ豆がシャキシャキ野菜と絡んで爽やかな美味しさ。

鴨フォアグラのソテー。

うひゃあ、これは美味しい!
絶妙に火を通されたフォアグラがトロリ口の中でとろけます。意識が陶然とするような圧倒的な美味にしばし酔いしれ。

牛フィレ肉のステーキ。

ううーん、美味しい!
お肉の旨味がしっかり感じられる絶品のミディアム。赤ワインがクイクイ進みます。

デザートとコーヒーも美味しいー。

夢のような美味の共演に大満足です。

最高の食材と至高の技量、肩肘張らずにに素晴らしいフレンチを堪能できる名店です。

コメント

福しん 手もみラーメン

2017年10月23日 | 絵日記

晩御飯どうしようとぶらぶらしていると、福しん発見。
手もみラーメン410円の表示にそれはお手頃ですねと入店。

うん、美味しい。
麺もスープもごくごく普通の醤油ラーメン。
昨今のパンチの効いたラーメンに慣れた舌にはやや薄味に感じるかもですが、昔のラーメンってこんな感じだったよなあ。

なーんて原点回帰なラーメンタイムでした!

コメント (2)

博多「牧のうどん」肉・ごぼう天・かしわセット

2017年10月22日 | 絵日記
博多で夜間対応前の晩御飯。徹夜だからがっつり食べておかなくちゃ。
でも時間ないしと博多駅前バスターミナルの「牧のうどん」へ。

券売機左上に「お得なセット」のボタン。「肉・ごぼう天・かしわセット(870円)」とな。これはがっつり行けそうと注文。

うひょう。想定以上のボリューム感です。

うん、美味しい。
ふわふわのおうどんに甘辛い牛肉が絡み郷土感溢れる美味。肉うどんと言えば豚肉イメージでしたが、博多では牛肉なんですね。ごぼ天はコロコロした衣が特徴的。衣が汁を吸っても大丈夫なように、小さなやかんに継ぎ足し用の出汁が添えられてます。

かしわ飯も美味。炊き込み御飯って美味しいですね。

ふうー、食べた食べた!お腹いっぱいです。

同じ博多のおうどんでも店によって色々特色があるんですねなんてがっつりタイムでした!
コメント